障子の張替え

阪南市内スピード対応!!

仰天の激安価格で襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!

畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子1,450円税込1,595円と全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
阪南市内スピーディーに対応します。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

  ●お見積りもスピーディーに対応で、もちろん無料です
  ●出張料や運搬費も無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。

 尚、お安くしていますので、ご注文は2枚からお願いします。

日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

 ■障子紙の効果

冬期にお部屋で炬燵などに入っていると、寒気を感じてゾクットする経験はありませんか。これは空気が低温の窓やコ ンクリートの壁にふれて冷やされ重くなり床に沿って流れて低い姿勢でいる人を冷気で冷やし、寒気を感じるのです。しかしこの現象は、室内の空気が直接ガラス面にふれないようにガラス窓と障子で二重建具にすることで軽減できます。
これに使う障子紙の多孔性というフィルター効果の高い特質も大きな効果が期待できます。自然な形で換気と清浄化が行われるため、機密性が高まった住宅環境でここ10年間に倍増する幼児アトピーも、障子を利用すれば通気性がよくなり軽減が期待できます。また、身体に有害なホルムアルデヒドや空気中のホコリ・ニコチンなども吸収してくれます。さらに、障子の吸湿作用も室内に湿気がこもるのを防ぎ、湿度の高い日本の住宅には最適な建具です。
このフィルター効果を維持する為、障子紙の張替えは、1年に1回を目安にされることをお勧めします。

(吸湿効果)


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



    人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。UV(紫外線)カット効果もあります。90%以上のカット率です。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

                    

四季折々に和モダンな障子で暮らしに華やぎを

障子は扉や窓などに用いられている建具の一つで、明かりを通すように木枠に紙張りがなされております。そのため明障子などとも呼ばれているようです。もともとは襖も含めて遮るものという意味で障子と言われておりましたが、後に明障子として分離され扉を閉めている状態でも採光できるという優れた機能によって、広く浸透していったと言われております。現在ではガラスやカーテンなどの使用が普及してきたことによって減ってきましたが今でも利用されております。
利用が減ってきたとはいえ、現在でも紙張り部分にガラスを使用することによって親しまれております。明障子の一つとして、紙張りの一部分が透明のガラス入りとなっており、上下にスライドすることができるようになっているものを雪見障子と呼んでおります。室内と室外とを結ぶ建具として、趣のある和の空間を作り出してくれます。洋室が多くなってきている現在でも、和室を求める方は多くこのような日本の文化が私たちの心を癒してくれます。
障子は、古来より日本の家屋独特のほの暗さがある文化や陰翳の美しさを演出してくれるものとしての象徴的な存在でもあったと言われております。現在でもほんのりと明かりを注いでくれる雰囲気ある美しさは評価され続けております。ガラス戸などとの組み合わせによって断熱効果をもたらしたり、紫外線などの軽減効果をもたらすことによって利用されており良さが見直されてきております。障子紙は家庭用品品質表示法の適用対象となっており形状や寸法などの規格が定められております。
明障子の誕生は平安時代の末期頃だと言われており、建具の構造としては間切りとしての隔ての機能を持っている襖に近いですが、隔てと採光という矛盾している機能を併せ持っており画期的な発明だとされておりました。平安時代の後期になってくると、引き違いの格子戸が多く使用されていくようになりました。1053年に藤原頼通が建立したと言われている平等院鳳凰堂の四周の開口部には扉が設けられており、その内側には格子板戸も使用されております。
室内を明るくする採光を目的としている明障子には、透光性のよい薄い紙を使用するのがよいのですが、破れにくく粘り強さが必要で価格も安価なものが好まれます。そのため障子紙としては、雑紙や中折紙などの文書草案用や包み紙などの雑用の紙が使用されていたようです。その中でも美濃紙は、美濃雑紙と呼ばれておりもっとも多く流通しておりましたので、障子紙としても多く利用され美濃雑紙が明障子の代表として評価されるようになっていきました。

障子はこまめに張替えを

和室などがある家では障子を使うことが多いです。この障子は非常に破れやすく、ちょっと何かをぶつけただけで破れてしまいます。そのため年に一度くらいは張り替えをしたほうが良く、定期的な手入れがいるものです。
では障子を張り替えるとして自分でやるべきか、それとも業者に頼んだ方がいいのかどちらかを選ぶ必要があります。障子を張り替える道具はホームセンターなどでも売られていて、簡単に張り替えることが出来る商品もあります。
ただそのような商品を使って障子を張り替えた時に、あまり良くない結果になることがあります。障子の張り替え交換修理は独特のコツがあるので、専門家でないと綺麗に貼ることができません。そのため自分で貼ると変な形になりやすいです。
業者に頼む場合はある程度の金額がかかりますが、思ったほどの額ではないです。例えば自分でやる場合も道具の費用がかかりますから、それを考えるとあまり値段は変わらないです。ですから自分でやる手間を考えると、頼んだほうが安上がりだといえます。
障子の張り替え交換修理を業者に頼むときは、自分でやった方が安いように見えますが実際はそうでもないです。また業者は障子の張り替え交換修理をかなり早くやってくれますから、自分でやるよりも短時間で終わることが多いので便利です。



