障子の張替え

春日井市内スピード対応!!

春日井市内での障子の張替えは全国でも最安クラスの
当店にお任せ下さい。
■国内産上質障子紙使用の障子も
  キャンペーン価格でお届けしています。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

●お見積りもスピーディーに対応で、もちろん無料です
●家具の移動もお任せ下さい。無料です。
●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。


組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

 ■障子紙の効果

冬期にお部屋で炬燵などに入っていると、寒気を感じてゾクットする経験はありませんか。これは空気が低温の窓やコ ンクリートの壁にふれて冷やされ重くなり床に沿って流れて低い姿勢でいる人を冷気で冷やし、寒気を感じるのです。しかしこの現象は、室内の空気が直接ガラス面にふれないようにガラス窓と障子で二重建具にすることで軽減できます。
これに使う障子紙の多孔性というフィルター効果の高い特質も大きな効果が期待できます。自然な形で換気と清浄化が行われるため、機密性が高まった住宅環境でここ10年間に倍増する幼児アトピーも、障子を利用すれば通気性がよくなり軽減が期待できます。また、身体に有害なホルムアルデヒドや空気中のホコリ・ニコチンなども吸収してくれます。さらに、障子の吸湿作用も室内に湿気がこもるのを防ぎ、湿度の高い日本の住宅には最適な建具です。
このフィルター効果を維持する為、障子紙の張替えは、1年に1回を目安にされることをお勧めします。

(吸湿効果)


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

               

障子は元来、縁の内側・窓・室内の境に建てる建具の総称でした。古い時代には今で言う、襖を障子、障子を明り障子と区別して呼ばれていました。昔から日本人の生活に溶け込み、豊かな文化を育くみ、現代ではインテリアの1つとしても活躍しています。
障子の利点は様々あります。柔らかな光で部屋を包み込んでくれ、自然の風合いの美しさで部屋を美しく見せてくれます。また、夜間照明効果を高め、冬は暖かく夏は涼しく、省エネにも役立ちます。紙の特質により、換気と清浄化も行ってくれます。
障子の種類は様々あります。組子による種類をはじめ、形状や紙など選択肢が多くあります。その用途によって使い分ける事が可能なのです。最近では、紙が破けにくいものなど、ニーズに合わせて多様化し続けています。
障子は日光に当たる時間が長い場合が多い為、定期的な張り替えが必要です。シミや日焼けにより色が変色してしまいます。2〜3年を目安に張り替えるのが理想的です。新しい障子に張り替えれば、部屋が明るくなり気分も一新する事が出来ます。
障子の張り替え交換修理は、ホームセンターなどで購入して自分でする事も可能ですが、材料代や手間を考えると専門の業者に頼む事が良いです。種類も豊富にラインナップされてますし、プロの職人により、見事な技を見る事が出来ます。

愛知県春日井市

愛知県春日井市は、人口約31万人の市です。名古屋市の北側に隣接しており、名古屋市の中心部へも車や電車ですぐに行くことができる非常に便利な市であるため、名古屋市のベッドタウンとして多くの方が春日井市に移り住んでいます。
名古屋市のベッドタウンとして東部には高蔵寺ニュータウンという巨大な団地があります。春日井市の西部は名古屋空港の一部と隣接しており、市庁舎や古くからの商店街があります。このように東部は新興住宅、西部は古くからの町並みが広がっています。
また、あまり知られておりませんが、愛知県春日井市はサボテンが特産品であり、実生のサボテンのシェアはなんと全国の8割を占めるほどで、春日井市のイメージキャラクターであるゆるキャラは、サボテンをモチーフにしたキャラクターとなっています。
また、こちらもあまり知らていませんが、実は愛知県春日井市は「ネピアのまち」としてPRしています。誰もがご存知であろう王子製紙のティッシュペーパー「ネピア」は誕生以来ここ春日井市で生産を続けてきました。現在は市と王子製紙が連携しブランド化推進事業を行っています。
名古屋市のベッドタウンとして発展している愛知県春日井市ですが、気候も温暖で非常に過ごしやすく、豊かな自然に囲まれており、様々な観光スポットや施設が各地にあり、名古屋にも近くて通勤にも便利な春日井市はとても住みやすい市です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

アフターケアもご安心下さい
春日井市全域にお伺いします
【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません        

施工可能地域

施工可能地域
   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等を
どんどん吸着します。

   

 S様邸
障子張替え

 H様邸
障子張替え

 G様邸
障子張替え

 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

S様邸 障子張替え

障子は和室に主に取り入れられている建具の一つで、畳の部屋に多く用いられています。部屋と部屋を遮るための建具で、元々は襖の一種だったのですが、平安時代に襖と別れて障子という名前で独立した建具として扱われるようになりました。
障子が使われるシチュエーションとしては、和室と外部の廊下を隔てる場合が多いです。日本の家屋は欧米と違って、ドアで仕切るのではなく、引き戸などで仕切る場合が多いのです。そこの障子や襖といった建具が用いられた歴史があります。
また、日本は高温多湿の気候で、欧米のような乾燥した風土の中にあるわけではないので、必然的に通風のことを考えた建物の造りになっています。外部との温度調整も段階的にやる必要があります。そこで紙でできた障子が有効に使われます。
障子は破損しても、簡単に交換が可能な建具です。障子の張り替え交換修理は自分でやるよりも、プロの手によって行うことが望ましいです。日本にはたくさんの建具職人がいて、かれらが職能を活かして建具の維持に努めています。
また、日本においては、障子の張り替え交換修理とともに、畳や襖も定期的に張り替えたり入れ替えたりすることが好ましいとされています。畳の場合は畳表を定期的に張り替えることで、畳の寿命を延ばすことができます。畳の交換もプロの方がいいです。