京都市山科区内全域スピード対応!!

京都市山科区での畳ふすま障子網戸アミドの張替えは熟練の技能士が丁寧に施工しながらも全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理修繕と新調。
ペットディフェンスも扱っています。高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます

 (画像はイメージです)

子供やペット対策におすすめの網戸グッズ

涼しい外気を取り入れるために暑い夏には欠かせない網戸ですが、状況によってはうかつに網戸にはできない家庭もあります。例えば子供がまだ小さい家庭や、あるいは室内で犬猫などのペットを飼っている家庭などです。子供やペットというのは概して行動的で、ちょっと目を離すとあちこち動き回って危ない事もあります。網戸はガラス窓やドアと比べて軽く、サッシからも外れやすくなっています。網戸に張られている網も突進されたり、寄りかかられたりすると破れたり外れたりします。基本的に鍵がついていないという事もあって、開けようと思えば簡単に開けられます。子供は特にそうですが、犬猫でも一度学習してしまうと造作もなく開けてしまいがちです。そういった理由もあって暑い夏でも網戸にはせず、窓を閉じてクーラーで過ごしているという人もいるでしょう。ただ健康のためには、自然の風を取り入れるというのも大事なことです。せっかく網戸があるなら、活用しないのは損です。そこで試したいのが、子供や犬猫の脱走防止用のグッズです。例えば網戸を勝手に開けられてしまうと悩んでいるなら、後付けのストッパーを利用しましょう。取り付けは簡単で、シールでくっつけられるようになっています。突進されたり寄りかかったりして網戸が外れてしまう事を心配しているなら、フェンスを取り付ける方法がお勧めです。つっかえ棒で固定できるものもあるので、取り付けも簡単です。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳たたみの文化

日本の伝統的な文化として、畳があります。この上で寝転がったり、お茶をすると、心が落ち着くものです。これは、日本人の心に畳が癒しを与えるからです。昔からのものに触れると自然と気持ちが安らぐものなのです。
そして、この畳は交換をしなければいけません。通常、4年から5年で裏返しというものを行います。さらに、7年から8年で表替を行います。住環境や使い方でこの期間は変わってきます。丁寧に扱えば、その分長く使うことができるのです。
また、交換の目安もあります。それは、イ草の色を見てください。始めは美しいグリーン色です。そしてだんだん銀白色と変化し、黄色となります。さらに、褐色へと変わり赤みを帯びた黄色と変化します。黄色になると、交換の目安です。
しかし、交換となると何かと大変です。まず、畳を準備します。畳は重いので購入店から家に運ぶのに一苦労です。また、交換し終わったものを捨てるのも大変です。他にも、畳替えのための材料をそろえる必要があります。
そこで、業者に替えてもらうと良いでしょう。手間がかからず、値段も手ごろなところが多いものです。また、業者に頼むと様々な畳がそろっています。今は、おしゃれで実用的なものもあるので検討してみると良いでしょう。

畳には私たちの生活にさまざまな効果をもたらしてくれます。畳は梅雨時など湿気の多い季節になると水分を吸収し、室内が乾燥してくると蓄えた適度な水分を放出するエアコン作用を備えています。また、室内の空気をきれいにしてくれる効果もあります。
畳には吸音効果もあります。フローリングの場合、どうしても隣や上下階に音が響いてしまいますが、畳を使用している部屋は音を吸収して伝わりを防いでくれます。また、弾力性もあるので、小さな子供が転倒しても安全です。
畳を少しでも長く使用するためには、カビとダニの対処が必要です。部屋の中に湿気がこもってしまうと、カビとダニが発生しやすくなります。人に害はありませんが、見た目はよくないので、いつも適度な換気を心がけるようにしましょう。
畳の上に絨毯やカーペットを敷くのも、ダニを発生させる原因となります。湿気がこもってダニの温床になり、畳の寿命を縮めることになります。逆に直射日光があたるのもよくないので、窓にカーテンをかけるなど対策をするようにしましょう。
畳の効果を最大限に活かすためには、定期的な張り替えが必要です。最近の和畳の芯にはダニの発生を防ぐものや、断熱性を高める素材が使われており、防虫対策がなされているものが多くなっています。積極的に交換を行うようにしましょう。