阪南市と豊かな自然の恵み

阪南市は大阪府の南部に位置する市です。和歌山県と大阪府の県境にある阪南市は、北から大阪湾・市街地・山地の順で構成され、豊かな自然環境が魅力といえます。開発されたニュータウンが特徴の阪南市ですが、農地も比較的多いことから、海・山・田園といったのどかな雰囲気も人気です。大阪府の中心から遠くに位置する地域の阪南市は、鉄道・道路の利用状況は比較的良好といえます。阪南市に乗り入れている鉄道はJR阪和線・南海本線の2路線で、中心駅として機能しているのが尾崎駅(南海線)です。尾崎駅は阪南市役所の北側約300mに位置し、JR和泉鳥取駅と循環する路線バスも発着しています。尾崎駅と和泉鳥取駅は約4km離れていますので、路線バスの存在も貴重です。このほか、国道26号が阪南市内を通り、東部の阪和自動車道も利用できます。特産品として挙げられるのが水なすで、阪南市を含む周辺地域では盛んに栽培されている作物です。大阪や京都だけでなく関東でもみられるようになった水なすは、漬物の人気が全国に広まってきています。このほか、阪南市唯一の酒蔵で造られる日本酒、海産物からは海苔を養殖する会社も存在しています。市内には和紙で作る布も生産され、各種特産品をまち歩きで探してみるのもおすすめです。

阪南市民のお話

阪南市とは大阪府以外の人にはあまり馴染みがない市ではあるが、それは一部の阪南市民にしてもそうである。この市の中心は南海本線尾崎駅前の旧泉南郡尾崎町であり、この駅周辺の住人は自らの住まう町を今でも「尾崎」と呼び、地名も旧来通りの「尾崎町」のままである。
旧尾崎町は1956年に西鳥取村などと合併して南海町となり、その後1972年に東鳥取町と合併して阪南町となり、現在の市域が形成された。阪和線の和泉鳥取駅も阪南市域に属し、乗降客も少なからず存在する。しかし、丘陵地帯の中にあるため市のもう一つの拠点駅としての機能はあまりない。
バブル好景気や阪和自動車道開通などの恩恵を受けて人口も増加し、1991年に大阪府下36番目の市として「阪南市」が誕生するに至った。しかしながら、その後人口増加は頭打ちを迎え、今世紀に入ってからは漸減傾向にある。
阪南市の気候は大阪府各市同様の瀬戸内式気候に区分され、夏は蒸し暑く冬は温暖である。泉南地域は古くから農業の盛んな地域であったが、漁業も営まれており、繊維産業も発展した。尾崎周辺では造り酒屋の煙突も見られる。
ところが、バブル崩壊や産業構造の激変の煽りを受けて繊維産業は不振になり、これが阪南市の人口減少の原因となっている。南海線沿線の新たな宅地化の余地は最早なく、今後は、阪和線沿線の宅地開発でどこまで市勢縮小を食い止められるかが今後の阪南市の大きな課題である。

                

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
    8時〜19時まで    

施工可能地域


   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等を
どんどん吸着します。

   

 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 N様邸
障子張替え

 Y様邸
障子張替え

 G様邸
障子の張り替え交換修理

 A様邸
障子張替え

 N様邸
障子張替え

 S様邸
障子の張替え

 N様邸
障子張替え

 K様邸
障子張替え

障子が家にある人は基本的には、その家には和室があるかたちになります。和室にはとても心が和むものがたくさんあります。何があるのかといいますと、障子や畳、そして襖になります。これらがあることで良い空間になります。
この中の障子ですが、なかなか良い風情を提供してくれるものです。新品の障子というものは、実に素晴らしいものなのです。ただ、生活をしていきますと、この障子もだんだんと老朽化していきますから、張り替えなどが大切になってきます。
障子の張り替え交換修理であったり、障子の交換であったり、器用な人であれば、自分の力で作業してしまったりするわけですが、やはり、障子やふすま、さらには畳の交換を専門的に行ってくれる業者がいますので、依頼をするのがベストとなります。
もちろんのこと、業者に依頼をすることになりますから、張り替えや交換には費用が発生してきますか、仕上がりに関しましては素晴らしい仕上がりになりますから、プロの人にお願いする方が今後の事を考えても良いのです。
器用な人であったとしても、やはりプロにはかないませんから、ちゃんとした仕事を依頼するのがよいのです。ただ、できるだけ費用を安くしたいという場合は、相見積もりを取るのが良いです。これにより、安く仕事の依頼ができます。

昔の時代にあった家と今の時代に建てられているような家で、とても大きく変わってきた部分としては、洋室、そして和室の割合です。昔の時代ですと、基本的には和室がメインとなり、洋室はあまり存在していなかったのです。しかしながら、今の時代ですと、フローリングの部屋等がとても多くなってきておりまして、和室はあっても一戸建ての中に一室といったところが増えてきているのです。さて、この和室には障子や畳というものが存在するのが一般的です。
障子はとても素晴らしいものでして、障子があることで和室がとても引き立つのです。そして、この障子ですが、生活をしていくうちに、ちょっと汚れが目立ってきてしまったり、子供がいる家庭ですと、障子を破いたりするものでした。
さて、障子を破いてしまったり、さらには障子がだんだんと汚れてきてしまった場合、どのような対応が望ましいのかと言いますと、基本的には障子を張り替えたり、交換してくれるような業者に依頼するのが良いと考えます。
初めての依頼ですと、どこの業者に依頼をしたらよいのかわからないですし、相場価格というものもよくわからなかったりするものです。そんな時は、まずはインターネットを利用しまして、情報を収集していくのが良いです。