西宮市内全域スピード対応!!

畳たたみの表替えと新調は、
業界高水準の品質と全国でも最安クラスの当店で!!

ただ今キャンペーンセール中につき 畳の表替えも仰天の激安価格!
畳表替えは畳表(ゴザ)と縁(ヘリ)を新しいものと張替えます。
価格には、材料代・施工費・配送料など
の費用も含まれています。
新調も激安です!
今月も頑張ります激安価格 

国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

■畳の表替えを只今、キャンペーン価格でお届けしています。
  家具や道具の移動もお任せ下さい。無料です。

 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ
お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること、
つまり顧客満足度を大きな目的としています。 
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり環境保全を目的とした重要な規格と言えます。

■国産畳表 肥後表も仰天の激安です!!

床の間用畳表(竜鬢リュウビン)について クリックして下さい

■畳たたみのサイズ

●五八間(ごはちま)(江戸間、関東間とも言う)が基準です。
5尺8寸×2尺9寸  (1760mm×880mm)1間を6尺で計算しています。

●本間間(ほんけんま)京間(きょうま)関西間(かんさいま)
3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)1間を6尺3寸で計算します。その結果五八間より大きく成っています。かって近畿地方以西で多く使われていました。

●三六間(さぶろくま)中京間(ちゅうきょうま)
3尺×6尺(900mm×1800mm)     など他にも幾種類かあります。

それぞれ最大の寸法です。

■畳たたみの張替え方法

畳替たたみかえには、下記の様な方法があります。
畳たたみの状態に応じて最適な方法をご提案させて頂きます。

■畳の裏返し

裏返しについてよくお客様に聞かれるのですが、畳自体を裏向きにひっくり返して引き直す。 これは間違いで。
畳表(表面に縫い付けているゴザ)を裏返して畳床(畳の土台)に再
縫い付けます。畳縁(たたみべり)は新品を使います。このときに強いテンション(引っ張る力)が掛かります。

畳替えから3〜5年を目途にして下さい。
但し、日当たりの良い場所や飲物など液体などを溢している場合は
裏まで焼けていたり、シミに成っている場合があります。
また、イ草を束ねている縦糸は年数が経っていると劣化して再び縫い付ける時に、切れる場合があります。

■畳表替え(たたみおもてがえ)

表替え裏返しから3〜5年程度で、畳表(たたみおもて)を新しいものに交換することをお勧めします。また張り替えて8年〜10年を越えている場合は、畳の表替えをお勧めします。畳縁(タタミヘリ)も新しいものに張替えます。

■新調(新畳しんたたみ)

土台の畳床が補修では間に合わない場合は、新畳つまり新しい畳を作りましょう。畳床(たたみとこ)、畳表(たたみおもて)、畳縁(たたみべり)を全て新しいものにします。


  


■畳表(たたみおもて)について

畳表とは、い草のくきを乾燥させ泥染めをして織りあげた茣蓙(ゴザ)です。
丸い草を使用したものに、経糸に麻糸や綿糸を使い織り上げます。一目の中に経糸2本ずつを織り込んだ諸目(もろめ)表と言われる織り方で綿2芯、麻2芯綿麻4芯麻4芯などがあります。
最近人気の縁無し畳には、一目に経糸を1本ずつ織り込み目積(めせき)表と言う織り方のものが利用されます。同じ縁無しでも琉球表は、七島い草と言い断面が三角形のものを使い、泥染めをせずに織られるものを言います。
畳表は年月が経つと擦り切れるため、業界では3年〜5年に1度を目安に、畳表の裏返しや、表替えをお勧めしています。
畳表は、い草の他に合成繊維や和紙を織った畳表や合成樹脂の表面に畳の目を型押ししたシート状の畳表等もあります。

 