襖のメンテナンス方法

襖が破れたり色褪せたりしてきた場合には思い切ってふすまの張り替えをしてみましょう。まず、ふすまには本ぶすまと板ぶすまというのがあるのでどちらか確かめましょう。襖の張替は以下のようにして行います。1.ふすまの枠にしるしをつけます枠の上のほこりを払い、裏から桟の部分に水を含ませます。2〜3分置いたら、慎重にはがします。2.左右の枠からはずします釘やねじで留めてある場合は上からたたくと外れます。外れない場合は下からもたたいてみてください。3.上下の枠からはずします先ほどと同じ要領で外れます。4.釘を抜いてください。5.襖紙のまき癖を直します。襖紙にまき癖がついている場合は反対側に追って直します。6.柄を揃える柄があるときは、貼る枚数の襖紙の柄を合わせて重ねます。7.ふすま紙をカットします。柄を合わせたふすま紙をふすまの下に敷きます。ふすまより約1センチ大きくカットします。カットの際はベニヤ板を置いておくと便利です。8.裏に水を付けるふすまを裏に返して、スポンジで水を付けます。1度全体にまんべんなくぬらしてください。そして、再度全体に水を付けます。9.紙が伸びるのを待ちます。はけで表面をならして2,3分待ちます。10.空気を追い出しましょう。はけで空気を追い出しましょう。あとは切り込みを入れて、角を切り落とし枠を取り付けはめこんだら、襖の張替は完成です。

障子の場合と少し違う襖のお手入れ

襖のお手入れは障子の場合と共通点が多いです。どちらも自然の素材である紙と木で作られた建具ですので、当然といえば当然のことですね。まず、はたきをかけますが、埃が舞いますので窓を開け放ちましょう。はたきを上から下へと、襖の表面の埃だけを落とすつもりでやさしく叩いていくのも障子と同じです。建具と敷居の間に挟まった埃やごみを爪楊枝や竹串や綿棒などでかき出す作業も共通しています。それから、細かく砕いた卵の殻を布巾で包んで敷居を乾拭きし、建具の動きを滑らかにする作業も同じです。このとき、水拭きは禁物です。敷居は白木でできている場合がとても多く、水拭きは敷居の変色を招く恐れがあります。必ず乾いた布を用いましょう。 襖のお手入れには、勿論障子の場合と異なる面もあります。襖には把っ手がありますね。襖を開け閉めする度に人の手に触れる把っ手は手垢で汚れています。把っ手は木製ではなく、プラスチックやステンレス製が殆どですので、固く絞った雑巾ならば水拭きも大丈夫です。汚れがひどい場合には住宅用洗剤を、これも固く絞った雑巾にスプレーして拭き、その後水拭き、乾拭きを行なって、お手入れを終ります。子どもがいるお宅と、大人だけのご家庭では事情は異なりますが、襖の掃除やお手入れは、週に一度から月に一度というご家庭が多いようです。

網戸が破れる原因と取り扱いの注意点

網戸は窓や玄関にはめ込んで使用する建具の一種で、換気を行う際にゴミや虫などが室内に入り込むのを防ぐ効果があります。安価な樹脂製の網戸は住宅をはじめとする様々な建物で使われていますが、日光や風雨などの刺激を受け続けて劣化しやすい欠点もあります。劣化した網戸は少しの刺激を受けても破れてしまいますが、外見からは傷み具合はわかりにくいので定期的な張り替えが不可欠です。また、汚れの付着も網戸を傷める原因なので、換気を行わない季節は網戸を取り外して収納する必要があります。網戸の劣化を軽減させるには取り扱いを丁寧に行い、状態を良好に保つのが効果的です。汚れが付着したらすぐに洗い流して清潔にする他、固い物に引っ掛けないように開閉の際は周囲を整頓することも重要になります。また、皮脂や垢などの汚れも網戸の劣化に繋がるので素手で触らないことも大切です。傷んだ網戸の張り替えはすき間やシワが出来ないように行う必要があるので、専門業者に依頼するのが無難な対処法になります。その一方で同じ張り替え作業でも業者によって仕上がりの良し悪しが大きく変わるので、複数の業者を比較して信頼出来る所を選ぶのが綺麗に仕上げるための条件です。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




