襖ふすま

京都市山科区エリアスピード対応!!

京都市山科区の襖の張替えと新調を業界トップクラスの品質と
激安価格でお届けします。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで非常に多くの種類が
揃っています。
また織物系のふすま紙もあり、織糸の種類や撚糸の数さらに印刷やの後加工の
方法により高級なものから普及タイプまで多くの種類が揃っています。
織物系襖紙
それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ
下さい。


             
クリック>>襖ふすまの種類
襖ふすま紙には鳥の子と織物系とがあります。
鳥の子の場合、原料や製紙方法や模様付けや印刷・加工方法によって普及品から最高級品まで非常に幅広く揃っています。
また織物系も、織糸の種類や撚糸の数、印刷や加工方法によって
普及品から最高級品まであります。
                 お問い合わせメールフォーム

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、
価格もリーズナブルです。
種類も多く揃ったお求め易い商品です。
  
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工による多くの柄や材質があり、種類については一番ボリュームがあります。

鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ます。

手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。
その色合いが鶏卵の殻の 淡黄色に似ているところから鳥の子と呼ばれました。
現在は雁皮や三椏、木材パルプ等を混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)       

雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物で雁皮から作られる和紙です。
                                        
雁皮(ガンピ)の花

雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、
雁皮紙には野生のものの樹皮が使われます。昔は斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もあります。繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、
非常に綺麗な光沢があります。鳥の子色とも呼ばれています。
丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられました。
紙の素材として非常に優れたもので、日本の羊皮紙と呼ばれることもあります。

■襖紙の呼び方

手漉きの和紙を本鳥の子と言いますが、機械漉きを鳥の子パルプ紙で全て工程を機械で行うものを上新鳥の子、さらに廉価な紙を使ったものを新鳥の子と言います。
鳥の子の呼び名の由来は、上記雁皮紙を参照。
和紙襖紙の加工は、紙を漉くときに使いますが、近年パルプ紙になってからは
スクリーン印刷、グラビア印刷、オフセット印刷など後加工が主流に成っています。
紙表面のエンボスも後加工で処理します。

引き手

引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと汚れ防止の役目があります。
引き手は、手加工の貴金属や陶器の
ものからプラステック製の廉価なものまで多種多様に揃っています。

引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手

日本の住宅にとって欠かせないアイテムの一つに襖が挙げられます。西洋風の建築が増えてきていますが、それでも襖が全く無い家というのは少ないです。それほど、意識的に排除していかないと襖を消し去ることは難しいのです。 そんな襖ですが、これを美術品として建築の中に取り入れることで、素敵な空間を演出することができます。襖はただ部屋を区切るだけのアイテムでは無いのです。そもそも日本人は、伝統的に襖を美術品のように扱ってきました。
 美術館に行くと、襖は伝統美術の一つとして扱われています。室町時代から幕末の頃まで、実に幅広い年代の襖が展示されています。当時の有名な絵師が絵付けをしているので、どれも美しいものばかりです。襖に描かれているのは、動植物が多いです。 それから、現代では少ない装飾方法ですが、昔の襖には金箔や銀箔を貼った物も多くみられます。これは、美術品として美しく見せる効果もありますが、もう一つ日本の住環境に必要な機能を果たす役割があります。
 それは、室内に入った明りを襖の金や銀で反射させ、部屋を明るく見せることです。日本の家は、部屋が小さいので日中でも中々明りを取り込むのは難しいのです。ともすると、薄暗くなりがちな部屋を明るくするために、金や銀の反射効果が使われました。 これは夜になっても同じ効果を発揮します。燭台に灯をつけると、その光を反射してくれます。 そして、繰り返しますが、そこには美しく彩色された絵が描かれています。機能だけではなく、美的要素も兼ね備えているのです。
 そんな、襖の伝統は現代にも引き継がれいます。それほどお金をかけなくても、絵柄が描かれた襖があるので、意識して部屋の中に取り入れてみると良いです。特にお薦めなのが、風景が描かれたものです。 山水画的なものであれば、まるで自分が清々しい山の中にいるような感覚になります。植物が描かれたものでも、自然を身近に感じることができます。 もし、金銭的に余裕があれば、夏用の襖もあります。ただ、こちらは少々値段が高いので、よく検討してから購入すると良いです。
 それから、本格的に襖に凝りたいという方は、唐紙を使った物をお勧めします。これは、紙の表面に雲母を使った絵具を判で押して、うっすらと輝く模様が浮き出るように加工した和紙の事です。 これを使うと、部屋がさりげなく華やかになります。このアイテムだと、現代的なデザインの部屋でも伝統的な作りの部屋でも、どちらでも対応できます。なおかつ、春夏秋冬通して通用する趣です。 毎日生活する場所に、美術品としてのふすまを取り入れることで、美的感覚が自然と磨かれていきます。

