全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

滋賀県長浜市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳たたみについて

世界でも家に入る時に靴を脱ぐのは日本の家屋の特徴です。靴を脱いだ素足に触れるのが畳です。畳の感触が日本家屋で暮らす最大のメリットです。しかし畳にも寿命があるのです。普段からのお手入り次第では寿命を延ばすことができます。
お手入れとしては「裏返し」というのがあり、これは2年から3年で張り替えをすることになります。また「表替え」というのは4年から5年、「畳床」は10年から15年が交換の目安とされています。これをきちんと守っていれば、寿命を延ばすことができます。これらのお手入れには費用と手間がかかりますが、半年に一度くらいは「天日干し」をすると更に長持ちさせることができます。湿気を逃して、アレルギーの原因となるカビやダニの予防になりますし、「天日干し」した畳はひなたの匂いがして、精神的にリラックスできます。畳の張り替えには種類があるので、専門の職人さんに依頼するのが一般的です。費用はかかりますが、それだけ寿命を延ばすことができます。「裏返し」というのは表面を覆っているイグサのゴザの部分を裏返すことで、費用を節約できます。
「表替え」というのは日焼けが裏側にまで及んでいる場合に、ゴザの部分を新品に張り替えます。「新床」というのは畳そのものを交換することです。畳のもっている湿気の調節などの機能がなくなる前に、職人さんに交換してもらうのがおすすめです。

襖ふすまについて

襖は古来より間仕切りとして使用されてきましたが、他にも知られざる機能がたくさん詰まっています。日本の風土に合わせて作られたものなので、湿度が多いときは湿気を吸い取り、湿度が少ないときは湿気を放出する仕組みが備わっています。
襖は部屋の模様替えがしやすい建具でもあります。襖は部屋の中で広い面積を占めるため、襖紙を張り替えるだけで、部屋のイメージを大きく変えることができます。襖紙にはさまざまな色と質感、柄が揃えられています。
色や柄を選ぶときは、部屋のインテリアとの融合を考えて選択するようにしましょう。特に柄のあるふすま紙を選ぶ際は注意が必要です。襖が目立ちすぎると違和感が出てしまいます。無地であれば、洋室にもよく馴染みます。
ふすま紙の色の選択は特に重要です。見本帖で見て自分がいいと思っても、実際に広い面積に置いてみると印象が強くなることがあるので、見本帖を見て色を選ぶ時は、1段階暗い色合いを選択することをおすすめします。
ふすま紙選びで失敗しないために、見本を実際の壁に当ててイメージを確かめてみるようにしましょう。インテリアにとけ込むふすま紙を選べば、落ち着いてリラックスして過ごすことができます。それだけ襖紙選びは大切なのです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


滋賀県長浜市

県の北東部、琵琶湖の東岸に位置する商工業都市。湖北の商業・経済・文化の中心地になっている。 昭和18年4月、旧長浜町と神照村・六荘村・南郷里村・北郷里村・西黒田村・神田村が合併して市制、 長浜市となった。市域の大部分が、北境沿いを西流する姉川の扇状地性の沖積平野で、東端部に海抜 300m前後の横山丘陵が盛り上がる以外、地勢はおおむね平坦。開発の歴史は古い。 市内各所に残る茶臼山古墳(県指定史跡、東上坂町)・垣籠古墳(県指定史跡、垣籠町)といった旧跡が それを物語り、郊外には古代条里制の地割りが遺存する。中世には佐々木京極氏の所領とされ、康正2年 (1446)今浜港(長浜港)が開かれると、北陸道と畿内を結ぶ水陸交通の要地として重要視されるように なった。天正元年(1573)、長浜領主となった豊臣秀吉は、京極氏の古城を改修して長浜城を構築。 城下に、条里制の地割りに準じた碁盤目状の街区をもつ城下町を営んだ。これが今の長浜市街の起こり とされている。近世には、良港長浜をひかえた商業地として発展し、名産・おみやげの浜ちりめん・ビロード・ 蚊帳などの機業がおこった。現在も、産業面では商工業が中心になっており、長浜駅前にはデパート・ 商店が軒を連ねて、広い地域から買い物客を集めている。工業は、在来の織物業のほか、今次大戦後 誘致された合板・合成樹脂・機械工場が立地する。郊外の農村部では、米・野菜作りがおこなわれる。 見どころとしては、長浜城跡や大通寺、長浜八幡宮、鎌倉時代の木造地蔵菩薩半跏像(国指定重要文化財) を所蔵する西上坂町の御影道新善光寺といった旧跡・古社寺がある。 「長浜城跡(豊公園)」長浜駅の西、琵琶湖畔にある。城は延元元年(1336)、佐々木京極高氏(道誉)が、 当時今浜と呼ばれたこの地に、出城を築いたのが始まりという。天正元年(1573)、浅井長政が、小谷城に 滅び、長浜の領主となった豊臣秀吉は、今浜古城を修営。名を長浜と改めて築城した。 現在、城跡は豊公園とされ、わずかに残る石垣が戦国のむかしをしのばせる。多くの桜が植栽されており、 春のシーズンには、花に酔う人たちでいっぱいになる。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 滋賀県長浜市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え