伊丹市内全域スピード対応!!

伊丹のの畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張替えと新調は、
業界最高クラスの技能士の施工と全国でも最安クラスの当店に
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。    無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
ペットディフェンスも扱っています。高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます

 (画像はイメージです)

部屋に合わせた高機能な網戸に張替え

生活に欠かせない網戸は、その家に住む人を害虫や害獣から守る大切な存在です。そして最近の網戸は、生き物の侵入を防ぐだけでなく、それよりももっと小さいものを防ぐことができるようになっており、どんどん網戸は進化しているのを御存知でしょうか。網戸のネットの種類は増え、網戸にしていても家の中が外から見えないようにする効果を持っているものや雨風や衝撃に強いもの網戸が販売されており、雨風が強い季節や台風の多い地域の方、人通りが気になる方にもおすすめです。また、最近では大人から子供まで花粉症やアレルギーの方が増えてきていますが、花粉をシャットダウンする効果を持つ網戸も様々なメーカーから発売されています。この網戸があれば、家の中に花粉だけでなくホコリやゴミが入り込む隙を与えませんし、花粉が多い季節でも窓を開けて風通しができるようになります。花粉症の人が住む家はもちろん、アレルギーのある方の部屋だけでもこの網戸に張替えておくのもいいでしょう。網戸は毎日を快適に過ごすためにも必要なものです。ネット通販やホームセンターでも高性能な網戸が揃っているので、チェックしてみてください。この際、家や部屋に住む人に合わせた高機能な網戸に張替えてみては如何でしょうか。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300~500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する
必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

襖の特徴とメンテナンス

襖とは、日本家屋で古くから使用されている和室の仕切りのことです。和室のある家に建具として利用されていることが多くあります。襖は木製の枠に和紙を下張りとして何層か貼り付け、最表面には表紙(襖紙)と呼ばれる紙を張り付けています。現代的な家で使われる一般的なドアよりも軽く、表紙を張り替えることで模様替えをすることができるという点が大きな特徴です。また、襖には引手が取り付けられており、その形やデザインにも多種多様なものがあります。襖は年月を経ることで、どうしても襖紙が色あせたり、汚れたりしていきます。物をぶつけて穴が開いてしまったり、ペットや子どもが穴を開けてしまったりということもよくあります。しかし、襖は表具店で張り替えてもらうことで新品同様に生まれ変わることができます。表具店に相談すると、表紙のサンプルを見せてもらえます。その中から張りなおしてもらう表紙を選ぶことになります。最近では、シックハウス症候群への対策としてホルムアルデヒドなどの有害物質を含まない襖紙や、抗菌機能や防臭機能を持った襖紙を用意している表具店もあります。襖の張り替えは、確かな技術を持った表具店に行ってもらうことをおすすめします。

襖の張替えは遥か昔から行われてきているため、長い歴史があったりするものであり、公の場で襖の張替えが行われたのが江戸時代ぐらいからとされていて、その頃から襖を作りつつ修理を行ったり張替えをしたりする職人が全国的に展開していたため、襖の需要も多くなりはじめたのであります。そもそも襖は江戸時代よりも前は武家や公家をはじめ貴族といった上流階級の人たちしか保有できないものとなっていて、身分を象徴するための高級品でもあったため、一般的には使われていない感じであり、時代がたつにつれ徐々にそれが一般的な住まいとかでも使われはじめたといった感じであります。
江戸時代の頃には既に襖の張替えとかも多く行われていて、日常的に職人の方が対応していた感じであるため、襖の存在と張替えとかの量も多くの人たちに知れ渡る感じとなったのであります。ちなみにですが襖の張替えをしてもらう際は襖の状態とかをまず見てもらったほうがいいため、専門業者の方にお願いして職人の方を派遣してもらい、チェックをしてもらいつつ適切なアドバイスとか提案を受けるのがおすすめであり、それを経由してから襖の張替えの依頼を出したほうが計画的にうまく進んだりします。
いきなり依頼を出すのではなく、襖の状態とかを確認してもらいアドバイスとか提案を受けつつ情報を頼りに襖の張替えをするかどうか判断をしたほうが良いです。現在の襖は張替えがしやすくなっているため、施工にかかる時間もかなり短くなっています。


