全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

津市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸が汚くなってきたり、壊れてしまった際などには網戸の張替えを考えますが、実際に網戸を張替えるには自らあらゆる道具を1から購入して張替える方法と、専門の業者に頼んで張替えてもらう方法ではどちらの方が安く済むのでしょうか。
実際に自分自身で網戸の張替えを行う場合には、今現在とても便利になったお店である100円均一ショップを利用してほぼ大体の道具を揃えることは可能です。しかしながら新しく張替える用の網戸などはさすがにホームセンターなどに行かなければ購入できないため、とても手間はかかります。それに加えていざ道具が揃ったところで網戸を張替えるとなると意外にも手の器用さが必要となってきますので時間をかけて汗をかきながら行わなければならないかもしれません。それを考えると、プロ用の道具などを全て兼ね備えており方法もプロならではのもので短い時間で行ってくれる業者に頼んだ方がかなり得することが多いのです。しかしながらそれをかかる費用として考えてみるとやはり業者に頼むよりも多少ではあるかもしれませんが自分自身で行った方が安く済むことも多々あるのです。やり方があまりわからない上で網戸の張替えを行った場合にはまた道具を買いなおさなければならないこともあるかもしれませんので、万が一のことなども全て考えた上であれば業者を呼んだ方が安くなる可能性もなきにしもあらずです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳は古くから日本の家で使われてきました。畳に使われるイ草は、空気中の水分が多い時は湿気を吸収し、乾燥している時は水分を放出する特性を持っています。さらに、空気中の二酸化酸素を吸収し、空気をきれいにする効果もあるのです。
そのような点が見直されて、最近では和室の人気が高まっているそうです。畳は消耗品なので、ある程度の年数が経過したらお手入れする必要があります。畳の交換にはさまざまな種類があり、コンデションに合わせて選ぶ必要があります。
畳は、イ草が使用されたゴザと、木の素材で作られた下地で出来ています。交換で一般的に最もよく使われるのは、表のゴザ部分を新しく交換する表替えです。ヘリも新しくなるので、畳を新品のようにすることができます。
イ草は安価な中国産から、高級感のある熊本産まで、予算に合わせて選べます。また、ゴザがそれほど古くない場合は、ゴザを取外して裏面を表面にして使用する裏返しという方法もあります。ヘリは新しく取り替えるので、費用が抑えながらもリフレッシュして使用することができます。
畳の本体が古くなってしまっている場合は、下地とゴザをまったく新しいものに取り替える新畳をします。土台も新しくする場合は、だいたい10年から15年ほどが目安と言われています。判断に迷ったら、畳やさんに相談してみましょう

日本の風土に合った襖の張替えを検討

1 襖の張替えに関する記事
  最近家の襖のシミが目立つ、色褪せている、カビが生えてきた、紙が剥がれてきた、襖を閉めてもすぐに開いてしまうことがあるなどお困りではないでしょうか。
  そういった場合、襖を張替えつことで、見違えるように綺麗になり新鮮な空間で居住が可能です。
  襖は、一度張替えると場合により何十年も持つそうなので、一度替えてしまうと長い間安心できます。
2 種類・歴史
  日本の住宅環境が洋式に変わりつつありますが、襖のような和を基調とした環境も日本人には愛され続けています。
  襖と日本人の歴史は、古くは奈良時代頃からあったそうです。
  有名な建築物ですと、法隆寺、唐招提寺など多数が現存しています。
  大河ドラマなどを見ていると、わかる通り日本の武家社会を始め庶民の間にも浸透していたことがわかる通り、日本の住宅には欠かせない洋式であったことがわかま  
  す。
  襖の種類ですが、構造により大きく分けて本襖、板襖に別れその他に量産襖など多数が存在します。
  本襖は、和襖など昔ながらの襖で職人が手間暇かけて襖の張替えを行います。
  板襖は、強度のある襖で洋室と和室を仕切るのに使用されたりします。
  量産襖には、発砲、ダンボール、ペーパーコアを芯とした襖があります。 3 施工方法
  施工方法として、伝統的な本襖ですと、良質の反故が使用されます。
  この反故には、古い土地台帳や戸籍などが使用されるらしいですね。
  これを使用して骨縛り→胴貼り→藁掛け→藁押さえ→藁貼り断面→袋閉じ→清張り→上張り→細縁→縁打ち→引手→完成
  このように、長い工程を経てやっと襖の張替え完成です。
  非常に繊細な作業と言えますね。  



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


三重県津市について

三重県津市は、三重県のほぼ中央に位置する、三重県の県庁所在地であります。 伊勢平野の中心部にあり、三重県内の市町としては、津市は最大の面積を誇っています。 また、海沿いに市街地がある臨海都市としても知られています。
津市は、全国の都道府県庁所在地の中で、最も人口の少ない都市でありましたが、2006年の合併以降は、都道府県庁所在地の中で38位となりました。 また、合併以降の津市は、三重県内においても四日市市に次ぐ県内2位の人口となりました。
津市の交通としましては、鉄道はJR紀勢本線、JR名松線、近鉄名古屋線、近鉄大阪線、伊勢鉄道伊勢線が通っています。 また、一般バスの津市コミュニティバスが充実しているほか、東京への高速バスの運行もされています。
三重県の津市は、世界一短い地名として、ギネスブックに掲載されています。 通常のローマ字であればTsuと表記されるのですが、登録上はZとして 登録しています。 また、同様に津駅も世界一短い駅名として、ギネスブックに掲載されています。
津市には、B級グルメの津ぎょうざという食べ物があります。 これは学校給食が起源とされ、直径15センチの大きな皮で餡を包み、それを油で揚げた餃子です。 2008年頃からは、飲食店やB級グルメのイベントなどでも販売されるようになりました。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 津市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え