全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

駿東郡長泉町全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の張替えは全て同じ

畳にも色々と種類があるのですが、それでも大半の畳はほぼ同じ構造をしています。ですから、張替える流れとかその作業に関してもおおよそ同じと考えておいてよいです。畳の構造としては畳表、畳床、畳縁、となっています。安い畳と言うか畳っぽい何かみたいなものですとここまで厳格に作られていないことも多いですが畳として売られているものであれば基本的にはこの三つの構造によって成り立っています。そして張替えるとなりますとまずは使える畳表の部分があれば、それをまた使うことになります。これが裏返しと呼ばれる行為になります。そして、それも終わったら、次は表替えになります。これは畳表の部分を新しく取り返す魔。つまりは、畳床はそのままです。畳縁は新しくします。畳床の劣化具合にもよることになりますが、これが何回かできることになります。最終的にそれも出来なくなった時には張替える、というより取り換える、ということになります。畳の張替えの流れ、その手順というのは大抵の場合、こうしたことになります。高級なものであろうとも原則的には同じです。張替えるときにはそんなに難しい話ではありませんから、畳の構造くらいは理解しておきましょう。

寺社で何百年前の襖が使えるのは修理がしやすい構造だからです

由緒ある神社やお寺などを訪ねて、古い襖を目にした事がある方は多いと思います。そうした襖の中には数百年という途方もない年月使われ続けている物もあります。つまり襖というのはそれだけ長く使い続けられる建具であるという事です。それは何故かというと、一つには素材の耐久性があります。襖は主に木の土台に紙を糊で張って木の枠を付けた構造をしています。一見すると単純ですが、むしろその単純さが耐久性に繋がります。そもそも木も紙も状態よく保存すれば1000年でも持つくらい丈夫です。そして木も紙も植物由来の同じ天然素材である事から親和性が高く、異素材を使用した場合に生じる割れや錆び等の影響も少ないです。そして単純な構造である事から分解が容易で、修理がしやすいという事が言えます。いくら丈夫に作ってあっても修理が出来ないと、壊れた場合には即廃棄しなければなりません。襖の場合には表面の汚れや破れなら張替えによって修理出来ますし、骨組みの割れも接着剤で固定するなどして修理が可能です。木や紙は修理の方法が長い歴史の中で確立されているというのもそうした修理のしやすさに繋がっていると言えます。冒頭の数百年使われている襖も当然これまでの間数えられない程の回数修理がされてきました。張替えなどを行うと下張りに各時代の紙が出てくるという話もよくあります。襖は修理しつつ大事に使えばこれだけ長く使えるので大切に扱いましょう。

張替え修理により守られる障子の魅力

障子は明治時代から庶民の間でも普及するようになり、適度な採光、防熱そして通気性が評価され、今日まで風情のある建具として日本家屋に取り入れられています。
初めて障子が誕生したのは平安時代末期の頃で、現代一般的に使用される明障子ですが、当時はまだ紙が高価であったことから、庶民の家屋に使われるまでには至らなかったようです。国宝である大師堂には再建当時のものとされる明障子が使われており、修理によって保存されてきた、現代にも残る最古の障子といわれております。
室町時代には、雨風から下半分を守るために板張りの腰付障子が取り入れられるようなり、そして庶民の家屋にも普及し始めた障子には、その時代の生活スタイルや環境にあわせた様々な種類があります。洋室にも取り入れられる荒間障子や、四季折々の季節の移り変わりを室内からでも楽しめる雪美障子など、それぞれの特徴により空間を演出することができます。
修理の際には、このような部屋の雰囲気を損なわないためにも、仕上がりの美しさがとても大切になります。その点では、優れた職人の方は修理する時の季節によって、障子の張り加減を変えています。また、接着部分の下処理、そしてのりの量に至るまで、長年の経験から微妙に調節することによって、仕上がりに違いがでます。
家具との調和性、そして快適性をあわせ持つ障子は、きちんとした修理を施され、長い年月大切に使用されることによってさらに味わい深いものとなります。自然素材で安らぎをあたえる障子ですが、最適な修理作業によって更に魅力が増す建具と言えます。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


駿東郡長泉町は自然環境がかなりいいところです

駿東郡長泉町といえば、工業が盛んな町であり、近年急速に宅地化が進んでいて、三島市と沼津市の間に位置している町として知られ、町の規模は小さめですが人口はそれなりに多くあり、幅広い年齢層の方が住んでいたりします。ちなみに駿東郡長泉町に隣接しているところに関しては沼津市、三島市、裾野市、富士市、駿東郡清水町となっていて色々な方面に出やすい立地であり、公共交通機関もそれなりに良いため安心して移動することができ、車移動もスムーズに行えるようになっています。
駿東郡長泉町の治安はかなり良く安心かつ安全に過ごすことができ、警察や消防もしっかりとしていて何かあればすぐに駆けつけ対応してくれます。駿東郡長泉町は自然環境も良いので子育て環境にも最適な町であり、ここ近年は多くの人が引っ越しをしてきたりしています。また、駿東郡長泉町に訪れた時に足を運んでおきたいのは鮎壺の滝、クレマチスの丘、富士竹類植物園、ベルナール・ビュフェ美術館となっています。
特産品とかも買っておきたいところであり有名なのが四ツ溝柿・大和芋・白ネギ・メロン・あしたか牛・クレマチスとなっていて、価格もリーズナブルであるので安心して購入できます。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 駿東郡長泉町迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え