障子の張替え

神戸市須磨区内スピード対応!!

神戸市須磨区!障子もキャンペーン激安価格でお届けします。

仰天の激安価格で襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子1,450円と 全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
神戸市内全域スピーディーに対応します。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

雪見障子も仰天価格で張替えます

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

   (画像はイメージです)
   それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×高さ180cmが基準です。
    これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。

日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

■障子紙の様々な効果について

(1)吸湿効果

障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(2)断熱効果

障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(3)照明効果を高める

障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。

和室に利用される障子は、部屋に穏やかに光を取り入れることが可能で、空間デザインにも重宝します。古い障子は黄ばみやくすみが出て部屋を暗くし、印象も悪くなるため年に1回程度は貼り替えを行うことで、綺麗で趣きのある和室を維持することが可能です。タバコを吸ったりペットを飼っている場合には汚れやすくなりますし穴もあきやすくなりますから、定期的に貼り替えが出来るように障子紙をストックしておくと良いです。小さな汚れや穴のために全面を貼り替えると大変なので、部分的に貼り替えるのもおすすめです。
障子を貼り替える場合には、今まで貼ってあったものを剥がす必要があります。障子剥がし専用の剥がし剤も市販されていますが、お湯で十分落とすことが可能です。ハケなどを利用し接着部分をたっぷり濡らしたら、直ぐに剥がすのではなくのりが溶けるまで待ってから剥がすと綺麗に剥がれます。カッター等を利用して無理に剥がそうとすると傷が付き見た目も悪くなりますし、新しく貼る障子紙が貼り付かなくなる可能性があるので、控えるべきです。
障子紙は様々なデザインのものがあります。無地のものから模様が入っているもの、カラーで色彩豊かなものもあります。模様やカラーが入っているものを選ぶ場合には、光のあたり具合や部屋に映し出される影も考慮し、和室の雰囲気に合っているものを選ぶことが大切です。また、障子紙には強度の高いプラスチック加工が施されたものもあります。頻繁に破れたりする所に利用すると最適ですが、のりで貼り付けることが出来ず両面テープで貼り付けることになるので、格子の太さに合わせた両面テープを忘れずに購入しておく必要があります。
障子を貼るときには、いきなりのりを付けて貼り付け始めるのではなく、必要となる枚数やサイズをみるため、仮貼りをした方が失敗せずに仕上げることが出来ます。障子戸全面に障子紙1枚だけ利用して貼る方法はしわがよりやすく初心者には難しいので、格子を段ごとに分けて下の段から順番に貼り付けていく方法を取ると、綺麗に貼ることが出来ます。のりをつけすぎると障子紙に滲んでシミのようになってしまうので、ハケで量を調節しながら均等に塗りつけると綺麗な仕上がりになります。
残った障子紙は、次の貼り替えの時や穴があいてしまったときの修理用に保存しておくと良いです。日があたって日焼けしないよう黒い袋等にいれて、湿気の少ない所で保存するようにし、虫に食べられたりしないよう防虫剤があれば利用した方が良いです。長年使用した障子戸は、歪みができている場合があります。平らな所に置いてみて、反り返っているようであれば新しいものに交換したほうが良いです。歪んだままの障子戸を利用するときちんと閉まらなくなったり、隙間が出来てしまう場合もあります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。

 ワーロン 無地

      雲竜

    実際はもっと白に近い色目です

■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。

 

柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

                         


