全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖、ふすま、障子、網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円、襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円税込1,595円、ペットディフェンスも
扱っています。全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

八潮市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸の交換で部屋を明るく

部屋というものは、毎日生活していると、徐々に汚れていっても気が付きにくいものです。よほど埃がたまっている状態であればわかりますが、網戸などは特に気がつかないものです。網戸は、四六時中直射日光に当たり、風雨にさらされ、排気ガスを浴び続けています。当然のことながら、汚れがこびりつき、簡単には取れない状態になっています。そんな網戸をきれいにしようと、ブラシで擦ってみるとわかりますが、黒い汁がでてきて、汚れが落ちている実感はあるものの、いつまでたってもきれいにはなりません。これは、網戸の網の表面積が大きく、ブラシを前面に充てることはほぼ不可能であるからです。大きい網戸は、薬剤に漬けることも難しく、圧の強い洗浄機では破れてしまう危険性があるので、手洗いをするほかないのです。しかし、これでは時間ばかりかかって、効率がよくありません。そんなときには、網戸の網自体を交換するほうが簡単です。網戸の網は価格も安く、費用も負担にはなりません。何より、新品であることから、非常にきれいな状態なのです。網戸に新しい網を設置するだけでも、見た目の色合いはずいぶん変わることから、部屋自体の印象が明るくなることに気が付くはずです。

網戸をしないで寝たことが一度あったんです。その時は凄く大変でした。蚊には刺されていたるところが痒くなりましたし、蜂みたいな変な虫が大量に入ってきましたし、団子虫が入ってきたのが驚きました。2階に住んでいたんですけど、まさか団子虫が窓から入ってくると思ってもみなかったです。改めて網戸の有能さを感じざるおえなかったです。沢山網戸の種類があると思うんですけど、自分が住んでいたアパートの網戸は昔ながらの網戸だったんです。なのでかなり目が粗いなと思い、網戸をしても意味が無いのかなって思っていたんです。実験という事でも無かったんですけど、今になって考えるとなんで網戸をしないで寝なかったのかなって少し後悔しました。なんでこんなに後悔してるのかと言うと、蚊に刺された部分が痒くて無意識にかいてしまっていたんです。その結果、掻き毟ってしまった部分が痕になってしまったんです。女なので痕が残ってしまい、凄く後悔しました。こんな事なら網戸をしていればよかったなって思いました。しかし、後悔しても始まらないので、前向きに考えるようにしました。あれから3年経過したんですけど、掻き毟った痕はあまり目立たなくなったので本当に良かったです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の特徴

日本家屋に無くてはならない畳。 この畳についてですが古くは、藁を重ねただけの物でした。 現代の形に近づくのは、平安時代に入ってからでクッションのような物として使われていたが、室町時代に入り、書院造が登場すると部屋全体に畳が使われるようになり、江戸時代に入ると畳そのものが重要な建築物の要素になりました。 畳の構成についてですが、主に心材としての畳床、表面の畳表、縁に巻く畳縁の3つからなります。 心材は、乾燥させた藁を厚さ5cm程度の板状に圧縮加工するのが伝統的な製法で、藁床とも呼ばれています。 近年では、軽量化や防虫の面から発砲スチロールやインシュレーションなどが使われていて、藁床に比べてふみ心地や通気性に劣りますが、安価であることと、軽く防音性に優れているので殆どの心材は、建材畳床と呼ばれる物で作られています。 表面に使われる素材は、イ草と呼ばれる植物を乾燥させて編みこんだものを、使っています。 この表材は、3年から5年経つと傷んでくるので一度、表と裏を入れ替えて使い、7年から8年たったら表材を取り替え、新品の表材は、イ草の爽やかな香りがするので、部屋の中が爽やかな香りで満たされます。 表材を固定するのに使う縁は、色や柄などによって部屋の雰囲気が変わり昔は、身分によって使える柄が決まっていました。 このように畳は、部屋全体の雰囲気を決める重要な役割を持っていると言えます。

日本特有の和室で使う畳

 近代の新築のマンションや戸建では和室のスタイルではなく洋室が多くなっていています。場合によっては和室のない家を希望する方もいます。
しかし昔から使用されていた和室での畳を好む方もいるのも事実です。畳はイグサを編んでできたもので、平安時代から現代にの畳になりました。
そして適度な弾力で保湿性もあり部屋の調湿作用もあります。また空気浄化作用もあるので優れた機能を持っています。また最近では材料が手に入らない事もあり、新しい素材を使う場合があります。
木材のチップを使って成形したもので通気性も従来の藁素材に近いものにしたり、集合住宅の下の階にも迷惑にもならない防音効果にも優れているものがあります。そして畳のサイズも西日本や関東や東北など地域によって建物によって変わります。
昔ながらの家の方が若干畳は広く、マンションなどの集合住宅では少し小さい畳を使用しています。最近では琉球畳という畳縁のない半畳サイズのものがあります。市松模様に敷いたものでおしゃれに敷くというスタイルもあります。沖縄で栽培されたイグサは七島イといいうもので通常のイグサと比べると太いのが特徴です。この琉球畳を洋室の一部に敷くという事も可能です。