■い草の泥染めについて

い草は、収穫されてから‘泥染め’と言う工程を経ます。
これにより、熱の吸収作用を良くして乾燥速度を速めます。
するとい草の酸化酵素の働きが鈍くなり、葉緑素の分解が抑制される為、
い草の色彩が良くなると共に光による色あせも鈍くします。
それと同時にい草の表面を泥で覆う事により、水分の蒸発もゆっくりと成りますので、い草の表面が乾燥により急激に萎縮する事を防ぎ、変色を防ぐ事にも成ります。畳表になった時のい草の色目は、い草固有の色に泥染めによる色が加わったものです。新しい畳表特有の良い香りは、泥染めをして貯蔵中に化学反応を起こして生まれます。この泥染めをしないと、い草も単に普通の干草と同じ様な匂いのままです。泥染めに使われる土は、岡山、広島や淡路島で取れるものが使われることが多く、それぞれに特色があります。
いずれにしても、い草を畳表に仕上げる過程で、泥染めは欠かせない工程です※色目の悪い、イ草を化学染料等で着色した、悪質な表とはまったく異質なものですので念の為。

■縁(へり)

畳縁には、デザインが美しい洋柄・日本古来の季節を感じさせる趣のある和柄、繊細な織り柄など、多種多様な柄があります。畳縁で部屋の雰囲気が大きく変わりますので、現在では部屋の用途ごとに縁を変える住宅も増えています。四季のお花を織り込んだ縁は、洋風の部屋にも馴染み、優しく落ち着いた雰囲気にしてくれます。自然素材を大事にされて、あまり華美でなく落ち着いた和室をお好みの方には、無地の織りの物。また、子ども部屋や、教育施設などには、動物柄や明るい色彩の物が選ばれます。
畳縁は、畳床を畳表で包むときに、長手方向には畳表を巻きつけて裏側で畳床に縫いつけますが、横方向は、畳床の幅に合わせて畳表を切り揃えてしまうので、切り放しのままでは、畳表が固定されないので、畳縁で切り口を隠すと同時に畳床に縫いつけて止めます。こうして、畳縁があることによって、和室の雰囲気を変える役目と畳表の強度をより強くする役割と、畳表の角の摩耗を防止する役目があります。最近では縁なし畳を選ばれる方もいらっしゃいますが、やはり多くの方は畳縁のある畳を選ばれます。
畳縁の歴史は古くからあり、昔は身分等によって利用できるという制限がありました。平安時代には、今ある畳の形がベッドとして使用されていました。この頃の畳の縁は、大変高級品で、身分によって絹や麻など使用できる繊維やが決まっていました。また、宮廷・公家・武家・商家などの紋も決まっていました。よく、昔から「畳の縁を踏んではいけない」という教えがあり、家紋の入った畳縁を踏むことは、ご先祖様や親の顔を踏む事と同じなのだという、武家の教えや商家の心得でした。
先日、我が家の畳も10年で、ずいぶん痛みささくれ立ったイグサがちくちくするので、畳の表替えをしました。その時に畳業者の方が、畳縁のサンプルをいくつも出して下さいました。畳縁はまるで着物の帯の様に美しく、どれにしようかと迷いました。迷って私が選んだ物は、とても美しい和柄で、桜の様に淡いピンクと淡いグリーンと薄い黄色のもみじが散りばめられた畳縁でした。少し派手かなと思いましたら、畳業者の方は、「これは料亭などに実際使われた畳縁で品があって、素敵ですよ」と言って下さいました。出来上がった畳と畳縁は和室をくつろげる優美な空間にしてくれました。
現在では、この色とりどりでデザインも豊富な畳縁が、畳に使用するだけでは、もったいないので、さまざまな物に使われています。たとえば、縁だけを購入し、手作りバックのワンポイントに取り入れることで、デザイン性豊かな自分だけのバックが出来ます。また、コースターや、畳縁のストラップなどもあり、多種多様な商品に加工されています。日本人の繊細な心を織物にして一般家庭でも楽しめる物に加工した畳縁を大事にして、ぜひ畳の表替えをされる時は、好みにあった物を選ぶ事をおすすめします。


                 弊社指定の縁は価格に含まれています。

             (画像はイメージです)  

