障子の張替え

我孫子市内スピード対応!!

我孫子市内での障子の張替えは
   全国でも最安クラスの当店にお任せ下さい。
■国内産上質障子紙使用の障子もキャンペーン価格でお届けしています。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

●お見積りもスピーディーに対応で、もちろん無料です
●家具の移動もお任せ下さい。無料です。
●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×180cmが基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。

雪見障子

一部がガラスになっていて、その前の障子部分が上げ下げで、 開け閉めできるものを雪見障子と言います。

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

■障子紙の効果

冬期にお部屋で炬燵などに入っていると、寒気を感じてゾクットする経験はありませんか。これは空気が低温の窓やコ ンクリートの壁にふれて冷やされ重くなり床に沿って流れて低い姿勢でいる人を冷気で冷やし、寒気を感じるのです。しかしこの現象は、室内の空気が直接ガラス面にふれないようにガラス窓と障子で二重建具にすることで軽減できます。 これに使う障子紙の多孔性というフィルター効果の高い特質も大きな効果が期待できます。自然な形で換気と清浄化が行われるため、機密性が高まった住宅環境でここ10年間に倍増する幼児アトピーも、障子を利用すれば通気性がよくなり軽減が期待できます。また、身体に有害なホルムアルデヒドや空気中のホコリ・ニコチンなども吸収してくれます。さらに、障子の吸湿作用も室内に湿気がこもるのを防ぎ、湿度の高い日本の住宅には最適な建具です。 このフィルター効果を維持する為、障子紙の張替えは、1年に1回を目安にされることをお勧めします。

(吸湿効果)

障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)

障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)

障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。


人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!
丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、
強化障子紙と言われる破れ難い障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、
それぞれの特性も考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法によって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 

(無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。

■プラスティックをラミネート

(無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。 和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。


 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ

(無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。 照明器具など広く使われています。UV(紫外線)カット効果もあります。90%以上のカット率です。

 
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

障子の張替えを障子業者に依頼

障子は、和室にはかかせないものです。障子、襖、畳、の書院造は和のインテリアの特徴になります。障子も定期的に張替が必要いなります。長く利用していると少しづつ汚れてきますし、穴もあいてしまうこともあります。
張替は、自分自身でも張替に必要なのりや紙を買ってきてすることもできますが、専門の業者に依頼したほうが、経験豊富なプロのスタッフが、ニーズに合わせて施工してくれますので、素人よりも見栄えがよくなります。
業者に依頼すると、専門のスタッフがまずは見積りに訪問してくれます。まず予約ですが電話ですることもできますが、インターネットからでも依頼することができます。当日、現地で正確な見積りや相談をしてくれます。
張替の見積もりをしてもらって正確な見積額がでましたら、その後作業などの説明を受けて納得したら契約をします。あとは、施工日の決定をします。施工が完了しましたら、障子張替の仕上がりを確認して支払いをします。
障子を張り替えるメリットですが、ある程度の調湿効果があり通気性があります。障子はカーテンより熱や湿気がこもりにくく太陽光を遮断してくれます。障子は、部屋をくらくしなくても外から見えないようになります。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


千葉県我孫子市の歴史と現在

我孫子市は千葉県の北西部に位置する地域であり、江戸時代には水戸街道や成田街道の宿場地として栄えてきました。1955年に2町1村が合併し発足した我孫子町を前身とし、1970年の市制施行により我孫子市となりました。
古くは我孫子市内を流れる利根川や手賀沼の台地を中心に栄えていましたが、明治時代中期に鉄道が開通すると市内全域へと人口が広がりました。そして市制施行後の1970年代以降は、首都圏のベッドタウンとして宅地開発が進んでいます。
我孫子市の現在の人口は13万人を超え、市の中心である我孫子駅周辺などは大規模な都市基盤整備が進んでいます。我孫子市では都市計画として2021年の目標人口を15万人とし、自然環境と都市環境が調和した都市形成を掲げています。
我孫子市では農業を中心とした第1次産業が盛んに行われています。利根川や手賀沼の水運を利用した稲作や野菜が主な生産物です。また、近年では第1次産業だけでなく、都市活性化や雇用の創出を目的とした企業誘致や既存企業への支援計画も推進されています。
我孫子市の交通はこの鉄道路線を主軸としており、中でも我孫子駅は市内の人々の生活の中心として賑わいを見せています。また駅からは市内を循環するバスも運行されています。

