障子の張替え

浜松市中区内スピード対応!!

■国内産上質障子紙使用の障子も
全国最安レベルのキャンペーン価格でお届けしています。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

●浜松市中区中区内お見積りもスピーディーに対応で、もちろん無料です
●出張料や運搬費ももちろん無料です。

国内産障子紙
使用 障子の張替えを激安で

当社オリジナルWEB限定特価品
高品質を保ちながら、
価格の限界に挑戦しました。      「お買い得品」1,450円  
       
    

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

クリックして下さい

  

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです


組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

 ■障子紙の効果

和室に利用される障子は、部屋に穏やかに光を取り入れることが可能で、空間デザインにも重宝します。古い障子は黄ばみやくすみが出て部屋を暗くし、印象も悪くなるため年に1回程度は貼り替えを行うことで、綺麗で趣きのある和室を維持することが可能です。タバコを吸ったりペットを飼っている場合には汚れやすくなりますし穴もあきやすくなりますから、定期的に貼り替えが出来るように障子紙をストックしておくと良いです。小さな汚れや穴のために全面を貼り替えると大変なので、部分的に貼り替えるのもおすすめです。
障子を貼り替える場合には、今まで貼ってあったものを剥がす必要があります。障子剥がし専用の剥がし剤も市販されていますが、お湯で十分落とすことが可能です。ハケなどを利用し接着部分をたっぷり濡らしたら、直ぐに剥がすのではなくのりが溶けるまで待ってから剥がすと綺麗に剥がれます。カッター等を利用して無理に剥がそうとすると傷が付き見た目も悪くなりますし、新しく貼る障子紙が貼り付かなくなる可能性があるので、控えるべきです。
障子紙は様々なデザインのものがあります。無地のものから模様が入っているもの、カラーで色彩豊かなものもあります。模様やカラーが入っているものを選ぶ場合には、光のあたり具合や部屋に映し出される影も考慮し、和室の雰囲気に合っているものを選ぶことが大切です。また、障子紙には強度の高いプラスチック加工が施されたものもあります。頻繁に破れたりする所に利用すると最適ですが、のりで貼り付けることが出来ず両面テープで貼り付けることになるので、格子の太さに合わせた両面テープを忘れずに購入しておく必要があります。
障子を貼るときには、いきなりのりを付けて貼り付け始めるのではなく、必要となる枚数やサイズをみるため、仮貼りをした方が失敗せずに仕上げることが出来ます。障子戸全面に障子紙1枚だけ利用して貼る方法はしわがよりやすく初心者には難しいので、格子を段ごとに分けて下の段から順番に貼り付けていく方法を取ると、綺麗に貼ることが出来ます。のりをつけすぎると障子紙に滲んでシミのようになってしまうので、ハケで量を調節しながら均等に塗りつけると綺麗な仕上がりになります。
残った障子紙は、次の貼り替えの時や穴があいてしまったときの修理用に保存しておくと良いです。日があたって日焼けしないよう黒い袋等にいれて、湿気の少ない所で保存するようにし、虫に食べられたりしないよう防虫剤があれば利用した方が良いです。長年使用した障子戸は、歪みができている場合があります。平らな所に置いてみて、反り返っているようであれば新しいものに交換したほうが良いです。歪んだままの障子戸を利用するときちんと閉まらなくなったり、隙間が出来てしまう場合もあります。

(吸湿効果)


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱
 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


静岡県浜松市中区

浜松市中区は浜松市の7区のうちの1つであり、中心となる区です。浜松市内では人口が最も多い区であり、オフィスビルが立ち並ぶなど都市機能が形成されている場所でもあります。この浜松市中区には、いくつかの特徴があります。
まずは、浜松市の中心であるということがあります。浜松市は、政令指定都市にも指定されており、全国でも有数の都市になっています。この静岡県の浜松市の中心が浜松市中区であり、浜松市内では南側に位置しています。
浜松市中区では、鉄道駅を中心に都市機能が形成されており、オフィスビルや商業施設が立ち並んだ場所となっています。また浜松市中区内では、鉄道駅の他、バス路線の整備も進んでおり、区内での移動にも便利な場所となっています。
浜松駅を中心として浜松市内の各方面や、市外および愛知県などの近隣の市町村へのアクセスも便利になっています。また、東名高速道路も走っており、自動車での東京や名古屋など各大都市方面へのアクセスにも便利です。
その他浜松市中区では宅地開発も進んでおり、浜松駅を中心とした都市部の他、住宅街も多く広がっています。その他、学校などの施設や公共施設も充実しており、働くのにも住むのにも浜松市中区は最適な街になっています。



施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
浜松市中区中区全域にお伺いします。 

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
    8時〜19時まで     

施工可能地域

施工可能地域
   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん
吸着します。

   

静岡県浜松市中区 D様邸
障子張替え

磐田市 W様邸 障子張替え

静岡市 T様邸 障子張替え

富士宮市 O様邸 障子張替え

 I様邸 畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 Y様邸 障子の張替え
障子はお部屋のフィルターです。

 G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。


 H様邸 障子の張替え

A様邸 障子張替え

 Y様邸 障子の張り替え交換修理

障子は平安時代より伝わる日本の建具で、現在の家屋に於いても多くの和室に採用されています。そして、障子が現代にも伝わる理由の1つとして日本独特の風土や環境に対して優れた機能を有しているという点があり、これには主に4つの機能が挙げられます。
まず1つ目には、障子紙が天然繊維を用いた和紙でできていることから独特のやさしい光を室内に届けることができます。その光の透過率は通常40〜50%程度と言われており、直射日光を避けることはもちろんUVカット機能もあります。
次に2つ目には、障子紙が天然繊維が重ねられていることより、繊維間には多くの小さな隙間があり、また表面は凸凹になっていますので差し込む光が反射及び拡散することで部屋の中を均等に明るくする採光機能があります。
またその天然素材の特徴から3つ目として、室内外の空気に対してフィルターの役割を果たし、空調を整える機能もあります。特に外気に対してはタール色素や排ガス微粒子等の有害物質の侵入を防ぐ機能があり、室内ではホルムアルデヒドや埃またニコチンなどを吸収する機能が挙げられます。
更に4つ目に、障子には高温多湿な日本の気候に冬は暖かく夏は涼しくする機能もあり、ガラス窓と2重にすることで冷暖房効果が上がり、また障子の光透過率とともに吸湿機能もありますので室内を快適に保てます。そして、これらの機能を十分に発揮するには年に1度の障子紙張替えが最適とされています。