伝統的日本家屋にある襖と、襖の歴史

襖は和室のしきりに遣われている建具の一つですが、木などで出来ている骨組みの両面に紙や布を張っており、それに縁や引き手が付けられております。和室に欠かせない建具として襖以外にも障子があります。障子は中国から伝えられたと言われておりますが、襖は唐にも韓にもなかったものですので、日本人の命名だとされております。寝所を「ふすまどころ」と言われていたのには、御所の神殿にある寝所の間仕切りとしてふすま障子が考案されたことにあるようです。
衾(きん)をふすまと訓ませるのは、「臥す間」から来ているのではないかと考えられております。そのため、ふすまの語源は「衾」であるという学説が正しいと考えられているのです。襖の周囲に縁取りされている部分は、几帳などに縁取りや装飾として使用されていた帯状の絹裂地です。神殿造で多用されていた簡易間仕切りなどにも使用されていたようです。襖は、衣服のあわせや綿いれの意味があり、両面が絹裂地張りであったことから、「ふすま」の表記に使用されました。
襖が考案された当初は、表面が絹裂地張りであったので襖障子と呼ばれておりました。隠蔽性の高いと言われてる厚手の唐紙が伝来して障子に使用されることが普及していきますが、襖障子と唐紙障子は混同されて併用することがあり、絹張りではない紙張りの障子も襖と呼ばれていくようになったと言われております。正式な客間には、白地や襖絵が描かれていたものを用いて襖障子とし、略式の居間などには色無地や小紋柄を木版で刷った唐紙を使用したようです。
源氏物語でも障子に歌を書き付けるような話が何度か出てくると言われており、引き違いの襖障子をありふれた情景として描かれているようです。この頃には貴族や上流階級の邸宅などにはかなり普及していたのではないかと考えられております。室内の間仕切りに襖障子が使用されておりますが、姫君の座している側にはかならず几帳が置かれて織物などで演出されており、部屋をさらに細分化して使用するための重要な役割を果たしていたようです。
華麗な金碧障壁画は書院造のひとつの特色ですが、金箔地に群青や緑青、白緑や朱などを用いた濃彩色の障壁画で、これは襖や貼り付け壁、屏風などに描かれた絵です。書院造の障壁画として有名な二条城の二の丸殿舎や西本願寺の対面所などがあります。正面床の間の貼り付け壁や書院、違棚の小襖や間仕切り、長押の上の壁面などをすべて構成要素として利用している雄大で華麗なパノラマ金碧障壁画が描かれております。ぜひ機会があればご覧になってみてください。



京都市山科区は京都市の東の端、滋賀県大津市と境を接している。往時は京都と東国を結ぶ交通の要だった場所である。農村地帯だったが、市街地や大阪へ通う人が移り住んできている。いろいろな地域から人が移り住むようになった。


京都市山科区には、京都市営地下鉄東西線の山科駅と京阪山科駅があり、京阪山科駅近くには京阪バスターミナルがあり、バスは京都市山科区の住宅地まで走っている。地下鉄で中心部である市役所前に出ることができる。
琵琶湖から京都市山科区を通り京都に水を供給している琵琶湖疏水の山科疎水のあたりでは、春はソメイヨシノやヤマザクラが4キロにわたって咲き誇り、春のお花見の名所になっている。普段はランニングをしている人にうれしい道である。
京都市山科区は山科盆地にある。山科盆地は京都盆地のすぐ西にあり、山科盆地の東の一部は大津市である。山科盆地は東は音羽山、北は比叡山、西は東山、南は山科川という地形になっている。京都市山科区は京都盆地同様、夏の暑さ冬の寒さが厳しい。
京都市山科区は地下鉄ができてから、次々とマンションが建ち、賃貸物件は豊富だ。古くからの京都の人ではない人たちが住んでいるので、新しく移ってくる人たちも気軽に住める場所である。京都中心部や大阪への通勤にも便利な場所である。

