全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

松阪市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸について

一見同じように見える網戸でも耐久性が全然違っており、ちょっとした衝撃を与えてしまう事で曲がってしまうケースも少なくありません。特に猫や犬などを飼っている家庭は、網戸にいたずらをされてしまって、大きく歪んでしまう時があるので、気を付けないといけないです。その他にも小さい子供は、網戸に興味や関心を持ってしまって、色々といたずらする場合もあります。しかし頑丈な網戸に張替えを実施してしまえば、そのような心配を極力払しょくする事ができます。以前は頑丈な網戸は存在しておらず、すぐに張替えする時も少なくありませんでした。しかし時代の経過とともに網戸も進化しており、頑丈な網戸が続々と誕生しています。頑丈な網戸は、安心して利用できるだけではなく、張替え頻度も減らす事ができるので、大変魅力的になっています。特にお金を節約したいと考えている方は、頑丈な網戸は心強い存在にもなっています。通常の網戸と比べても若干高い金額に定められているのが特徴の一つになっています。その中でも安く提供してくれる業者を選択する事ができれば、お金の出費を少しでも節約しつつ目的をしっかりと果たす事ができるので、しっかりと判断してもらいたいです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




今こそ見直したい畳の良さ時代と共に変化する

畳は日本固有の敷物であり、古くから日本の家に使われてきました。近年は生活様式の変化に伴い、和室が減少しており、畳の需要・生産量は減少しています。全室フローリングの家やマンションが増えている一方、客間として利用したい、くつろぎの空間が欲しい、和風のインテリががお洒落だからなどの理由で、1つくらいは畳のある部屋が欲しいというニーズもあります。和室を作るのは無理、でも畳の部屋は欲しい。そんな時は、置き畳が便利です。天然い草を使用したものから、お手入れも簡単な樹脂を使用したもの。縁があるタイプと無いタイプなど、様々なラインナップで取りそろえられています。価格も、1枚数千円からありますので、手軽に購入できます。畳というと、インテリアは和風のみと思われるかもしれませんが、縁のある畳を敷いて、こたつや和風家具で完全に和風な部屋を作り上げる以外にも、縁のない琉球畳などを敷いて、ソファーを置いたりして和モダンなインテリアにすることもできます。アジアンテイストな家具も畳にマッチします。畳は、意外とインテリアの幅が広いのです。ストレス社会の中、現代人はどこか疲れを抱えて生きています。い草の持つ匂いに包まれ、クッション性のある柔らかな畳の上でのんびりとリラックスすれば、疲れも癒せるのではないでしょうか。

絵柄選びが楽しい襖の張替え

襖ふすまは押し入れの戸として使用される本襖のほかに、廊下や部屋との間仕切りとして使用される板襖などがあります。使用し続けることで襖の紙は風合いが出てきますが、ある程度使用年数が経過した場合は襖紙の張り替えが必要となります。その際に新たに使用できる襖紙には色々な種類がありますが、その中の種類として織物襖紙があります。基本的に3つの種類があり、それぞれの特徴に違いなどがあります。まず一番品質がよく高級品となるのが上級織物になります。使用される糸の種類としてはレーヨン糸や絹などが使用されており、個性豊かな種類がとても多いです。また模様や柄などにも様々な技法がとりいれられており、手の込んだ作りの物が多い種類になります。2つ目の種類として中級織物があります。織物襖紙の中ではコスト的にも手ごろな物が多く、和室に使用する際に風合いのあるものが多く人気のあるタイプの織物となります。使用されている糸としてはレーヨン糸が多いです。最後の種類として普及品織物になります。コスト的にリーズナブルなタイプの物が多く、種類が多いという点からも選びやすいタイプの織物になります。織物襖紙を使用する場合は、特徴などをしっかり理解したうえで和室に合った物を選ぶのがコツになります。

襖に使用される織物襖紙の種類について

畳との相性が抜群で和室になくてはならないもの、それが襖です。和室と和室を仕切るためのもの、また押し入れにも使われる襖は、品格と華やかさを和室にもたらしてくれます。畳や襖は調湿や断熱の効果があるため、室内を快適にしてくれます。そんな襖は数年おきに張替えが必要になります。畳が色あせて汚れてくるように、襖も黄ばんだりシミや汚れ、カビなどが発生してしまうことさえあります。襖の張替えは早めにすることをおすすめいたします。
かつて江戸時代やそれ以前には、絵柄として虎や鳳凰や鷹といったものが好んで描かれ、武家の強さを強調していましたが、時代と共にインテリアがよりいっそう意識されるようになりました。襖の張替えの際には、絵柄を選べるのが楽しさの1つとなります。最近は古来からの山水や花鳥、雲といったものは寝強い人気がありますが、和モダンや西洋のセンスを取り入れたものも増えてきています。襖の張替えの際には業者に依頼し、様々なサンプルをチェックすることができるでしょう。同時に引手や襖そのもののすべりの状態なども調べてもらうことができます。襖は、設置場所や湿度、日差し、気温などにより影響を受け、10年あるいはそれよりも前には張替えが必要になることでしょう。