兵庫県伊丹市の産業について

兵庫県伊丹市は人口が約20万人の大きな都市となっています。兵庫県伊丹市の産業はどのようになっているのかというと、ここでは園芸業が盛んに行われるようになっています。園芸業に関しては、隣にある宝塚市の山本地区と一緒に、全国で三大植木産地の一つとなっています。接木の一つとなっている芽接ぎがとくに盛んに行われるようになっています。現在では東野地区というところでは南京桃の再選に非常に力を入れています。兵庫県伊丹市は、江戸時代から酒造が盛んに行われています。そして現在に至るまで産業として清酒醸造法が確立されているという事実があります。そのなかで有名な酒造が小西酒造となります。また兵庫県伊丹市では、日本で初めての国産リノリウムを製造販売するという東洋リノリューム株式会社が創建されています。このほかには臨空都市としての利点を生かしたというハイテク産業も盛んに行われるようになっています。ここには商業施設もあります。兵庫県伊丹市にはダイヤモンドシティ・テラスという所があります。これは規模の大きさや店舗の多様さなどで近くのたくさんのお店に影響を与えているという背景があります。このように産業や商業施設が非常に充実しています。

関西3空港の一つである伊丹空港

かつては東南アジア諸国やアメリカ、ヨーロッパなどの国際線が世界各国から乗り入れていた大阪国際空港がなぜ伊丹空港と言われるかの理由は、大阪府豊中市・池田市と兵庫県伊丹市の両県にまたがって空港の敷地が配置されていることから伊丹空港と言われることと、後に出来た関西国際空港(関空)との区別のために伊丹空港と言われる2つの理由があります。現在では国内線運行のみの空港として利用されていて、国内30路線に運行していますが、国際空港という名称は変更されていません。
もともと、大阪国際空港の前進は大東亜戦争前の大阪大二飛行場として、当時多くの日本国民を巻き込み敗戦へと導いた大日本帝国陸軍によって支配されており、戦後はアメリカ軍の統治下に置かれるようになりました。昭和33年に国家に返還されると所在地が大阪でもあることから大阪空港として国営となるのですが、1年後に大阪国際空港に改名されました。関西では関西国際空港ができる前から大阪空港や大阪国際空港と言われることは少なく、伊丹空港という人が多いです。
関西の空の玄関として利用されている伊丹空港は、飛行機での移動で国内線利用をする人が多い中、歯科や診療所などの医療機関があり、空港職員や旅客だけではなく一般の外来診療も受け付けていることから、診療のみの目的で訪れる人も多いです。さらに、郵便局や銀行ATMなども配置してあるため便利です。しかも、空港内には理容店があり、出発前の身だしなみや忙しい合間を縫って働く空港職員などに利用されるクイックコースを設けたカットサービスも用意しています。
伊丹空港利用となると全国各地への移動に使われるのですが、出発時間に間に合わないと不安という旅客のために、出発ゲートに直結した空港ホテルがあり、伊丹空港ターミナルの中央ブロック3階に位置していて、空港利用の便利さと快適な宿泊が楽しめます。宿泊部屋もシングル・セミダブル・ダブル・ツイン・デラックスツイン・スペシャルツインと6つの部屋が用意されていて、インターネットの予約では1割引で利用できるというネット割がお得です。
伊丹空港の大きな魅力の1つに空港内ショップで、滑走路に面した全長400メートルで3300平米の広さの店舗を持つ輸入家具や雑貨のショップがあり人気があります。同様に滑走路に面した展望デッキにある店内80席店外に60席のオープンテラスで飛行機のフライトを見ながらランチやディナーなどの食事を楽しむ人も多くみられます。フライト目的ではなく、ショッピングや食事などに加えフライトの見学が目的で伊丹空港を訪れる人も多いです。

伊丹市は兵庫県の南側に位置して大阪府との県境にあります。隣接する自治体は川西市と宝塚市と尼崎市と西宮市と大阪府豊中市と池田市です。伊丹市には猪名川と武庫川が流れ流域にはなだらかな台地が広がります。大阪都心部や神戸市のベッドタウンとして住宅開発も盛んで通勤、通学する方も多いです。伊丹市の歴史は古くから人の暮らした痕跡が残され縄文土器や弥生土器も発掘されています。竪穴式場住居も発見されています。伊丹市の名前の由来は鎌倉時代の伊丹氏の名前からと言われています。近年の伊丹市は大阪国際空港が建設され空港の町として知られています。空港周辺には多くの商業施設や大規模な公園があり人気スポットとして多く人が訪れます。次に伊丹市の観光名所やおすすめスポットを城下町致します。まず紹介するのは荒牧バラ公園です。豊富な種類のバラがある事で知られていて近隣には芝生公園もあり伊丹市民の憩いの場として利用されています。次に紹介するのは伊丹城跡です。有岡城とも呼ばれている国の史跡として指定されています。有岡城の戦いの場として知られており現在も石垣などが史跡として残されています。次に紹介するのは伊丹市で人気がある公園の西猪名公園です。スポーツ施設と小さなお子さんに人気の水遊び施設のウォーターランドがあります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 伊丹市内
お電話1本で、駆けつけます。