日常生活に欠かせない襖

最近は洋風住宅が増えてきたものの、木造の和風住宅は今でも多く建っておりますし、洋室よりも和室の方が落ち着くと考えている人は今なお多くいます。木造の和風住宅に欠かせないものの一つに襖があります。襖は和風住宅の部屋どうしを仕切る為に備え付けられた間仕切り用の建具です。昔の家は大きな一つの空間でできており、襖によって各部屋に仕切られていました。また、襖には保温機能、調湿機能、室内の有害物質を吸収する機能なども備わっており、和室が落ち着くのは襖の機能によるところも少なからずあります。そのうえ、襖は芸術性も兼ね備えております。古くからあるお寺の中には美しい絵や模様が描かれた襖が多くあり、拝観に訪れた人たちを和ませてくれます。そのような様々な側面がある襖ですが、当然のことながら時間の経過とともに少しづつ痛んできますし、それにともなって、保温機能や調湿機能なども弱くなっていきます。そのため、襖は定期的に張り替えたり交換したリする必要があります。襖の交換、張り替えは実際の店舗だけでなく、インターネットショップでも行われています。インターネットショップであれば他店舗との費用面の比較が容易にできますし、店舗に足を運ぶ手間がなくなるので大変便利です。

網戸の張替えるときは臨機応変に

長年生活していると、家のあちこちの補修が必要になることがあります。壁の補修や屋根の補修、水回りもチェックする必要があります。しかし、自分でできることは、自分でするのも良いものです。大きな工事などはできないものの、網戸の張替えのような作業は自分でてきるので、挑戦してみる価値はあります。網戸を張り替えるには、まずは、窓枠にはめた網戸を外すことから始めます。一度外し、寝かしてから出ないと作業はしにくいからです。網戸全体をぐっと上に持ち上げ、下方を手前にずらせば、簡単に外すことができます。次に、古い網を外してから、新しい網を取り付けるのです。古い網を網戸から外すときには、止めているゴムを一か所外せば、あとは芋づる式に外すことができます。外しにくい時には、千枚通しのようなとがった器具で外すと、上手く外れます。次に、新しく購入した網を網戸の枠の大きさに合わせてカットします。網戸枠よりも少し大きめにカットすると、作業をしやすくなります。ここからが本番で、網戸をはめ込むプラスチック器具で、止めるためのゴムとともに押し込んでいきます。常に網を張りながら全体のバランスを見ながら行うと、綺麗にはめることができます。最後に、余分の網を切り、窓枠にはめれば完成です。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

工業が盛んに行われている八潮市

埼玉県八潮市は、埼玉県の南東部に位置している市であります。
八潮市は草加市、三郷市、東京都葛飾区、足立区にそれぞれ隣接しています。
市の木はイチョウ、市の花はクチナシ、市の鳥はハクセキレイとされています。
八潮市は1972年1月に、前身の八潮町が市制施行し誕生しました。 人口数は約8万人です。
八潮市の交通としましては、鉄道は首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線が走行しており、市内には八潮駅が設置されています。 路線バスは東武セントラルバス、京成バス、朝日自動車によって運行されている他、京浜急行バスと東武セントラルバスによる羽田空港行きと、東京空港交通、千葉交通、東武セントラルバスによる成田空港行きの高速バスが運行されています。
また、高速道路の首都高速道路が市内を走行しており、八潮出入口と八潮南出入口の2つが設置されている他、インターチェンジは設置されていませんが、東京外環自動車道が八潮市内を走行しています。 東京外環自動車道には、八潮ジャンクションの建設が予定されています。
八潮市の経済としましては工業が盛んであり、さいたま市や川口市に次ぐ工業地域となっています。 農業としましては、小松菜の栽培が盛んに行われています。

つくばエキスプレスで賑わう埼玉県八潮市

埼玉県八潮市は、東京足立区に隣接している、埼玉県の中では南東部に位置しており、同時に千葉県にも近い場所にあります。埼玉県八潮市は、産業道路沿いに多くの工場や企業、また倉庫が多く、産業の盛んなエリアにあります。東京に近い立地としては魅力ある場所だったのですが、なかなか開発が進まない時期があったものの、2005年につくばエクスプレス八潮駅が開通したことで、東京と八潮市がつながり、開発が加速するようになりました。現在人口は約9万人ですが、10万人突破も遠くない将来に起こることでしょう。
そんな埼玉県八潮市は、新しい駅である八潮駅ができ、フレスポ八潮が駅に隣接するショッピングモールとして賑わいを見せており、スーパーマーケットや家電、ドラッグストア、レストランなどが入っており、通勤帰りの人たちが買い物をする姿を見かけます。埼玉県八潮市は、住宅地が多く一戸建てが多かったのですが、近年ではマンションが建ち並ぶようになってきました。
埼玉県八潮市は、首都高速や東京外環自動車道、そして常磐自動車道へのアクセスも良く、自動車があるといろいろな方面に出かけやすさがあります。またバス路線が良く、東武バスや京成バス、朝日バスが走っており、市民の足となってくれています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 八潮市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸 畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸 和紙カラー畳表 施工事例

N様邸 襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

西洋建築と和風建築の違いは色々あります。その中で最も特徴的なのは、襖の存在です。西洋建築の場合は壁によって厳密に部屋割りができていますが、和風建築は襖によって部屋割りされているので、部屋の大きさを自由に変えることが可能なのです。また襖は色々な図柄のものに張り替えすることができるというのも、特徴の一つです。季節によって襖の図柄を買えることによって、住み心地の変化を楽しむことができます。張り替え業者に依頼すれば色々な図柄を見せてもらえますし、その中から自分の気持ちに合ったものを選べば、すぐに快適な住環境を作り替えることができます。襖の図柄を変えるだけで思い通りの住環境を得られるのは和風建築ならではです。最近では襖のメリットが注目され、西洋建築にも取り入れる家が増えているのです。もし子供やペットなどが襖を傷つけたり汚しても、業者に依頼すればすぐに綺麗に張り替えてもらえます。家のリフォームの時にも、少ない費用で簡単に張り替えてもらえますので、とても経済的です。また襖には空気中の汚れなどを吸収する役目があるので、アレルギーなどの敏感な体質の方にも適しています。このように和風建築の良さはこれからますます認められていきます。