全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、ペットディフェンスも扱っています。全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

鈴鹿市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

父親がヘビースモーカーで、火災警報器が設置されている部屋での喫煙に猛反対し、ベランダで吸ってもらっていました。しかし、ベランダで吸っていた父が大慌てで部屋に入り、水を持ってベランダに向かっていったのです。聞くと、ビールを片手にタバコを吸っていて、網戸の近くにタバコを置いていたら、網戸に火が移り、穴が開いていたようなのです。見ると、ポッカリと穴が開いていて、網戸の張替えを行わなくなりました。
見積もりに来るから対応をしてと言われ、仕方なく話を聞くと、網戸でも種類が異なるということで、今回はタバコの火によって穴が開いてしまったため、グラスファイバー加工の網戸への張替えを奨められました。グラスファイバー加工は火に強いということで、今回のようにタバコなどが当たっても穴が開きにくいなどの特徴があると聞き、グラスファイバー加工の網戸に張替えをしてもらうことにしました。値段はやや高めでしたが、防災の観点から見ると、遥かに安いものです。網戸の張替えはスムーズに行われて、素早い対応には本当に感謝しています。張替えの費用は父が出さなくてはならなくなったのですが、これに懲りたようで、ベランダでタバコを吸うときには火を近づけないように心がけたりと、グラスファイバー加工のものにしたことで防災の意識付けにもなったようです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳たたみについて

畳は古くから日本の家で使われてきました。畳に使われるイ草は、空気中の水分が多い時は湿気を吸収し、乾燥している時は水分を放出する特性を持っています。さらに、空気中の二酸化酸素を吸収し、空気をきれいにする効果もあるのです。
そのような点が見直されて、最近では和室の人気が高まっているそうです。畳は消耗品なので、ある程度の年数が経過したらお手入れする必要があります。畳の交換にはさまざまな種類があり、コンデションに合わせて選ぶ必要があります。
畳は、イ草が使用されたゴザと、木の素材で作られた下地で出来ています。交換で一般的に最もよく使われるのは、表のゴザ部分を新しく交換する表替えです。ヘリも新しくなるので、畳を新品のようにすることができます。
イ草は安価な中国産から、高級感のある熊本産まで、予算に合わせて選べます。また、ゴザがそれほど古くない場合は、ゴザを取外して裏面を表面にして使用する裏返しという方法もあります。ヘリは新しく取り替えるので、費用が抑えながらもリフレッシュして使用することができます。
畳の本体が古くなってしまっている場合は、下地とゴザをまったく新しいものに取り替える新畳をします。土台も新しくする場合は、だいたい10年から15年ほどが目安と言われています。判断に迷ったら、畳やさんに相談してみましょう。

襖ふすまについて

襖の張り替えといえば、多くの人は一度張り替えれば破れたり大きな汚れがつくまで張り替えないことが多いのではないでしょうか。しかし、襖だけでなく畳や障子もですが意外と傷つきやすく劣化しやすいものなのです。
例えば日光に当たるだけでも少しづつ劣化し、ほこりなどの小さな汚れも目立たないというだけでつきやすく、綺麗にしようとして擦ればそれでも傷ついてしまいます。襖などが傷つき劣化してしまうのは避けられないことです。
そこで襖や障子、畳などは定期的に張り替えることが推奨されます。襖ならばふすま紙の種類や設置されている環境などで大きく異なりますが、十年前後を目安にすると良いようです。それ以外にも冠婚葬祭やお正月などに変えるのも良いでしょう。
襖などは張り替えると見違えるほどに綺麗になることもあります。ほぼ毎日目にしており、少しずつ汚れているので気づきづらいですがどれだけ古くなり劣化していたのかが新品と比べればわかるでしょう。部屋が綺麗になれば気分も良いはずです。
しかし、襖の張り替えは多くの作業・工程が必要であり素人が初めてやっても失敗する可能性の方が高いため、業者に頼んで張り替えてもらうことをおすすめします。どうせ張り替えるのならば綺麗に張り替える方がよいでしょう。

長い歴史を持つ襖を張替えて普段の生活に活かしましょう

襖は日本人なら誰もが知る建具ですが、その歴史はあまり知られていません。襖は日本生まれの建具ですが、きっかけになったのは中国から渡来した障子です。障子とは言ってもこれは現在日本でみられる物とは異なり、衝立や屏風などの間仕切りや戸などに使用される建具全般の事を指しています。現在の襖も正式には襖障子といいますが、元々は寝所を囲むように使用した障子の事を衾障子と呼んでいたものが原型です。なお衾というのは掛布団のような寝具の事です。初期の頃は単に板の衝立に布を張り付けただけの構造でしたが、後に内部を空洞にするなどして軽量化も図られて今日の襖へと変化しました。襖は間仕切りとしての役割だけでなく、表面に意匠を凝らす事で室内の雰囲気を整える役割もあります。また構造上表面だけを張替える事が可能でなので、襖そのものを取り替えなくても表を張替える事で室内の模様替えも可能になるという便利な要素もあります。張替える襖紙については伝統的な意匠のものが多いですが、最近ではモダンな柄やキャラクターものなど様々な物があります。洋室に合うような柄の紙も多いので、アイデア次第で様々な用途に使えます。張替えについては専門的な技術が必要なので業者に依頼するのが基本ですが、その際に張替える襖紙を選ぶ事が出来ますので、模様替えなどの際に一緒に張替えてみるのも気分転換になってお勧めです。

