襖ふすま

西宮市内スピード対応!! 

高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程を見直し、
ふすまの張替え料金をお安く致しました。
業界トップクラスの品質と全国トップクラスの激安価格で
西宮市内全域にお伺い致します。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで非常に多くの種類が
揃っています。
また織物系のふすま紙もあり、織糸の種類や撚糸の数さらに印刷やの後加工の
方法により高級なものから普及タイプまで多くの種類が揃っています。
織物系襖紙
それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ
下さい。ご注文は2枚からお願いします





 

                                       
クリック>>襖ふすまの種類

                 お問い合わせメールフォーム
 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、
価格もリーズナブルです。
種類も多く揃ったお求め易い商品です。
  
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工による多くの柄や材質があり、種類については一番ボリュームがあります。

鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ます。

手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。
その色合いが鶏卵の殻の 淡黄色に似ているところから鳥の子と呼ばれました。
現在は雁皮や三椏、木材パルプ等を混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)  


     

雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物で雁皮から作られる和紙です。
   雁皮(ガンピ)の花

雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、
雁皮紙には野生のものの樹皮が使われます。昔は斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もあります。繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、
非常に綺麗な光沢があります。鳥の子色とも呼ばれています。
丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられました。
紙の素材として非常に優れたもので、日本の羊皮紙と呼ばれることもあります。

■襖紙の呼び方

手漉きの和紙を本鳥の子と言いますが、機械漉きを鳥の子パルプ紙で全て工程を機械で行うものを上新鳥の子、さらに廉価な紙を使ったものを新鳥の子と言います。
鳥の子の呼び名の由来は、上記雁皮紙を参照。
和紙襖紙の加工は、紙を漉くときに使いますが、近年パルプ紙になってからは
スクリーン印刷、グラビア印刷、オフセット印刷など後加工が主流に成っています。
紙表面のエンボスも後加工で処理します。

引き手

引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと汚れ防止の役目があります。
引き手は、手加工の貴金属や陶器の
ものからプラステック製の廉価なものまで多種多様に揃っています。

引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手
■ふすまの変遷

襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして使われるようになり、中国から伝来の、隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、貴族社会に普及して行きました。
平安時代の貴族達の住宅様式は、へやの中に仕切りの無い通気性を優先した寝殿造りと言われるものでした。部屋の間仕切りとして、屏風などを使用していました。
やがて屏風などに代わるものとして、障子が大陸から入ってきました。
そして寝所に使われる障子を衾(ふすま)と呼ぶようになりました。
当時寝所は、「臥す間(ふすま)」と呼ばれていました。「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」の意であった為です。
襖の語源は衣服のあわせから来ています。衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に絹裂地を張りつけたものだったので、衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。
初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から絹布などを貼ったものでしたが、やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が障子に使われるようになり襖と障子が明確に分かれるように成りました。その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。また、障子は明障子と呼び分けられる事もあります。
武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を演出するようになって行きました。
そして今に残る数々の襖絵が描かれました。
江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、一般の庶民に序々に広がっていきました。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230 

宅や座敷における襖と座敷に格式を生み出す襖の造作

住宅を構成している空間構成のなかで、独特の佇まいを生み出しているのが襖のある座敷です。日本家屋は、襖を基本とした伝統的な生活空間であり、格式空間ともいえます。そのよしあしは、もちろん座敷そのものの造作のよしあしによって印象付けられていますが、その中でも襖の果たしている役割はとても大きいです。多くの人は、座敷にある襖の丹念な仕事ぶりをみて、座敷としての味わいや美しさのほか、世界でも稀な美意識を感じます。
また、襖の建てつけの美しさや丹念さからは、座敷空間の持っている独特の落ち着きや、洗練された座敷美といったものを印象付けられます。現在でも、日本の住宅にとって座敷というのは、重要な存在といえます。その座敷が、いわゆる接客用や鑑賞のための格式空間であったり、多様に活用している居住のための生活空間であったり、さまざまにみられるとしても、その特質はもともと変わらないものです。襖とは、それ自体は住宅部品です。
しかし、単に空間構成のうえで設置されている住宅部品だけにとどまらず、独特の座敷空間を生み出す造形であり、造作といえます。事実、丹念に建てつけられた襖からは、座敷としての味わいが生まれてきます。そして丹念につくられた襖からは、座敷としての風趣が自然と伝わってきます。これに対して、単なる住宅部品として生産された襖からは、襖以外のなにものも出てきません。襖の造作には、下ごしらえからしっかりと手間をかけます。
手間をかければかけるほど、味わいのある襖ができます。味のある襖からは、味わいのある座敷が生まれます。襖の造作は、いわばより良い座敷を生み出すための技術なのです。襖技術とは、住宅の空間構成のなかで、より良い座敷空間を生み出していく造作です。それは、言い換えれば襖技術の基本であり、原点であるといってもいいです。その襖が、茶室にあてられるものであったとしても、あるいは大量に生産された値段のものであっても当てはまります。
より良い襖を生み出そうとする襖技術の原点は、下地の状態に応じて造作をかけていく手づくりにあるといえます。その手づくり技術というのは、より良い座敷空間を生み出すために、造作に丹精さを加えていくところに大きな特色があります。素材を選び抜くのも、その表れです。優れた木材に、さまざまな色柄をよく選んで張っていくのも、そうした表れの1つといえます。いわば、座敷の味わい、美しさを生み出してこそ襖技術といえるのです。

