襖ふすま

清瀬市内スピード対応!!

 

高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程を見直し、
清瀬市のふすまの張替え料金をお安く致しました。
熟練の技能士が丁寧に施工し全国でも最安レベルでお届けします。

襖の張替え只今キャンペーン中!!
新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、
価格もリーズナブルです。
種類も多く揃ったお求め易い商品です。
  
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工による多くの柄や材質があり、種類については一番ボリュームがあります。

鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ます。

手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。
その色合いが鶏卵の殻の 淡黄色に似ているところから鳥の子と呼ばれました。
現在は雁皮や三椏、木材パルプ等を混ぜたものもあります。

襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで非常に多くの種類が
揃っています。
また織物系のふすま紙もあり、織糸の種類や撚糸の数さらに印刷やの後加工の
方法により高級なものから普及タイプまで多くの種類が揃っています。
織物系襖紙
それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ
下さい。


江戸時代になると和紙の生産が盛んになり、裕福な商人らから、やがて庶民にも普及していきました。 そして今日に繋がっています。使う紙も本鳥の子と言う手漉きの雁皮紙などから、機械漉きの鳥の子、比較的安価な上新鳥の子、絵付け柄付けなども機械で一貫生産し洋紙が主原料の、新鳥の子などがあります。
また、紙ではなく織物を使ったものをあります。
現在の襖には、木製の組子を使った本和襖と段ボール・発泡プラスチックなどを使った量産襖があります。

■和襖と量産襖の大きな違い

和襖は、周囲だけに糊を塗り、ウケ紙と呼ばれる中張りを貼り、釘で留めます。
この時中央部は浮いた状態になり、その上に上張りを貼るので、内部に空気層ができ、保温、調湿機能を持ちます。
また、張替えも比較的容易です。
しかし、量産襖は、糊で一面をべた塗りにするので、和襖のような機能はなく、張替えも手間が掛かります。
戸襖もこれに当たります。


クリック>>襖ふすまの種類

                 お問い合わせメールフォーム

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


襖ふすま紙について

雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物で雁皮から作られる和紙です。
                                     
   雁皮(ガンピ)の花

雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、
雁皮紙には野生のものの樹皮が使われます。昔は斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もあります。繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、
非常に綺麗な光沢があります。鳥の子色とも呼ばれています。
丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられました。
紙の素材として非常に優れたもので、日本の羊皮紙と呼ばれることもあります。

■襖紙の呼び方

手漉きの和紙を本鳥の子と言いますが、機械漉きを鳥の子パルプ紙で全て工程を機械で行うものを上新鳥の子、さらに廉価な紙を使ったものを新鳥の子と言います。
鳥の子の呼び名の由来は、上記雁皮紙を参照。
和紙襖紙の加工は、紙を漉くときに使いますが、近年パルプ紙になってからは
スクリーン印刷、グラビア印刷、オフセット印刷など後加工が主流に成っています。
紙表面のエンボスも後加工で処理します。

引き手

引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと汚れ防止の役目があります。
引き手は、手加工の貴金属や陶器の
ものからプラステック製の廉価なものまで多種多様に揃っています。

引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手
ふすまの変遷

襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして使われるようになり、中国から伝来の、隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、貴族社会に普及して行きました。
平安時代の貴族達の住宅様式は、へやの中に仕切りの無い通気性を優先した寝殿造りと言われるものでした。部屋の間仕切りとして、屏風などを使用していました。
やがて屏風などに代わるものとして、障子が大陸から入ってきました。
そして寝所に使われる障子を衾(ふすま)と呼ぶようになりました。
当時寝所は、「臥す間(ふすま)」と呼ばれていました。「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」の意であった為です。
襖の語源は衣服のあわせから来ています。衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に絹裂地を張りつけたものだったので、衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。
初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から絹布などを貼ったものでしたが、やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が障子に使われるようになり襖と障子が明確に分かれるように成りました。その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。また、障子は明障子と呼び分けられる事もあります。
武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を演出するようになって行きました。
そして今に残る数々の襖絵が描かれました。
江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、一般の庶民に序々に広がっていきました。

日本の住宅は、畳と襖と障子を用いた内装システムにその特徴があります。在来住宅に関して、今なお通用している住宅の理念ともいえます。洋風化の定着した現在の日本の在来住宅の構造のなかにおいても、その理念はしっかりと存在しています。畳と襖と障子は、とりもなおさず日本在来住宅にのみ存在する調和システムといえます。そして畳と襖と障子は日本住宅の特色を表わすだけではありません。
日本人自身をも形容した表現となっています。畳と襖と障子は、日本住宅を代表するのみならず日本、あるいは日本人、日本に非常に精通している人々を指し示すなど、日本はもとより世界的な受け止め方となっているのです。畳と襖と障子に関する調和システムですが、畳は平面に敷きつめて、立体的な奥行きを形成するのに対して、襖と障子は部屋の配外部で立てることによって部屋内を一定空間に遮断するものです。
この障子という言葉は、日本では古くから使用されていたもので、障とはふさぐ、かぎる、へだてる、しきる、などの意味をもった字であります。そのため障子とは即ち屋内の仕切りとして用いられるという意味であります。襖は、それだけに障子の一種に他ならないわけで、襖障子、唐紙障子などと呼ばれてもいます。障子には襖障子以外にも明障子、腰障子、衝立障子などの種類に分けられます。
畳とあわせ襖障子、明障子は部屋の間仕切りや押入れ、小襖などに使われ日本独特の建築様式として形容されて発展してきた歴史があります。現在に至っては和室に関して、外光が畳、襖、障子などに当たり、その反射で室内を明るくするため、襖の色は比較的明るい無地のものがよく、木材や畳の色に合ったものを使用するのが一般的となっています。襖という呼び名も、普通は額障子入りのものも含めて、ふすまといっています。
現在は単に襖といえば全面紙ばりのもの、つまり両面から紙や布を貼ったものをいい、明障子というのが、木の格子の片面に白紙を貼ったものをいい、一般的にはこれを障子と呼んでいます。襖紙には、無地や総模様、腰模様などがあります。座敷としての良し悪しは、襖と畳と周囲との調和によって生まれてきますが、そうしtが意味で内装仕上げの面からも、畳と襖はおろそかにはできないといえます。


