仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理、
修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

彦根市スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



古来から日本のライフスタイルに根付いている畳や襖、障子は日本の室内の装飾には重要です。和室は畳や襖、障子を張り替えを行うだけでまるで違った装いを見せます。外見だけ優れるのではありません。畳や襖、障子張り替えを行うだけで、いろいろなメリットの恩恵を得ることになります。
畳はイグサで構成されていて、音を吸収する事やそのにおいからリラックス効果があると言われています。そして畳や襖、障子には湿度の調整や空気の良くする効果、紫外線から守る機能、冷暖房能率が向上するなどさまざまな機能が張り替えによって恩恵を得ることができます。
さまざまな畳や襖、障子の機能も、長期間使用しているとだんだん古くなり、機能を発揮しにくくなってきます。だから、家が疲れて元気が感じられなかったり、新しい家族が出来るという方は、畳や襖、障子を張り替えるタイミングとしては良い機会です。<br/>どうせ張り替えるなら、ベッドをおいてもおかしい感じのない部屋にしたいという状況でもいろいろな素材や性質をもった畳や襖、障子が揃っています。業者と相談することで希望のものが見つけられます。和室の素晴らしさを残しつつ、洋式にあわせたい方でも条件にあわせたものを用意してくれします。
そもそも、畳や襖、障子には、音を遮ってくれたり、空気のろ過機能や冷暖房の向上などのメリットがあるうえに、湿気を最適にする作用は湿気の多い日本の気候にマッチしたものです。特にダニやカビの発生を防ぐ加工を施した素材のものも紹介してくれます。

イ草の心地よさ

日本人の心と安らぎは畳のイ草の香りです。 ないげない時を過ごすとき、畳のイ草の香りはとても安らげます。 最近は品質やコストダウンが進んでおり、とっても手軽に、畳を楽しむことができるようになってきています。
ダニカビ、その他のさまざまなアレルギー問題を解決してくれる畳があります。 そのほかにも、畳表の変色が気になるなど、さまざまな畳についての悩みを解決できます。健康面を重視した畳が出てきていますので、安心できます。
そのほかにも、お客様のニーズに対応してくれます。デザインをはじめ、タイプ別の商品や、豊富に取り揃えているところが多いですので、家に合う畳をお探しの場合は、業者の方に相談することで家に合うものを提供していただけます。
ヘリ無しのものもあり、年配の方から赤ちゃんまでが安心して生活できるように工夫されています。ダニやカビが生えないものですと、赤やんのお昼寝も年配の方のお昼寝も何も心配することなく、お昼寝させてあげることができます。
畳を長持ちできるように手入れが簡単になってきているのもありがたいことです。 お茶や牛乳などをこぼしても強くこすらずに、しぼった布でやさしく拭き取ることで跡が残らずに済みます。このように、以前よりも手入れがしやすくなっています。

和室の襖を壁紙でアレンジ

和室につきものの『襖』ですが、そのままだとちょっと物足りない、という方も居るのではないでしょうか。そんな方には、手軽にアレンジが出来る『壁紙』がおすすめです。壁紙というと難しそうというイメージが強いですが、最近のものは両面テープや糊などで簡単に貼れる物が多いです。壁紙の種類も豊富で、花柄を始め本棚模様の壁紙など様々です。選ぶ際は、自分がイメージする部屋に合わせた柄を選ぶと良いでしょう。また、壁紙には国産のものと輸入品とがあります。どちらも大差はないですが、初めての方は継ぎ目のない国産のものが良いでしょう。その辺りも、柄と同じく自分に合ったものを選んでください。壁紙を貼る前に、襖には種類があります。障子の桟のような中小骨というものがある『本襖』に、持つと重く、叩けば木の音がする『戸襖』と、持ち上げても軽く、叩く音が鈍い『ダンボール襖』などです。この種類によっては、貼れない方法もあるので最初に確かめる事が大切です。両面テープで貼る方法は手軽ですが、綺麗に仕上げるためには少しコツが要ります。糊は襖の両面に貼る事で、片側の反り返りを防ぐ事が出来ます。綺麗に仕上げるために、方法は確認しておきましょう。貼る前には、襖の掃除を忘れないでください。汚れたまま貼ると、後からカビなどが発生する可能性があるので注意が必要です。自分なりにアレンジして、襖をオシャレな洋風にしてみましょう。