襖に見る歴史的な価値

襖は日本独特の建材で、長らく部屋を仕切るための道具として扱われてきました。そうした伝統を背景持つため、鎌倉時代から江戸時代にかけて襖に描かれた絵(見たまま襖絵と言います)の中には、重要文化財及び国宝として取り扱われているものもあります。 そうした芸術的な価値を持つものがある一方で、襖は何枚もの和紙を貼り重ねて作られたもの特有の機能を発揮し、日本人を物理的な意味から助けてきました。 それは保湿・湿度調整機能です。 日本は梅雨に代表される長雨の期間がある上に、周囲を海に囲まれた島国であるため、どうしても一年を通じて湿度が高くなりがちです。 もし日本に襖がなければ、家の中が激しく湿気り、内部が腐ったりカビや害虫が大量に発生し、健康状態を悪化させる人が続出していたでしょう。 四季の変化に合わせて室温の調整が可能な襖は、夏は涼しく冬は暖かいという空間を形成し、日本人を助けてきたのです。 夏にエアコンの使用料金がかさみ、それに頭を痛めている人であれば、そうした襖が持つ効果を見直し、その導入を検討してみた方がよいでしょう。 襖は和室を飾るためのアイテムというだけではなく、エコロジーな室内空気調整器になるため、決して損はしません。

意外と多い、カラフルなデザインの襖

和室に付き物といえば畳と襖です。い草のいい香りのする畳の部屋で落ち着いた襖の模様を眺めるというのは日本ならではの癒しの空間です。中でも襖は素材一つで部屋の雰囲気も変わります。色調を抑えたシンプルなものが多く、デザインがあまり無いように思われがちですが、一般的なものの他に女性向きにデザインされたもの、子供用には有名キャラクターがデザインされたもの、高級和紙を使ったものなど、その種類は様々。色もピンクや黄色などカラフルで華やかなものがたくさんあります。渋いという印象の襖も有名キャラクターを使うととてもかわいらしく、一気に明るい雰囲気になります。雪の結晶を図案化した日本古来の伝統素材である雪輪文様とキャラクターを組み合わせたものは、まるで破いた穴からキャラクターが顔を覗かせてるようにも見えて色んな楽しみ方ができるデザインになっています。また、襖紙だけでなく引き手がキャラクターの形になっているものもあります。知れば知るほど奥深い襖ですが、自分で貼れることを知ってますか。和紙で作られた襖は、はがれやすく、汚れやすい、業者に頼めば楽ですが、予算などの都合で自分で貼ってみたいという方もいると思います。難しそうな襖ですが、コツさえ掴めば障子と同じように簡単に貼れますので、ぜひ挑戦見てみましょう。


