仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修、理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子1,450円税込1,595円と全国でも
トップクラスの激安価格、料金です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店との
ネットワークで,関西、関東から九州まで全国にスピーディーに対応します。

滋賀県東近江市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

網戸の正しいメンテナンス

日本には四季があり、初夏から秋の初めの間は家にいる間は窓を開けて生活する人も少なくありません。しかし、虫が入ってくるために網戸をして風を通すが、虫などの害虫が入ってこないようにしてすごします。網戸はアルミサッシに取り付けますが、経年劣化により網戸が破れたりすることもあります。また、夏の暑い時期に網戸を背もたれにしたりしたりすると、破れ、ほころびが出てきます。網戸は以前でしたら専門の業者が張替えをしていましたが、近年ではDIY人気からか交換部品がホームセンターなどに販売されたり、メンテナンス方法がインターネットで公開されたりしたりして、一般の人ができる環境が整ってきました。網戸のメンテナンスは破れ、穴あきが無ければ、清掃するだけでよいのですが、破れ、穴あきについては交換しかメンテナンス方法はありません。交換する時期としては、暖かくなってきた5月に行うのが良いでしょう。網戸を構成する部品としては、アルミサッシ、網、そして、網を固定するゴムです。あみを固定するゴムをはがすことから始まります。ゴムをはずして網をはずします。新しい網をはめ込み、ゴムで固定していきます。網戸の網はゆがみがあるとカーテン、ガラス戸に触れたりしますので、ゆがみ、たわみが無い様にセットします。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

多くの家庭にある畳はとても傷みやすいもので、非常に扱いが面倒なものでもあります。時にはちょっとしたことでも傷がついてしまうもので十分に対策が必要です。交換をする時にも穴が空いていると中のものが出てきてしまうこともあります。
畳は外側は割りと強固に編みこまれていますが、それでも近年の机やイスなどを引きずってしまうと汚れがついてしまうことも多いです。そのため、畳の部屋では使う家具もある程度制限されて、お手入れなども必要になります。
畳を張り替えるときには古いものでも一度は裏面をよくチェックしておくとよいでしょう。時には裏面は無傷できれいになっていることもあるので、購入しなくてもしばらくはそのまま使えることもあります。お手入れをしていればそれだけ長持ちさせられるものです。
畳を交換するときにはお部屋の雰囲気やその後の使い方にも気をつけておくとよいでしょう。特に負担がかかる使い方をしているようならば交換と一緒に生活スタイルも多少変えてみることが重要です。お部屋の使い方から検討すると長く畳を使用できるようになります。
新しい畳でも使い方が悪いとすぐに壊れてしまうので使い方やお手入れについて考えておく必要があります。できる限り長持ちできるように工夫して簡単に穴が開いたり、壊れたりしないようにする必要があり、しっかりと畳に関する知識を付ける必要があります。

日本の伝統、文化の中に畳は必要不可欠なものです。 い草の独特の香り、なんだか懐かしくもあるその香りに包まれると不思議と気分が落ち着きます。また、これに魅了されるのは日本人に限らず、多くの外国人の方も魅力的だとメディアなどでも取り上げられております。
さて、私たちを魅了してくれる畳ですが、もちろん永年そのままというわけにいきません。天然由来のものですので交換時期というものがございます。数年おきに表替え、裏返しを数回繰り返していくうちに交換されないままの畳床は経年劣化により痛んでいき、その限界に近づいていきます。
部屋の中を歩いて「柔らかい」と感じるようになったら交換する時期が近づいているサインです。新しい畳というものは、人の気持ちをリフレッシュさせさらに精神を落ち着け、明るく健康的な空間をもたらしてくれます。
しかし、新畳は畳床が痛んでいると、畳表の痛みも当然早くなります。 歩いてデコボコが気になったら、こちらも新しく取り替えましょう。 素人の交換のやり方では痛める原因を増やしかねませんので、職人や張替業者へ状態のチェックも含めて依頼するとよいでしょう。
畳床はそのままで、畳表を新しいものに替えることを表替えといいますが、余計な隙間を解消し、い草の高反射率を高めてより健康的で明るいお部屋に変えてくれます。日本人の家庭になくてはならない存在ですのできちんとメンテナンスをして大切に使用していきたいものですね。

