全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理
修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸
アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、
料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

富山県下新川郡全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




リラックス効果の高い畳の香りは張替えすれば復活します

畳が好きな方は多いですが、その良さとして香りをあげる方は少なくありません。日本人の多くが一度は嗅いだことのある、畳特有の青く爽やかな香り。あの香りの正体は、表に使われているイグサが発している物です。このイグサには様々な芳香成分が含まれているので畳表に使用した場合に香りを楽しめるわけですが、実はこのイグサの香り成分にはリラックス効果や、ストレス軽減の効果がある事が分かっています。たとえば森の香りの主成分として知られるフィトンチッドであったり、バニラの香り成分と同じバニリンなども含まれています。これらは高いリラックス効果があると実験によってしめされており、畳にも同様の効果があるとされています。ただこうしたイグサ特有の香りも、しばらくすると消えてしまいます。せっかくリラックス効果があるのに、消えてしまうのは残念ですが、復活させる簡単な方法があります。それは張替えです。畳の代表的なメンテナンス方法である張替えでは、畳表を新しい物に張替えますので、当然そこに使用されているイグサといのは新品になります。イグサは元々畳表にしか使われておらず、張替えの際に交換しない床の部分には用いられていません。なので張替えをすれば新品の畳を敷いているのと変わらない、畳ならではの芳香を思う存分楽しめるのです。

和室を落ち着きのある間とするため襖の張替え修理

和室と畳、そして襖という組み合わせほど美しいものはありません。日本が誇る伝統的な生活スタイルそのものであり、日本の風土や気候や気質が考慮された傑作と言えるものです。特に襖は、木枠と紙というシンプルなもので作られていますが、その素材や設計、デザインは素晴らしく、形をほとんど変えることなく、いわば改良されずに伝えられてきました。それほど素晴らしい襖は、断熱や調湿、目隠し、間仕切り、部屋の開閉、そして布団を入れる押し入れにも使われてきました。とはいえ、襖の特徴として、張替え修理が必要になるもので、数年おきに、遅くとも10年以内にはすべき建具でもあります。張替え修理をしないと、襖の色褪せや汚れ、破れ、見た目の悪さがはっきりし、本来落ち着きの間であるはずの和室が落ち着きのない荒れた間になってしまうからです。
襖の張替え修理のための費用はかかりますが、専門の張替え修理業者に依頼して、きちんと襖を整えることはとても重要です。張替え修理業者に依頼すれば、長持ちする襖にすることができ、見た目もきれいに仕上がります。満足できる襖にするには、このような業者のスキルが必要であり、それをすることで、和室を本当に落ち着きのある間とすることができます。

網戸の張替え修理後のことを考えた素材の選択

網戸の掃除というのは、簡単ではありません。網の目が細かいと詰まってしまうこともありますし、力を入れすぎると、網がたるんでしまうことや、抑えているゴムが取れてしまうこともあります。網戸は一度たるんでしまうと、それを以前のように戻すのはとても難しく、できれば張替え修理をしたいところです。実際そのような状態になるということは、すでに網戸の網が劣化し張替え修理が必要な時期に来ているサインでもあることがほとんどです。
網戸の張替え修理では、数年後のメンテナンスを考えた選択ができるかもしれません。つまり網戸をできるだけ丈夫なものにするための素材選びができるということです。普及品のポリプロピレン素材は安価ではあるものの、劣化しやすいのがデメリットです。そうであれば、グラスファイバーやステンレス素材の網戸にすることで、網の寿命をかなり延ばすことができるのです。あるいは、ペットなどに網を引っ掻かれてしまう懸念があるのあれば、そうした対策のなされた網もあります。網戸の張替え修理の業者との話し合いで、どのような素材があるのか、耐用年数はどのくらいか、メリットやデメリットを理解しながら、良い網戸にすることができるに違いありません。張替え修理の業者は、親切にいろいろな提案をしてくれます。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


富山県下新川郡は入善町と朝日町が今も伝統や文化を守っています

富山県下新川郡といえば、1896年につくられた郡となっていて、現在は入善町と朝日町のみが留まっている形であり、発足当時は今の魚津市、黒部市の全域も含まれていたため、規模もかなりあったとされております。
富山県下新川郡は発足当時は勢いが多く、人口密度や人口も多いところでありましたが、時代が進むに連れて、単独で市・町・村を持つところが増えていき、規模が縮小され、今現在になり入善町と朝日町のみとなってしまっています。
入善町と朝日町も富山県下新川郡の名前を残すために必死に頑張っていることは確かであり、古くからある伝統や文化とかも継承していることは事実となっています。
富山県下新川郡に含まれる入善町と朝日町の2町を紹介していくと大まかになりますが、入善町に関しては日本海に面している立地であり、杉沢の沢スギがある場所としても知られ国の天然記念物に指定されていたりします。また、腸内には黒部川、小川、舟川、入川 、平曾川といった河川があったり、日本海が展開しつつ、負釣山、舟見山、園家山といった山もあるため、アウトドアとかレジャーおよび登山にも人気のスポットになっています。
訪れた時は世界最古の海底林、じょうべのま遺跡、下山八幡社の大藤と境内林、入善コスモホール、墓ノ木自然公園、黒部川明日温泉などに行っておきたいです。
続いて朝日町でありますが、こちらも日本海に面している場所であり、ビーチボールバレー発祥の地としても知られ、舟川べりの桜並木とかチューリップ畑とかが有名です。訪れておきたい場所については、小川温泉、境関所跡、清水寺、ユースホステル天香寺、脇子八幡宮、宮崎城跡、栂海新道などになっています。
富山県下新川郡は自然や緑も多々あり、空気もきれいであるため、観光や行楽先としてもおすすめなので、ぜひ足をはこんでもらい魅力を感じてもらいたいです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 富山県下新川郡迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え