西宮市の地域環境の特色、西宮市の産業や自然環境の概況

リクルートの2013年版住みたい町(駅)ランキングで1位になったのは、西宮北口駅である。言わずと知れた阪急神戸線のターミナル駅だ。近年、阪急西宮ガーデンズなど商業施設のオープンもあり、マンションや一戸建てが立ち並び、生活環境がとても良い地域である。南に行けば西宮ヨットハーバーがあり、まるで外国のような町並みが広がっている。その途中にも有名な酒造がいくつもあり、日本酒好きにはたまらないところである。
また、北に行けば夙川、苦楽園などの高級住宅地が広がる。芦屋の六麓荘に負けずとも劣らない地域で道にも多くの外車、高級車を見ることが出来る。この地域は春になると夙川沿いをたくさんの桜が咲き、川沿いの桜見物を楽しめる。非常に美しく数も多い桜を目当てにお花見に訪れる人も多い。苦楽園では効果ではあるが、とてもおいしいパン屋、カフェなどがたくさんあり、食生活にも飽きることはないだろう。住みやすい地域として自宅として居を構えている関西の経営者も多い。
あまり知られていないことであるが、阪神タイガースの本拠地で春夏の高校野球では白熱した試合を繰り広げる甲子園球場も西宮市にある。阪神タイガースというと関西人、大阪というイメージが濃いのであるが所在地としては兵庫県西宮市である、ということを市民は誇りに思っている。住所としては兵庫県西宮市甲子園町1番の82である。最寄りの駅は阪神電車で、タイガースの試合がある日は車両にユニフォームを着た熱狂的ファンを多く見ることが出来る。
毎年1月10日のえべっさんで有名な西宮神社も、西宮市にある。こちらは日本全国のえびす神社の総本山である。福男を選ぶため、毎年早朝から男性が神社をかけるイベントが行われていることで有名。1番になった男性は福男とよばれ、ヱビスビール1年分とお米60キロがもらえる。なお、男女ともに参加は可能であるが、女性が一番になったことはまだない。商売の神様がまつられているため、近隣の企業がこぞって訪れ、商売繁盛を祈願する。
西宮市は武庫川を挟んで尼崎市と西は芦屋市,その先に神戸市東灘区がある。兵庫県の南東部に位置し、阪神間の一部と言われることも多い。北側にはベッドタウンの宝塚市などがあり、大阪にも神戸の三宮にも電車で15分ほどで到着することが出来るため、非常に便利である。大学、短大も多く教育環境は比較的整っているが、その環境の良さからマンションの乱立が続き、小学校などで教室が足りないなどの問題があることも事実である。

西宮の夙川公園桜の魅力

西宮は複数の観光資源を持っており、プロ野球の本拠地として知られる球場や、南部の沿岸エリアにはヨットハーバーがあり、良い水が出ることから古くから酒造りが盛んに行われています。南北に広い西宮にはその他にも多くの自然が残っており、夙川公園桜などは広域にわたって桜を楽しむことができます。また、この夙川公園桜の周辺のエリアは有数の高級住宅街としても知られており、全体として景観が非常に魅力的な地域となっています。
夙川公園桜については、名前の通り川沿いに多くの桜並木が立ち並んでおり、散歩をしながらゆっくりと楽しむことができます。また、周囲の住宅が美しいことから、そういった街の景色を楽しみながら桜を楽しむことができます。西宮の場合には東西に電車が通っており、複数の路線から夙川公園桜にアクセスすることができます。北側には山があることから、高いところからの眺望を魅力とするマンションが多く並んでおり、西宮の中でも高級エリアになります。
観光資源が多い西宮ですが、聞けば知っているものが多いですが、遠方の人にとっては西宮にあることを知らないケースもあり、夙川公園桜なども多くの人が知りすぎていないからこそゆっくりと楽しめます。そういった奥ゆかしさも夙川公園桜の魅力になっており、そういった雰囲気は西宮全体に当てはまります。また、夙川公園桜がある周辺は急行などの電車も多く止まるため、アクセスも非常に良くなっており、住環境と利便性を兼ね備えています。
住んでいる人にとっても、夙川公園桜周辺の住民は静かで落ち着いた生活を求めている人も多いため、落ち着いた雰囲気は非常に重要です。西宮全体としてのブランドを守るためにも、あまり大々的に告知するよりも、知っている人にゆっくりと夙川公園桜を楽しんでもらう方が、全体として調和を取ることができます。また、西宮の他の地域と合わせて見て回ることも出来、夙川公園桜周辺もしっかりと調べておくことで色々と楽しむことが出来ます。
夙川公園桜から北側に行けば山側の施設が多くあります。西宮から西側へと山を含めた観光施設が多くあり、多くの季節を通して楽しむことができます。夙川公園桜も桜の時期だけでなく、全ての季節で美しい景観を見ることが出来ます。そういったことを総合すると、西宮の観光資源は控えめでありながらも、しっかりと楽しむことができるものが多くあり、住環境の魅力と周囲の美しい風景をまとめてのものであり、多くの人を惹きつける要因です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

