全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

伊勢市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の歴史など

畳は日本の居室には、昔から切り離すことのできないものとして扱われてきました。最近の住宅ではフローリングやクッションフロアの住宅が増えてきましたが、依然畳の和室を構える家もたくさんあります。イグサを編みこんでいますので当然生きています。
長いこと手入れをしないと劣化し、その良さが半減してしまうばかりか、ダニやカビの温床になってしまうこともあります。そのため時期をみて交換することが大切です。通常は4〜5年で裏返し7〜8年で表替えをします。およそ10年くらいを目途に交換となります。
しかしその管理方法によっては寿命を延ばすこともできます。定期的に湿気を逃してあげればダニやカビの繁殖を抑え、張替に必要な畳床の寿命を40〜50年に延ばすことが出来るのといわれていますが、現実的にそううまくはいきません。しかしお手入れ以外にも寿命を延ばす方法があります。
それは畳表を、部屋の用途に合わせて適切なものを選ぶことです。客間の畳を張り替える場合厚みのある、目の詰まった上質の畳表を選ぶことなどです。そうすると畳表が痛みにくくなるばかりでなく、日焼けも綺麗になり独特の風合いを出してくれます。
もちろんどんな畳にも寿命があります。その時に和室の風景を楽しみながら、適切に扱うことで風合いや感触を実感し、愛着を持って何年も付き合うことができるのだと思います。日本古来の畳文化を継承し続けることは素敵なことだと思います。

適度な重厚感が魅力の襖を張替えてリフレッシュさせましょう

主に部屋の間仕切りに使われる事が多い襖ですが、襖のいいところは適度な重厚感がありながら、開け閉めしやすく取り外しも容易な軽量な構造をしていることにあります。部屋の間仕切りとして使う以上、単に視線を遮るだけでなくある程度しっかりした構造でないと安心感がありません。かといって壁を作ってしまえば、部屋を広く使おうと思っても壁が邪魔になってしまいます。襖は木の枠に紙を張って作られます。自然由来の素朴な構造ですが、紙は厚手でさまざまな趣向を凝らした物が使われるので高級感があります。そして周囲に取り付けられた黒塗りの桟や框が重厚感を醸し出します。その上で内部の大部分が空洞になっているので、見た目から受ける印象よりずっと軽量です。一般的なサイズの襖なら、小柄な方でも一人で持てるくらいです。間仕切りとしての安心感と、開け閉めしやすく取り外しやすい取り回しの良さを兼ね備えた便利なたてぐなのです。そんな便利な襖ですが、古くなってくると汚れが目立ってきてお世辞にも気持ちのいい物ではありません。しかし襖は簡単に言ってしまえば、木の枠に紙を張った建具なので、その紙を張替えれば一新できてしまいます。そして張替えは全国各地にある襖店など、襖の張替えを専門的に行なっている業者があるので、必要な時にすぐ張替えられます。張替えによって部屋の模様替えにもなりますので、業者張替えを依頼してみてください。

襖の張替えを考えている方へ

和室のある家では必ず備わっている襖ですが、経年劣化で痛みや変色が出てきて見栄えが悪くなってしまって張替えの必要があります。大体4〜5年周期で襖を張替える必要がありますが、襖を張替える場合には自分で張替える方法と専門の業者に依頼をするという二通りがありますが、自分で襖を張替える場合は慣れていないため、失敗してしまう可能性もあると思います。そのような場合には迷わず専門の業者の方に襖の張替えを依頼した方が仕上がりも綺麗で一番確実な方法だと思います。最近では割とホームセンターなどで施工を請け負ってくれることがあるので、まずは近くのホームセンターに相談をしてみてください、襖には種類があり、素材や柄入りなどさまざまな種類があり、使用用途や部屋の雰囲気で襖の種類を選ぶことになります。そのため襖の種類によってはだいぶ印象が変わってしまうので、ご自宅の部屋に合わせた襖を選ぶ必要がありますが、どのようにして選べば良いか分からないという方もいると思います。そんな場合にはホームセンターの受付などで相談をしてから張替える事をお勧めします。襖を張替える作業は年末年始を除けば大体、どの業者でも3〜4日程度で完了します。自分で張替える手間を考えれば仕上がりはとても綺麗になるので襖の張替えを検討されている方は業者に相談をしてみてください。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


網戸を張替えるなら場所によってグレーかブラックか選びましょう

網戸のネットというとどんな色を思い浮かべるでしょうか。多くの方はグレーかブラックのネットを思い浮かべると思います。実際にはカラー網戸というのもあって、緑や青などのカラフルなネットもありますが、やはり基本的には網戸のネットと言えばグレーかブラックです。理由として色がついていると網戸を通して見た景色に色が干渉して邪魔をしてしまうので、無彩色であるグレーやブラックが使用されているのです。なお、網戸に最初からついているネットはほぼグレーですが、張替えの際にhあブラックを選択する方が多いです。ブラックのネットに張替えた場合の利点は、景色がよりクリアに見えるようになることです。グレーより光の反射が抑えられる分、視界を妨げられにくいためです。ただその分外からの視線もよく通してしまうので、所かまわずブラックに張替えてしまうと困る事もあるので要注意です。特に玄関などの出入口にあるような網戸だと、外から入ってくる際に網戸がある事が分からずにぶつかってしまう事もあるので、こうした場所ではグレーのネットが適しています。グレーとブラックのネットについてはどちらも生産量が多く製品数も多いので、張替えの際にどちらを選んでも特に金銭的な差はほぼありません。業者に複数の網戸をの張替えを依頼する際などには、ここの網戸はグレーにこちらはブラックに、というような形で要望を出す事も出来ますので場所に合わせて選びましょう。