クリック>>畳たたみの構造

クリック>>非常に強く、変色し難い 和紙の畳表                     と樹脂製の畳表

クリック>>イ草についてのお話

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



   
■畳のメンテナンス 畳の構造と種類

畳は古くなっても定期的にメンテナンスを行うことで、経済的な効果を大きくし長く使うことができます。普段あまり使うことの少ない和室に多く使われているものですが、乾燥や湿気によっても傷みが起こりますし、日当たりの良い場所に使われている場合は日焼けが起こることもあります。畳のメンテナンスを考えるには、まず構造や種類を理解しなければ失敗することもありますので、十分な知識を身に付ける必要があります。
畳は和風住宅が好まれた古い時代から伝統的に使われてきたものですが、地域によって柱間の寸法が違うことから大きさも様々なものがあります。元々は昔の税金である年貢米の検地における寸法の違いが影響し、時代と共に変化してきたため多くの畳割が存在しています。畳割とは簡単に言えば建物の1間の寸法の違いと言えます。古くは畳の大きさを基準にして建物の寸法を決めていましたが、現在では建物の寸法を基準に畳の大きさを決めるのが一般的です。
畳割には、京間、中京間、江戸間と言うようにたくさんの種類があります。種類を間違えれば、大きさが異なることから畳交換のメンテナンスが困難となってしまいます。京間は一枚が955mm×1910mm、中京間は910mm×1820mm、江戸間が880mm×1760mmのサイズとなっています。現在の住宅建築では6尺モジュールが使われていますので、江戸間が最も一般的な畳の大きさになります。
畳のメンテナンスを行う場合、全部交換してしまう方法だけではなく、裏返しや表替えと言うリフォームのようなメンテナンスが可能となっています。裏返しとは、表面に使われている畳表を裏返して貼り付ける方法です。畳表は両面を同じように使える事から行えるメンテンナスと言えます。表面に汚れや日焼けがある場合に最も短期間で行うメンテナンスです。表替えとは、畳表を新しい物と交換するもので、傷みが激しい場合に行われます。
畳表は、通常の使用状況では4年前後のサイクルで使用できます。これは片面ですから両面では8年前後の期間、裏返しによって使用することができます。メンテンナスとして考えれば、定期的なサイクルで裏返しをすることによって、新しい畳に交換することなく長い期間使用することができるのです。新畳への交換の目安としては、畳の土台となっている畳床にヘタリを感じるようになってからで十分ですので、定期的なメンテナンスを行うことは経済的にも効果的なのです。


畳は清潔に保つメリットは大きい

畳はずっと使っているとどんどん汚れてしまいますが、こうなった畳を張り替えるのは見栄えが良くなる以外にもメリットが多数あります。畳にはい草という草が使われていますが、この草は空気中の汚れを吸収し、匂いを消し、湿度調節をする機能があるのです。つまり畳を張り替えることは空気清浄機と加湿器を使うのと同等の効果を得られるといえます。さらに古くなった畳はダニがたくさん繁殖してしまいますが、新しい畳は逆にダニが繁殖できないのです。ダニに悩まされている場合にも大きな効果が見込めるでしょう。こうしたメリットが確実に存在するので、畳はしっかり張替え、清潔に保つようにするべきといえます。空気清浄機や加湿器、ダニよけグッズなどが多数売られていますが、そうしたものを購入するよりはしっかり畳を張り替えるようにしたほうがいいです。業者に張替えを依頼すれば朝引き渡し、夕方に返してもらえるので意外と気軽に依頼できます。大掃除のときにでも依頼すると効率よく家をきれいにすることができるでしょう。張替えを行う周期はおおよそ5年から10年とされています。そのタイミングで畳を張替えていくことで常に清潔な室内環境を維持することができるのです。