西宮市全域対応しています

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域

S様邸 襖張替え修理  G様邸 襖張替え修理  M様邸 襖張替え修理工事  F様邸 キャラクター襖張替え

 S様邸
ふすまの張替え修理工事・事例

 Y様邸

 H様邸 襖の張替え修理

 N様邸 源氏襖張替え修理

 N様邸 襖張替え修理

 M様邸 襖張替え修理

 

襖ふすまの張替
襖紙の張替えは元の物を剥がして新しい物を張り付ける形で行う事になり文字にすると簡単ですが、そこには素人ではやはり思い付かない様な繊細さとそれに左右される仕上がり具合があります。 その点において襖に関して詳しい店などは完璧であり高い技術を持っている事は当たり前として、経験といった物も持ち合わせているので素人とは比べ物に成らない完成度を提供出来るのです。 特に襖紙等の張替えでは一つで済まないと言う事が普通であり均一な形で作業が出来るかも大切で、手馴れていると言う事はその辺においても大事な要素となって来ます。 他にも技術と経験が伴う事は様々な要望に応えるだけの能力がある事を意味していますので、襖紙の選択肢がそれだけ広がるので絵柄だけでは無く構成される材質に関しても自由度が高くなるのです。 この選べる範囲が豊富というのも業者を使うメリットの一つでもありますが、最大の良さとしてはやはりどんな物であっても襖の良さを引き出す形で作業を完了出来る点にあります。 また襖は物によっては構造が特異な場合があるのでそれに合わせられるのも業者を使う利点であり、経験と知識の浅い素人ではもはやこの辺は手を出す事すら難しい部分となって来るのです。
お客様のお話
母親の実家は二階建ての日本家屋。玄関を入ると左手に12畳の和室があり、襖をあけるとその奥に六畳の和室が続く。この襖の向こうは祖父の部屋。コタツとテレビがあり、畑仕事や犬の散歩以外、ほとんどの時間を祖父はそこで過ごしていた。水戸黄門の時間にはよほどの用事がない限り、そこにいることを知っていた私は、襖をそっと開けて入ってもいいか祖父に尋ねるのが常だった。例外なく、こっちにきてこたつに入れ、と祖父は招き入れてくれた。そして、私のそばで好きなだけタバコを吸っていた。ある日、母が何かの拍子に襖をバッと開けたことがあり、大量の煙がモクモクとするのを見つけ、祖父と喧嘩になった。「子どもの前で煙草をすわないで」という母に対し「ここは、俺の部屋だ。好きにして何がいけないんだ。好きにさせろ。」と言い返す祖父。挙げ句の果てに「お前も吸うかい、おじいちゃんが教えてあげようか」と言い出したので、母はカンカンに怒り出した。「もうおじいちゃんの部屋に近づいたらだめ。」と言いながら襖をバンと閉めた母をとても怖く感じた。今まで何気なくあけていた襖が、遠く感じるようになったのはこの時からだった。それからも祖父の部屋に入ることがあったものの、しばらくの間ばかり襖を開ける瞬間は思わず力が入ってしまったことを、今でも覚えている。
兵庫県西宮市について
西宮市は兵庫県の、南東部に位置している市です。 西宮市の面積は、100.18平方キロメートルです。 西宮市に隣接している自治体は尼崎市と伊丹市、宝塚市と神戸市と芦屋市と接していて南側を大阪湾と面しています。 西宮市の人口数は平成28年10月1日の時点で、48万9170人となっていて21万2486世帯が暮らしています。 大阪市と神戸市に挟まれた阪神間にある西宮市は、ベッドタウンとして住環境の整備が進んだ地域で、兵庫県内で3位の人口数となっています。 西宮市の市の花はサクラで市制40周年を記念して、市民公募によって制定されていて市内には、夙川公園や満池谷といった名所も多いです。 夙川公園は、日本さくら名所100選にも選ばれています。 西宮市の市の木はクスノキと、市民公募によって昭和53年9月に制定されています。 西宮市はプロ野球阪神タイガースの、本拠地でもある阪神甲子園球場があります。 熱狂的なファンが多いことでも知られていて、熱い応援を続けています。 また阪神甲子園球場は、高校野球の舞台としても有名です。 西宮市の祭事で有名なのが、西宮神社の福男選びです。 テレビで中継される程の注目度で、毎年恒例の祭事には熱い注目が注がれています。