全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

さくら市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳は和の空間を愉しめる部屋が実現します

畳は、新しい内には独特ない草の香りが放ちます。新築住宅を購入した際には和室にい草の香りが立ち込めており、真新しい匂いで癒される光景を目にします。い草の香りはリラックス効果が高まるといわれています。昔から受け継がれている和の象徴として畳は親しまれています。近年では国外の方からの支持が多く、外国の家でも畳が使用される家も多くあります。日本間を引き立てる畳は、専門的な技術を持つ職人の手で造られており、日本間の空間を美しく演出します。目が揃った畳表は、しなやかな弾力性があり、座り心地の良い感触と肌触りが特徴です。プロが仕立てた畳は、和の空間を彩り、美しい日本間を演出してくれます。近年の住宅ではフローリングばかりの部屋で統一されている方もいますが、中にはフローリングの上に既成の畳を敷いて団らんされている家庭も多く見受けられます。足を伸ばしたり、寝転んだりできる空間は、リラックスできる時間を家族で共有できます。部屋のこたつで団欒をしたり、鍋をつついたりできるのは、畳の部屋が最適な空間を演出します。ゆっくりと座りながらくつろげる場として畳は活躍します。また畳は、フローリングとは違った和の空間を楽しむことができます。

どのご家庭にも、だいたい畳の部屋があるかと思います。 普段もお手入れはしっかりしておきたいところですが、自身で畳の張替えなどは難しいです。 まず、現在の畳の状態を把握します。い草のクズが付いたり、窪みや破れなどがないかなどを見ます。湿っぽい感じやカビ臭くないかなども確認したほうが良いです。もし当てはまるようであれば、張替えのサインです。 張替え専門の業者もたくさんありますので価格も異なるかと思いますが、まずは見積もりを頼むと良いかと思います。 裏返しは2~5年の間が替え時とされています。価格は、だいたい5千円から1万円程度で出来るはずです。 表替の場合ですと、4~7年の間に替えると良いとされています。こちらの価格も5千円から1万円程度で出来ると思います。 全て取り替える新畳の場合は、10年~20年の間に行うと良いです。価格は少し高くなりますが1万円から2万円で出来ます。 日頃の掃除なども大切になり、長持ちさせるポイントになるので正しいメンテナンスを行う必要があります。 また、張替えなどの時期は梅雨の時期を除けばいつでも出来るので、あまり気にしなくても大丈夫です。 長く大事に使うため、畳の張替えなどを行い気持ち良く快適に過ごすために大切な事だと言えます。

伝統的な襖は機能性抜群で張替える事も出来る便利な建具

襖ってただ伝統のある建具と思っている方も多いかもしれませんが、実は現代でも通用する機能性を持った建具でもあるのです。伝統的な襖というのは木製の枠に紙を張って作られているのですが、この時枠とその表と裏の表面に張られた紙の間には空間が生まれます。この空間は空気の層になるわけですが、空気というのは温度を伝えにくいので断熱効果が得られます。いわゆる二重窓などと同じ理屈であり、これによって室内の暖房や冷房効率を高める事が出来るのです。また同様に空気は振動を伝えにくいので板戸などと比べて防音性もあります。また襖は木と和紙から作られますが、木も和紙も調湿性のある素材です。つまり室内の湿度が高ければ吸湿しますし、逆に湿度が低ければ放湿して室内の湿度を維持してくれます。さらにこうした構造は張替えを容易にするものでもあります。仮に土台が一枚のパネル状であれば全体に糊を塗布するので張替える際に剥がすのが難しくなります。実際量産型の襖などはパネルにべた張りするので、張替えが難しい事が多いです。これが伝統的な襖の場合には、糊で接着するのが細い木の枠なので、接着面が少ない事で張替えの際にも容易に剥がしやすくなっています。また張替えが容易である事から仮に破れたりして断熱性が損なわれてもすぐに修繕して使い続けられるので、エコでもあります。

年に一回は網戸の張替え

私の家では、年に一回必ずしていることがあります。それは、とても大切にしている網戸の張替えです。網戸というのは、私たちの生活を守ってくれていると思うのです。害虫から守ってくれているので、その網戸をいい状態にするのは当たり前と思うようになりました。使っていると、だんだんと古くなってくるんですね。以前はそんなに網戸の張替えを行うことがありませんでした。いいだろうと思うことがありました。しかし汚れもだんだんとたまってくるし、綺麗にとることもできないのでそれなら網戸の張替えをそのまましたほうがいいのではないかと思うようになったのです。
それはなんといっても、その料金が安いことも関係しています。高いとそんなにたびたび張替えを行うことなんてできないのです。サイトで調べると、その価格が安いことを知り、それだったらたびたび網戸の張替えを行ったほうがいいと思うようになりました。
それを行うと,とても綺麗になります。こんなに綺麗な網戸になるなら、本当に嬉しいと思っています。しかも掃除もしやすいです。子供たちが育ち盛りなので、すぐに傷んでしまうことも有りそのことも含めて行っています。その都度とても新しい網戸になり、毎回大満足です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


平成17年に誕生した栃木県さくら市

さくら市は、栃木県の中東部に位置し、宇都宮市を含む7つの自治体と接しています。平成17年3月に氏家町と喜連川町と合併してさくら市が誕生します。桜の花のような美しい街になってほしいという願いが込められ、さくら市と名付けられます。人口は平成27年7月1日時点で4万4871人で、男性の人口の方が女性より約1700人多いです。面積は、125.63平方キロメートルで、人口密度は1平方キロメートルあたり357人です。面積のほぼ半分が農地、山林が約2割を占めています。さくら市の旧氏家町地域は平坦な地形、旧喜連川町地域は数条の丘陵からなっており、共に水田地帯でもあります。さくら市の西部には東北自動車道路と国道4号線が通り、西から東へ国道293号が貫通していて、交通の要衝となっています。さくら市から東京へは電車で2時間、車では2時間半で行くことが可能です。さくら市は農業と林業が盛んな街で、農業は水稲のほか養豚・肥育牛、露地野菜などの栽培が行われています。市内には、自動車や紙製品、プラスチック加工といった工場も工業団地を中心に立地しています。さくら市は1年を通じて日照時間が長く、自然災害が少ないのが特徴です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 さくら市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え