全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、ペットディフェンスも扱っています。全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

伊都郡かつらぎ町全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

網戸を張替えたあとのお手入れ

網戸は年末の大掃除のときだけではなく、普段から手入れをしておくと網戸の風通しも良く快適に過ごせます。網戸の普段のお手入れは、固く絞った濡れ雑巾で水拭きするだけで十分です。網を痛めないためには軽くなでるように、網に強く力をかけないように拭くのがポイントです。網が伸びたり外れてしまったりしないためには、網目に沿って縦か横に拭くことも忘れずに。誤ったやり方をしてしまっては網戸の張替え時期が早くきてしまいます。網戸にゴミが詰まったままにしておくと網の痛みが早くなってしまうので、同じく網戸の張替えタイミングが早くきてしまいます。網の汚れが気になるときは、中性洗剤を水で薄めたものを雑巾ではなく、スポンジで軽くこすって落とします。この時も網に優しく行うことを忘れずに。軽くこすっても落ちないからといって洗剤の濃度を上げたり強くこすったりしてしまうと、網の劣化を進めてしまいせっかく張替えた網戸を痛めてしまうことになります。そんなときは面倒でも網戸をレールから外して水で流してから乾拭きして水分をとっておきます。網戸のアルミには耐久性があるのですが、網戸は劣化していきます。網戸を張替えるタイミングは設置している場所によっても違いますが3~5年といわれています。お手入れによっては張替えのタイミングが早くきてしまうこともあるので2か月に1回くらい気を付けてみてください。網戸のメンテエナスを怠らずに長く使いましょう。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳はメンテナンスで長く使えます

和室一番の特徴である畳はフローリングの床と同じように扱うわけにはいきません。では、家庭でできる畳のメンテナンスにはどのようなものがあるでしょうか。一番簡単な方法は乾拭きでしょう。普段の生活で掃除する時には畳みの目に沿って掃除機をかけても良いですが、古くから箒を使う方法が最適と言われています。出がらしのお茶の葉をしっかりと絞って撒き、お茶の葉ごと掃くことで綺麗になります。そのあと乾いた雑巾を使って乾拭きしてください。濡れ雑巾を使用すると畳が黒く変色する場合もあるので、特に気になる汚れがある時には酢を水で薄くして用い雑巾をよく絞ってから拭きましょう。拭いた後は乾かすことを忘れないよう気を付けてなければなりません。他には畳み干しをすることも有効です。年に二回春と秋の良く晴れた日を選んで行いましょう。畳みは中央にあるものから順番に取り外し、干す際に畳が地面につかないようにすることがポイントです。畳みは裏面が日光に当たるように立てかけるように気をつけてください。立てかけた後はよく叩いて埃を出し、4、5時間干しましょう。また、畳を戻す時に困らないようにどの位置にあったものなのか分かるように目印を付けておくと便利です。畳みはしっかりメンテナンスしておけば30年は持つので大切にしていきましょう。

襖を住宅に活用するには

現在の日本の住宅においては大部分がフローリングとして設計されているところであります。しかしながら日本の住宅として大変落ち着く部屋として和室は必ず一部屋は作られると思います。この和室には当然畳があり、また間切として襖が採用されることが多くあります。この襖については日本古来のものであり、和室には必ず使用されてきました。襖とは木材の枠組みの中に和紙を貼り付けたものであり、なかなか丈夫なものであり、損傷することはあまりありません。しかしながらこの貼り付けた和紙については物を運ぶ時に傷つけたりしてしまいますと、損傷させてしますことがあります。こうした時には、和紙を張り替えて再活用することは可能であります。この張り替えについては、専属の業者も多く点在しており、依頼すればすぐに修復してもらえることとなっています。このようなことを繰り返して住宅に襖は永久に存在する形となっています。また襖については多くの住宅にあるためにごく自然となっていますが、近年の住宅ではこの襖がなくなってきているのも事実であります。これには洋間という考えが日本に入り込んできてからであります。今後においてはこのような考えが主流となることもあります。