【年中無休・受付時間】
8時~19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません 施工可能地域
 

兵庫県伊丹市 I様邸
畳、襖張替え

兵庫県伊丹市 F様邸
襖張替え

兵庫県伊丹市 K様邸
畳ふすま張替え兵庫県伊丹市 K様邸
障子張替え

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例 兵庫県伊丹市 S様邸
たたみ襖張り換え 施工事例 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 

日本建築の独特な間仕切りの一つに襖(ふすま)があります。襖(ふすま)の美しさは何と言ってもその柄にありますが、襖(ふすま)の素材は紙で出来ている為定期的な張替えを行わなければなりません。張替えや補修を定期的に行う事によってその美しさを保つ事が出来るのです。
襖(ふすま)張替えのタイミングは、色あせや損傷などが目立った時に行うのが一般的です。また、単純に部屋の模様替えなどの軽い気持ちでも襖(ふすま)張替えのタイミングであると言えます。和室を一新したいのならば直ぐに行うべきです。
襖(ふすま)紙の種類には図柄や素材、金額によってかなりの種類が存在しています。気に入った襖(ふすま)紙を選ぶのが基本的ですが、用途や耐久性なども考えて選択するのも重要なので、まずは張替えの目的を確認する事が必要です。
襖(ふすま)紙の選択が済んだらいよいよ張り替えるのですが、自分で行うのは非常に難しく工具なども専門的な物が必要なので安易に行う事はさせたほうがいいでしょう。失敗すればそれだけ無駄なお金が掛かってしまいます。
襖(ふすま)張替えを考えるのならば、やはり専門の業者に頼むのが懸命です。ものによっては張替えの手段が異なるので専門的な技術が必要になってしまいます。また、用途や金額をあらかじめ伝えておけば、それらに応じて的確な選択してくれるでしょう。

網戸って何?っていうと、一般的には窓に取り付ける網を張った建具(アルミサッシ)のことで、一番多いタイプは「パネルタイプ網戸」です。パネルタイプ網戸は大型のものが多いのでピンと張替えるのはとても難しいです。さらに網戸は室内側に設置するタイプと屋外側に設置するタイプがあるので、どっち側にあるのかを張替えを依頼する前に確認しておくといいです。左右にスライドして開閉する網戸は「片引き網戸」といい、引き違いの窓などに設置されています。だいたいは窓の外側に設置されていることが多いです。他によく似た名前の網戸で「片開き網戸」というものがあります。これは一般的に部屋の内側に向いて開く網戸なので、室内側に設置されています。最近の住宅の小窓にもよく使われている横すべり出し窓にも網戸がついていることがあります。これはそのまま「横すべり出し窓用網戸」と伝えると張替えがスムーズに依頼できます。おもに玄関などに設置されていてアコーディオン状になっている網戸は「プリーツ網戸」や収納できるタイプは「収納網戸」といいます。張替えを依頼するまえにどんな種類のまどがあるのかを確認しておくと、張替えに対応していない場合も事前にわかるので一度確認してみてください。

兵庫県伊丹市の観光スポット

兵庫県伊丹市には楽しい観光スポットが沢山あるんですよね。伊丹スカイパークなどは公園になっているんですが飛行機が飛ぶところや着陸するところも見られるので楽しい公園となっています。夜間には飛行機のライトなどが綺麗なのでデートスポットにも最適です。伊丹市には伊丹市昆虫館もあるのですが、色々な種類の昆虫が見られて楽しいですよ。さらにチョウ温室などでは種類の多いチョウが沢山舞っているので、幻想的で美しい光景を見ることも出来ます。伊丹市に来たらこのチョウの群は見ないと損だと思いますよ。伊丹市には荒牧バラ公園があるのですが、こちらはバラが沢山あって綺麗です。無料なのでゆっくりお弁当などを食べながらバラを見るのも楽しいと思います。伊丹市には伊丹市立ローラースケート場もあるんですが、入場料や貸靴も安くて遊びやすいですね。わりと広いので思いっきり遊ぶには最適ですし、何より楽しいです。伊丹市立こども文化科学館も楽しいですね。プラネタリウムなどは綺麗だしなぜか落ち着くのでおすすめしたいですね。子供連れとかでも楽しめると思いますよ。伊丹市には遊ぶ施設や観光スポットが沢山ありますので、何度も遊びに来たくなる魅力ある市ですね。