全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

上田市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳のメンテナンスのあれこれ

畳のメンテナンスを行う上でまず大切なのは、とにかく畳を傷めないことです。畳の上に絨毯やカーペットなどを敷いてしまうとダニやカビが発生するので、極力何も敷かないでください。直射日光や湿気を避けることもまた重要であり、特に湿気に関しては梅雨時に除湿機やクーラーのドライをかけることが勧められます。机や椅子などを畳の上に置く場合は、板などを敷かなければ机や椅子などの重みで畳が悪くなってしまいます。畳を綺麗にする時にもコツがあり、まず掃除機をかける時には畳の目に沿ってかけてください。カビが生えた時にはブラシでカビをこすり落とした後にアルコールを含ませた布でカビの生えていたところを拭けば良いでしょう。ダニが発生した時は霧や燻煙タイプの殺虫剤を部屋全体に撒布してから掃除機でダニを何回か吸い取るやり方が好ましいです。しかし掃除はやりすぎると畳が痛む原因になるので、どうしても綺麗にならない場合は張り替える、と割り切る必要があります。以上の中でも特に重要なのは直射日光や湿気を避けること、そして掃除機をかける時に畳の目に沿ってかけることです。これらの点に気を付けてメンテナンスを行なえば畳の持ちが格段と良くなると思われます。

襖の張替えをお願いして実際に良かったと感じたところ

純和風の家に暮らしているのですが、和室が多く、襖の手入れにいつも悩んできました。新築時は立派に見えた襖ですが、毎日使っているうちに黄ばみや大きなしみ、破れができてしまい、仕方なく破れたところに紙を貼って応急放置をしてきました。また襖の開け閉めもうまくいかなくなり、襖を持ち上げて開け閉めするという状態に。これではダメだ、と思い、知り合いの襖屋さんに張替えの相談したところ、襖だってメンテナンスが要るんですよ、と言われ、その場で張替えを依頼することにしました。翌日自宅に出張に来ていただき、我が家の襖の状態を見ていただいたところ、開け閉めができなくなっているものは、襖紙だけでなく、枠や戸車も替えたほうがいいとのこと。襖紙のほうはサンプルから好きなデザインと素材を選べるということでした。料金のについて尋ねたところ、自分で考えていたよりもずっと安い値段で、正直とても驚きました。襖紙は汚れが目立ちにくく、ある程度耐久性のあって、部屋が明るく見える色柄のものを選択。たくさんある中から選ぶのは大変だったのですが、業者さんが適切なアドバイスをしてくれたので助かりました。純和風の家ですが、張替え後は部屋の印象がとても明るくなり、家族全員満足しています。不便だった開け閉めも片手でスムーズにできるようになったので、日常生活のイライラが解消されました。丁寧に張替えてくださったおかげで、見違えるように立派になり、こんなことならもっと早く張替えを頼めば良かった、と思っています。

障子の張替えで和室の印象がとてもよくなりました

障子は優れた採光性で日本の家屋に欠かせないものとして長い歴史を持っています。その歴史は平安時代にまで遡ります。障子が誕生した背景には様々な要因がありますが、元々は貴族の邸宅で採用されていた建具で仕切りとして使われており、構造としては襖に近い構造をしています。和紙を利用し優れた採光性と仕切りの機能をもった障子は明障子と呼ばれ平安時代後期に誕生しました。障子は和紙の貴重さからしばらくは高級なものとして貴族や身分の高い人々の間だけのものでした。庶民に普及し始めたのは江戸時代中期になってからです。和紙の生産をする農家や生産技術を持った職人が増えた事が江戸の特徴である長屋に障子を欠かせないものとして普及させた要因ではないでしょうか。障子は定期的にメンテナンスを行うことで半永久的に活用する事が出来ます。メンテナンスとは障子紙の張替えや格子の調整ですが、障子の張替え方法は長い歴史の中で職人から職人へと受け継がれてきており、現代でも障子の張替えには職人の技がかかせません。もちろん自分張替えることも出来ますが職人が張替えた障子は美しさが違います。また現代の障子紙は非常に進化していて多くの機能を持っています。歴史と技術、進化を合わせ持った障子はこれからも日本家屋に欠かせない建具として受け継がれていくでしょう。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


長野県上田市

上田市は長野県では長野市、松本市に次ぐ第三の都市である。上田市の真ん中を千曲川が流れており、上田市は川で二分されている。千曲川は下流に行くと犀川と合流して信濃川になる。島崎藤村の千曲川のスケッチでも有名な河川である。
長野新幹線は上田市の上田駅に停車をする。長野新幹線が開通する以前は長野県は陸の孤島と呼ばれるくらいに交通アクセスが不便であった。長野新幹線の開通により東京から上田駅へのアクセスも大幅に改善され、所要時間も半減した。
上田市は戦国時代は真田氏の城下町として発展した。1584年に真田昌幸が現在の上田市に上田城を完成させのを起源としている。1585年に徳川家康の大軍を迎えて、上田城周辺の地理的な条件を利用してそれを撃破したことで有名になった。
1600年の関ヶ原の戦いの時に真田昌幸と幸村は徳川秀忠の大軍と戦い、それを阻止したため、秀忠が関ヶ原の戦いに間に合わなくなってしまったことも史実としては有名である。二度の上田合戦が上田城の名を高めている。
明治時代は養蚕業が盛んであったが、現在の上田市は電気機器や自動車部品の生産が盛んである。上田市内に本社機能を置く会社も多くなっており、製造品出荷額は長野県内では安曇野市に次いで第二位の地位を占めている。

