全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

神埼市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




張替え時期に迷ったら襖の日を利用してみては

襖をいつ張替えるか迷ったら、襖の日を利用してみてはいかがでしょうか。
襖の日というものがあることを知っていますか?
襖の日とは、10月10日をさします。
日本内装材連合会という、日本の住まいに関わる和素材の制作や供給に携わる団体が定めた日です。 この日が定められたのは、襖を通じて日本の和の心を見直すとともに、伝統の和文化、襖文化を再評価してもらいたいとの目的があってのことです。
10月10日を漢字で書くと、十月十日になり、この十という文字が襖枠を連想させるのがなんとも上手いですよね。 またそれ以外にも、昔からこの時期に行っていた習慣もこの日付になったことと関係しています。 その習慣とは、葦戸から襖に変えることです。
葦戸といえば夏障子とも呼ばれ、暑い季節を過ごすのに最適なもの。
しかし10月10日頃になりますと、だんだん涼しくなり襖が必要になってきたというわけです。 現代はエアコンが流通した便利な世の中になり、何かあれば襖紙を張替えるだけ。 葦戸を使っている家庭はあまりないかもしれませんが、季節の変わり目、この昔からの習慣を生かし襖の日に張替えるというのもいいのではないでしょうか。
張替えをきっかけに、昔の人々の暮らしに想いへ馳せるのも風流ですし、業者によっては襖の日に張替えキャンペーンを行っていて安く頼むことができる事もありますよ。

和紙以外の素材でできた障子紙について

障子に張られている紙は和紙であるのが当たり前だと思い込んでいる人が多いですが、近年になり、和紙以外の素材の障子紙が登場してくるようになりました。和紙には独特の風合いや高級感がありますが、いかんせん天然素材であるため、強度や耐久性があまり高くありません。もちろん通常使用に耐えられないほど弱いわけではありませんが、小さなお子さんやペットがいる家庭、不特定多数の人が出入りする場所などで使用する場合は、何かと問題が出てきます。そのような場所では、多少乱暴な取り扱い方をしても破れない強さが障子紙に求められます。また、汚れが付いてしまった時に簡単に拭き取ることができるようになっているのが望ましいです。そのような機能を持つ障子紙でないと、障子紙の張り替え頻度が高くなってしまい、費用がかさんでしまうことになります。 その要請に応えるために誕生したのが、和紙以外の素材で作られた障子紙です。少し突ついたくらいではビクともしない強度を持っていますので、まだ物心がつかない小さなお子さんや室内でペットを飼っている家庭などには最適です。また、汚れを水拭きできるようになっているため、長く美しい状態を保ち続けられるようになります。ちなみに、和紙の表面にコーティング加工が施された障子紙も販売されています。

網戸の張替えについて

網戸は窓のところにはめこみ、主に外から家の中に入ってくる虫などを防ぐために使われます。夏の暑いときに、窓を開けっぱなしにしても、網戸を使えば家の中に虫が入ってきません。網戸が登場する以前は蚊帳があり、蚊帳は奈良時代以前よりも前に中国から伝わってきたものとされています。戦国時代以前までは蚊帳は身分の高い人のみが使用するものでしたが、江戸時代には庶民の間でも蚊帳が使われるようになり、一般的なものとなりました。網戸の前身が蚊帳なのです。明治期に国産ガラスが開発され、窓ガラスが作られ、大正期には窓ガラスが普及していきました。そのころ建具屋が窓ガラスに金網など使い窓に、はめこんでいたようです。網戸が窓に取りつけられるようになったのは昭和30年代のことです。一口に網戸と言っても何種類かあり、①パネルタイプ②プリーツタイプ③ロールタイプなどありますが、一戸建てかマンションかによって取り付けるものが異なるので業者に相談した方がいいでしょう。網戸の耐久性は5年から10年くらいとされていますが、張替えを行ってから長い時間が経ち、網戸枠が変形したり、網戸が動かしにくくなったら、張替えをしましょう。張替えは自分でもできるとネットで紹介していますが、張替えを自分で行うとなると専用の道具を揃えたり、網を傷つけてしまう恐れもあるので、やはり張替えは専門業者に依頼するに限ります。また網戸の状態により張替えよりも本体そのものを交換した方が良い場合もあるので、網戸の張替えについては業者に連絡して、点検してもらうことをお勧めします。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


佐賀県神埼市と吉野ケ里遺跡

佐賀県の東部に位置する佐賀県神埼市は、面積125.13k㎡で人口は約31000人の市です。佐賀市や遺跡で有名な神埼郡吉野ケ里町に福岡県久留米市、大川市、福岡市等と県境を接しています。市の木はもみじ花はさくらです。また市のマスコットキャラクターは、くねんワン、くねんにゃんと言います。神埼市の特産品として神埼ソーメンが有ります。機械製麺の発祥地で、明治7年真崎照郷氏が手延べだった製法を機械化する事を思い立ち、明治16年に製麺機を発明しました。非常に腰の強い麺で、冷やして食べるのは勿論、温かくして食べるニューメンにも向いていて、年間を通じて消費されています。生産量は国内3位だそうです。毎年ゴールデンウィークには神埼そうめん祭が神埼そうめん協同組合が主催して行われています。農産品としてはアスパラガスが九州で一番の出荷を誇っています。弥生時代のロマンを掻き立てる吉野ケ里遺跡はこの神埼市と神埼郡吉野ヶ里町にまたがる吉野ケ里丘陵にあります。大規模な環濠集落として1986年の調査で発見されました。紀元前4世紀頃から発展した集落郡と推定されていて、環濠をそなえ防御機能を備えた大規模な集落であった様で、当時あった筑後川の河口も含まれると見られ港としての機能も遺跡から発見されているそうです。古墳時代になると豪は埋められて、その上に前方後方墳が造営されたものと見られるそうです。発見当時には、邪馬台国ではないかとの一部報道もされましたが、今ではその見方は為されていない様です。現在は吉野ケ里遺跡公園として整備されて、観光客で賑わっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 神埼市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え