高槻市内スピード対応!!

襖の張替えは、1,450円税込1,595円と全国トップクラスの激安価格の当店で!!
高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程や経費を見直し、
ふすまの張替え価格をお安く致しました。
熟練の技能士が丁寧に施工し全国でも最安価格レベルでお届けします

襖の張替え只今キャンペーン中!!

鳥の子の場合、原料や製紙方法や模様付けや印刷・加工方法によって普及品から最高級品まで非常に幅広く揃っています。
また織物系も、織糸の種類や撚糸の数、印刷や加工方法によって
普及品から最高級品まであります。


襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで非常に多くの種類が
揃っています。
また織物系のふすま紙もあり、織糸の種類や撚糸の数さらに印刷やの後加工の
方法により高級なものから普及タイプまで多くの種類が揃っています。
織物系襖紙
それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ
下さい。ご注文は2枚からお願いします





 尚、お安くしていますので、ご注文は1対つまり2枚から お願いします。

                                         

 
クリック>>襖ふすまの種類
                お問い合わせメールフォーム

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、
価格もリーズナブルです。
種類も多く揃ったお求め易い商品です。
  
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工による多くの柄や材質があり、種類については一番ボリュームがあります。

鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ます。

手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。
その色合いが鶏卵の殻の 淡黄色に似ているところから鳥の子と呼ばれました。
現在は雁皮や三椏、木材パルプ等を混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)         雁皮(ガンピ)の花
和紙襖の原料がんぴの花

雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物である雁皮から作られる和紙です。

雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、雁皮紙には野生のものの樹皮が用いられます。古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もありました。
繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、赤クリームの自然色(鳥の子色)と独特の好ましい光沢を有しています。
丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられました。日本の羊皮紙と呼ばれることもある様です。

   引き手   引き手
引き手引き手  引き手

引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと汚れ防止の役目があります。
引き手は、手加工の貴金属や陶器の
ものからプラステック製の廉価なものまで多種多様に揃っています。

 引き手 引き手 引き手 陶器製 引き手 


襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして使われるようになり、中国から伝来の、隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、貴族社会に普及して行きました。平安時代の貴族達の住宅様式は、部屋の中に仕切りを作らず、通気性を優先した寝殿造りと言われるものでした。
今で言うパーティションとして、屏風などを使用していました。やがて屏風などに代わるものとして、障子が中国から入ってきました。そして寝所に使われる障子を衾(ふすま)と呼ぶようになりました。当時寝所のことを「臥す間(ふすま)」と呼んでいました。
 「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」を意味するものであった為です。
襖の語源は衣服のあわせから来ています。衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に
絹裂地を張りつけたものだったので、衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。
初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から絹布などを貼ったものでしたが、
やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が襖に使われるようになり、襖と障子が明確に分かれて行きました。その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。 また、障子は明障子(あかりしょうじ)と呼び分けられる事もあります。武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を演出するようになって行きました。そして今に残る数々の襖絵が描かれ有名絵師が登場しました。そして江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、少しづつ一般の庶民にに広がって行きました。

高槻市の地域の特徴と高槻市の名勝地

高槻市のある大阪府というのは、日本の第2の都市として多くの府民を抱えているのですが、北部と南部に大きく分かれていまして、大阪の南部というのは、堺市を中心とした一つの都市としてのエリアを形成しているのですが、対する北部は梅田を中心としたエリアに都市が形成されているのです。この大阪の北部エリアでも、梅田よりも北部に位置するエリアを北摂地域と呼びまして、吹田市、豊中市、茨城市、高槻市はこの北摂地域にある街です。
高槻市のある北摂地域というのは、大阪ではどちらかというと高級住宅街としての位置づけになっていまして、大阪のベットタウンになっています。梅田より南部の地域というのは、どちらかというと大阪城、天神橋筋、天満橋、難波などといった古い街が多いのですが、この高槻市のある北摂地域というのは、商業地というよりも水田地帯としての役割が長かったので、何といっても新しい街が多いという特徴があります。
在来線の大阪駅、新幹線の新大阪駅、名神高速道路の吹田インターチェンジなど、大阪の機能が南部から北部へと移り変わっていく中で、だんだんと高槻市などの北摂地域の開発が進んでいったのです。こうした動きの中で高槻市は、それまでの水田地帯などが住宅地へと変わっていったので、下町としての発展をするよりも、新しい街ですから高級住宅街として発展をしていくことになったのです。
また、高槻市は大阪と京都のちょうど中間に位置するために、大阪と京都という大きな2つの都市のベットタウンとして発達していくことになりました。このため高槻市の言葉は、大阪の南部で使われるような、いわゆる大阪弁と言われるなまりは少ないという特徴もあるのです。高槻市は治安がとても良いことから、教育機関としても多くの大学や高等学校がありまして、進学率も良いことから、遠方からわざわざ高槻市に教育のために引越しをしてくるということも多いのです。
このように、高槻市は多くの人があこがれる街ですから、最近少なくなってきた若い世代も多く暮らすことから、活気のある街でもあるのです。高槻市の若い世代が多いということから、高槻市に企業も多く進出していますので、ベットタウンとしてだけではなくて、働く場としても最近は見直されてきているのです。こうした動きから、高槻市の財政状況もほかと比べると良好ですので、行政サービスがとても行き届いているので、高槻市民の満足度は高くて人気があります。

