障子の張替え

和泉市内スピード対応!!

和泉市での障子の張替えは、
全国でもトップクラス最安値の当店にお任せ下さい。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
雪見障子も仰天価格で張替えます

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

   (画像はイメージです)
   それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×高さ180cmが基準です。
    このサイズまでの障子の張替えが只今上記の価格です。
       これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
    
日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、
その大きな違いは採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで、部屋全体を優しい空間にします。
最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。組子の組み方や、障子紙の選び方により、実に多くの趣をを味わうことが出来ます。





障子紙の光の透過率は40%〜50%といわれています。
ガラスのような透明なものと、壁などの中間ぐらいで、
日光の温もりが感じられがら、直射日光を適度に遮ってくれます。
有害な紫外線の遮蔽効果もあります。
また障子に差し込んだ日光は、散乱してどの方向から見ても均一に
明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。 
そんな障子の張替えをして効果を最大限に生かしましょう。 

 ■障子紙の効果

 冬期にお部屋で炬燵などに入っていると、寒気を感じてゾクットする経験はありませんか。これは空気が低温の窓やコ ンクリートの壁にふれて冷やされ重くなり床に沿って流れて低い姿勢でいる人を冷気で冷やし、寒気を感じるのです。しかしこの現象は、室内の空気が直接ガラス面にふれないようにガラス窓と障子で二重建具にすることで軽減できます。
これに使う障子紙の多孔性というフィルター効果の高い特質も大きな効果が期待できます。自然な形で換気と清浄化が行われるため、機密性が高まった住宅環境でここ10年間に倍増する幼児アトピーも、障子を利用すれば通気性がよくなり軽減が期待できます。また、身体に有害なホルムアルデヒドや空気中のホコリ・ニコチンなども吸収してくれます。さらに、障子の吸湿作用も室内に湿気がこもるのを防ぎ、湿度の高い日本の住宅には最適な建具です。
このフィルター効果を維持する為、障子紙の張替えは、1年に1回を目安にされることをお勧めします。

(吸湿効果)


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                      人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

■破れにくい障子紙には、加工方法によって   
 様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質があります。 ■和紙にプラスティックをラミネート
                     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り合わせ)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
            (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。UV(紫外線)カット効果もあります。90%以上のカット率です。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして使われるようになり、中国から伝来の、隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、貴族社会に普及して行きました。
当時寝所は、「臥す間(ふすま)」と呼ばれていました。「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」の意であった為、やがて寝所に使われる障子を衾(ふすま)と呼ぶようになりました。
元来、襖は衣服のあわせの事を言いました。衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に絹裂地を張りつけたものだったので、襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。
初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から絹布などを貼ったものでしたが、やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が障子に使われるようになり襖と障子が明確に分かれるように成りました。
その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。また、障子は明障子と呼び分けられる事もあります。



■日本の伝統的な家具である障子。

障子は、日本家屋ににおける扉や窓に使用する伝統的な建具の一種です。明かりを通すように木枠に紙張りになっています。扉を閉じたままでも明かりを取り込めるという点から広く普及しました。現在ではガラスやカーテンなどが広まってきたため、使用する機会が減ってきました。一部がガラスになっていて、障子部分が開閉できるものなど独自の工夫により、障子の使用が無くなるということはありませんでした。

扉などを閉めていても光を室内に取り入れることができ、しかも寒風を防ぐ家具として誕生したのが明障子です。明障子ができたのは平安時代末期です。しかし、明障子だけでは雨風は防げないため格子などと併せて使用することにより弱点を補いました。この時代の明障子の構造は四周に框を組み、太い竪桟二本に横桟を四本わたし、片面に絹や薄紙を貼ったというものでした。壊れやすかったため、現存するものは少ないです。

1本の溝に2枚の明障子を引き違いにしたものを子持ち障子といいます。1本の溝に2本の障子を入れても、そのままでは引き違うことができない。そのため召し合わせの縦框をほとんど溝の幅にあわせて作られています。子持ち障子は、禅宗方丈建築の最も古い遺構である。雨風の影響で薄紙が破れてしまうことから、下半分に板を張った、腰高障子も考えられました。腰高は約80cmとなっています。

室内を明るくするためには、透光性のよい薄紙が最適ですが、損傷しにくい粘り強さも必要です。また安価なものが魅力です。障子紙としては雑誌や中折紙や包み紙などの雑用の紙が用いられました。中でも美濃雑紙と呼ばれて、最も流通していたものが障子紙としても使われていました。美濃書院紙というものもあり、書院造とともに発展し明障子に一番ふさわしい紙として定着していきました。サイズは各地域によってばらつきがあります。

