全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

吉川市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



襖ふすまを美しく見せる

襖はその構造の多くが木でありそこに装飾用の紙等の材質を用いる事で変化を与えていますが、これによって和室とその他の空間を仕切ると言った大事な役目も果たせる様に成っています。
また木は時が経つに連れて味わいと言った物も与える様に成るのでそれ自体が装飾的な意味合いを持ち、それによって襖は単なる仕切りと言った以上の存在感を示す事も出来る優秀な建具でもあるのです。
しかも襖は和室を形作る他の物と比べても頑丈さでは抜きん出てもいるのでより一層時間的な変化を刻み易く、これによって例え同じ製品であったとしても家の環境によっては別物となる事もあります。
しかしながらやはり適切な整備を怠ればこう言った利点は強調されずに美しさも損なわれますので、ある程度の掃除や数年に一度程度は襖紙自体も貼り換えると言った事も必要となって来るのです。
これらの貼り換え作業は当然ですが専門業者の手による物の方が確実でもあり、素人のそれとは全く仕上がり具合が違うので襖の長期的な使用を考えるなら専門職に任せる方が安心できます。
またこの様な業者を利用すると木の傷んだ部分の修復やその後に予想される不具合に関しても保護してくれるので、更に長持ちさせると言った事でも優れた結果を得られるのです。

畳の製法や歴史など

畳とは世界に類がない、日本の伝統的な床材である。使用するのは乾燥させた稲藁であり、それを強く圧縮してから縫い止め、板状に加工するやり方が最も伝統的な製法である。これは藁床と呼ばれ、適度な弾力性をもち、室内の調湿作用や空気を浄化する作用など高い機能をもっている。
ただ、近年ではこの伝統的なものより、新素材を利用して作成される場合が多い。理由は材料の入手が困難であったり、製造が難しく重過ぎること、またダニ等の繁殖やカビが生えやすいことなどが挙げられる。使用される新素材は発泡スチロールや、木材チップを圧縮して成形したインシュレーションボードなどで、建材畳床や化学床と呼ばれている。藁床の方が機能性は高いと言われているが、こちらは安く手に入れることが出来て、また軽いので気軽に扱うことが可能である。
畳の歴史はとても古く大昔から存在していたが、もともとは藁を重ねただけのものであった。現代の状態に近づくのは、平安時代に入ってからである。厚みが加わり大きさの規格化も進められ、見栄えが良くなっていった。この平安時代ではクッションの様な感覚で板床に敷いていたのだが、室町時代になると書院造の登場により部屋全体に畳が敷かれる様式があらわれた。この様式は茶道の拡大に伴い普及していき、江戸時代になると、畳そのものを重要な建築物の要素として見なすようになっていったのである。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


埼玉県吉川市について

埼玉県の南東部に、吉川市があります。吉川市は人口が約7万人です。歴史として、江戸時代から米の産地として栄えています。また吉川市は、川魚料理の名所です。文化として、中川と江戸川に挟まれた地形を生かした、川魚料理の食文化を築いてきました。江戸時代から吉川市のなまず料理は評判で、全国に知られるようになります。現代の吉川市では、なまずの養殖が行われています。たくさんのなまずに関する製品が発売されています。また、なまずに関する事業も展開しています。JR武蔵野線吉川市駅には金色のなまずの像があります。吉川市は毎年7月中旬頃に、八坂祭りがあります。八坂祭りの特徴は、神輿9基と山車10基を担ぎます。担ぎ方法は、頭上両手をあげて、それから上に放り投げるもので、あばれ神輿として有名です。農業としての吉川市は、吉川ネギが有名です。特徴は、巻が固く、煮くずれしないことです。吉川市からの出荷量が第1位の野菜になります。吉川市には埼玉指定文化財の記念物があります。場所は清浄寺にある南無仏板碑にあります。正安元年に渡来した書家としても知られる一山のものと呼ばれています。現代では、国際交流も盛んです。国際交流としてホームスティを行っています。

埼玉県吉川市は川魚料理の伝統が根付く「なまずの里」

埼玉県吉川市は、埼玉県の南東部に位置し、約7万2千人が暮らしています。
ほぼ平坦な地形ですが、埼玉県吉川市は、中川、江戸川の2つの川に挟まれた地形を生かして川魚料理という文化が根付いたのです。 江戸時代初期には、川魚料理の料亭が軒を連ね、「吉川に来てなまず、うなぎを食わずなかれ」と言われるほどだったそうです。 家庭では、なまずの身を包丁でたたき、みそなどで味付けし丸めて揚げた「なまずのたたき」などが埼玉県吉川市の郷土料理として親しまれています。 また、埼玉県吉川市のイメージキャラクター「なまりん」もなまずをイメージしています。 埼玉県吉川市の「福寿屋」はなまず料理の老舗です。 2階の座敷からは川を見ながら食事をすることもできます。 また、なまず、うなぎの他にもどじょうや鯉料理を堪能でき、どれも美味しく、関東近県からのお客様も多いとのことです。 特産品は、「鯰丼(ずどん)」。 なまずを天ぷらにし、ご飯にのせた天丼のなまず版。 食べてみたいですね。 特産品は、おいしいあんこの入ったなまずまんじゅう、なまず最中、なまずのどら焼きなどがあります。 他にも、手焼きのせんべいになまずの粉末を入れたなまずせんべいもあります。 埼玉県吉川市で、約400年の歴史のあるなまず料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 吉川市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え