障子の張替え

東成区内スピード対応!!

大阪市東成区全域で国内産上質障子紙使用の障子も
キャンペーン価格で熟練の技能士が丁寧に施工致します。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

  ●お見積りもスピーディーに無料対応しています。
   ●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

クリックして下さい

  

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。




 ■障子紙の効果

障子は定期的なメンテナンスが必ず必要になってくるものです。きちんとメンテナンスをすることで素晴らしい障子を活用することが出来ます。自分で障子のメンテナンスをする人もいますし、プロである業者に依頼する人もいます。こうした障子の価値はとても大きなものです。一軒家であれば必要不可欠なアイテムになっています。子供のいる家庭などでは、こうした障子が破れてしまうことは多々あります。動物がいる家庭などでも定期的なメンテナンスが必要です。
きちんと障子を活かすことで、和風なインテリアにしていくことが出来ます。外からの光を部屋の中に取り込んでいくことにおいて、こうした障子はとても多くの人に必要とされているものになっています。障子は様々な用途に活用することが出来ます。現在の住宅事情などにも最適なものもたくさんあります。破れにくいようにされているものや、デザイン性を重視したものなど様々なものがあります。こうした色々な製品があることも大きな魅力になっています。
障子をきちんと利用することで紫外線を軽減させていくことが出来ると言われています。インテリアとしてガラスと組み合わせたものがとても多くの人に支持されています。障子を利用することは様々なインテリアの可能性を広げていくことが出来ます。こうした障子には色々な工夫をしていくことが可能になります。和室には必要不可欠なアイテムとしてとても人気があります。最近では和室も人気があるのでこうした障子を利用していくことはとても大事です。
日本文化としてとても古い歴史があるものです。現在では、こうした和テイストを好む人が増えているので再び障子の需要はとても大きなものになっています。障子という文化はとても素晴らしいものになっています。障子をきちんと活用することは、とても大きなメリットがあります。障子を活用することで、魅力的な部屋を作っていくことが可能になります。障子には潜在的な需要があります。需要があるのは、やはり素晴らしいからです。
そもそも長い間多くの人に活用されてきたことから国内の住宅事情にもっとも適しているものです。定期的にメンテナンスをしていくことで清潔感のある部屋にすることが出来ます。またメンテナンスが簡単ということもこうした障子の大きな魅力になっています。障子はとても多くの人に必要とされているものです。とても素晴らしい機能性とインテリア性を持っている住宅には必要不可欠なものになっています。住宅は様々な工夫で変化させていくことが出来ます。


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

障子は一説によると、平安時代に襖から派生した建具と言われており、現代まで和風の住宅には欠かせない存在となっています。広い空間を障子で仕切る方法で、昔から目隠しや明かり取りとして多用途に使われてきました。今でも、古い町並みが美しい場所では必ずと言っていいほど障子が使われており、木枠と白い和紙の美しいコントラストが懐かしさを呼び起こします。現代では洋風の住宅が普及し、障子に代わってカーテンが多くみられるようになりましたが、今回はこの障子の良さと上手なメンテナンスについて書きたいと思います。
 障子の良さとは何と言っても、光を柔らかく遠し部屋を明るく見せることです。外部からの視線を上手にさえぎって、なおかつ部屋に自然な明るさを取り入れることができる昔ながらの機能性は大変画期的なものです。また、障子紙は自然素材なので吸湿性や換気能力があり湿度を調節する役割も果たしています。ジメジメした日本の気候に適している存在なのです。しかし、和紙で出来ており大変繊細なつくりのため、ちょっとした衝撃ですぐに破れてしまうことも多いのです。実際、小さな子供がいる家庭にお邪魔すると、かなりの確率で破れた障子を目にすることがあります。
 障子が破れてしまったり、長期間使用することでの日焼けや汚れが目立ってきた場合はメンテナンスが必要です。一番ベーシックな方法は和紙を張りかえることです。古い障子紙に霧吹きなどでしっかり水分を含ませて2〜3分おくとはがれやすくなりますので、下からゆっくりはがします。きれいにはがせたらぬれタオルなどで桟を拭いて残った紙を丁寧に拭き取り、よく乾かします。次に汚れ防止のために床に新聞紙などを敷いて、セロテープで障子紙を仮止めします。仮止めした障子紙は巻き戻し桟の横に置いておきます。その後、桟に専用ののりを付けて一気に転がし貼り付けます。余分な紙をカッターで切り取り完成です。
 現在では、障子紙の種類も大変豊富になりました。一般的なものはパルプにレーヨンなどの素材を混ぜたものが多く流通していますが、化学合成繊維で出来た破れにくい障子紙やプラスチック製の障子もありますので、小さな子供がいる家庭ではこういったものを活用するとよいでしょう。また、ほんの少しだけ破れてしまった場合は、桜の花びらなどの可愛らしいデザインの専用の和紙が販売されていますので、破れた箇所に貼り付けると破れた部分も気にならずお部屋が華やかになります。
 障子は破れやすくメンテナンスにも手間がかかりますが、柔らかな光と情緒あるたたずまいは日本人だからこそ味わえる伝統と文化なのです。最近では近代的な住宅も増え、住宅街を歩いても障子を使用している家庭はなかなか見られなくなりました。しかし節電の影響もあり、昔ながらの日本の暮らしが見直されています。小さな子供やペットのいる家庭ではなかなか維持が難しいかと思いますが、破れにくい障子紙を使用したり、現代風のアレンジでおしゃれに障子の良さを味わってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせフォームは24時間受付です。

