向日市内全域スピード対応!!

向日市での畳ふすま障子網戸アミドの張替えは熟練の技能士が丁寧に施工しながらも全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。国産畳おもても激安で!襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。ペットディフェンスも扱っています。高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
  無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を! 
安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!! ■国産畳表 肥後表も仰天の激安です!!

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます

 (画像はイメージです)

自宅はかれこれ40年近く建つマンションで、内装も昭和時代のものが残っております。ですので建付け上網戸の動きも悪いんです。それらの網戸を動かそうとするならば、ある程度の力が必要だし、丁寧に動かさないと網戸自体がレールから外れてしまう時もあります。なので網戸を動かしたくないのが事実です。 あと網戸は掃除するのが面倒です。おそらくこの一生で2回しか洗った事ないです。あの細かい網目の網戸を全部綺麗にしようと思うだけで面倒くさいですしね。でも掃除しないと段々視界が悪くなり、外の景色が見えづらくなったりして、それも困ったもんです。 そう考えると、網戸っていいこと無いよなと思えてくる訳です。何のためかと言われれば、ハエや昆虫類が入ってくるのを防ぐ為だけなんでしょうね。泥棒の侵入は防げないですしね。4Fに住んでるので泥棒は大丈夫かなとは思ってますけど。 という訳で、まずはリビングに面してる窓の網戸は外して、外の景色が良くみえるようにしました。それによって、動かしたり掃除したりするストレスを解消してやりました。ただリビングの窓を開けっぱなしにする事は出来なくなりましたが、換気の際はリビングに隣接したベッドルームか書斎の、網戸を固定した側の窓を開けるようにして対応してます。普段リビングに居る事が大半なのでそれで良しとしてます。 果たして本当に網戸は必要なのでしょうか。皆さんはどう思いますか。 

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300~500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

襖の張替えで機能と部屋の雰囲気を変える

襖の張替えは大事ですが、本襖は伝統的タイプの襖で組子のうえに紙幾重にもはって仕上げるのが特徴です。襖紙古くなったり、デザインあきたりにしても簡単に張り替えられるメリットがあります。そして組子の上にベニヤ板あってあるのは戸襖と呼び、これは丈夫であり、和室、洋室の仕切りに使われるケースが多いです。そして、襖の張替えは便利で、構造上本体重くて、枠はずせないタイプの襖です。続き発布スチロール襖ですが、芯になる素材に発泡スチロールつかわれて、軽量であるのが特徴です。そして襖の張替えはこれからも必要で、段ボール襖は段ボールを芯材としてるもので、発泡スチロール襖、段ボール襖はどちらも量産できて、低コストであるのがメリットです。ですが、発泡スチロール襖など量産可能なタイプの安価で強度弱いのが見られます。襖の張替えは大事ですが、目立った痛みあるなどといったとき襖紙の張替以外に襖ごと交換しなくてはならないケースがあります。襖の張替えはいいものですが、本襖などは一般的住宅に広く利用され、普及してるこれらの張替えをするときは片面約3千円~4千円かかったりします。両面張替えなら一般に約5千円~1万円の料金がかかるとされています。襖の張替えを検討しましょう。

網戸の張替えの目安を知っておく

網戸の寿命は一般的に4~5年程度と言われています。網戸は定期的に網を張替えることで、快適な環境を保ち続けることができます。網戸の交換目安を知っておくと、トラブルが起きる前に張替えることが可能になります。
網戸は経年劣化によって網の端が切れてくることがあります。網の端が裂けてくると破れが大きくなるため、穴が小さなうちに穴の補修をし、網戸の張替えを検討します。
網戸を張替えた時は、網はピンと張られた状態になっていますが、使っているうちにたわんできます。少したわんでいる状態の時は、ドライヤーの温風をかけると熱によって
網が縮みたわみが軽減します。しかし、たわみが大きい時は虫が入ってきやすくなるため、網戸の張替えが必要になります。
網戸の張替えは、業者に依頼するのがおすすめです。職人技で、網の端が切れたり、たわみができにくいように、網戸の張替えを行ってくれるからです。素人では難しい技です。長持ちし、見た目にも美しく仕上がるため、満足感を得られます。網戸の機能を十分発揮できるようになり、部屋の中に虫が入りにくくなります。網戸は室内の空気の換気にも役立つアイテムです。コロナ対策として重要な役割を果たしてくれます。