千葉県我孫子市にはおすすめしたい観光・行楽スポットが多数ある

我孫子市は古くは江戸時代、水戸街道沿いに我孫子市宿ができたことから交通の要衝として発展してきました。都心から電車で約30分というアクセスの良さから、1970年代頃からベッドタウンとしても栄えています。また、我孫子市には著名な作家の邸宅や別荘跡地が点在し、現在では「物語の生まれるまち」としても親しまれています。 我孫子市の観光でおすすめなのが、名所、旧跡めぐりです。我孫子市内には白樺文学館をはじめ、旧武者小路実篤邸や志賀直哉別荘跡など、白樺派として活躍した文人たちの歴史にどっぷりと浸れることでしょう。徒歩圏内にそうした名所がたくさんあるので、ゆっくりと歩いて見て回るのもおすすめです。 また、我孫子市を語る上でかかせないのが手賀沼の存在です。手賀沼は我孫子市の顔でもあり、関東でも有数の水鳥の飛来地として知られています。また、四季折々で違った楽しみ方ができるのも魅力です。春には湖畔の手賀沼公園にソメイヨシノや八重桜などが咲き乱れ、夏には手賀沼花火大会で納涼、秋は過ごしやすくなるので湖畔の景色を見ながら散歩や読書、冬はシベリアから来るオカヨシガモをはじめ40種類もの水鳥の観察など飽きることがありません。1年中自然を楽しめるのが我孫子市のおすすめポイントなのです。 自然と文学の香りただよう我孫子市は、観光するにも、住むにもとても良い都市だといえます。

千葉県我孫子市といえば、県内では北西部の東葛地域に位置する市となっていて、市の規模としては小さめでありますが人口密度も高く総人口もそれなりに高いため、幅広い年齢層の人たちが住んでいる傾向であり、商業施設や商店街をはじめ、繁華街とか飲食店なども多くあったりするため何不自由なく過ごせるようなところとなっています。

千葉県我孫子市の周辺には柏市、印西市があり近隣には茨城県の取手市、北相馬郡利根町とかがあったりするので多方面にそれなりに出やすい場所であり茨城県にも出やすいので立地的にはいいところです。千葉県我孫子市の治安は普通であり日頃から用心していれば安心かつ安全に過ごせるようになっていて、市が防火防災対策や防犯対策にも力を入れているため、消防や警察と協力しながら治安や秩序を維持しているので平穏に過ごせるようになっています。

千葉県我孫子市に訪れたときに足を運びたいところに関しては志賀直哉邸跡 、三樹荘に登る天神坂 、柴崎神社 、手賀沼公園(ボート乗り場)、我孫子谷津ミュージアム 、水神山古墳、我孫子城跡、我孫子市鳥の博物館、嘉納治五郎別荘跡、白樺文学館、相島芸術文化村などになっていて他にも多数あったりする感じとなっています。また、千葉県我孫子市は鯉料理とかうなぎ料理をはじめ、白樺派のカレーとかがご当地グルメとなっているので足を運んだときに食べておきたいものとなっています。

祭事・催事とかにも力を入れていて有名なのが手賀沼花火大会、手賀沼トライアスロン、手賀沼エコマラソン、ジャパン・バード・フェスティバルとかになっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

アフターケアもご安心下さい
我孫子市全域にお伺いします
【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域


障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。

   