網戸の張替えを依頼できるところ

網戸は割と簡単に破れたりすることがあります。ペットなんかを飼っていたりしますとどうしても猫が引っ掻いたりとか犬がぶつかったりとかそういうことで破れたりもすることになります。ですから、網戸というのは割りと定期的に張替えをしたほうがよいこともあります。しかし、自分でやるのは面倒ということもあるでしょう。網戸の張替えは結構、技術がいることです。とりあえず張ってみる、張替えてみるということですら、大変です。そういう網戸の張替えをいっそのこと業者に任せてしまうということができるとかなり楽ができるということになるでしょう。どんなところがそれをやっているのか、ということですが網戸の張替えはまずはなんといっても内装関係とかリフォーム関係のところがやっているということが多いです。別に資格が必要な作業というわけではないのですが、やはり慣れている所にお願いするというのが良いわけで、そうしたところがリフォーム会社とか内装業者がやっているみたいなところになるわけです。綺麗な網戸にしっかりと張替えてもらうと部屋が引き締まった感じがしてくるでしょうからお勧めできます。もちろん、しっかりと小さな虫なども入れないように、風だけを通すことにもなります。

三重県伊勢市について

三重県伊勢市は、三重県の南東部に位置する都市です。以前は、多気郡や度会郡の一部でした。明治9年までは、三重県の県庁所在地でした。伊勢市は、人口150000人にみたない都市です。しかし、その名は全国的に知れ渡っています。
「伊勢市」が全国的に知れわたっているのは、伊勢神宮がある都市だからです。伊勢神宮は、歴史の上でも有名な神社です。伊勢市の住民は、神様に敬意をはらうため一年中玄関先に「しめ縄」がついている家が多いです。
近年、伊勢市は伊勢神宮の「式年遷宮」で盛り上がりました。この「式年遷宮」は、20年ごとに行われる行事です。伊勢神宮近くの五十鈴川にかかる橋も、かけ直します。「式年遷宮」の時は、特に観光客が増加しています。
伊勢市は、公共交通は勿論ですが自動車のアクセスがいいです。伊勢自動車道ができて、大阪や名古屋から行きやすい場所にあります。東京からも、高速道路だけを使って伊勢市を訪れることが可能です。街並みも、神宮近くは神聖です。
伊勢市は、伊勢神宮の玄関口に「おかげ横丁」があり人気の観光スポットとなっています。近くには、鳥羽市があり海の幸が豊富です、鳥羽市も「鳥羽水族館」などがある有名な観光地です。そこと掛け合わせて、旅行へ行く人が多いです。

伊勢神宮

三重県にある伊勢市には、伊勢神宮があります。伊勢神宮参拝にまつわる、さまざまな名産品があります。海産物では、伊勢エビやあわびなどの海の幸があります。郷土料理として、あのりふぐをつかった鍋料理があります。伊勢うどんも名産品です。伊勢うどんは、黒いおつゆでやわらかなうどんです。店によってさまざまにことなり、いろいろ味が楽しめます。参拝客に保存食として売られていたのが、たくあんです。伊勢湾で取れる牡蠣もとても有名です。海があり、神社があり、五十鈴川が流れる伊勢は、五穀豊穣の土地です。伝統工芸品もあります。伊勢一刀彫です。縁起のよいものが彫られています。また、伊勢玩具もあります。素朴で綺麗な色のむかしながらのおもちゃです。伊勢和紙もあります。現代にあわせて、プリンター用にできるタイプの和紙も売られています。伊勢の名物といえば、赤福餅です。白いおもちにこしあんがかかっています。お店で、赤福餅を食べることができます。夏には、赤福氷を食べることができます。おはらい町などを歩きながら、伊勢の名産品を探すのも楽しいことです。二見ヶ浦の夫婦岩にちなんだ名産品もあります。二見ヶ浦近くの旅館で、伊勢の名産、伊勢エビ料理を食するのも良いでしょう。海の幸、山の幸、川の幸と伊勢には、ほんとうに美味しい名産が豊富にあります。伊勢には、五十鈴川が流れています。五十鈴川を眺めながら、伊勢の名産を食することのできる店もあります。アクセサリーになどに使われる、真珠の養殖もされています。名産としての真珠も有名です。真珠が養殖される様子などを見学できることもあります。数えきれないほどの名産品がありますが、伊勢神宮の内宮と外宮に参拝をして、おひるごはんに名産品の伊勢うどんを食べて、おやつに名産品の赤福餅を食べます。二見ヶ浦近くの旅館に宿泊して、夕食には、名産品である海の幸、山の幸をいただくのが良いと思います。御土産にもってかえる名産品も多々あります。海の幸である魚貝類の干物も名産品です。はまぐりやあさりのつくだ煮も名産品です。お菓子類では、生姜糖も名産品です。果物では、天然記念物指定の柿、蓮台寺柿が名産として売られています。名産品、伊勢うどんを御土産にするのも良いでしょう。てこね寿司も海の幸をつかった名産です。伊勢には、種類豊富な名産があります。旅先でも、御土産でも、さまざまな用途と好みにあった名産品が揃っています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 伊勢市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え