和室には欠かせない障子

和室といえば連想されるのが畳に障子。ちょっといい旅館に行って部屋に通されたとき、障子戸を開けて、畳の香りを感じると日本独自の文化を感じられますよね。障子は海外にはない日本特有の文化です。欧米では窓際に設置するものといえばカーテンやブラインドといったところでしょうが、日本では古くから障子が用いられています。障子は枠に使われる木と和紙の質感が部屋全体にぬくもりを与えてくれます。また、インテリアとしてだけではなく、機能性の面でももかなり優れています。例えば、眩しい日の光を遮断しながら、全てをシャットダウンさせることなく太陽光を程よく取り入れることができ、昼夜問わずに外からの目隠しにもしっかりと活躍してくれます。寝るときに引く遮光カーテンと、昼間引く遮熱や目隠しに使うレースのカーテンの二役を賄ってくれる点に関してはカーテンよりも優秀と言えます。さらに、障子紙は通気性もよく、日本特有のじめじめとした気候にもマッチします。実は障子紙に使われる和紙は部屋の空気を綺麗にしてくれる効果もあります。障子の張り替えが面倒だという面もありますが、最近では強度の増した障子紙も多数世に出回ってきました。これから和室ブームが来る日も遠くはなさそうですね。

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
      8時〜19時まで      

施工可能地域


   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。

   

大阪市東成区 B様邸
障子張替え

大阪市東住吉区 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

大阪市東成区 D様邸
障子表替え

大阪市東成区 H様邸
障子の張り替え

大阪市東淀川区 A様邸

大阪市東成区 Y様邸
障子の張り替え

障子の張替えは、準備するものがあったり、失敗するおそれもあります。
そこで、業者に頼むとなると料金はいくらくらいかというと、プラスチック障子では相場で、普通紙で2580円/面、タフトップで4580円/面、ワーロン紙で6480円/面です。
普通紙とは一般的な障子で、タフトップとは普通紙よりも4倍の強度があり、通気性を抑え、汚れにくい特長があります。
ワーロン紙とは、プラスチックの両面に和紙をラミネートした美しく丈夫な障子です。
その他にも、レーヨン入り障子紙や、パルプ障子紙、レーヨン入り障子など様々な種類の障子があります。
どの障子にもそれぞれ特長があるので、自分に合ったものを選ぶことをお勧めします。
障子の選び方は、
1、ぬくもりのある肌合いと目に優しい採光機能
2、強度が強い
3、適度な通気性
4、適度な厚み
5、変色・変質が少ない
6、張りやすく、剥がしやすいもの
以上の6点を気をつけて選んでください。
最後にお手入れについて、シミやカビは襖についた汚れから発生します。毎日の掃除をこまめに行いましょう。張替えは、最長で10年に一度くらいに行ってください。シミをつけたら、すぐに水かけか、綺麗な布で拭き取って、ぼかしてください。そして、ハタキなどで毎日、埃を払いましょう。

大阪の歴史や風土・文化で育まれた大阪人の魅力について考えてみた。     

大阪の独特の言葉の発展の背景と大阪の言葉の特徴についての雑感
大阪は昔から商人の街として有名であるがそれだけが大阪の全てではない。大阪に溢れているのは銭ばかりでなく人情も溢れている。大阪の街を歩けば人情に溢れた出会いに満ち満ちているのがすぐに分かるだろう。商店街の店主や街中を歩く通行人まで心の温かさに触れる事がとても多い。商品を買う際の値引き交渉はもはや大阪の風物詩である。本来なら駆け引きしかない値引き交渉でも大阪の人々にかかればそれは温かい思いやりの言葉になってしまう。まさに人情ファンタジーと言える光景がそこに展開されてしまう。大阪と言えばお好み焼きにたこ焼きといった「粉もん文化」も外せない。大阪の街で生まれた効率よく食事を取るために生み出されていった大阪グルメそれらは現在では嗜好品として日本中でいや世界でも有名な物となっている。たこ焼きと聞いて大阪を思い出さない人は居ないだろう。何故大阪ではそのような味が生み出されたのか、それもまた大阪の人情が成せる技なのである。人と人が気軽にコミュニケーションを取るために手軽に食べられる物を作りだそうというコンセプトの元に生み出された食べ物だと言えよう。大阪と言えば一番外せないのは「お笑い」である。どんなに疲れた人でもたちまち元気づける不思議な寸劇。これもまた大阪の人情が生み出した文化と言えるであろう。どんなに辛い事があってもくよくよしないで全て笑い飛ばしてしまおうという空気それを生み出すエネルギーが大阪には存在するのである。これを生み出せる大阪の素晴らしさには感服するばかりである。大阪芸人と言えば今や日本中で大人気の存在であるのを見れば分かる通りその人情エネルギーは今や日本中が欲しているものだと分かるだろう。大阪で生み出された物は今の現代に置いて必要不可欠なものなのである。どんなに辛くてもどんなもんやの精神で不屈に立ち向かう。それが大阪の強さであり魅力だと言えるだろう。商人の街は今や日本にとって世界にとって無くてはならない物となっている。日本のヘソに当たる街は文字通り日本の中心となってこれからの日本を支えていくだろう。決して損をする事を許さない、得だけしていこうという気質はこれからの日本の助けとなる筈である。人情を決して忘れずにどんなもんや精神で立ち向かっていく街と共に発展してく事こそが日本の未来に重要であろう。明るく元気な精神はいつでも未来を切り開く道を示してくれるのである。どんなもんや精神が日本を救う。