襖の張替えは長い歴史と文化があったりします

襖といえば、はるか昔から作られているものとなっていて、多くの人たちが利用してきているものでもあるため、歴史や文化もあり、使用していた時代によって用途などは異なっておりましたが、住まい・屋敷・城内などに使われていたことは確かであります。
もともと襖は高い身分の者しか保有できないものであり、わかりやすくいうと公家・武家・大名・国人衆といった方々が身分を象徴するために保有し使用していたものとなっていましたが、戦国時代以降は徐々にだけど、一般的な住まいにも使われはじめ、江戸時代には多くのところで襖が使われ、仕切りの役割を果たしていたのであります。
襖の張替えとかも江戸時代ぐらいから多くの人たちが見る中で行われはじめ、全国的にも襖に対して専門的な知識と技術を持つ職人が多く展開していた感じです。
襖の張替えの頻度に関しては当時の資料とかを詳しく調べると詳細が明らかになるかもしれませんが、年間を通してどのくらい行われていたのか、気になる部分です。
江戸時代以降については襖の製造する方法や襖の張替え・修理・修復などの方法とかも進化していき、多くの依頼を受け持つことができ、一時的に生産量や張替え・修理・修復の数は大幅に減少しましたが、戦後になって徐々に伸びていき、時代が進むにつれて需要が多くなり、今に至る形となっています。
現在の襖は張替えができやすいように設計されているため、対応する職人の人たちもスムーズに対応することができ、短時間で施工が終わる場合もあったりするので、多くの依頼を受け付けることが可能となっています。

お客様のお話

部屋の中で汚れているところとして、ふすまが気になっていました。自分でなんとかしたいと思ったものの、やっぱり失敗した時のことを思うとそれも勇気を持つことができませんでした。伝統的なふすまに関しては、やっぱり専門の業者にしてもらうことが一番と思っています。失敗したら、後悔しきれないのです。
そこで、早速襖の張替えを行ってもらうことにしました。インターネットで調べると、格安という文字が入ります。そんなに安いのかとちょっと心配をすることがあったのです。安いと思うと、手抜きがあるのではないかと心配をしましたが全くそんなことはありませんでした。むしろ、こんなに格安でこれだけの素晴らしい技術をしてもらえることに,とても感謝をしなければならないと思ったほどです。
襖の張替えを行ってもらい、その後にしっかり掃除もしてもらえたので私は何も行う事無く全て行ってもらうことができたことも満足です。その後は、安心して暮らすことができるようになっています。こんなに襖の張替えで部屋がかわるとは思っていませんでした。真っ白になった襖の張替えあとを見て、これなら実家もして欲しいと思っています。次回は実家の襖の張替えを依頼する予定です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


三重県鈴鹿市と鈴鹿サーキット

三重県鈴鹿市は、三重県北部に位置する市であります。 鈴鹿市の北には三重県下で最大の人口を誇る四日市市があり、鈴鹿市の南には三重県の県庁所在地である津市があります。鈴鹿市は四日市市と津市に挟まれる形で、中間に鈴鹿市が存在しています。 鈴鹿市の鈴鹿サーキットでは、自動車レースの他にも2輪の鈴鹿8時間耐久ロードレースが開催されています。
その他にも、多くのモータースポーツの大会が開催されており、鈴鹿市を知らないモータースポーツファンはいません。三重県鈴鹿市の交通は、鉄道がJR関西本線、伊勢鉄道伊勢線、近鉄名古屋線、近鉄鈴鹿線が通っています。 鈴鹿市のバスは一般路線バスの他に高速バスが走っており、東京や横浜、東京ディズニーリゾートへの高速バスも運行されております。鈴鹿市で最も知られているスポットとしては、鈴鹿サーキットが挙げられます。 鈴鹿サーキットは、世界最高峰の自動車レースであるフォーミュラ1日本グランプリが開催されている、国際レーシングコースとなっております。鈴鹿市の鈴鹿サーキットは、レーシングコースだけではなく、他にも遊園地やホテルなどがある複合レジャー施設であります。 1962年に、本田技研工業によって設立され、現在はホンダグループであるモビリティランドによって運営されています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 鈴鹿市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

お客様のお話

子供部屋で勉強をしている子供が、夜に勉強をしていると虫が入ってきて勉強に集中ができないと言うことが多くなり、始めは勉強をしたくない言い訳だと思っていたのですが、確かに夜に部屋に入るとぶんぶんとまとわりつく虫が入ってくるので、どこからか侵入しているということは明らかで、それが網戸の隙まではないだろうかということになりました。これまで一度も網戸の張替えをしたことがなかったため、そろそろ張替え時だと思い、業者さんが近くにいないか探すことにしたのです。業者さんは連絡をするとすぐに来てもらうことができ、子供部屋の網戸を見てもらいました。確かに老朽化しているということで虫が侵入している可能性があるとのことで、網戸の張替えの必要性をすすめられました。
とりあえず見積もりをすることになったのですが、網戸には種類があるため、張替える網戸の種類を決めなくてはならなかったのですが、虫の侵入に困っている子供部屋なら、防虫効果のある網戸にしてはと業者の方にすすめられました。虫が集まってくるのを防止してくれるものの、子供やペットに害のあるものは配合されていないということで、すすめられた網戸に張替えてもらうことにしました。
張替え後は虫の侵入も抑えることが出来、子供も勉強に集中することができているようで、とても助かりました。