全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

あわら市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




ふすま襖の見直し

同じ暮らしをすることは文化を守るために必要です。最近では昔の家具が再評価されているという実態があります。これは襖の人気や支持にも大きく関係する実態です。襖が人気を得ているのは最近のことなので裏には面白い情報があります。この国の家具とは生活水準を向上させるのが目的です。その目的を達成できる家具は限られています。襖は部屋の機能を上げる貴重な道具になっています。また修理も楽に終わるのでコスト的に最高です。実際に使う道具は何度でも修理できることが基本です。それで長く同じ道具を使えるので次の世代のためになります。基本的に家具とは次の世代に伝えていくものです。今の和室は昔から受け継がれているものなので、結果としてそういった伝統を守っていることになります。襖は和室に設置されていることが多く、そのまま使うという家庭が殆どです。またマンションやアパートでも最新の襖を導入する場合があります。これは部屋のスタイルをより幅広くするためです。しかし今では襖の数は昔よりも減っています。それはより高度な襖が残っていることを証明しています。つまり今の襖とは処分されないで残された最高の道具なのです。これらを使う機会があれば伝統的な生活を思い出せます。

畳掃除をする際は工夫をしましょう

毎日畳を掃除してなるべくきれいな部屋で生活をしたいと考えている方もいるでしょう。その場合はほうきを使った掃除をする事をおすすめします。ほうきにもいくつか種類はありますが、一番畳掃除に向いているのは、柔らかめのほうきになります。固いほうきを使ってしまうと、軽く掃いただけでも畳を傷つけてしまう場合があります。掃除機を使うよりは良いだろうと考えている方もいますが、実は固いほうきを使った方が、掃除機を使うよりも傷つけてしまいやすくなり、寿命を短くしてしまう事になります。そのため畳掃除をする目的の場合は必ず柔らかいほうきを購入して掃除を行うようにしましょう。またほうき以外にも役立てる事ができる物があります。それはフローリングを掃除する際に利用するワイパーなどになります。軽く拭き取るだけで髪の毛などを取ってくれるので、畳を常に清潔な状態にする事ができます。奥に入っているごみは取る事ができませんが、定期的に畳に掃除機をかければ問題なくきれいになります。このようにたくさんの用具で工夫をする事によって、常にきれいな状態の畳にする事ができます。畳掃除の際にほうきを使うなどの場合は面倒に感じてしまいますが、数分で作業が終わります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


福井県あわら市

福井県あわら市は2004年3月1日芦原町と金津町が合併して誕生した。当初人口は約32000人。みどころとしては温泉街のほかに県文化財指定の木造執金金剛神像を持つ北潟の安楽寺、300種50万株を誇る花菖蒲園、舟津貝塚などがある。
北陸有数の温泉街の旧芦原町は、関西の奥座敷とも言われ県内随一の温泉街である。歴史は比較的浅く、明治16年9月現温泉街南方の農民が灌漑用水にと掘抜井戸を掘ったところ偶然塩分を含んだ温湯が噴出した。これがここの始まりと言われている。十楽温泉と称して付近の農家の湯治客が主であった。本格的な発展は、鉄道開通後で、これで関西方面からの行楽客が増加し、昭和23年の福井大地震や昭和31年の大火があったが、その都度近代化して復興された。現在は、ここを起点に三国・東尋坊方面、大聖寺を経て山中・山代温泉方面、丸岡経由で永平寺へと交通が発達していて北陸観光の足場として年間を通じて観光客が絶えることが無い。なお源泉付近には温泉発祥地公園とされており、最初に湯が湧出した井戸が保存されている。そしてその傍らに由来を刻んだ記念碑が建っている。農業も盛んで、米や酪農・メロン・すいか・なしなどが栽培されている。
(芦原温泉あれこれ)
●芦原焼 地元の久世天声氏が開発して今や温泉土産として人気を集めているのが芦原焼である。郷土民芸を思わす素朴な焼き上がりが良く、素焼きの皿や茶碗に好みの図柄や名前を入れて焼成する楽焼もある。
●九頭竜太鼓 福井平野をとうとうと流れる大河九頭竜川から名前と取った、芦原芸能の一つ。中央に置かれた大太鼓を5・6人のうち手がバチさばきもあざやかに叩きまくる音は、時に東尋坊の嵐を思わせ、時に九頭竜の流れを表現して、まことに勇壮そのものである。温泉街に実演場があり希望すれば旅館にも来てくれる。
●舟津貝塚 芦原温泉街の北西方三国港方面に出る国道305号線沿い南側にある。用水路改修時に発見された縄文中・後期の貝塚で土器・石器・ヤマトシジミ等が出土した。県指定の史跡。

福井県あわら市の特徴や名産品について

福井県あわら市は、面積が116平方キロメートルで、人口が約2万8000人の市となっている。隣接している自治体は、坂井市や石川県加賀市である。福井県あわら市の木は梅で、市の花は花菖蒲となっている。あわら市役所は福井県あわら市市姫三丁目1番1号にある。
あわら市は福井県の北端に位置している。福井平野から加越大地にかけて広がっている市である。あわら市は2004年3月1日に坂井郡の中で北陸有数の温泉の町であった芦原町と、越前の玄関口となっていた宿場町である金津町が合併して誕生した。
ここは南部には小高い加越大地があり、北部には福井平野が広がっている。芦原町には芦原温泉があり。ここにはたくさんの旅館やホテルがある。また坂井北部の丘陵地では、野菜や果樹の栽培が盛んとなっている。また地形が起伏状となっているので、ゴルフ場もたくさんある。
福井県あわら市の特産品は、越前柿や梨、トマトとなっている。漁業としては近くに浜坂漁港がある。これは北潟湖畔にあるので、海上へ出るためには一度石川県の県境を越えて大聖寺川と合流をして数百メートル下る必要がある。
ここではイカナゴの稚魚であるコオナゴやワカサギなどがとれる。あわら市の名所としては、越前加賀海岸国定公園や北潟湖などがある。また芦原北潟湖畔花菖蒲祭りが毎年6月中旬から下旬に開催されている。芦原温泉や吉崎御坊などもある。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 あわら市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え