京都市山科区

京都の東の端に位置する京都市山科区と言う場所があります。 この場所は閑静な住宅街が広がっている地域であり、電車やバスなどの交通機関が充実している地域でもあります。 そのために、数多くの学校などの機関があります。また、京都市山科区は電車も様々な会社が経営している電車が通っている上に多くの場合においては、快速急行や特急なども停車するために、通勤や通学はもちろんのこと、休日などの外出にも便利な場所となっています。
電車以外にも京都市山科区には高速道路も通っているために、車での通勤なども便利になっており、その周辺には様々なスーパーマーケットや飲食店なども充実しているために、日々の生活を送るのにも便利な場所となっています。その上に京都市山科区は京都の中でも特に治安が良く、安心して生活を送ることが出来る地域であるために、育児や老後の生活などの様々な面において、様々な人々が日々の生活を快適に送ることが出来る様になっています。その様なことがあるために、京都市山科区は人気の高い地域となっており、新生活をする時などには京都市山科区に住むことが良いとされています。 また、京都市山科区は自然も多く公園なども多くあるために、良いとされています。京都府京都市山科区周辺は、古くから交通が盛んで東や間を超える日ノ岡峠、大津宿へ抜ける逢坂関が東海道の要所として知られておりました。京都府京都市山科区の山科は東海道の街道町であり江戸時代には特に栄えたと言われております。京都府京都市山科区の栗栖野の台地には縄文時代から人が住み、弥生時代の大規模な集落跡なども見つかっております。特に旧石器時代後期から室町時代にかけての遺跡が重なっている中臣遺跡は重要な遺跡です。京都府京都市山科区の産業には、京焼(清水焼)があります。1961年清水焼団地協同組合が設立され、1968年頃より川田梅ヶ谷に造られた清水焼団地に、東山区の清水寺。泉桶寺付近から多くの業者が移転しました。京都府京都市山科区で1975年7月から開催された陶器まつりは、五条坂でおこなわれる陶器まつりと並ぶ夏の風物詩として知られましたが後に取りやめとなり、陶器市は従前から秋に開催されている楽陶祭の中で、清水焼の里まつりとして開催されております。京都府京都市山科区には名所が数多くあり、大石神社は大石良雄らを祀る神社です。京都府京都市山科区の琵琶湖湖水とは、琵琶湖の湖水を京都市へ流すためにつくられた水路です。安祥寺は、京都府京都市山科区にある高野山真言宗の仏教寺院で、毘沙門堂は京都府京都市山科区にある天台宗の寺院です。元慶寺は天台宗の寺院で、藤原高子の発願によって建立されました。歓喜光寺は時宗の寺院で、東本願寺は真宗大谷派の本山の通称です。

ベッドタウンであり交通の要所でもある京都市山科区

京都市山科区は、京都エリアの交通の要所の1つです。かつての京都では日本の東部エリアとの往来も盛んでした。京都から関東エリアに行く方々も多かったのですが、京都市山科区は京都のかなり東側に位置していて、ある意味東海道のスタート地点ともいえる地域です。
現在も、京都の要所の1つでもあります。京都市山科区は、1,950年代の終盤に大きく発展しました。というのも1,950年代になると、この地域に高速道路が作られました。それまでの京都市山科区は、京都と東部の間にある農村でしたが、高速道路によって一気にベッドタウンに変化していきます。昼頃は京都の中心部に出勤して、夜になると京都市山科区にある家に帰宅している方も多いです。
ちなみに京都市山科区の南側には、伏見区もあります。そこにも住宅地が広がっていますから、山科区は京都の東側の広大な生活圏の1つになります。
ベッドタウンであるだけでなく、絹布も盛んな地域です。とりわけ1,920年代の前半に建設された工場によって、この地域では絹布に関連する産業が盛んになりました。
最近では、山科駅周辺の再開発も進みつつあります。徐々に都市としての機能も発展していて、今後は大きく変化すると予想されています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます


畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 京都市山科区での畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理は当店で!

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません           

施工可能地域
  京都府施工可能地域

京都市山科区 A様邸
畳表替え 襖張替え

京都市山科区 U様邸
畳表替え

京都府山科区 H様邸
畳表替え 襖障子張替え

京都市山科区 M様邸
襖の張替え 工事

 O様邸
畳表替え 襖張替え

 M様邸
畳表替え 襖張替え

 G様邸
畳表替え 襖張替え

 I様邸
畳表替え 障子張替え

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

現在京都市山科区の京都薬科大学の近くに住んでいます。京都市山科区の今の場所に住んで3年になりました。京都市山科区に住み始めて10年が経ちますが、月日が経つのはあっという間です。そして、年齢も20代から30代になり、若いといわれる年代ではなくなってきました。これからは将来をしっかり見据えて仕事に取り組みたいです。今住んでいる京都市山科区のアパートは家賃が5万5000yenで住み心地も悪くないのですが、数年以内にもっと広い部屋に引っ越したいですね。住む場所も京都市山科区ではなく、京都市中京区か京都市上京区に住んでみたいと考えています。京都市中京区と京都市上京区などの京都市の中心部に住むことで、通勤時間を短くして自由な時間を増やしたいです。そして、収入を増やして行動範囲を広くしていって、色々な場所に行けるようにします。これから数年間が正念場です。数年間の頑張りの結果で目標が達成できるか決まります。限られた時間を無駄にすることはなく、有益に使っていきたいです。1月の初めに1年間の目標を決めました。目標を立てることで自分自身に自覚を持たせます。目標が達成できるか分かりませんが、全力で取り組むつもりです。