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

戸建て住宅のカーテンを障子に変更して、障子の良さを再発見

最近の住宅事情は、新築マンションの売れ行きが好調な半面、中古住宅をリホームし、住宅を個性的に、機能的に改造する動きが顕著である。 近年、若い家族は洋風生活に憧れが大であることから、マンションも、戸建て住宅も、洋風傾向が顕著である。また、販売する会社も、販売価格と資金、購入年齢層などのマーケッティングから、多くの場合、窓にはカーテン、子供の数だけ個室がほしいとの要望から、間仕切り壁を設け、扉は木製開閉扉様式が採用されている。 
 しかし、他方、古民家を観察すると、間仕切りは襖か障子、窓には広縁と障子の組み合わせ、庭を愛でる窓にも障子が配されており、個人のプライバシーへの配慮は無縁であるが、各部屋を時と場合に応じてその広さを容易に調整できる構造となっている。 また、湿気の多い本邦では、間仕切りなどの障子を明け放てば、空気に流れが生まれ、快適な生活が営まれる。 即ち、障子は、家屋の空間を適宜調整し、採光と湿度までを調整する機能的な建具である。
 古民家では有効な障子建具も、それなりの欠点はある。 障子の格子桟は、埃のたまり場であり、障子の素材は所詮細い木と紙であることから、物理的強度は低い。また、前述したように、密閉性に劣ることから、遮光性、遮音性にも劣る。障子紙の耐久性も乏しいことから、年1回程度の更新が必要で、その手間(コスト)も、木製扉に比べて著しく悪い。 このように多くの欠点がある障子が、現代の住宅でも淘汰されることなく重宝されているのは驚きでもある。
 前述した欠点の多い障子が、なぜ現代の家屋において活用すされているのだろうか。 障子は、日本人が求める癒しを、視界から取り入れるアイテムだと言える。 日本建築の最高傑作といわれる修学院離宮、桂離宮においても障子はそれぞれの空間を切り取り、別空間を創造させるための重要な建具となっている。無駄を排し、外部と内部を紙一枚の障子が美しく切り取る様子は、正に日本人の心といえる。
 このように美しく、機能的な障子を現在住宅にどう生かして行くか、工夫をしてみよう。  埃の温床といわれる障子の桟は、太鼓張で解消、且つ太鼓張で遮光性、遮音性は約倍の効果が生まれ、障子の短所は少し解消される。ついで、多くの家屋では窓にはカーテンを設置されている。左右に引き開けたカーテンも束ねる結果、邪魔者扱いされるが、内障子ではその点も解消される。 外光も紙越しに和らげられ、日本人の癒し建具として、障子は更に活用されてもよい建具である。

四季折々に和モダンな障子で暮らしに華やぎを

障子は日本家屋に見られる独特なもので、間仕切りと光を通すことで明るさを取り入れる採光の機能を備えています。また、障子紙は吸湿性や換気能力も高くガラス戸と併用すれば、冷暖房効果を高めることができます。開け放した障子から覗く満開の桜はなんとも言えず風情のあるものです。秋の紅葉、冬の雪景色も障子を前にすることで更に引き立つのです。和紙の障子紙は強度もあり破れにくくインテリアとしても充分楽しめ種類も豊富です。
障子の素材は杉や桧が一般的です。また、一部がガラスになっており上下に開け閉めする雪見障子や、下半分に板を張ることにより強度を増した腰高障子と様々な形があるのです。どれも日本ならではのもので海外からも注目されています。紙についても色、柄共に時代を先取りする斬新なデザインが多く室内の様式に合わせて選択できます。障子は和室のみならず、洋風建築の中に取り入れることによりインテリアとしての要素を発揮するでしょう。
生活様式が一遍しつつある現在、古いものを見直し違った形で受け入れていくことは伝統を守り後世に伝えていくことでもあるのです。当たり前のように目にしていた障子を見ることが少なくなってきています。家族団欒の風景のなかにあって欲しいものです。日本の誇るべき和紙には日光を遮り光を拡散する働きとは別に、紫外線を軽減する働きもあるのです。先人たの技と工夫は一本の溝に二枚から四枚の障子を引違いにした子持ち障子にも見られます。
紙質にも年々変化が見られています。ちょっと触った程度では破れることのない素材のものが多く出ています。柄も落ち着いたものから華やかな花模様、大きな蝶の絵柄など多種多様な品揃えです。用途に合わせて変えてみるのもいいですね。貼り替えも簡単で昔のように刷毛を使用することも少なく、紙自体に接着剤が施されているものが重宝されています。障子のもつ価値は、和室の中に光を取り入れ凛とし落ち着ついた佇まいに表れています。
障子は、私たちの暮らしの中に常に暖かい温もりを感じさせてくれました。柔らかい日差しが和紙を通して部屋を満たすとき、穏やかな一日の始まりを予感することができます。古来より人々に愛され続けてきた障子を守っていくことが願いです。一日を終え帰り着くさきには、暖かな灯りの灯る家があるのです。和紙の優しさはそのまま家族の思い出に繋がります。この美しい風景を私たちは残していきたいと考えます。本当の美しさを忘れないために。