 D様邸
障子張替恵琉球畳新調

 T様邸
障子張替え

 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

Y様邸
障子の張り替え交換修理

日本の伝統的な建物文化の要素として幾つかのものが挙げられます。それらの由来は、古代の中国や韓国によるものもありますが日本独自のものあります。ただ、その基本的な立ち位置としては農耕の所産を利用したものが殆どです。
日本家屋を構成するものとして、外部から辿ってまず最初に挙げられるものに屋根が有ります。よく瓦葺の屋根を見かけますがこれは国外から文化が導入されたものです。その他に田舎に行くと藁葺の屋根が見られますが、これは稲作文化を反映しています。
次に、日本家屋の内装について考えてみます。床の材料としては、大きく分けると板張りと畳張りがあります。板張りに比べ柔らかく温かい感じを醸し、癒しの効果がある畳張りも稲作の文化の影響を大きく受けています。
内装のもう1つの要素として建具が有ります。日本家屋の建具で挙げられるものに障子と襖があります。どちらも間仕切り使われる点では同じ機能ですが、襖に比べ障子は採光を行う際に用いられます。特に襖は、日本以外には見られない建具で日本独特のものです。
襖の歴史は古く、襖の由来は臥す間から来ているという説もあります。また、襖は単に仕切るという機能以外にも襖絵として絵画文化を持っています。ただ、日常生活で使用するうちに汚れたり、湿度の高い所で使用するとカビの原因になりますので、2年に1回くらいのペースでの張替えが必要です。。

最近、和モダンのインテリアとして再び日本の伝統的な家屋の設えである畳や襖、障子などに注目が集まっています。障子は和紙と木枠からできている自然素材の建具ですので、余分な湿気を吸い取り外に逃がすことで高温多湿な日本の気候風土に適した合理的なアイテムになっています。また直射日光を抑え、白い和紙を通して室内を明るく自然に調光する優れた機能を持ち合わせています。 この障子は定期的な張り替えが必要です。経年使用により日焼けをして黄ばんだり染みが付いたりしますし、衝撃にも弱いのでうっかり穴を開けてしまうこともあるでしょう。昔は年に一度、大掃除の頃に障子の張り替え交換修理を家で行ったものですが、今では自宅で張り替えをしようにも時間がかかりますし、慣れない人にとっては大変な作業です。そのような時は、迷わずにプロの職人である経師屋や表具店に障子の張り替え交換修理を依頼することをおすすめします。プロの方によって寸分の狂いもなくぴたりと貼られた障子は大変気持ちが良いものです。 障子は穴が開いたまま、汚れたままにしておくと美観が損なわれ、かなり部屋の印象を悪くします。快適な住まい環境を維持するためにも障子にも気を配り、必要な時には張り替えを依頼して気持ちの良い毎日を送りたいものです。

千葉県我孫子市の観光スポット

【手賀沼公園】
千葉県我孫子市にある公園です。周囲の遊歩道や、芝生の広場、多種多様な遊具等が整備されており、地域の方々が多く訪れる、憩いの場となっています。土日限定、1回200円のミニSLも人気です。白鳥のいる沼では、スワンボートに乗ることもできます。
【鳥の博物館】
千葉県我孫子市に生息している鳥の標本や資料の展示があります。入館料が300円とリーズナブルなどで、気軽に立ち寄ることができます。フクロウも有名な博物館なので、鳥好きの方は必見です。
【我孫子市水生植物園】
手賀沼沿いにある植物園です。場所は手賀大橋の我孫子市側のふもとにあります。千葉県我孫子市中心部からは少し離れたところにありますが、駐車場も広く、車で訪れることができます。水生植物を見やすいように沼の水の上に遊歩道があり、水辺の植物をゆっくりと観察することができます。5月頃には、藤の花が毎年綺麗に咲くので、ぜひ訪れてみてください。
【手賀沼親水広場・水の館】
千葉県我孫子市にある手賀沼の生き物・土器のレプリカ・水についての取り組みなどがわかりやすく展示されている施設です。
おすすめは、50人定員のミニプラネタリウム。1回20分ほどで、子どもは無料で大人が100円と気軽に楽しむことができます。レストランもあるので、お子さま連れの方もゆっくりと過ごすことができます。
【旧村川別荘】
旧村川別荘は東京帝国大学の教授であった村川堅固の別荘です。講道館を創設した嘉納治五郎と親交があったため、千葉県我孫子市に移る事となりました。無料で見学することができます。
母屋(大正10年)と新館(昭和2年)があって、手賀沼を見下ろす展望は絶景です。