甲子園は関西を象徴する町で
甲子園と聞くと勇気がわいてくる町です

甲子園は住所で言うと兵庫県に位置しますし関西人のパワーを感じる町でもあります。兵庫と聞けば優雅でおしとやかなイメージもありますが、西宮市甲子園はどちらかというと大阪よりの気質を感じますね球場の影響でしょうか。
特に大阪人の気質である、はっきり物を言うことが一層際立ち、熱のこもった応援がそう思わせるのでしょう。このように野球の町と言うイメージが強い甲子園ですが、駅の周辺はとても便利がよく商業施設もたくさんあり賑わっています。周りには学校などの教育施設も多くあり、学生の通学の姿も見かけられます。繁華街の一面もあり、多くの人が行き来する町ですが、学生も多く存在するので、とても庶民的な町と言えます。甲子園と言えば、交通機関は阪神電車を連想します。昔は小さな遊園地などもあり、家族連れでにぎわった町でもあるので、昔から多くの人が駅を利用していました。
今でも多く人が利用する町ですが、西宮市は高級住宅街としてのイメージも強い町でもあるため、この町に住みたいと思う方も多く存在するでしょう。生活もしやすく、商業施設も多く、学校などの教育施設も整っているため、私自身も住むなら甲子園が良いと思うことが多いです。大阪市や神戸市のどちらにも行き来がしやすいため、ショッピングなどもとても充実しています。もちろん、甲子園だけでも大きな商業施設があるため、十分すぎるほど便利な町ですね。
西宮市は海にも山にも馴染みがあり自然に囲まれながら非常に便利な都市ということで、観光に来られる方や甲子園球場を利用する方などが遠方から来る可能性もあるため、近くには利用できるホテルなども存在します。一般の住宅街としてマンションなども多く立ち並び、この近くにお住まいの方はとても便利な生活を送ることができます。決して派手な町と言うイメージではなく、庶民的なイメージがどちらかと言えば強いです。
色んな顔をもつ町でもありますが、兵庫にありながら大阪の人も違和感なく行き来できる町としてとても馴染みがあります。私自身も頻繁に利用する町で、ショッピングや野球などで大好きな町として利用しています。関西の方なら必ず知っている町の1つと言えます。広い街並みで暮らしやすい街で駅の中心部には大きな商業施設が立ち並ぶため、関西の多くの方や、他の土地からも利用する方が増えています。今後も町として繁栄することは間違いないですね。


西宮市の豆知識

兵庫県西宮市は全国的にはマイナーかもしれませんが、阪急西宮北口駅周辺は現在関西の住みたい地域No.1の街です。西宮市を知らない方のために、西宮市の豆知識を教えます。まず西宮市民が一番怒っていることは、関西人以外の方に阪神甲子園球場が大阪にあると思われていることです。阪神甲子園球場は、西宮市甲子園町にあるれっきとした西宮のものです。ですから高校野球の聖地は西宮市ということになります。ちなみに昔阪急ブレーブスというプロ野球チームがありました。阪急ブレーブスが本拠地にしていたのが阪急西宮スタジアムです。多くの野球ファンが、阪急西宮スタジアムがその後どうなったかご存知ないと思いますが、実は阪急西宮ガーデンズというショッピングモールに変身したのです。このショッピングモールの大成功こそが、阪急西宮北口駅周辺が住みたい街No.1となった原動力です。次に西宮市の阪急沿線は、高級住宅街として知られています。そのため芸能人もたくさん住んでいます。例えば落語家の大御所笑福亭鶴瓶さんは甲陽園に大豪邸を構えています。元アイドルで紅白歌合戦にも何度も出場された西田ひかるさんも、結婚して現在苦楽園に住んでいます。また意外なところでは、女優の常盤貴子さんは高校1年生まで西宮市で過ごされたのです。さらに俳優の生瀬勝久さんも、常盤さんと同じ西宮市立春風小学校出身です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 西宮市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え修理工事例

 S様邸 障子張り替え
琉球畳新調工事

 I様邸
畳と障子の張替え修理工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 N様邸 畳障子張替え修理

