全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円、ペットディフェンスも扱っています。全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

岡山市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸は破れたら張替えが必要

値段も安く、家の中に昆虫が侵入しないようにするための道具として、網戸は多くの家庭で活躍しています。ほとんど破れることもなく、長年使える点でも、非常に重宝するものです。しかし、一方できれいな状態を保つことは難しい面があります。表面積が大きいため、洗剤で洗おうとしても実際には難しく、一見きれいになったように見えても、角度を変えてこすると、また汚れが浮き出している、といった具合です。そんな網戸を洗浄する際には、粘度の高い洗剤をスプレー上にして吹き付け、洗剤が触れる時間を長くし、そのあとこすり洗いが有効です。しかし、網戸は両端を張って固定されているため、しっかりと力をかけることがしにくいものです。力を入れすぎると、網戸の枠と網が当たってしまい、傷がついてしまうのです。網戸の枠に傷がついている場合など、網が切れやすくなってしまいます。網戸が紫外線や度重なる風雨などで、劣化しているときには、思った以上に簡単に網が切れたり、破れてしまうことがあるのです。こういった場合は、全面的に網戸の張替えを行う必要があり、自分で張替えることもできますし、もしくは、網戸張替え業者に依頼して、張替えてもらうことになります。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳は大切なインテリアの一部です。

和室には畳がつき物です。これは誰しも否定できないことなのです。
ところが以外にも畳に心を配っている人は必ずしも多くないというのが現状なのです。
例えば、畳の種類についても実は畳はただ一色だけのものではなく、千鳥模様などの模様の入った織り方の畳表というものもありますし、その織り方についても単に縦横だけのものだけではなく、斜めの線が入ったようなものもあるのです。
和室においてその上を歩き、そして座るのが畳なのですが、以外にもそのバリエーションの豊かさに気づいている人が多くは無いことはとてももったいないことだと言えます。
また、畳の周囲を飾るふちというものもあります。これも言われてみれば色んな色、模様があることに気づくのです。ただ黒いふちだけではなく、銀色の模様が入った物や凝った模様の入ったカラフルなふちなど様々なふちがあるのです。こうした畳のもつバリエーションの豊かさを知ると、畳を交換する際にも色々と考えるべきことが増えてくるのです。
ただ単にメンテナンスとしての交換ではなくインテリアをコーディネートするという観点で見ることができるのです。
様々なバリエーションから、その和室に合う畳に交換をする、季節に合わせてコーディネートをするということができるのが魅力でもあるのです。

襖(ふすま)の張り替え

襖(ふすま)は日本建築で使用される建具の一種です。部屋と部屋を仕切る機能をもちます。必要に応じて取り付けや取り外しができ、部屋の広さを変えることができます。このような柔軟性は日本の住宅のひとつの特徴といえます。
平安時代に貴族は寝殿造りの邸宅に住みましたが、そこは基本的には壁のない柱のみの大広間で、季節や行事などにあわせて部屋を仕切って使っていました。そのようななかで襖(ふすま)は生まれました。当時は絹が貼られていましが、後に唐紙を貼るようになって、現在の襖(ふすま)になりました。
襖(ふすま)の建具としての第一の役割は、空間を仕切って分離することですが、他の機能ももちあわせています。それは湿度調整機能です。紙が張られているので、水分を吸収したり、放出したりするのです。また、保温機能ももっています。
襖(ふすま)には絵が描かれていますが、そういった意味で室内装飾の役割も担っているのです。和室の雰囲気はこの絵によって、いっそう趣きが増し、格調高いものになります。芸術家が襖(ふすま)をキャンバスにして作品を描いた例もたくさんあります。
前に述べたとおり襖(ふすま)は紙が張られていますので、ちょっとした衝撃ですぐに破れてしまいます。破れたままの襖(ふすま)は和室の美観を著しく損ねてしまいます。住まいはそこに住む住人の心を映します。張替えられた襖(ふすま)は、住人の美しい心を映す鏡となるでしょう。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


岡山市は桃太郎とフルーツの街

岡山市は岡山県南東部に位置し、倉敷市や備前市などと隣接している自治体です。
岡山市の総人口は約715000人で、岡山県の県庁所在地となっています。
岡山市は日本のおとぎばなしの一つである、桃太郎のゆかりの地として知られています。市内には桃太郎に関係のある様々な場所や、桃太郎をモチーフに作られたものが多数あります。
まずは、JR岡山駅から岡山城に向けての大通りは、桃太郎大通りと名付けられており通り沿いには桃太郎に登場する動物の彫刻や桃太郎の銅像などが点在しています。また、岡山市北区にある吉備津神社の御釜殿には、岡山県総社市にある鬼ノ城に住んでいた温羅と呼ばれる古代の鬼の首が埋められていると言われています。この温羅を退治したのが神社のご祭神である吉備津彦であり、桃太郎のモデルとも言われている人物です。桃太郎はこの鬼退治の話を元に作られた話と言われており、このことから岡山市は桃太郎と縁のある地として有名となっています。
また岡山市は、一年中温暖な気功を活かして、マスカット・オブ・アレキサンドリアや白桃などといった高級フルーツの産地として栄えている街です。またそれらを活かした様々なフルーツパフェが名産品となっており、観光客にも人気となっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 岡山市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え