障子の特徴と障子のある日常の暮らし

障子は古くから日本の家屋を支えてきました。その歴史は古く、平安時代には多くの貴族の生活を楽しませてきました。その中で和歌などたくさんの素晴らしい文化を生み出してきました。そして現在、日本人の暮らしの中で障子は形を変えながら深く関わっています。現在の家屋の中にも和室が設けられているものがありますが、和室だけでなく洋室やホテルなどでも、障子が使われることが多くなっています。このように障子は古くから日本人と関わっているのです。
このように歴史のある障子ですが、現代の生活の中で、その特長を十分に生かしています。それは、冬は部屋を暖かくし、夏は涼しくする効果があるということです。これは省エネにとても役立っています。障子は日の光を吸収する力が大きいとされています。ガラス窓は光の透過率が90パーセントですが、障子は入ってくる熱を2分の1程度に抑えることができます。また冷房を使っているときには、省エネルギーの効果を期待することができます。
冬の暖房を使っているときには、夜の放射冷却を抑える力があるので、窓の部分だけが他の所と比べて極端に低温になると言うようなことも少なくなります。このほかに障子は、部屋の中を快適に調整することができます。たとえば暖房が効いている部屋の場合、窓の近くに行くと足や腰が冷えるというようなことがありますが、障子はこのようなことを防いでくれます。それは、障子紙には多孔性という特徴があるので、自然に換気と清浄化を行ってくれるのです。
また障子紙には吸湿性もあります。これによって部屋の中の温度変化を抑えてくれます。このように障子は日本の気候に合った建具と言うことになります。障子にはさまざまな種類があります。横組子をたくさん入れたものは関東地方で多く見られ、横繁障子といわれています。関西地方では縦組子をたくさん入れたものが好まれており、これは縦繁障子といわれています。このほかには荒間障子といって縦横の組子の間隔を大きくして荒く入れたものや、その間隔を片寄せした吹き寄せ障子があります。
障子とは元々は遮るや隔てるといった意味があります。したがって昔は部屋の敷居になったり、外と中を遮るといったように使われていました。しかし現在ではその特長を生かしつつ、部屋のインテリアとして広く使われています。さまざまな素材が使われ、造形美を楽しみながら日本人の暮らしにとけ込んでいます。和室以外にもマンションや高層建築などにも使われていると言うことから、障子の美しさや機能性が改めて注目されていると言うことがわかります。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

●神戸の外人居留地は、有名な観光地の1つですが、
  観光だけではない楽しみ方があります。

神戸といえば、港町。外国の情緒が漂う街並みが有名ですが、特に、海側にある外人居留地は、特に観光客に人気のエリアです。元々、神戸港が開港した頃、外国人が住む場所は限定されていて、それが港に近い、この外人居留地でした。当時は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、様々な国の人が住んでいました。その頃に建設された、歴史を感じる欧風のビルが今でも多く残されており、今でも、会社や店舗、レストランなどに使われています。
神戸の外人居留地は、東は神戸市役所や東遊園地、西は南京町という中華街や大丸などがあり、その間の海側のエリアを言います。外人居留地には、広い通り沿いには、有名なブランドの路面店や大型のショップ、金融機関などが立ち並んでいますが、1本路地に入ると、小さいけれど、個性的なオシャレな雑貨屋やセレクトショップなどがあったり、知る人ぞ知る、ステキなレストランやカフェがたくさんあります。最近は、外人居留地と言えば、若手デザイナーなどがショップを出すエリアとして有名になっています。
外人居留地は、観光地として、雰囲気を楽しみながら、ぶらぶら散歩するだけでも楽しいのですが、このような小さなお店やカフェを巡るのも楽しいです。以前は、外人居留地というと、ガイドブックなどでも、特に名所のようなものは紹介されていませんが、神戸や近郊の人が参考にするようなグルメ雑誌には、結構紹介されているお店があったりするので、そういう本を参考にすると、地元のオシャレ女子に人気のお店に出会えたりするかもしれません。
さらに外人居留地を楽しむポイントとしては、注意しなければ見逃してしまうような、歴史ポイントが神戸にはたくさんあるので、それを事前にチェックしていくといいと思います。
たとえば、坂本龍馬が訓練に励んだ海軍操練所跡があったり、大正時代に建てられた
海岸ビル、アメリカ領事館としても使用された重要文化財のビルなど、事前知識があると楽しめる隠れた名所があります。
 このように、神戸の外人居留地は、ショッピングや散歩だけではなくて、グルメや神戸の最新トレンド、歴史的史跡など、色々な楽しみ方が出来る観光地ですので、老若男女、誰が行っても楽しめるエリアではないでしょうか。更に、クリスマスシーズンには、有名なルミナリエが開催されます。また、南に歩けばすぐに海にも出れますので、モザイクやメリケンパークといった、ベイエリアの他の観光地にも、とてもアクセスがいいです。
是非、神戸に着たら、外人居留地に足を運んで欲しいと思います。