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
畳襖障子張り替え修理

N様邸
和紙表張替え修理施工

日本人の住居には、古くから畳が取り入れられています。その歴史は古く、平安時代から住居に導入されていたといわれています。昨今では、フローリングが増えていますが、畳には日本人が生活しやすくする色々なメリットがあります。そのメリットのひとつが、畳がもつ適度な弾力性です。適度に弾力があることで、子供や老人に多い転倒などの家庭内事故を防ぐことができます。また、畳で立ったり座ったり、布団を敷いて就寝をする時にも、体に負担をかけることがありません。畳の弾力性によって、快適に過ごすことができます。 その他の畳のメリットは、集中力を高められることです。そもそも天然のい草の香りは、人間にリラックス効果を与えることが分かっています。なので、畳の部屋で学習や仕事を行えば、精神を落ち着かせて集中力を高めることができます。 上記のように畳には、色々なメリットがあります。しかし、購入してから20年以上経つと、畳は変色や傷みが生じてしまいます。劣化が進んでしまうと、上記のようなメリットを享受できません。そのため、古くなってきたと感じたら、すぐに専門の業者に交換を依頼したほうが良いです。交換の際には、事前に見積もりを行ってくれるので安心です。費用もそれほどかからないので、気軽に相談すると良いです。
一般家庭では数年で畳の痛みが目立ってきます。 しかしちゃんとしたメンテナンスをすることによって畳の寿命は延びるのです。 【普段のお手入れ】 1 毎日の掃除機のかけ方 畳の目にそって1畳当たり40から60秒かけてゆっくりかけます。強くこすらないように気をつけましょ。 2 月に一度乾いた雑巾でふく 水拭きはカビを発生させることになる場合がありますのでもし水拭きした場合はしっかり乾かしましょう。 3 春と秋の陰干し よく晴れた日に畳を持ち上げて外して畳表に直射日光が当たらないようにしてホコリを取り払い、4から5時間干します。 干す場所がない場合は畳を少し持ち上げて風を通してください。 この時注意することは、取り外した畳は必ず元の位置に戻すせるように方向や場所がわかるようにシール等を畳に貼っておくことです。畳は一枚一枚少しづつ形が違うの位置がずれると隙間ができたり入らなくなったりして元の状態に戻らなくなります。 【汚れの処理方法】 1 カビ 中性洗剤を薄めて雑巾を固く絞ってカビを拭き取ります。次に消毒用アルコールでさっとふき乾かして掃除機をかけます。 2 ペットのおしっこ・醤油・灯油 小麦粉やベビーパウダーなどをふりかけて水分を吸い取りしっかりと水分を吸い取らせます。 その後掃除機などで吸い取り、固く絞った雑巾で何度も拭きます。 3 タバコの焦げ オキシフルで漂白しロウを垂らして穴を埋めてセロテープを貼って穴を大きくしないようにします。
兵庫県西宮市の特徴について
兵庫県西宮市は近畿地方に位置しています。兵庫県西宮市の面積は99平方キロメートルとなっています。人口は約48万人と非常に多くなっています。兵庫県西宮市に隣接する自治体は、尼崎市と伊丹市と宝塚市、このほかには神戸市や芦屋市となっています。兵庫県西宮市の木はクスノキで、市の花はサクラとなっています。兵庫県西宮市は兵庫県の南東部にあります。中核市でもあり、保健所政令市の一つとなっています。ここは阪神間の中心に位置しているということで、閑静なベッドタウンであるという特徴があります。人口は2005年に尼崎市を抜いて兵庫県で3ばっbめに多くなっています。また2006年には人口が47万人を超えています。ここにはプロ野球チームの本拠地があり、阪神タイガースの本拠地としても有名です。また毎年福男選びの行事を行うことで有名な、西宮神社があります。ここは阪神間モダニズム文化圏の中央に位置しています。また近畿地方の中では高級住宅街の一つとなっています。西宮七園と呼ばれる地域には、財界人や文化人やプロ野球選手や指導者や評論家などの住宅がたくさん建ち並んでいます。ここにはたくさんの大学や短期大学があります。阪神大震災の復興事業や開発事業が進められています。

 兵庫県西宮市は、兵庫県の南東部に位置しており、大阪・神戸の中心部まで非常に行きやすいという特徴がある市です。西宮市内には、阪急神戸線、JR神戸線、阪神本線の3路線が通っているために、電車1本で約30分で大阪や神戸に行くことができます。姫路や奈良へも乗り換えなしで電車1本で行くことができます。  西宮市の市域の総面積は99・96平方kmであり、市の木は「クスノキ」、市の花は「サクラ」となっています。また、西宮市には、「みやたん」というマスコットキャラクターが存在しています。みやたんは、西宮市の美しい川や海、お酒造りに欠かせない宮水に誘われて舞い降りた「水色の妖精」です。  西宮市の特産品については、名塩和紙、山口竹細工、和ろうそく、白鹿奈良漬、和樽、地酒「白鹿」などが挙げられ、「ふくさ寿司」が郷土料理となっています。また、西宮市の観光スポットについては、全国高校野球選手権大会が行なわれる阪神甲子園球場、西宮神社、夙川公園、越水浄水場などが挙げられます。  西宮市では、毎年1月10日に西宮神社福男選びが行われています。そのほかには、西宮太鼓フェスティバル、西宮洋菓子園遊会、おこしや祭り、西宮和菓子まつり、宮水まつりなどのイベントが開催されています。