京都御所内には紫宸殿と呼ばれる建物があります。紫宸殿は節会、朝賀等の重要な儀式が執り行われ、御所の建物の中で最も格調高い正殿で、南殿または前殿と呼ばれ京都を代表する建物です。現在の建物は安政2年に再建されたもので総檜造りの高床式純木造寝殿造りであります。床はすべて拭板敷で造られ、天井は二重虹梁の化粧屋根裏で天井板はありません。中央に母屋、四方には廂の間を設け、四周に高欄をつけた簀子縁を巡らせた古制に則った宮殿形式を垣間見ることができます。
基本的には京都御所の拝観を希望される際には宮内庁に参観申し込みをしなければなりませんが、毎年、4月中旬前後に一般公開が行われており、期間中は誰でも見学可能です。京都御所拝観時、清涼殿と呼ばれる建物を見学することができます。清涼殿は中殿とも呼ばれ清少納言の「枕草子」をはじめ平安絵巻にも度々登場します。清涼殿の東に広がる庭の前には殿前に二株の呉竹や漢竹があり「年中行事絵巻」の世界をそのまま伝えています。

ベッドタウンであり風情を感じさせるスポットも多い京都市山科区

京都市山科区は、同市のベッドタウンとして発展しています。
京都市山科区は、京都東部の盆地にありますが、以前から交通の要所として発展してきました。奈良街道や渋谷街道など多数の街道がありましたが、現在も高速道路のインターチェンジやバイパスなどがあり、今なお交通の要所としての役割も果たしています。 ただ高度成長期には、この地域にある農地の宅地化が進んで、大きな団地が沢山建設されました。そして現在では、京都や大阪のベッドタウンとしての役割を果たしているのです。 それでいて、京都市山科区には名所や旧跡も沢山あります。京都の交通の要所としての役割を果たしてきた事もあり、由緒を感じさせる史跡が沢山あります。例えば京都市山科区は、忠臣蔵のゆかりの地でもあります。忠臣蔵に関連する史跡や神社も沢山ありますから、毎年多くの観光客が訪れています。
また京都市山科区の随心院の景観の美しさも、多くの方から高く評価されています。秋頃になると見事な紅葉を楽しむことができ、その庭園の美しさには定評があります。
また京都市山科区では、京都全体を一望できるスポットもあるのです。将軍塚青龍殿は標高が少々高い場所にあり、都会とはまた違った雰囲気があります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃない」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
京都市山科区の襖の張替え、
とにかく、現物見本を見て下さい。

 アフターケアもご安心下さい。

お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域

京都市山科区 N様邸
襖張替え 京都市山科区 H様邸
襖張り換え障子張替え京都市山科区 E様邸
襖張り換え京都市山科区 T様邸
襖張替え 京都市山科区 N様邸
襖張替え 京都市山科区 T様邸
襖張替え 京都市山科区 U様邸 
襖張り換え

京都市伏見区 H様邸
襖の張替え

 S様邸
ふすまの張替え

 Y様邸
襖張り換え

       
   お客様のお話 

京都市山科区に住んで9年になります。京都市山科区は北と東と西に山がそびえ立つのどかな場所です。京都市山科区の三条通り沿いに業務スーパーがあります。午前9時に開店するこのスーパーは自分がよく利用するスーパーです。京都市山科区の業務スーパーでよく購入するのは野菜やカップラーメンやレトルト食品で、1週間のうち4日は行きます。行くのは仕事帰りで、時間帯は夕方から夜が多いです。昨日も京都市山科区の業務スーパーに行ってきました。昨日買ったのはそばを3袋です。そばは昨日の夕食で食べました。ここではそばが1袋16yenで買えるので、とても重宝しています。あとは食パンを食べましたが食パンもここで買いました。値段は68yenでこれも重宝しています。スライスチーズを上にのせて4切れ平らげました。自分はそばと食パンがとても好きなので今後もよく食べると思います。あと何年京都市山科区に住むかは分からないですが、業務スーパーを利用していきたいです。そして、明日も業務スーパーに行く予定です。明日はどんな食材を買おうかこれから考えようと思います。食事の時間は1日の中で最も楽しい時間なのでワクワクします。明日はそば以外で好きな物を食べるでしょう。