向日は観光にぴったりのいいところ

向日ってこんなところ向日市は、京都府に位置する竹で有名な地域です。京都市の南東に位置し、市街地にもほど近い地域ですが、古墳や竹林が多くあり自然も豊かな土地です。また、交通の便もいいので京都市からすぐつくので足も運びやすい立地です。後々紹介しますが、驚愕するような食べ物があったりB-1ならぬ~~1グランプリがあったりととても活気にあふれている地域です。そんな向日の観光にぴったりの情報をお届けします。
・向日を観光するときに使える交通手段向日には、レンタサイクルができる阪急レンタサイクルという店があります。身分証明ができる免許証や学生証などを持って行くと借りることができ、向日の観光を楽しむことができます。料金は2時間100円、4時間200円、1日300円というとってもリーズナブルなので、もしも交通手段どうしようか迷っていたりゆっくりと自分のペースで観光できる方法をお探しの方は使ってみてもいいかもしれません。
・向日の名産物、特産物向日は、竹に関する場所が多いため、名産物や特産物も竹関係のものが多いです。たとえば竹炭ロールなる生地が真っ黒クリームが真っ白と異様なコントラストが印象的なロールケーキや竹でできているお箸、南京玉すだれも販売しています。特に竹炭ロールは、パティスリーれれれという店で販売されており人気もあるお土産品です。物珍しさに購入する人もいれば、コレを買いたくてきたという人もいるほどです。味は食べてからのお楽しみ。とても不思議な味です!
・向日の観光コース観光協会では、おすすめコースとして古墳巡り、西国街道巡り、史跡・旧跡巡りの3種類を提案しています。その中でも、古墳巡りは2時間半で楽しめるコースです。阪急東向日駅からスタートし、古墳の資料館や古墳を巡るコースの中で、この地にあった長岡京を作った桓武天皇の皇后陵を見ることができます。また、時間が短くてすむ分お土産を買う時間もしっかりとれます。寄り道をしながら巡る最高のゆったり観光をすることができるコースなのでおすすめです。
・向日のイベント毎年多くのイベントが開催されます。たとえばあまり有名ではありませんが、kARA-1グランプリというイベントが開催されます。B級グルメの日本一を競うB-1グランプリのうまくて辛い食べ物バージョンです。昨年が2回目の開催。私も実際に会場へ足を運びましたがなかなかの大盛況で、グランプリを勝ち取ったチキン南蛮はすごくおいしかったです。B-1にも負けないような勢いをとても感じました。今年は2月に開催され、約60店舗が参加する予定だそうです。

京都府向日市について

 京都府向日市(むこうし)は、京都府の西南部に位置しており、京都府の山城地域に属する市となります。向日市の市の花は「ヒマワリ・ツツジ」であり、市の木は「サクラ・モウソウチク」、市のキャッチフレーズは「ずっと住み続けたい、活力とやすらぎのあるまち」となっています。また、向日市の市域の総面積は、7.72平方kmとなっています。  向日市の観光スポットについては、向日神社、物集女(もずめ)神社、南真経寺、桓武天皇皇后陵、長岡宮築地跡、中小路家住宅などが挙げられます。向日市のある場所は、平城京から平安京に都が移るまでの10年間、政治の中心となった場所でした。また、向日市では、毎年10月下旬にかぐやの夕べ、1月下旬にたけうま全国大会、向日deたけのこ掘りなどのイベントが開催されています。  向日市には、「かぐ歩ちゃん」というマスコットキャラクターが存在しています。向日市の特産品については、たけのこ、なす、ちりめん山椒、ポインセチア、懸がい菊、南京玉すだれ、竹製品、京銘竹寸筒などが挙げられ、ご当地グルメとしてゆる辛丼があります。向日市では町おこしのために、「激辛」を掲げた京都激辛商店街という仮想商店街が運営されています。  

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 向日市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工