多くの日本人にとって見慣れた存在である襖ですが、最近では洋風の住宅が一般的になって和室も減った事から一時期に比べると見かける機会は減ってきました。しかし多くの家庭で現役で使用されていますし、歴史的建造物や和風の旅館や料亭等では欠かせない存在です。襖は木の骨組みや段ボールなどの芯材に紙や布を張って作られた建具で、主に空間の間仕切りとして使用されます。似た役割に障子がありますが、障子の方は明り取りを主目的にしているのに対して、襖の方は視線を遮る事に特化しています。また襖は芯材の両面から紙や布を張るので中心に空間が出来、これによって断熱効果や消音効果、さらには調湿効果などをもたらします。高温多湿で季節の温度差も激しい日本の気候に適した建具と言えるでしょう。また襖は張替えが出来るという事で、メンテナンスのコストを抑えられるメリットもあります。張替えは文字通りの意味で、表に張ってある紙を張替える事ですが、一般的に襖に張られた紙は水溶性の糊で張ってあるので分解すれば綺麗に剥がす事が出来ます。そして剥がした所に新しい紙を張れば、襖の表面は新品に生まれ変わります。張替えるのは紙や布といった安価な素材なので、本体ごと買い替えるよりもコストは抑えられます。なお、芯材が段ボールなどの場合には表面の紙を剥がして行う張替えは出来ない場合もありますが、その場合には重ね張りが可能です。

網戸の張替えは専門業者とかの頼んだほうが良いです

網戸の張替えは古くから行われていて、昭和30年代に網戸が普及しているため、その頃から張替えとかの対応も行われてきている感じであり、網戸の生産量が増えていくにつれて、職人の方々も全国各地に展開しはじめ、修理や修復などの対応も行われていた形となっています。
網戸の張替えの技術とかは年々ですが進化していき、今に至る形であり、現在製造されている網戸とかは張替えとかがしやすくなっている設計であるため、職人や専門スタッフの方々も対応しやすくなっていたりします。
網戸本体も頑丈であり、衝撃・風・雨・雪などにも強く、長持ちするように作られているため、安心かつ安全に使い続けていくことができますが、長年使っていると劣化してきたり、破損部分とか傷や汚れなどが目立つため、張替えの対応が必要となってきます。
張替えの依頼は専門業者とか網戸を販売する店舗とかのほうが無難であり、名が知られていて実績が多くあるところであれば、無難に対応を受けることができます。
網戸の張替えは使用している網戸の状況が酷くなる前に依頼を出したほうが使用しているものをそのまま使い張替え対応を受けることができるので、料金を安く済ますことができます。これは依頼側が守って欲しいのが張替えとかの対応を受ける時は掃除とかをきちんとしておき、職人の方々とかがスムーズに動けるようにスペースを確保しておくようにお願いします。
少なからずですが、施工の際に転倒事故とか住まいを傷つけてしまうような事故とかもおきているため、把握をしておき、心がけておくようにお願いします。

プライバシー対策が行われている網戸

生活している空間を見られてしまうと多くの人が嫌悪感を感じてしまいます。そこで網戸は重要な役割を持っており、室内に快適な換気を実現できるだけではなく、プライバシー対策も実施する事ができます。特に女性は、男性と比較しても室内を覗かれてしまう可能性が極めて高いので、徹底的に対策を行わなくてはいけないです。そこでプライバシー対策を行える網戸を選択すれば、換気とプライバシー対策の二つを一気に実施する事ができます。外から覗かれにくいように工夫されている網戸になっているので、女性も安心して生活する事が可能です。網戸を取り扱っている業者の多くがプライバシー対策が行われている網戸を提供しています。気になる金額もそこまで高い金額に定められている訳ではありません。安心して依頼する事ができ、素敵な生活空間を守っていく事ができるので重要な役割を持っている網戸です。ただし品質に関しては、同じ網戸業者でも全然違っているので、高品質が保たれている網戸を選択するのがポイントになっています。素晴らしい網戸を選択する事ができれば、常に新鮮な環境に整える事ができ、プライバシー対策も実施する事ができるので、多くの人が魅力的な網戸に交換しています。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