襖に穴が空いてしまったときの対処法

掃除をしていた時に誤って掃除機が襖にあたりやぶれてしまった、子供が襖にぶつかり穴が空いてしまった。他にも様々な理由で襖に穴が空いてしまうことがあるのではないでしょうか、紙でできているものなのでちょっとした刺激ですぐにやぶれたり穴が空いてしまう襖、ですがこのたびに張替えるのではもったいないです。張り替えも業者に頼めばなかなかお金もかかりますし、自分でやるとしても結構手間も時間もかかってしまいます。ここでは、襖にちょっとしたやぶれや穴が空いてしまったときに自分でできる対処法を説明したいと思います。まず襖床などの平らな場所に置きます、霧吹きでやぶれたまわりを濡らします。そしてやぶれた部分にあった大きさの当て紙を用意してください、この当て紙は薄目の丈夫な紙をつかってください。この当て紙を破れた部分に入れます、このときに当て紙をやぶれたところに入れると方向転換することができないので、先のとがった千枚通しのようなもので当て紙の表面に穴を空けてください。こうすることでやぶれた部分に入れた当て紙の方向転換ができるようになります。やぶれた部分に当て紙を入れて向きを調節したら、当て紙の上にくる部分に洗濯糊を入れ十分に乾燥させてください。こうすると元通りというわけではありませんが、だいぶやぶれが目立たなくなります。

網戸を管理する際のポイント

網戸は室内の換気を行うために窓を開放した際、虫やゴミなどが侵入するのを防ぐ効果があります。用途の性質上、常に屋外に晒されているので日光や風雨などの刺激を受けやすく、次第に劣化してしまうので取り扱いには注意が必要です。網戸の劣化は外見ではわかりにくいので、気づかないうちに破れてしまうケースがあります。網戸が破れると異物の侵入を遮断する効果が無くなってしまうので、網戸が外見に異常が無くても定期的に張り替えを行うのが居住性を良好に保つための心得です。住宅で使う網戸を管理する際は劣化の軽減を心がけることが大切です。網戸の劣化は紫外線や温度変化の他、付着した汚れの放置も原因のひとつなのでこまめに洗浄を行い、清潔な状態を保つことが重要になります。特に埃や花粉などの汚れが飛散しやすい環境の網戸は劣化しやすいので、張り替えの際は耐久性が高い高品質の網を選ぶのが長持ちさせるための工夫です。また、室内の換気を行わない季節は網戸を片付けるのも劣化の予防に繋がります。破れた網戸の張り替えは専門技術が必要なので業者に依頼するのが一般的な対処法ですが、技術力の差が仕上がりの良し悪しに関係する他、費用も嵩みやすい傾向があります。日頃から網戸の状態を確認して丁寧に扱うことで余計な張り替え作業を避けることが可能です。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

滋賀県東近江市とは

東近江市は、滋賀県東部に位置して、人口114千人、総面積388.58km2の市で2005年2月に八日市市、神崎郡永源寺町・五個荘町、愛知郡愛東町・湖東町の1市4町が新設合併し2005年2月11日に出来たが、2006年1月1日には神崎郡能登川町・蒲生郡蒲生町を編入し、現在に至っている。愛知川に沿って、鈴鹿山脈から琵琶湖岸まで東西に長い市域を持つ。市名は旧国名に由来している。中心となっている旧八日市市の起源は古く、推古天皇の頃に聖徳太子によって開かれたと言う。太子が、大阪四天王寺造営の折、当地の簑作山山麓で屋根瓦を焼き、遠近各地から集まった人々に対して交易の道を説き、以来、8の日に市が開かれて「八日市」の名が起こったと伝えられている。いずれにしてもこのあたりは、古代、朝鮮半島からの渡来人が多く移住しており、市場もこれらの人々によって開かれたものとみられている。万葉集には、蒲生野で詠んだと言われている。
市内全域が内陸性気候である。当市は気象庁の気象区分で滋賀県南部に分類されているが、合併前は北部に分類されていた地域があり(旧愛東町・旧湖東町・旧永源寺町)、冬季は地域差が出るため明確な気候の線引きはできない。 夏は、最高気温は県内で最も高くなる日も珍しくないが、盆地であるため熱帯夜となる日は少ない。 冬は、最低気温が氷点下となる日が多く、2012年2月19日には2月としては歴代1位となる最低気温-10.8℃を記録している。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 滋賀県東近江市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 N様邸
畳表替え 襖張替え

 N様邸様
畳表替え

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

滋賀県大津市
T様邸 畳襖ふすま張替え

 N様邸
襖、和紙畳張り替え