全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、ペットディフェンスも扱っています。全国でもトップクラスの激安価格です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

ふじみ野市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸は窓を開けておく際に外から害虫が侵入するのを防いでくれる役割があります。網戸は毎日のように開け閉めすることが多く、外気にさらされているので汚れやすくなります。しかし、網戸の掃除は手間がかかるイメージがあるため日常的に掃除をするのは面倒だと感じる方も多いです。そこで、網戸を誰でも手軽に掃除できる方法を紹介します。まずは新聞紙と掃除機を用意します。新聞紙は網戸の外側全面にテープで貼り付けます。そして室内側から掃除機で網戸の埃を吸引します。新聞紙があることで掃除機の吸引力を無駄なく活用することができ、埃を取ることができます。内側が終わったら、次は反対の外側も同様に作業を行います。その後は、メラニンスポンジと重曹や市販で販売されている掃除用洗剤を使って掃除機では取りきれなかった埃や黒ずみを除去していきます。まずは網戸の内側から掃除をします。外側には新聞紙を貼り付けて内側から洗剤を吹き付けます。そしてメラニンスポンジを使って丁寧に汚れを落としていきます。その時、あまり力を強く入れてしまうと網戸が傷んでしまうので丁寧に作業することが大切です。内側が終わったら外側も同じように作業をします。メラニンスポンジは汚れが落ちやすく、価格も手頃なのでおすすめです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の特徴

日本家屋に無くてはならない畳。 この畳についてですが古くは、藁を重ねただけの物でした。 現代の形に近づくのは、平安時代に入ってからでクッションのような物として使われていたが、室町時代に入り、書院造が登場すると部屋全体に畳が使われるようになり、江戸時代に入ると畳そのものが重要な建築物の要素になりました。 畳の構成についてですが、主に心材としての畳床、表面の畳表、縁に巻く畳縁の3つからなります。 心材は、乾燥させた藁を厚さ5cm程度の板状に圧縮加工するのが伝統的な製法で、藁床とも呼ばれています。 近年では、軽量化や防虫の面から発砲スチロールやインシュレーションなどが使われていて、藁床に比べてふみ心地や通気性に劣りますが、安価であることと、軽く防音性に優れているので殆どの心材は、建材畳床と呼ばれる物で作られています。 表面に使われる素材は、イ草と呼ばれる植物を乾燥させて編みこんだものを、使っています。 この表材は、3年から5年経つと傷んでくるので一度、表と裏を入れ替えて使い、7年から8年たったら表材を取り替え、新品の表材は、イ草の爽やかな香りがするので、部屋の中が爽やかな香りで満たされます。 表材を固定するのに使う縁は、色や柄などによって部屋の雰囲気が変わり昔は、身分によって使える柄が決まっていました。 このように畳は、部屋全体の雰囲気を決める重要な役割を持っていると言えます。

日本特有の和室で使う畳

 近代の新築のマンションや戸建では和室のスタイルではなく洋室が多くなっていています。場合によっては和室のない家を希望する方もいます。
しかし昔から使用されていた和室での畳を好む方もいるのも事実です。畳はイグサを編んでできたもので、平安時代から現代にの畳になりました。
そして適度な弾力で保湿性もあり部屋の調湿作用もあります。また空気浄化作用もあるので優れた機能を持っています。また最近では材料が手に入らない事もあり、新しい素材を使う場合があります。
木材のチップを使って成形したもので通気性も従来の藁素材に近いものにしたり、集合住宅の下の階にも迷惑にもならない防音効果にも優れているものがあります。そして畳のサイズも西日本や関東や東北など地域によって建物によって変わります。
昔ながらの家の方が若干畳は広く、マンションなどの集合住宅では少し小さい畳を使用しています。最近では琉球畳という畳縁のない半畳サイズのものがあります。市松模様に敷いたものでおしゃれに敷くというスタイルもあります。沖縄で栽培されたイグサは七島イといいうもので通常のイグサと比べると太いのが特徴です。この琉球畳を洋室の一部に敷くという事も可能です。

室内に安心感を与える網戸

このところ電気代が高くなって家計を圧迫していると感じる人たちが増えています。特に夏場はエアコンをかけることでどうしても電気を使ってしまうのですが、その電気代を節約するためにも、窓を開けて自然の風を取り込み、室内の空気を入れ替えてコンフォータブルにもしたいものです。そのために必要なもの、それが網戸です。網戸があれば窓を大きく開けても、ハエや蚊が入ってくることがなく煩わされることがありません。とはいえ日差しを受け、外気にさらされる網戸は劣化しやすいので、早めに張替えすることが大切です。張替えをしないと、網戸は穴が開いてしまうとどんどん広がり、害虫の侵入を許し、食卓の食べ物にたかったり、蚊が耳元で鳴いたり、血を吸われたりするかもしれません。 網戸の張替えをするにあたり注意したいことは、自分でDIYとして張替えをするのではなく専門業者に依頼すること、そして網の目の細かさ、色、強度、素材そして害虫除けの薬剤入りかどうかなど、細かい部分をチェックしながらベストな網戸の張替えをするようにしましょう。網戸を張替えしておくと、いつでも安心ですし、心地よい自然の風を感じながら室内を快適にすることができる、そしてエアコンを使う頻度を減らし、それが節約にもなります。

