全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理
修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸
アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、
料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

東松浦郡玄海町全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の張替え修理を依頼して畳の良さを再認識する

畳は、日本では昔から家屋に使われてきた床材の一つであり、馴染み深い物です。基本的には、い草で作られており、い草の爽やかな香りとひんやりとして反発力を感じさせる肌触りが和室に調和しています。畳の張替え修理を行うには、いくつかの方法があります。畳表と畳床と畳縁で構成されていますが、畳表は、何年か経ってから裏返して、さらに幾年か使っていく事が出来るほど経済的です。もちろん、新しい物に交換する事も可能ですが、経済性を考慮して張替え修理をするのであれば、畳表を裏返して使うという方法は理に適っています。
畳は、平安時代頃から存在していましたが、貴重な品であり、現在のように畳を敷き詰めて使うといった事は行われていませんでした。鎌倉時代や室町時代になると、武家が台頭してきた為、文化も変わってきました。書院造が特徴的な時代でしたが、この頃から畳を敷き詰めて使うという方法が採用されています。庶民への普及は江戸時代以降でしたが、昭和時代以降は当たり前のように一般に普及しています。
平成時代になると、い草だけでなく、新素材を使った畳表も登場し、張替え修理において選択肢が増えてきました。張替え修理の施工方法は、い草を使った畳表を使う場合と大きく変わりませんが、新素材を原材料にする事で、張替え修理を行うと、撥水性や耐久性、汚れにくさといった新しい機能を畳に持たせる事が可能になりました。

襖の張替え修理をするとスッキリする 

毎日忙しくしているのですが、唯一落ち着く場所として家があります。自宅が好きなのは、なんといっても自分も部屋の中にふすまがあるからです。軽いふすまをあけて自分の部屋に入ると、帰ってきたなという気持ちになることが出来るのです。それはドアでは、叶えることができない贅沢な気持ちであると思っています。
ところがよく使うので、ふすまが汚れてしまいました。そこで綺麗にしたいと思い、襖の張替え修理を依頼することにしました。実際に電話をすると、すぐに見てくれるとのことだったので、当日にお願いをすることにしたのです。
当日に見てくれてそのまま、翌日に襖の張替え修理を行ってくれることになりました。丁寧に襖の隣にある家具を移動してくれて、その後に新しく襖の張替え修理を行ったものをはめてくれたのです。
それを見ると、やっぱり部屋の中がスッキリすると思っています。襖の張替え修理を行うと、少し部屋が広くなったような感じがして、白いふすまになり感謝の気持ちでいっぱいになりました。張替え修理は、度々行うほうがいいですね。これだけのことで、こんなに気分をあげることができるなら、最高であると思っています。これからは、自分の部屋をますます大切にしようと思いました。

張替え修理を受けたい障子は専門の工務店や業者に頼みましょう

障子といえば、はるか昔から使用されているものとなっていて、日本では文化や歴史を象徴するものでもあるため、世界の人たちの間でも注目を集めていたりします。
障子が使われはじめたのが、室町時代あたりからとされていて、徐々に一般的な家庭にも普及しはじめ、江戸時代の頃には多くのところで障子が使われ、生産量もかなりあったとされております。
この頃から障子の張替え修理なども行われはじめ、職人の人たちが全国各地に展開しつつ、城内にある部屋の障子の張替え修理とか武家の屋敷とかなどの障子の張替え修理なども行われていたのです。もちろんですが、一般的な住まいでも公の場で障子の張替え修理とかは行われ、多種多様のニーズに応えていたことは確かであり、匠の技がこの頃から活かされていたのです。
張替え修理の頻度に関しては昔のほうが多くあり、今現在になってからは施工を受ける頻度は減ってきておりますが、障子の張替え修理を受ける人たちの割合も多いです。
今現在の障子は耐久性もよく耐性とかも強いため、長持ちするようにつくられ、長い年月使えるようになっておりますが、長く使うと劣化はしてくるので、早めのうちに障子の張替え修理などの対応は受けておいたほうが良いです。
張替え修理の施工を依頼したい時はどういったところに頼むのが良いのかというと、障子とかを専門的に修理や張替えなどをする業者や工務店とかがおすすめであったりします。専門的な工務店や業者とかであれば、適切な障子の張替え修理方法で対応してくれますし、施工後のサポートもしっかりとしているため、安心できる部分もあります。

汚れがひどい網戸は掃除するより張替え修理をするのがお勧め

年末の大掃除で網戸を綺麗にしようと思ったら、意外と汚れがひどくてびっくりしたという方も多いのではないでしょうか。窓ガラスと違って汚れが目立ちにくいので普段は気づきにくいですが、よくよく観察してみると結構汚れがついているのが網戸のネットです。常に外気に晒されているので、土や砂埃が付着しますし、車がよく通る場所なら排気ガスのタールがこびりついたりします。ある程度の汚れなら掃除すれば取れるのですが、どうしても取り切れないような汚れについては、無理して掃除すると壊してしまうかもしれないので、思い切って張替え修理した方が便利です。張替え修理は破れた時にしかやった事が無い人もいますが、実際には張替え修理は破れがあるかどうかは関係なく、数年おきにやるようにメーカーから推奨されています。理由としてはネットの劣化による強度の低下が主ですが、それだけ使っていれば汚れが落ちなくなるからというのも理由の一つです。それに使っている最中に突然ネットが破れてしまうと、張替え修理が終わるまで一時的に網戸が使えなくなりますから、そうならないようにある程度網戸を使ったら張替え修理するようにしておいた方が安心です。汚れくらいで網戸の張替え修理をするのは勿体ない、という事は全くないので、メンテナンスのいい機会だと考えて網戸の張替え修理をしましょう。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


海と山と棚田、東松浦郡玄海町の魅力

東松浦郡玄海町は佐賀県北西部にある人口約5500人の町です。東松浦郡玄海町は町の名前の由来にもなった玄界灘に面した、海あり山ありの風光明媚な町です。東松浦郡玄海町には鉄道は走っておらず、また東松浦半島の突端付近にあるため景観の美しさの反面、公共交通でのアクセスにはやや不便な側面があります。しかし沿岸部を走る国道204号線や山間部を走る国道254号線(今村枝去木線)、国道292号線(加倉仮屋港線)などはいずれも片側1車線が確保された幅広道路で、東松浦郡玄海町中心部から人口10万人以上が住む唐津市までは15分程度、博多駅までは1時間20分程度と、自家用車でのアクセスは快適で良好です。東松浦郡玄海町には“浜野浦の棚田”という風景写真家にはかなり有名な棚田があります。町内の浜野浦地区にあるこの棚田は、山の斜面に沿って大小283枚にも及ぶ田んぼが玄界灘に向かって扇型に広がっている場所で、もちろん現役稼働中の生活に根ざした田んぼなのですが、まるで何かの芸術作品のために作られたかのような壮大で荘厳な佇まい、そして朝方、昼、夕暮れ、夜と時間ごとに表情を変えていくその様子はカメラマンに限らず多くの人たちの関心を集めており、町を代表するスポットになっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 東松浦郡玄海町迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え