全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

吉野郡下市町全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




表替えで人に合わせて畳も変わることが出来るということ

畳は湿気の多い日本の気候の歴史の中で調湿効果があるものとして長年愛用されてきました。しかし適切なメンテナンスをしなければ湿気や汚れを溜め込んだ畳にはダニなどの虫が湧いたりカビが生えてしまうこともあるのです。素晴らしい機能とい草の香りや手触りを維持するために4~5年ほどで表張替えをしてみてはいかがでしょうか。新しい畳を使用し始めてからの目安と言われています。湿気の多い地帯の家屋、乾燥地帯の家族などでは耐久年数が変わってきますので傷みが気になり始めたらまずはプロの職人の目で確かめてもらうことをお勧めします。表張替えというメンテナンス方法は全ての畳で行えるとは限らないのが特徴なため、職人に直接見てもらうことでその判断もしてもらうことが出来るでしょう。そして職人が表張替えの際に畳の状態を見ればその家の湿度の状態や虫の具合なども分かります。その環境に合った表張替えの材料を提案してくれることでしょう。その環境に適した素材を使うことで畳は長持ちします。表張替えは新調という手段よりも依頼しやすい価格です。家に住む人の年齢や状態によって環境を変えていかなければなりません。現代では人に合わせて畳も変わることが出来るのです。小さなお子様から介護が必要なお年寄りの方まで使いやすいそれぞれの年代に合った畳があります。この年だから無理だろう、と諦めずに業者に相談することをお勧めします。

襖についての豆知識

襖を張替えている時になんで襖っていうのか疑問に思ったことはありませんか?そこで今回は襖を張替えながら思い出したい襖の由来をご紹介していきます。
張替える前に知っておきたい!襖の名前の由来
現在でも引き戸という言葉は使われているが、それに代わって襖の語源であるスライディングドアという言葉が使われるようになりました。
かつては、すべての引き戸がスライドドアと表現され、襖とは表現されていませんでしたそのため、元々の引き戸はやはりスライディングドアと呼ばれていました。
張替えながら思い出したい!スライディングドアの起源
スライドドア襖の語源は、ラテン語で「パンケーキ」を意味する「slidrum」である。この言葉は、ラテン語で「転がる」を意味する「slidre」に由来する。slidre」と「duro」を合わせた「slide」という言葉は、転がるボールや斜面を転がる平べったい木片などに使われていた。ローラー」という言葉は、ラテン語で「転がす」という意味の「rosa」と「roller」を組み合わせた言葉に由来します。斜面を転がるという意味での「rolling」、あるいは「rollers」という言葉は、「転がるボール」を意味する「rollae」に由来する。この名前は、「トロール」や「ローラー」を意味するラテン語の「rollas」にも見られます。同じように、「スライディング」という言葉は、転がるボールや斜面を転がる平らな木片に使われていました。
襖の語源に関する最も古い文献は、16世紀後半にドイツの数学者ヨハネス・ケプラーが著した『天体力学の理論』にある。ケプラーは中世の天文学をリードしてきた人物が書き下ろした著書に記されています
~まとめ~
ぜひ張替えながらこの記事を思い出してみてください!

襖張り換え 和室襖、戸襖

和室を作るために重要なアイテムとして、襖があります。襖の種類としては枠が取り外すことができる本襖と、枠が取り外すことが出来ない板襖とがあります。では実際に自宅の和室で使用するための襖を購入する際に、まず重要なのが襖紙を決める必要があります。襖に使用される紙の種類としては、一般的には和紙と織物とにわけられます。まず和紙から選ぶ場合ですが、同じ和紙でもグレードがあるため最初にどのグレード品の物にするかを選ぶ必要があります。普及品はコストを安くすることが出ますが、大量生産品のため和室の風合いを出すためには多少心もとないです。逆に中級品や高級品の場合はコストが高くなりますが、手漉き和紙などは独特の風合いがあり和室独特の空間を作ることが可能です。織物タイプで選ぶ場合もやはりグレードに分けられており、和紙と同じようにコストや風合いの面で大きな違いがでてきます。それ以外に襖紙は素材だけでなく機能で選ぶことができます。汚れ防止や防災加工されたタイプもあります。そのほかにシックハウス対策された紙や強度があり破れにくい物などもあります。素材と合わせてグレードや機能をふまえて、どの襖紙にするかを決める事がポイントとなります。

網戸がスライドしなくなったら確認する部分

破損をさせた覚えも無いのに網戸が急にスライドしにくくなってしまう場合もあります。これは珍しい現象では無く良くある現象になります。どこかが壊れてしまっていると感じて網戸を修理してもらおうと考えてしまう方もいますが、自分で確認をする事によって網戸修理をしてもらわなくても直す事ができる場合もあります。確認をしなくてはならない部分は網戸のレールの部分になります。その部分にごみが溜まっていないかを確認してみると良いでしょう。外のごみが直接網戸に当たってしまうとそのごみは真下に落ちる事になります。この真下に落ちたごみが溜まってしまう事によって網戸がスライドしにくくなっている可能性があります。また雨の日などの場合は水分が影響をしてしまいごみが固まってしまう事もあります。確認をしないで修理を依頼する事によって、自分で行う事ができた作業のはずなのにお金を支払わなくてはならない状態になってしまいます。もしもごみが溜まっている事を確認できて取り除いてもスライドしにくい状況が続く場合は、網戸のどこが破損している可能性もあるので、網戸修理を依頼しなくてはなりません。自分でできる事を行ってみてそれでも解決できない場合は網戸修理を依頼するようにしましょう。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


「こんにゃく」の発祥の地「吉野郡下市町」

「吉野郡下市町」は奈良県の南部にある町で「しもいちちょう」と読みます。
「吉野郡下市町」の総人口は4,626人 (推計人口、2021年9月1日)で総面積は、61.99km2です。
「吉野郡下市町」に隣接している自治体は、五條市、吉野郡大淀町、吉野町、黒滝村となっています。
「吉野郡下市町」のあたりは、平安時代の頃には吉野への入り口としてたくさんの人の往来があり、市が設けられました。
日本で最初の商業手形を発行するなど、先進的で吉野地方の主要商業地として発展していました。
「こんにゃく」と言えば今では群馬県が有名ですが、「こんにゃく」の発祥の地は吉野ということです。
現在でもこんにゃくの栽培がされ、他にも梅や柿の生産地でもあります。
「吉野郡下市町」の観光スポットとしては「丹生川上神社下社」が挙げられます。
雨乞いの神として信仰されています。
「ウッズモータースポーツランド下市」はオフロード好きなライダーたちの楽園です。
初心者から上級者まで安全に楽しくオフロードライディングを楽しめるコースなので、大人も子供も楽しくオフロードをエンジョイできます。
キッズスペースも設けられています。
「下市町森林公園やすらぎ村」は丹生川沿いのキャンプ場で、すべての設備がきれいに整備されているので、家族連れも安心して利用できます。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 吉野郡下市町迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え