三重県松阪市について

松阪市は、三重県の中部に位置し、伊勢湾に面する、人口約16万6千人の市です。松阪市の面積は623、77平方キロメートルあり、人口密度は1平方キロメートルあたり266人(2014年の統計)です。 松阪市の木はマツ、市の花はヤマユリ。市の鳥はウグイスです。
松阪市の隣接する自治体は、県庁所在地の津市・多気郡多気町・明和町・大台町、奈良県の吉野郡東吉野村・川上村・宇陀郡御杖村があります。 松阪市の面積は、県庁所在地の津市に続き、県内で2番目の面積の広さがあります。
松阪市の南西部は台高山脈などの山地があり、北東部には伊勢平野が広がっています。 1989(明治22年)の3月までは、松坂城下ということもあり、「松坂」と表記されていましたが、同年4月1日からは、町村制の施行に伴い、「松阪」と表記されるようになりました。
1933年に初めて、市制が施行され松阪市となり、直近では、2005年の元旦に、一志群嬉野町・三雲町・飯南郡飯南町・飯南町との合併がありました。 松阪市(松阪市に相当する地域)の人口は2005年までは、微増してきましたが、2010年から微小傾向にあります。
松阪市は松坂牛の産地として、全国的に有名で、市内には松阪牛の加工工場が多く存在しています。 松阪牛を使ったソーセージ・肉まんなどは高評価で、多くがリピーターとなってくれています。 松阪市内は交通の便が良く、鉄道だけでも、紀勢本線・名松線・大阪線・名古屋線・山田線があります。松阪市は交通ハブとして重要な位置にあります。

松阪牛まつさかうし

松阪うしは地元でも高級な食材ですので、一般家庭でもそんなに食卓に並ぶことはありませんし、松阪市でも普段はアメリカやオーストラリアの肉が出てきたりするものです。私が初めて松阪牛らしき物を食べたであろう記憶を辿ると、それは幼少時のすき焼の時だったと思うのですが、何しろおぼろげな記憶にすぎませんので、いくつかだったかも思い出せません。ただ母親が松阪牛だからと言っていたのは確かで、子供ながら松阪牛ってすごいんだなと思ったのは確かです。それでも他の肉と松阪牛の味の差なんてわかるはずもなく、今思えばかなり貴重なことだったのでしょう。そう言えば松阪牛で全国でも有名なお店が松阪市内にあります。私が通った松阪市の高校の一つ先輩にそのお店のご子息がいました。彼女のような境遇なら、毎日のように松阪牛を夕飯で食べていたかもしれません。もしかしたらお弁当も松阪牛だったのでしょうか。今となっては知る由もありませんが、彼女と仲の良い下宿の先輩がいたので聞いておけば良かったかなと思います。毎日松阪牛を食べて過ごしたら、他の安いお肉は口に合わなくなってしまいそうですが、それはともかく羨ましい限りです。私の両親は共働きでしたのでいわゆる松阪市内の一般家庭の一つでした。しかし私の進学が決まった頃、お祝いということで父が私をその松阪牛のお店に連れて行ってくれました。さすがに家族全員でというほど安くなかったのでしょう。大きな建物のそのお店で座敷の部屋に通されました。うる憶えですが、当時松阪牛ステーキが200グラム8千円ぐらいだった気がします。松阪牛は初めてではなかったですが、松阪牛ステーキは初体験、おそらく父も松阪牛のステーキを目の前にし緊張したに違いありません。松阪牛ステーキを食べた感想は今でも憶えています。それまで家や下宿で特別な日に食べたステーキと松阪牛ステーキはまったく別物でした。松阪牛ってこんなに美味しいんだと思ったのはそれが最初で最後です。とろけるような松阪牛ステーキ、塩と胡椒だけで充分な味付けでした。その後は東京で一人暮らし、さすがに松阪牛をお肉屋で見掛けることはあっても、松阪牛を買って帰ることはありません。私には松阪市の高校当時の記憶だけが頼りです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 松阪市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

ダンボール襖は張替えできる?

安くて簡単に和の雰囲気を堪能できる、ダンボール襖。心材が木ではなくダンボールでできているため、とても軽いのが特徴です。ダンボールというとなんとなくすぐに壊れてしまいそうなイメージがあるかもしれませんが、ふすまに使用されるものは強化ダンボールになっているため、ダンボールのわりに強度はあって意外と丈夫。安く取り付けられて、扱いも楽ならダンボール襖にしたいと思う方もいるかもしれませんね。しかしこのダンボール襖で唯一気をつけたいのが、張替えの際です。
ダンボール襖は、基本的に張替えが出来ません。もちろん張替える方法がないわけではありませんが、ダンボール襖の縁は取り外すことが困難、つまり張替えられるように作られていないのです。よってプロの業者さんの間ではダンボール襖を使い捨てだと認識している人も少なくありませんし、快く張替えを引き受けてくれる方も限られてしまいます。 それでも張替えるときには、上から新しい襖紙を貼ったり、無理に外枠を外したりします。ただこの作業をするときに、もしもダンボールそのものが湿気を吸ってこれ以上使えない状態になっていた場合はアウト。カビていた場合も同様に、張替えることはおすすめできません。 ダンボール襖はすごく便利なものではありますが、長期間使うとなるとなかなか難しい襖なのです。