(上田市上田市と真田氏)
上田市上田市は県の東部に位置し。東信地方及び上小地域の中心都市で、上田市内では長野市、松本市に次ぎ3番目の規模の都市である。古代、信濃国分寺が設立されるなど、開発の歴史は古いが中心地の上田は、天正年間(1573~92)に真田昌幸が上田城をい築き、町屋を形成したのが都市的起源である。以来、幕末まで上田藩5万3千石の城下町として発展、明治、大正期は製糸工場の町として栄えた。製糸不況後は電気製品、精密機械、自動車部品などが市の主要産業と成っている。千曲川右岸の旧市街は、戦国時代に真田氏が築いた上田城を中心とする城下町。千曲川左岸の塩田は鎌倉時代の執権北条氏の一族塩田北条氏の所領で、安楽寺、北向観音などの多くの文化遺産が残されており「信州の鎌倉」の異称で呼ばれる。史跡上田城跡・信濃国分寺跡や生島神社・安楽寺・常楽寺などの名所がある。
都市圏は佐久地域にまでおよび、都市圏人口は定義次第では37万人になる。上田市街地から北に向かうと真田氏発祥の地とされる旧・真田町がある。ここは東境沿いには湯ノ丸・小在地・町場山・北境には四阿山・根子岳・保基谷岳、西境には高遠・大道山など標高1200mを越える山々が峰を連ね、これらの諸山に源を持つ、神川・洗馬川・傍陽川などが合流して流下する南部中央のみが上田盆地に向かって開け、全面積の70%近くを林野が占める。上田と言えば、何と言っても真田氏の発祥の地であることは、はずせません。
戦国末期に活躍し、天正年間活躍した真田氏は上田城に居を移す前に居城としていたのが、同地域にある松尾城と言う山城である。真田幸隆・昌幸・幸村のいわゆる真田家三代の発祥の地である。真田氏は信濃源氏海野氏の流れをくみ、室町末期、海野棟綱の子幸隆が、松尾城に住んで真田氏を名乗ったのに始まる。幸隆は初め葛尾城主村上義清に、後に武田信玄に仕えた。天正2年(1574)幸隆の没後、嫡子信綱が継ぎ、信玄・勝頼に仕えたが、同三年(1575)長篠の合戦で弟の昌輝と共に戦死した為、三男昌幸が家督を継ぎ、勝頼に属して上田を領することと成った。この際松尾城に本拠を定めた。今も城は比較的良く旧態を留め、山腹にくっきりと城郭跡を残している。またこの松尾城跡の南麓、角間川沿いの日向には日向畑遺跡がある。室町から戦国期にかけての真田氏ゆかりの一族の墳墓とみられ、石造宝篋印塔・五輪棟・鉄器・古銭などが出土している。近世上田藩松平氏五万三千石野本拠になっていた平城の路で、維新後廃城となり、現在は上田公園として一般に公開されている。城は天正11年(1583)真田昌幸の築城で慶長五年(1600)中仙道を関ヶ原へと向かう徳川秀忠の大軍を、昌幸、幸村親子がここで食い止め6日間に及ぶ籠城戦を繰り広げたことは有名である。関ヶ原の役後、昌幸。幸村は紀州の九度山へ蟄居となり、慶長16年昌幸が没し、幸村は大坂冬の陣で、勇猛果敢に戦ったあげく闘死した。この幸村の闘いぶりは今でも人々の関心を集めて、大阪の街の地名などに残されている。

長野県上田市の紹介と魅力について

長野県上田市は、日本のほぼ中央に位置している上田市は、 北は長野市、千曲市、西は松本市、東は東御市、南は長和町、立科町と接しています。 平成18年3月6日に上田市、丸子町、真田町、武石村が新設合併して誕生した人口16万を擁する長野県東部の中核都市になります。 人の笑顔を大切にして、幸福な未来を実現することを目指している市です。 安全・安心な快適環境のまちづくり、ともに支え合い健やかに暮らせるまちづくりなど、 まちづくりを中心に頑張り、市民のことを考えて行動している市だと考えられます。
長野県上田市の気候については、年間の最高気温は摂氏35度前後、最低気温は摂氏マイナス10度前後であり、内陸性の気候です。 晴天率が高く、年間の平均降水量が約900ミリメートルと 全国でも有数の少雨乾燥地帯です。
長野県上田市の観光分野では、数多くの歴史的文化遺産や特色ある伝統行事がありますので、 多くの市民、観光客が集まって賑わいます。 真田地域では、菅平高原、真田氏ゆかりの地として有名です。 また、長野県上田市には、上田城というお城があります。 真田昌幸により16世紀の末、安土桃山時代に築かれた城で有名です。
温泉については、別所温泉が有名であり、縁結びの湯として人気が高まっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 上田市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え