今城塚古墳がある高槻市

高槻市は京都市と大阪市のちょうど中間に位置している市です。大阪府三島地域に位置しており、高槻市の北側には北摂山地に連なる山々と丘陵が、南側には平野が広がっています。 1889年(明治22年)4月1日に、町村制の施行により高槻村が発足し、1898年(明治31年)10月14日には町制施行により高槻町が発足しました。その後、1943年(昭和18年)1月1日に市制施行により高槻市が誕生することとなりました。 高槻市には国の史跡に指定されている前方後円墳である今城塚古墳があります。その今城塚古墳で生まれたという設定で、2011年(平成23年)6月8日に高槻市のマスコットキャラクター「はにたん」が制作されました。「はにたん」は今城塚古墳で出土した武人埴輪がモデルとされています。「はにたん」は2012年(平成24年)10月1日には高槻市の魅力を発信し、知名度向上に取り組む「たかつきPR係長」に就任しています。 高槻市では市の木として、室町時代に高槻市に大きな木があったという「けやき」を制定しています。また、市の花としては、高槻市の史跡である玉川の里に群生している「うのはな」を制定しています。古来、玉川の里は「うのはな」や月の名所として知られていました。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃない」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。

お見積もり無料 出張料も要りません

  アフターケアもご安心下さい。

高槻市内、迅速にお見積もりさせて
頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい

施工可能地域

大阪府下全域にお伺いします。

大阪府高槻市 N様邸
襖張替え

大阪府高槻市 S様邸
襖張替え 畳表替え 

 N様邸
襖の張り替え


 Y様邸
襖の張替え 

 N様邸
襖の張替え工事

 F様邸
襖張替え、畳表替施工 事例

 I様邸
襖張替え、畳表替え工事

和室につきものなのが、襖です。これは我が国伝統的案ものであって、非常に価値あるものです。今はだんだんと和室の部屋が世の中から少なくなってきておりますが、一戸建て住宅を新築戸建てで今のタイミングで購入したとしても、少なくても一つの部屋ぐらいは和室だったりします。そして、この和室には襖はつきものです。襖があることによるメリットは、デザインも純和風であって、とても心地よい気分にさせてくれます。さらに、襖は湿度をしっかりとコントロールしてくれるので、その部屋で快適に過ごすことができます。これはとても大きなメリットになってきます。では、襖の張り替えが必要になった時、どうするのがよいかというと、自分自身で襖の張り替えをするのは至難の業です。よって、自分自身で行うのではなくて、襖の張り替え、畳の張り替え、さらには障子等を張替えしてくれる専門の業者があります。ここに相談することによって、きちんときれいに張替えしてもらうことができます。しかも、こうした専門業者に依頼すれば、さまざまな種類の襖がありますので、その中でその部屋にぴったりとあったものに張替えしてもらうことができます。料金も結構安くなっています。

高槻市は、大阪府の北東部にあり、三島地域に位置しています。大阪市と京都市の中間に位置しています。北摂のベッドタウンとして栄えています。高槻市は、東西に狭く、南北に広くなっています。高槻市の面積は、105.29平方キロメールとなっており、大阪府の中で4番目に広い市です。高槻市は、枚方市、茨木市、寝屋川市、摂津市、島本町、京都府亀岡市、京都市に隣接しています。高槻市の人口は、2017年4月時点で350427人となっています。高槻市は、1943年に誕生しました。大阪府の中で9番目に誕生した市です。2003年に大阪府で2番目に中核市に移行しました。高槻市は、大阪府の中でも小売業者、サービス業な盛んに行われている市です。高槻市の特産品は、いちご、しろうり、トマト、よしずです。また、様々な企業が本社を置き、経済を支えています。高槻市内は、JR京都線、阪急京都線が走っています。JR高槻駅、阪急高槻市駅が市の中心となっています。その周辺は、多くの商業施設があります。大阪市内、京都市内へのアクセスは良好となっています。高槻市の観光スポットは、摂津峡、摂津峡温泉、高槻森林観光センター、川久保水源の森などがあります。