襖の張替えは種類に応じて施工方法が異なります

襖の張替えは、種類に応じて施工方法が異なります。本ふすまや和ふすまは、浮かし張りと呼ばれる方法で行われるのですが、文字通り薄いうけ紙を浮かして張ります。高級なものなら、この張り方を2~3回繰り返して張るのが特徴です。和ふすまは、浮かし張りで施工されるのですが、簡単に張替え作業の時にふすま紙をはがせるメリットがあります。それだけではなく、太鼓のように空気の層ができるため、湿度を調節できるのが特徴です。
一方、大量に生産されているふすまは、量産ふすまと呼ばれていて、べた貼りと言う施工方法で張替えが行われます。こちらは、ふすま紙の全面に糊をつけて直接張っていく方法です。直貼りしているのが特徴なので、張替えの際には紙をはがさずにそのまま重ねて張るようになります。浮かし張りと比べると全面、重ねる張替えになるためふすまが反り返ったり、シミが出たりすることもあるので注意が必要です。
業者に依頼する際にも、単に襖の張替えといっても施工方法に違いがあることを知り、見積もりがいくらになるのかを適切に提示されているかを把握しておくようにしましょう。依頼する時に、自宅の襖が、本ふすまや和ふすま、量産ふすまのいずれであるかも知っておかなければなりません。ライフスタイルの変化から襖がある部屋が少ない傾向の家屋が増えてきているため、特に若い世代では、こうした襖の種類による張替えの施工方法の違いも知られなくなってきているからです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


秋冬が魅力である伊都郡かつらぎ町

おいしさ満載のフルーツが人気である伊都郡かつらぎ町は、寒い時期になれば人々の温かさで溢れる素晴らしき場所です。クリスマス時期になれば、イルミネーションを装飾した木が見られ、幻想的な雰囲気を表現しています。観光客誘致に積極的な姿勢を示していて、空き地をカフェにした取り組みは県外から大いに評価されています。フルーツ狩りをきっかけにして、自然の恵みを知る人もいて、伊都郡かつらぎ町は秋からの収穫体験が見どころです。
温暖な気候が特色である伊都郡かつらぎ町は、町の活性化として特産品を海外へ販売する取り組みを目指しています。高級品は主に中国人が購入しますが、伊都郡かつらぎ町を把握する重要な機会をなるため、現在はキャラクターのグッズと合わせて販路拡大を実践しております。古き良き日本の風景を見ながら、ジューシーさが溢れるフルーツに舌鼓することが大切です。
年間を通してフルーツが生産できる理由としては、たくさんの農家が協力し合って収穫の時期をバランスよく配合している点にあります。季節ごとに伊都郡かつらぎ町のフルーツが楽しめることから、子供たちの暮らしぶりは良好です。町のイメージアップを確認しながら、都市との交流を大事にすることも必要です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 伊都郡かつらぎ町迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

簡単に障子の張替えができる方法

昔ながらのノリで貼る障子紙はシワやたるみができやすいですが「紙の種類や色・デザインが多い」「敗れた時の修正が簡単」とメリットも多いんです。プラスチック障子紙や、アイロン障子紙よりお安いのも魅力的ですね。難しいと思われがちなノリの障子紙ですが、他の障子紙と手順はほとんど同じ。そんなノリ貼り障子紙の貼り方をご紹介します。
障子の張替えに必要なもの
・障子紙
・障子のり
・のり刷毛
・ヘラorものさし
・カッター(障子紙専用が好ましい)
・霧吹き
障子の貼替えにはいくつか方法がありますが、ここではもっとも一般的な「のり貼り」という方法をご紹介します。
1)古い障子紙をはがす
水を含ませたスポンジやタオル等で、糊がついている障子枠(桟)を全てをしっかり濡らします。5~10分程経ったら端からゆっくりとはがします。はがれにくい場合は再度濡らして時間を置いてください。時間を置き過ぎると乾燥してまた張り付いてしまいます。古い障子紙が剥がれたらタオル等で残っている糊をふき取ります。すぐに新しい障子紙を貼らず2時間ほど乾燥させてから張替えしてください。障子のはがし液も販売されていますので、お好みの方法ではがしてくださいね。はじめなので、張替えのビジョンを考えながら、最後まで張替えできる基準にしましょう。
2)新しい障子紙をカット
障子戸に合わせて障子紙を広げ、貼り始めの位置に付属しているテープで仮留めします。付属のテープがない場合は粘着が弱いマスキングテープで仮留めしてください。
3)障子枠(桟)の糊づけ
障子紙用の糊を枠(桟)に塗っていきます。 今回は丸い容器を使用しましたが、平たい刷毛の時は四角い容器のほうが刷毛に均等に糊がつくため、塗っているときに糊が垂れません。ここが、張替えの肝です。