障子の張替え

貝塚市内スピード対応!!

仰天の激安価格で障子(しょうじ)の張り替え、交換修理、新調を致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

  ●お見積りもスピーディーに無料対応しています。
   ●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

クリックして下さい

  

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。



 ■障子紙の効果

障子は定期的なメンテナンスが必ず必要になってくるものです。きちんとメンテナンスをすることで素晴らしい障子を活用することが出来ます。自分で障子のメンテナンスをする人もいますし、プロである業者に依頼する人もいます。こうした障子の価値はとても大きなものです。一軒家であれば必要不可欠なアイテムになっています。子供のいる家庭などでは、こうした障子が破れてしまうことは多々あります。動物がいる家庭などでも定期的なメンテナンスが必要です。
きちんと障子を活かすことで、和風なインテリアにしていくことが出来ます。外からの光を部屋の中に取り込んでいくことにおいて、こうした障子はとても多くの人に必要とされているものになっています。障子は様々な用途に活用することが出来ます。現在の住宅事情などにも最適なものもたくさんあります。破れにくいようにされているものや、デザイン性を重視したものなど様々なものがあります。こうした色々な製品があることも大きな魅力になっています。
障子をきちんと利用することで紫外線を軽減させていくことが出来ると言われています。インテリアとしてガラスと組み合わせたものがとても多くの人に支持されています。障子を利用することは様々なインテリアの可能性を広げていくことが出来ます。こうした障子には色々な工夫をしていくことが可能になります。和室には必要不可欠なアイテムとしてとても人気があります。最近では和室も人気があるのでこうした障子を利用していくことはとても大事です。
日本文化としてとても古い歴史があるものです。現在では、こうした和テイストを好む人が増えているので再び障子の需要はとても大きなものになっています。障子という文化はとても素晴らしいものになっています。障子をきちんと活用することは、とても大きなメリットがあります。障子を活用することで、魅力的な部屋を作っていくことが可能になります。障子には潜在的な需要があります。需要があるのは、やはり素晴らしいからです。
そもそも長い間多くの人に活用されてきたことから国内の住宅事情にもっとも適しているものです。定期的にメンテナンスをしていくことで清潔感のある部屋にすることが出来ます。またメンテナンスが簡単ということもこうした障子の大きな魅力になっています。障子はとても多くの人に必要とされているものです。とても素晴らしい機能性とインテリア性を持っている住宅には必要不可欠なものになっています。住宅は様々な工夫で変化させていくことが出来ます。


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

障子は一説によると、平安時代に襖から派生した建具と言われており、現代まで和風の住宅には欠かせない存在となっています。広い空間を障子で仕切る方法で、昔から目隠しや明かり取りとして多用途に使われてきました。今でも、古い町並みが美しい場所では必ずと言っていいほど障子が使われており、木枠と白い和紙の美しいコントラストが懐かしさを呼び起こします。現代では洋風の住宅が普及し、障子に代わってカーテンが多くみられるようになりましたが、今回はこの障子の良さと上手なメンテナンスについて書きたいと思います。
 障子の良さとは何と言っても、光を柔らかく遠し部屋を明るく見せることです。外部からの視線を上手にさえぎって、なおかつ部屋に自然な明るさを取り入れることができる昔ながらの機能性は大変画期的なものです。また、障子紙は自然素材なので吸湿性や換気能力があり湿度を調節する役割も果たしています。ジメジメした日本の気候に適している存在なのです。しかし、和紙で出来ており大変繊細なつくりのため、ちょっとした衝撃ですぐに破れてしまうことも多いのです。実際、小さな子供がいる家庭にお邪魔すると、かなりの確率で破れた障子を目にすることがあります。
 障子が破れてしまったり、長期間使用することでの日焼けや汚れが目立ってきた場合はメンテナンスが必要です。一番ベーシックな方法は和紙を張りかえることです。古い障子紙に霧吹きなどでしっかり水分を含ませて2〜3分おくとはがれやすくなりますので、下からゆっくりはがします。きれいにはがせたらぬれタオルなどで桟を拭いて残った紙を丁寧に拭き取り、よく乾かします。次に汚れ防止のために床に新聞紙などを敷いて、セロテープで障子紙を仮止めします。仮止めした障子紙は巻き戻し桟の横に置いておきます。その後、桟に専用ののりを付けて一気に転がし貼り付けます。余分な紙をカッターで切り取り完成です。
 現在では、障子紙の種類も大変豊富になりました。一般的なものはパルプにレーヨンなどの素材を混ぜたものが多く流通していますが、化学合成繊維で出来た破れにくい障子紙やプラスチック製の障子もありますので、小さな子供がいる家庭ではこういったものを活用するとよいでしょう。また、ほんの少しだけ破れてしまった場合は、桜の花びらなどの可愛らしいデザインの専用の和紙が販売されていますので、破れた箇所に貼り付けると破れた部分も気にならずお部屋が華やかになります。
 障子は破れやすくメンテナンスにも手間がかかりますが、柔らかな光と情緒あるたたずまいは日本人だからこそ味わえる伝統と文化なのです。最近では近代的な住宅も増え、住宅街を歩いても障子を使用している家庭はなかなか見られなくなりました。しかし節電の影響もあり、昔ながらの日本の暮らしが見直されています。小さな子供やペットのいる家庭ではなかなか維持が難しいかと思いますが、破れにくい障子紙を使用したり、現代風のアレンジでおしゃれに障子の良さを味わってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせフォームは24時間受付です。