日本建築の傑作である障子とその張替え

襖よりも少し後から誕生したのが障子と言われています。平安時代ごろからで、襖よりも構造はシンプルながら、壁を仕切ることができ、同時に外の光を取り込むことができるという実に画期的で優れた建具であり、日本建築の傑作です。障子があれば、和室は自然光の温かな明るさに包まれ穏やかな空間になります。障子紙はこうした特性を出すために、薄い紙が用いられますが、破れやすい、また吸湿性もあるために張替えが必要です。近年はリーズナブルで耐久性のある素材のものが出てきていますが、それでもやはり張替えは必須であり、破れていたり汚れていたりすれば、その部分が目立つだけでなく、断熱効果を下げることにもなります。
障子の張替えは、張替えの業者に依頼したいところですが、タイミングとしては12月の年末は張替えを依頼する人たちが急増する時期でもあり、障子をきれいにして新年を迎えたいという気持ちになるものです。早めに依頼することや、それよりも少し前の時期でもよいかもしれません。また張替えの周期は5年から10年くらいが目安で、障子紙の質や環境により変わってきます。上質な紙ほど耐久性が高く、長持ちします。また風合いは落ちますが、プラスチック素材のものも破れにくく色焼けが少ない、、水拭きができるなど好まれています。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


滋賀県彦根市について

県の中東部、琵琶湖の東岸に位置する旧城下町で、湖東地区の文化・経済・交通の中心をなしている。
昭和21年2月、旧彦根町と松原村・青波村・北青柳村・福満村・千本村の1町5村が合併して彦根市となり、洞31年に河瀬村と亀山村を、同32年に高宮町を、同43年には稲枝町を各々編入して、今日に及んでいる。
市域の東部は鈴鹿山脈に属する山地帯だが、南西部には湖東平野の北端にあたる肥沃な沖積低地が開け、芹川・犬上川・宇曾川・愛知川などが、平野部を北西へ流れて琵琶湖に注いでいる。
彦根の地名の起こりは、神話時代に当地の彦根山(金亀山9に活津彦根命が降って地主神となったという神話に由来するという。奈良朝時代には、藤原不比等が近江の太守に任ぜられてこの地に住み、その子房前もたびたびこの地を訪れている。中仙道(国道8号線)と琵琶湖岸の間にひらける水田地帯には、大化改新(645)後にしかれた条里制の遺構が残っている。東海道本線の車窓の西方に、しばしば見られる碁盤目状の整然とした耕地景観がそれである。
開発の歴史は古いのだが、現在の彦根の基礎は、安土桃山時代に豊臣秀吉の股肱の臣である石田三成が、佐和山に城を築いたのに始まる。関が原の戦いの後、石田三成に代わって佐和山に入ったのは井伊直政であった。直政は入城と同時に佐和山を廃城とし、彦根山に新しく築城しようとしたが果せぬままに他界し、その遺志は直政の子によって引き継がれた。彦根城が完成するとともに城下町も発展し、近世においては近江随一の都市として繁栄した。今も、旧武家屋敷街の城町にはかぎ型に折れる通りや、古風な構えの武家屋敷が遺存し、旧魚屋町(本町2・3丁目)と芹川べりの旧足軽屋敷(芹橋1・2丁目)付近には、むかしの細かな町割りそのままに民家が並び、城下町時代をしのばせる。主産業は農業で、米・野菜・しいたけ・サツマイモなどが産出される。工業もさかんで、紡績・機械・セメント工場が立地し、特産として船舶用のバルブコックの鋳物と、彦根仏壇が知られている。彦根仏壇は近世以来の伝統をもち、市内新町の芹橋から近江鉄道彦根口駅までの「七曲り」と呼ばれる通りに、20軒の仏壇店が並び、独特の雰囲気をかもし出している。
見どころとしては、彦根城跡・佐和山城跡・清凉寺・龍潭寺・千代神社といった旧跡・古社寺がある。また市は湖東の観光拠点ともなっており、彦根駅の南に彦根バスターミナルがあって、近郊への路線バスや、湖岸回遊・湖東三山めぐりの定期観光バスが発着する。彦根港からは、多景島・竹生島への遊覧船が出ており、竹生島経由で大津や湖西方面への足としても利用できる。

彦根市の中でも、特に有名なスポットは、ゆるキャラブームの火付け役となったと言われる『ひこにゃん』がいる城としても、知られている彦根城です。そんな彦根城が築城されるより前、彦根市には石田三成の居城となる佐和山城という城がありました。江戸時代に入り現在の彦根市に彦根藩が作られた時に、藩主となる井伊直政が三成の佐和山城を引き継ぐことを嫌がったため、彦根には新たに彦根城が築城されました。彦根城は、佐和山城を移築する形で作られたため、現在でも残っているのは石垣の一部など僅かな痕跡だけです。
彦根城は、今でも美しい姿で残り、彦根市を代表する観光名所となっています。ひこにゃんに会える以外に、美しい桜を眺められるスポットとしても人気です。そんな彦根市には、井伊家の歴史に触れることができる資料館やいい毛の菩提寺など、歴史と文化を感じるスポットが多数あります。歴史を感じたい時は、城下町として栄えた彦根の町並みを再現した、夢京橋キャッスルロードもおすすめです。キャッスルロードには、土産物店や甘味処などが揃っています。レトロな雰囲気を楽しみたい時は、大正洋風建築やガス灯などが建ち並ぶ四番街スクエアもおすすめです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 彦根市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え