障子の張替え

たつの市内スピード対応!!

たつの市内での障子の張替えは全国でも最安クラスの
当店にお任せ下さい。
■国内産上質障子紙使用の障子も
  キャンペーン価格でお届けしています。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

●お見積りもスピーディーに対応で、もちろん無料です
●家具の移動もお任せ下さい。無料です。
●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。




 ■障子紙の効果

冬期にお部屋で炬燵などに入っていると、寒気を感じてゾクットする経験はありませんか。これは空気が低温の窓やコ ンクリートの壁にふれて冷やされ重くなり床に沿って流れて低い姿勢でいる人を冷気で冷やし、寒気を感じるのです。しかしこの現象は、室内の空気が直接ガラス面にふれないようにガラス窓と障子で二重建具にすることで軽減できます。
これに使う障子紙の多孔性というフィルター効果の高い特質も大きな効果が期待できます。自然な形で換気と清浄化が行われるため、機密性が高まった住宅環境でここ10年間に倍増する幼児アトピーも、障子を利用すれば通気性がよくなり軽減が期待できます。また、身体に有害なホルムアルデヒドや空気中のホコリ・ニコチンなども吸収してくれます。さらに、障子の吸湿作用も室内に湿気がこもるのを防ぎ、湿度の高い日本の住宅には最適な建具です。
このフィルター効果を維持する為、障子紙の張替えは、1年に1回を目安にされることをお勧めします。

(吸湿効果)


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


               

兵庫県たつの市は近畿地方にある都市で、兵庫県の北部の但馬地域に位置しています。兵庫県たつの市の面積は約402平方キロメートルで、兵庫県たつの市の総人口は、2014年5月1日現在で約3万人となっています。兵庫県たつの市に隣接する自治体は、豊岡市や丹波市、多可郡多可町、京都府福知山市となっています。兵庫県たつの市の木はけやきで、市の花はさくらとなっています。市民の生活に欠かせないたつの市役所は、兵庫県たつの市和田山町にあります。
兵庫県たつの市は、兵庫県の北部に位置しています。但馬県民局の管轄地域となっています。2004年4月1日に新しく作られました。兵庫県たつの市は、兵庫県の北部の但馬地方の南側に位置しています。市内は中国山地に属しているので、山間部がとても多くなっています。またたくさんの自然公園があります。兵庫県たつの市には、たつの郡山県立自然公園もあります。兵庫県たつの市の気候は、日本海側気候や内陸性気候となっているので、寒暖の差が大きいです。
兵庫県たつの市ではこのように寒暖の差が大きくなっているので、関西でも有数の豪雪地帯となっています。兵庫県たつの市は、日本海と瀬戸内海の分水嶺となっています。兵庫県たつの市の中心部には、円山川が流れており、南部には市川が流れています。兵庫県たつの市の交通に関しては、鉄道では山陰本線と播但線が走っています。また国道は国道9号線と国道312号線が主要道路となっています。したがって京阪神地方や丹波地方へと行くことができます。
兵庫県たつの市にある企業としては、関西電力株式会社奥多々良木発変電所があります。ここには黒川ダムや多々良木ダムがあります。此の友酒造株式会社や播磨屋本店もあります。フジッコ株式会社和田山工場や三菱マテリアル株式会社生野事業所などもあります。兵庫県たつの市は、古くから丹波地方や播磨地方へ行く交通の要衝となっていました。現在でもそれは変わらず、播但連絡道路が和田山までつながっています。したがって中国自動車道や山陽自動車道まで早く行くことができます。
兵庫県たつの市内にはJR西日本山陰本線が走っています。市の主要な駅は播但駅となっています。この他に市内にはバスも走っています。神姫グリーンバスや全但バスが走っています。またたつの市にはコミュニティバスも走っています。このバスはアコバスと呼ばれ、2007年1月9日から運行しています。このコミュニティバスは、神姫バスと全但バスの2つの会社に運行を委託しています。道の駅としてあさごや但馬のまほろばがあります。またたつの市は竹田城跡があるということでも有名です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

アフターケアもご安心下さい
たつの市全域にお伺いします
【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません          

施工可能地域

施工可能地域
   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。

   


 G様邸
障子張替え 戸襖張替え

 T様邸
障子張替え

 T様邸
障子張替え

 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

 Y様邸
障子の張り替え交換修理

インテリアとしての障子について

障子の基本形は、格子状に組まれた白木の枠に、白い和紙が張られているという形状になっています。とてもシンプルな構造になっているため、長い間その意匠の美しさが見落とされてきました。一昔前まではどの家庭にも当たり前のように障子があったため、障子のデザイン性の高さに思いを馳せるような人は、ほとんど存在していませんでした。あまりにも身近にありすぎて、キレイかどうかを考慮してみる余地などなかったというのが実情です。昔からあった障子よりも、後からやってきたカーテンのカラフルな美しさに心を奪われる人が多く、一時期は障子の人気が地に落ちてしまっていました。 しかし、障子独特の意匠性の高さに注目した人達がいました。それは、海外から日本にやってきた外国人です。彼らは、紙と木という天然素材を使用し、なおかつ直線が組み合わされたシンプルなデザインの障子に強い興味を持ちました。そして、現代的な建築物の中に積極的に障子を取り入れていきました。その試みが海外で話題になり、逆輸入的に日本に紹介されるという経緯をたどりました。その結果、多くの日本人が障子の持つ美しさを再認識させられたというわけです。障子は、とてもシンプルな意匠になっているからこそ、どのような種類の建築物にも違和感なくしっくりと馴染みます。