    

我が国の経済の中心であった大阪   

大阪という都市は、日本の中から見ていると東京に次ぐ第2の都市ということになりますが、これを世界の都市と直接比べる見方をすると世界有数の大都市になります。今でこそ、東京への一極集中が進み大阪の凋落が言われることもありますが、それでも世界有数の大都市になります。もともと、大阪という都市は政治の中心が江戸にあった時代でも常に経済の中心であり続けました。古代の奈良に朝廷のあった時代から、大阪との連絡路は手厚く整備されていたことが知られていますし、政治の中心が江戸にあった時代でも、飛脚や様々な方法で大阪との連絡は常にとられていたといいます。また、明治維新のあとも、実は大阪に遷都しようとしていたことも知られています。このように歴史的にも常に、特に経済活動の中心として大阪は存在していました。かつては、日本中の米の取引もここで行われていて、今日では当たり前の金融取引である先物取引も大阪が発祥の地であると考えられています。米の取引に関しては驚くほどの取引が行われており、今日の株式取引でも使われるチャート分析の手法、いわゆるローソク足や酒田五法と言われているものも、すでに江戸時代の米取引に用いられていました。このように、大阪は歴史的にも世界経済の中でも一際注目される都市であり続けました。しかしながら、首都が完全に東京に移り、物流や人の流れも高速化した現代においては、その地の利も完全に生かしきれず、大阪の衰退というものが目立つようになりました。経済の中心も政治の中心に近いことは当然合理的であり、一定程度は仕方のない事とも考えられます。無理に東京に対抗しようとする施策は結局のところプチ東京化のようにも見え、かと言って地場産業を中心に据えようとしても周辺新興国からの安い製品に対抗しえず、これも苦戦する様子が伝えられています。では、このままの流れに身を任せていていいかというと、そのようなことは決してなく、特に地震災害が多いこの日本の事情を踏まえると、第2、第3の都市が力強く存在していることが求められていると言えます。首都機能の分散という大掛かりなことをしなくても、経済的に自立できる大都市があればことは足りるわけです。政治の中心に経済活動まで吸い取られてしまいましたが、経済活動の活発化で一部政治機能を引き寄せたいところです。そのためには、かつて先物取引を生み出したように、やはり物の流れを取り戻すべく、大胆に規制を緩和するような施策が必要かもしれません。


                                     

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
   8時〜19時まで        

施工可能地域


   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。

   

大阪市東住吉区 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

大阪府堺市 Y様邸
障子表替え
お部屋が明るく成りました


大阪市浪速区 N様邸
障子張替え

大阪府堺市 T様邸
障子の張替え

大阪市北区 G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

大阪市東淀川区 A様邸

大阪市東住吉区 Y様邸
障子の張り替え交換修理

古くから和室には必ず障子があり、その風景は様々な原風景の中に溶け込んでいます。
アパートやマンション・洋風建築の普及で、最近では屋内に和室を設ける事が特別な事のようになり、畳の部屋を知らない子供たちもいるほどです。
しかしその昔から、障子には機能面を見ても優れたインテリアとして認められています。
障子の材質は当然和紙な事から、日光の差し込みを柔らかく遮り、目に優しい自然な明るさを作り出します。
強い光を遮りながらも、優しく日差しを取り入れる事で、とてもリラックスした心地良さを感じることが出来ます。
部屋を区切るパーテーションの役割も果たし、吸湿性や断熱性にも優れています。
張り替える事も出来るので、心機一転、気持ちいい障子の中で過ごす事はこの上なく幸せな気分を味わえます。

最近ではカーテンなどにたくさんの機能を持たせていますが、あまり取り替えたりするものではない為、部屋の印象も決まりがちです。
しかも遮光カーテンなどは、閉めて灯りを消すと真っ暗になってしまうので、朝起きる事が辛い事もあるようです。
障子の部屋は、朝日に合わせて部屋がだんだん明るくなってくると、それを体が感知して、自然に起きる準備が出来て行くようです。
体にもお部屋にも優しい障子を見直して、和室だけにとどまらないインテリアとして注目してみるのも面白いのではないでしょうか。

貝塚市は大阪府南西部、泉南地域に位置しています。1943年(昭和18年)5月1日に、市制施行により貝塚市が誕生しました。貝塚市は大阪府岸和田市、泉佐野市、泉南郡熊取町、和歌山県紀の川市に隣接しています。貝塚市は東洋の魔女の中核を担った日紡貝塚(ユニチカ)バレーボールチームの本拠地でもありました。2000年(平成12年)にはユニチカバレーボールチームは滋賀県の東レに売却されましたが、2003年(平成15年)には貝塚市のユニチカ体育館が日本バレーボール協会貝塚ナショナルトレーニングセンターとして再開しました。そのことから貝塚市では平成16年度に「バレーボールのまち貝塚」の推進を図ることを市の方針として決定しました。貝塚市では様々な農作物が栽培されています。その中でも貝塚市の特産品となっているのが、水なす、みつば、春菊、紅ずいき、ふき、たまねぎ、みかん、たけのこ、しいたけです。貝塚市では毎年7月中旬に太鼓台まつりが開催されます。260年余りの歴史がある感田神社のお祭りで、戦国合戦の彫り物が施された太鼓台が町内を練り歩きます。また、10月上旬には貝塚だんじり祭りが実りの秋を祝って開催されます。総数20台のだんじりがパレードを行います。