透かし模様の入った紋書院紙と呼ばれるものもあります。1732年に発刊された三宅也来の万金産業袋の美濃国のなかに紋障子があると記されており、1738年の伊藤実臣の美濃明細記には武儀川流域で紋透かし紙が使用されています。美濃紋書院紙は、鹿子・紗綾形・菊唐草・七宝・亀甲などの鮮やかな紋様が施され、障子以外にも行灯や灯籠などに用いられました。現代の美濃市では落水紙という、紋様を入れた紋書院紙風のものが作られています。



和泉市は、穏やかな気候風土と清く豊かな水に恵まれたところです。遺跡などの文化財が多く残されている歴史のまちでもあります。南北に細長い市域は、84.98平方キロメートルあり、北部の市街地と南部の山間部に大きく分けられます。2013年5月現在の和泉市の人口は、18万7303人。世帯数は74396世帯です。和泉市のイメージキャラクターは、コダイくんとロマンちゃん。和泉市の花は「水仙」、和泉市の木は「くすのき」です。
和泉市には、弥生時代の集落跡「池上曾根遺跡」があります。池上曾根遺跡公園にある遺跡の総面積は約60万平方メートルと推定され、その中心部は国の史跡に指定されています。公園内には復元された建物や学習館などがあります。近辺には、黄金塚古墳(前方後円墳)があり、そこから出土した銅鏡は中国魏王から邪馬台国の卑弥呼に贈られた一枚ではないかといわれています。古代の遺跡に興味のある方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
陰陽師で有名な安部晴明が、信太の森の白狐を母として生まれたという「葛葉の伝説」の舞台として知られている葛葉稲荷神社。葛葉の伝説とは、晴明の父である保名と白狐が姿を変えた葛の葉という女性の恋物語。白狐に戻った姿をわが子に見られた葛の葉が「恋しくば たずねて来てみよ 和泉なる 信太の森の うらみ 葛の葉」という歌を残して森へ去って行ったという伝説です。ここには、「千枝クス」とも呼ばれている樹齢約700年のクスの木があり、クスの巨木は市の天然記念物に指定されています。
スイーツを通じて、「和泉のことをもっと知ってもらいたい!もっと地域を盛り上げたい!」という思いから「和泉スイーツ」は生まれました。和泉市で収穫される農産物を使って、お菓子屋さんとコラボレーションしたスイーツです。和泉市産のみかんを使用した甘納豆入りバターケーキや甘納豆入りバターケーキの生地に和泉市産の温州みかんとネーブルオレンジに和歌山県産の温州みかんジャムを加えて焼き上げた「蜜柑山」があります。
和泉市には、古くから細工加工に適した軟室ガラスを用いたガラス工芸があります。ガラスの棒素地の先端を火力で溶かし、手加工で動物や船、馬車などの置物が作られています。希少価値が高い作品で、多くの愛好家から指示を得ています。ガラスやプラスチック、どぶ貝などの原玉に真珠質の塗料を被せた人造真珠は、本真珠とほとんど見分けがつかない高度な技術で生産されており、国内人造真珠生産業者の7割が和泉市内に集中しています。和泉木綿も特産品の一つです。

                     

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
 8時〜19時まで 

施工可能地域


   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。

   

 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 K様邸
障子の張替え

 G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

 A様邸 障子張替え

 Y様邸
障子の張り替え交換修理

和泉市は大阪府の南部に位置する市です。海に面している部分はありませんが、北端の鉄道を挟んだ先に大阪湾があります。北部と南部の景色の差異に和泉市の特徴があり、市街地と山地で分かれています。和泉市南部の和泉山脈は豊かな自然環境が広がり、いくつかの名所も含んでいるエリアです。南端付近の槇尾山には施福寺が鎮座し、西国三十三所第四番札所であるほか、大阪みどりの百選に選定されている名所となっています。和泉市の人気観光スポットとなっていますので、周辺の景色とともに訪問しておくべきスポットといえるでしょう。このほか、北部にある池上曽根遺跡史跡公園は、復元された住居や遺跡などが設置され、和泉市民の憩いの場としても活用されています。和泉市の代表的な祭りとして挙げられるのが和泉だんじり祭で、歴史は定かではありませんが古くから開催されている秋祭礼です。和泉市役所は北部エリアに設置され、最寄り駅が徒歩約10分の和泉府中駅です。JR阪和線と泉北高速鉄道線が和泉市に乗り入れ、和泉府中駅(JR)と和泉中央駅(泉北線)が中心駅として機能しています。両駅は約5km離れているため、鉄道を利用する際は、目的地と降車駅を合わせる必要があります。