仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸の張り替え
交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子、網戸1,450円税込1,595円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、北海道から鹿児島まで、
全国にスピーディーに対応します。

滋賀県甲賀市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸の張替えは大事なことですが、環境によるのですが、網戸のネットは経年劣化して5年ほどで張替え時期です。そして張替に使う道具は5年に1度ほどしか使わないということで、頻繁に使うものではないのに手間かけそろえるといったことはそれほど効率は良くないです。そして、網戸の張替えはこれから必要であり、慣れないうちは丁寧に張ってもネットたわんできたりして、ひどければ敗れて再度購入したりします。そして網戸の張替えで学ぶこともあり、張替え作業終わったら、たわみ修正できますが、繰り返し修正をすればネットの網目広がってきたりしますから、プロの仕上がりに比べて見劣りしたりします。diyでたわみでないように強く張ってしまうと、きれいに張られてるように見えても、時間経過して劣化した時破れやすくなったりします。さらに網戸の張替えは面白いですが、サッシ枠に対して網目しっかり平行に貼れてない時も時間経過につれ隅から糸ほつれてきて穴空くこともあります。結果張替えの時期早まったりします。その点で専門業者は張替え作業慣れており、編み目とサッシ枠を平行に貼るコツなど微妙な力加減身につけてます。diyとプロでは、張り替え後の見栄えなど差がつきます。網戸の張替えはこれからも重要です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230






 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


畳の表替えは

入れ替えたばかりの新品の畳はイ草の香りも爽やかで、見た目や触り心地もよくて生活を快適にしてくれます。しかし長年使用するうちに次第に痛みや汚れが目立つようになり、交換やメンテナンスが必要となってきます。メンテナンスをする方法には復数ありますが、裏返しと呼ばれる畳をひっくり返す作業は一番最初に行うメンテナンスとなります。畳表は両面に使用可能なため、ひっくり返した側に取り付けることで再び新品同様の使い心地を再現できます。しかし畳表をひっくり返して使用していても、さらに数年が経過すると日焼けや傷などで再び傷んでくるのが一般的です。その際には畳の表替えと呼ばれる作業が必要となります。表替えはイ草で出来た畳表の部分を丸々交換する作業となります。この作業は通常、専門技術が無いと難しいため畳交換を請け負っている専門業者に任せるのが手軽で確実です。畳交換を行える専門業者ならば、表替えはもちろん、縁の交換や裏返しなども依頼できます。また畳表の材質も多数の種類から選ぶことができるので、インテリアの模様替えも実現できます。不要となった部材の引取りなども行ってくれるので、表替えをはじめ畳のことなら専門業者に相談してみるのも良い手段です。

襖張り換え

襖には裏と表があってそれによって利用する場面を分けると言った機能があり、ある意味で和洋折衷を家の中で実現する為には必要不可欠な建具だとも見る事が出来ます。
しかしそんな襖も劣化した状態ですと単なる物でしかなくインテリア性を損ねてしまうので、定期的なメンテナンスを行って綺麗な状態をキープする必要もあるのです。
ただし襖のそう言った手入れは素人ではどうしてもやれる事が限定されても来ますので、専門店等を利用して各種の必要な処置を行ってもらう事で元の美しさを常に維持する事にもなります。
特に襖の柄部分は材質が劣化しやすい為にどうしても数年に一度程度で張替えが必要で、それさえも専門店の力を借りると綺麗かつ完璧な物と成って戻ってくる事になります。
近年ではこう言った襖の柄部分を自分でも出来る様な試みが行われてはいるのですが、そう言った商品の多くは当然ですが仕上がり面では専門店に叶う物では無いのです。
しかも中には貼り付ける事に関して誰でも出来る様に後の事を無視した接着方法を用いる事もあり、時間が経ってそれらがぼろぼろになった時に剥がそうとすると木まで影響を与えて駄目にする可能性もあるのです。
専門店を利用すると言うのは単に仕上げの良さや作業的に優れているからだけでは無く、先の事も考えた形で施工できると言うのが最も良い点とも成っているのです。

網戸の張替え

網戸の張替えは色々方法があり、張替えの依頼についてですが、家たててもらったハウスメーカーなどに依頼する方法があります。依頼先は建物の情報把握していて、アフターフォローをする各分野の業者を抱えてることが多くて、安心で確実な選択肢です。そして対応スピードは業者により、一度は施行お願いしてる業者でコミュニケーションとりやすく、建築後の定期点検ついでに相談してみれば手間はぶけます。そして網戸の張替えは大事ですが、住まいにおけるほかの修理などアフター工事とあわせ張替えしてもらえば、費用が割安になったりします。そして、網戸の張替えはやること多いですが、近所なら相談しやすくて、持ち込みの時も運搬の時間節約できるといったメリットがありますが、業者により頻繁に張替えしてるのではなくて、持ち込み即日張替え対応してくれることは少なかったりします。網戸の張替えは依頼できますが、知り合いが経営してたり、ほかにも付き合いある店が近所にあればいいですが、そうでないと自分で一から探したりします。自分で調べ探すのは大変で、口コミの情報などすくなて、選定難しかったりします。ネットで網戸張替をしてる建具屋などに依頼してみるといった方法もあります。網戸の張替えはこれからも大事です。

甲賀市の名産といえば水口細工です

甲賀市の名産といえば水口細工です。では、この甲賀市の名産である水口細工ってなんでしょうか。これは滋賀県水口町から産出する葛や籐のつるなどで作ったツヅラなどの細工物をいいます。東海道の水口宿の名産として広く知られていました。今では、全国的にも甲賀市の名産としてかなり有名になりました。この甲賀市の名産は、江戸時代の頃の水口の名産品として流通していました。当時の水口は加藤家の城下町だったんです。なので東海道の水口宿として栄えることとなりました。そこで人気を博したと言われています。他にもさまざまな献上品としても利用されてきました。甲賀市の歴史は、水口細工ともにあったのです。さらに明治時代になると、輸出されるようになり、海外の方たちにもかなり好評で、かなりの盛況となったようです。外国人の方から見たら、さぞかし水口細工は珍しいものに思えたのかもしれません。しかし、その後戦争に突入しやがて衰退していきます。戦後は、従来の藤細工や経木細工などが登場してきました。その後は、石油化学製品が主流になったこともあり、水口細工の需要がどんどん衰退の一途をたどっていきます。1970年に水口細工の伝承者が亡くなくなってしまいました。ここで、甲賀市の名産の水口における水口細工は途絶えてしまいました。ここで長い間作られることがなくなりました。しかし、2000年に甲賀市の名産である水口細工は復活することになります。水口に住む有志たちが立ち上がり、甲賀市の名産である水口細工を復活させるべく、水口細工復興研究会が設立されました。そこで先人の作品の調査や、水口細工の関係者の聴きとり調査を行いました。そして竹藤細工技術者との交流をしながら、復活することになりました。今後は、絶えることのないよう、水口細工復興研究会を続けることによって、未来の水口の住民の方々に伝えていく努力をしているところです。この伝統工芸を皆さんで支えていってほしいものです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 滋賀県甲賀市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え