網戸の張替え網戸の張替え修理で家を守ろう

突然家の中に羽虫が飛んでいて驚いたことはありませんか?網戸をしっかり閉じていたはずなのに、と思ってよく見てみたらふちの部分が破れていた、というような経験をお持ちの方もいるかもしれません。普段あまり注視しない網戸ですが、少しでも破れてしまっては効果がなくなってしまいます。張替え修理を検討しましょう。
いったんここで、網戸の起源についてご紹介していきたいと思います。日本ではもともと蚊をよけるための蚊帳を吊っての生活がメジャーでした。気密性の低い古来の日本家屋では、虫を家に侵入させないことは難しかったはずですから、限られた空間を守る蚊帳は合理的だったかもしれません。その後日本の住宅事情は変わっていき今の形のような網戸が普及したのは昭和中盤だと言われています。虫は家に侵入前にブロックできる時代になっていったようです。
現在の住宅では気密性は格段に上がりましたが、換気を行う窓などはどうしても虫の侵入経路となってしまいます。網戸が破れてしまったのを教訓に、今回の張替え修理では材質や張替え方法にこだわって鉄壁の守りにしたいものです。張替え修理で使われる資材にはさまざまなグレードがあります。物理的な圧力などに対する耐久性に優れたものもあれば、網そのものに虫よけ効果が付加されているものも出てきました。しかし、どんな良い素材を採用しても例えば張替え修理でミスをして網がたわんでしまえば効果は低減してしまうでしょう。テクニックが必要な網戸の張替え修理はプロの業者に依頼するというのも一つの手です。
ピンと張った網戸は気持ちの良いものです。快適な自宅を守るためにも良い網戸の張替え修理をしましょう。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

埼玉県ふじみ野市について

ふじみ野市は埼玉県の、南東部に位置しています。
2005年に上福岡市と入間郡大井町が合併して、ふじみ野市が誕生しました。
ふじみ野市の面積は14.64平方メートルで、総人口数が2015年の5月の時点で11万1191人となっています。
ふじみ野市に隣接している自治体は、北西部に川越市と東南部に富士見市と南部に三芳町と隣接しています。
都心からは30キロ圏内に位置しているふじみ野市は、東武東上線で都心まで直通出来るアクセスの良さから、ファミリー世代の移住者が多い地域でもあります。
ふじみ野市のほぼ真ん中を東武東上線と主要道路である、国道254号が平行するように通っていて、北東部に富士見川越バイパス、南西部には関越自動車道なども通っています。
ふじみ野市にある天然記念物江戸彼岸桜の変種である、地蔵院のしだれ桜は高さは6.3メートル、値の回りが3.9メートルで枝張りは最大で17.5メートルと見事な大きさを誇っており、樹齢は350年前後とも言われる圧巻の桜を見物に多くの人が、春の花見の時期に集まります。
他にも天然記念物として有名なのが、苗間神明神社のけやきは神社の神木として約400年の樹齢でふじみ野市内で、最大規模の植物として市民から愛されています。。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 ふじみ野市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 N様邸 キャラクター襖張替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

畳を衛生的に使用して長持ちさせるにはには、日頃のお手入れがとても重要になります。表面に溜まったホコリは掃除機で吸い取って、こびりついた汚れは固く絞った布でこすって落とします。畳の目の中に入り込んでしまった汚れは、ブラシなどを使って優しく掻きだすと良いでしょう。またカビが生えてしまった場合は中性洗剤を使って拭き、その後にアルコールで消毒をします。こういった感じできちんと畳のお手入れをしていれば、長い間に渡って気持よく使用することが出来ます。ですがお手入れをしても綺麗にならなくなってきたら、メンテナンスの時期が来ているかもしれません。一般的に畳の表面に張ってある畳表は、3年から5年くらいの周期でメンテナンスが必要だと言われています。畳表は毎回張り替えるわけではなく裏返して使用することが可能で、これは裏返しと呼ばれています。裏返しにかかる費用は4,000円程度なので気持よく使用するためにも、時期が来たらやっておくことをおすすめします。業者によっては、もう少し安い費用でやってくれるところも有りますので、安い業者を探してみるのも良いでしょう。業者はインターネットで検索すれば、簡単にたくさん見つけることが出来ます。