襖の張替えはふすま専門店に

襖(ふすま)は、和室の仕切りに使う建具である。「ふすま障子」あるいは「唐紙障子」と呼ばれたり、単に「唐紙」と呼ばれることもある。平安時代の寝殿造の住居において、寝所の間仕切りとして使用されたのが始まりとされている。
鎌倉時代に入ると、ふすまは引き違いで用いられるようになり、現在の使い方が確立されるようになった。室町時代に書院造が成立すると、ふすまは寺院や城などにおいて高価な和紙で装飾されたり、キャンバスとして用いられるようになり、芸術品としての役割も持つようになった。
ふすまには、保温機能や調湿機能などがあるため、寒さを和らげたり、湿気の多いときには除湿、湿気の少ないときには加湿の役割を備えている。間仕切りだけでなく、押入れに用いれば湿気対策に有効である。つまり、湿気の多い風土に適しているという最大の長所がふすまにはあるといえる。
現在使われている襖(ふすま)には、大きく分けて和襖と量産襖がある。両者の違いは内部構造や使用している材質である。和襖の内部に空気層が出来る構造が、保湿機能や調湿機能などを生み出している。また、和襖は張替えが可能である。
襖は張り付ける面積が広く、素人が張替えをおこなうと、中に空気が入ってしまうといった失敗の可能性が高いといえる。見た目の面でも耐久性の面でも悪く、これだと襖の持つ特性を生かすことが出来なくなってしまう。そのため、襖の張替えは専門家に任せるべきである。

清瀬市の環境と見どころについて

 清瀬市は、東京都の多摩地区に位置する人口7万人ほどの市である。埼玉県の新座市と所沢市、東京都の東久留米市、東村山市に隣接しており、市内を小金井街道、志木街道が走っている。武蔵野の雑木林がいたるところに残っており、けやきの並木が名物である。
清瀬駅から市役所方向に走っているけやき通りでは、四季を通じて折々の表情を見せてくれるけやき並木が美しく、ケヤキロードギャラリーと命名された国内外の彫刻家たちによる30点ほどの彫刻作品が並び、清瀬市の人々を和ませている。
明治薬科大学、日本社会事業大学に、看護大学校を加えると、清瀬市内にある大学は3つとなる。高校は、清瀬高校と東星学園高校、中学は清瀬中学と清瀬第二中学校から第五中学校までの5校、小学校は、清瀬小学校以下の市立校9校と、東星学園小学校の10校となっている。
鉄道は、西武池袋線の清瀬駅が中心。所沢方向の秋津駅は東村山市内にあるが、ホームの半分が清瀬市内にあり、多くの清瀬市民が利用している。また、JR武蔵野線が市の北部を横切る形で通っているが駅はない。最寄りは新秋津駅、東所沢駅、新座駅である。
戦前、清瀬市内には結核患者の療養所があった。そのため複十字病院や東京病院等の大規模な病院が市内に集中している。清瀬中央公園内に残る石碑「ここに清瀬病院ありき」には当時の歴史が刻まれ、清瀬市では近く、結核療養所跡地を含めた一帯の病院街を世界遺産登録するための立候補を行う予定である。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。  

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域

  O様邸
襖張り換えY様邸
襖張り換えS様邸
戸襖張り換えK様邸
襖張り換えT様邸
畳表替え 襖張替え事例

 S様邸
襖張替え

 K様邸
襖の張替え

 I様邸
障子張替え

N様邸
襖の張り替え

建具施工例

      

THE ふすま
襖(ふすま)は、和室の仕切りに使う建具である。「ふすま障子」あるいは「唐紙障子」と呼ばれたり、単に「唐紙」と呼ばれることもある。平安時代の寝殿造の住居において、寝所の間仕切りとして使用されたのが始まりとされている。
鎌倉時代に入ると、ふすまは引き違いで用いられるようになり、現在の使い方が確立されるようになった。室町時代に書院造が成立すると、ふすまは寺院や城などにおいて高価な和紙で装飾されたり、キャンバスとして用いられるようになり、芸術品としての役割も持つようになった。
ふすまには、保温機能や調湿機能などがあるため、寒さを和らげたり、湿気の多いときには除湿、湿気の少ないときには加湿の役割を備えている。間仕切りだけでなく、押入れに用いれば湿気対策に有効である。つまり、湿気の多い風土に適しているという最大の長所がふすまにはあるといえる。
現在使われている襖(ふすま)には、大きく分けて和襖と量産襖がある。両者の違いは内部構造や使用している材質である。和襖の内部に空気層が出来る構造が、保湿機能や調湿機能などを生み出している。また、和襖は張替えが可能である。
襖は張り付ける面積が広く、素人が張替えをおこなうと、中に空気が入ってしまうといった失敗の可能性が高いといえる。見た目の面でも耐久性の面でも悪く、これだと襖の持つ特性を生かすことが出来なくなってしまう。そのため、襖の張替えは専門家に任せるべきである。