神戸市須磨区は神戸市を構成する9つの行政区の内の1つで、市内の西部に位置します。人口は2016年2月1日時点の推計値で162,082人で面積が28.93平方キロメートルですので、1平方キロメートルあたり、およそ5,603人という人口密度です。須磨区の地勢は南側が大阪湾に面していて海水浴場やヨットハーバーなどが存在します。また、その海の近くにまで六甲山系の西の端にあたる鉢伏山や鉄枴山が迫っています。区域の中央部には高取山や横尾山があり、その南部が古くからの住宅地、北部がニュータウンという構成になっています。須磨区の沿革は、1889年の神戸市の発足時に現在の須磨区の区域の大半を町村制の施行に伴って発足した八部郡須磨村が占めました。その後1896年に須磨村の所属郡が武庫郡に変更され、1912年に須磨村が町制施行を行い須磨町となりました。そして1920年に須磨町が神戸市に編入されると、1931年に旧須磨村の大半の区域によって構成される神戸市須磨区が設置されました。その後、須磨区は1941年に明石郡垂水町を編入し、1945年には神戸市の行政区の再編によって林田区の一部地域を編入しました。そして1946年に旧明石郡垂水町だった地域に垂水区が設置されて須磨区から分離されると、1977年に垂水区の一部を、そして1985年に垂水区の一部と西区の一部をそれぞれ編入して現在の須磨区の区域になりました。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 神戸市須磨区全域にお伺いします。

お見積もり無料 出張料も要りません

     

 アフターケアもご安心下さい。
施工可能地域

障子は日本古来の
お部屋のフィルターです
お部屋のホコリや
煙草の煙もドンドン吸着します

      

 K様邸
障子張替え

 T様邸
障子の張替え

 H様邸
障子の張替え

 Y様邸
障子張替え

 S様邸
障子の張替え

 Y様邸
障子の張替え


 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

 Y様邸
障子の張り替え交換修理

日本建築と障子

最近では洋風建築の家も多くなってきましたが、それでも和風建築に対する人気も安定しているものがあります。和風建築の家を建てる上で欠かせないものとなるものの一つが障子です。障子は和風建築の根幹を成します。
障子は和風建築において部屋と部屋の間を区切るものとして、とても重要な意味合いを持っています。ですから日頃の掃除などの段階からしっかりと丁寧に扱っていくことで、長い期間同じ障子を使用することができます。
ですが障子は枠組み以外は薄い紙でできているものなので、とても破れやすいという性質を持っています。ですのでどれほど注意深く破けないように気をつけていてもふとしたはずみに障子が破けてしまうということも有り得ます。
障子が破けてしまった場合には、そのままにしていると非常に家の中がみすぼらしい空間になってしまうので不都合です。来訪客が来たときなどにも家の中を見せることができなくなるので、専門の業者による早めの張替えが必要になります。
障子を専門の業者に張替えをしてもらうことにより、早くて正確に張替えをしてもらうことができるので便利です。自分では何もする必要もないので他の家事をしている間に張替えをしてもらうこともできるので手軽です。

神戸のパン屋さんはとても魅力的

神戸という街は、グルメの街としてとても有名なところとなっております。色々な商品がグルメとして人気になっているのですが、その中でもとても有名になっているのが、神戸のパン屋さんになります。どこの街であってもおいしいパン屋さんというものはあるわけですが、もともとグルメの街になっているところにありますパン屋さんとなりますので、神戸のパン屋さんはおいしいのです。では、神戸のパン屋さんでおいしいところはどこになるのか記載します。
その場で食べても、お土産として持ち帰っても、普通に昼食等として神戸のパン屋さんを利用する人は多いのですが、おすすめになりますのは、サ・マーシュという神戸のパン屋さんになります。ここのパン屋さんなのですが、お店の造りも魅力的でして、どことなく落ち着いた雰囲気ですが、高級感の漂う造りになっているのです。ですから、初めて訪れる人は、こんなすばらしいパン屋さんなので、おいしいパンがあると確信すると言えます。
とても多くの種類のパンが店内にたくさん並んでおります。そして、パンの独特の優しい香りが店内を包み込んでくれるのです。オーソドックスなパンから、グラタンのパン等もありますが、その中でもこれぞおいしいパンと言えるのが、本当に素朴な感じの食パンと言えます。神戸のパン屋さんの中でも、食パンを食べるのであれば、ここのお店で購入するのが良いです。そのまま食べても良いですし、もちろん、トースターで焼いてもおいしいです。
それ以外の神戸のパン屋さんでおすすめとなりますのは、ル・ディマンシュというパン屋さんになります。やはり、ここのお店も先ほど取り上げましたお店と同じでして、店構え自体とても素敵です。おいしいパンがあると確信できるような店構えになっております。神戸のパン屋さんの中でも、ここのお店で食べたいと思いますのが、ガーリックフランスパンです。ガーリック好きにはたまらないパンです。本当においしいパンで料金もリーズナブルです。
このように神戸のパン屋さんの特徴としては、お店造りにもとても力を入れているということが言えます。もちろん、そうしたこだわりのある神戸のパン屋さんだからこそ、おいしいパンを造ることができていると言えるのです。神戸のパン屋さんであれば、お土産として持ち帰ったとしても、みんなに喜ばれるものとなりますので、おすすめです。これ以外にもインターネットで調べてみますと、神戸のパン屋さんでは多くのおいしいお店を見つけることができます