障子の張替え

大川市内スピード対応!!

大川市内での障子の張替えは
   全国でも最安クラスの当店にお任せ下さい。
■国内産上質障子紙使用の障子もキャンペーン価格でお届けしています。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

●お見積りもスピーディーに対応で、もちろん無料です
●家具の移動もお任せ下さい。無料です。
●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×180cmが基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。

雪見障子

一部がガラスになっていて、その前の障子部分が上げ下げで、 開け閉めできるものを雪見障子と言います。

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

■障子紙の効果

冬期にお部屋で炬燵などに入っていると、寒気を感じてゾクットする経験はありませんか。これは空気が低温の窓やコ ンクリートの壁にふれて冷やされ重くなり床に沿って流れて低い姿勢でいる人を冷気で冷やし、寒気を感じるのです。しかしこの現象は、室内の空気が直接ガラス面にふれないようにガラス窓と障子で二重建具にすることで軽減できます。 これに使う障子紙の多孔性というフィルター効果の高い特質も大きな効果が期待できます。自然な形で換気と清浄化が行われるため、機密性が高まった住宅環境でここ10年間に倍増する幼児アトピーも、障子を利用すれば通気性がよくなり軽減が期待できます。また、身体に有害なホルムアルデヒドや空気中のホコリ・ニコチンなども吸収してくれます。さらに、障子の吸湿作用も室内に湿気がこもるのを防ぎ、湿度の高い日本の住宅には最適な建具です。 このフィルター効果を維持する為、障子紙の張替えは、1年に1回を目安にされることをお勧めします。

(吸湿効果)

障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)

障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)

障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。


人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!
丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、
強化障子紙と言われる破れ難い障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、
それぞれの特性も考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法によって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 

(無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。

■プラスティックをラミネート

(無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。 和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。

 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ

(無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。 照明器具など広く使われています。

 
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

障子の問題への対応方法について

障子は外からの光を取り入れることもできる便利なものですが、紙でできているのでちょっとしたことで簡単に破けてしまいます。そういう性質がありますからこのような製品を使う場合は、定期的に張替えをしておくことが重要になります。障子の張替えは以前は家族でやることが多くありましたが、最近はそのような方法が難しくなっています。いまの日本は核家族化が進んでいますし一人暮らしの人も多いですから、そのような環境では障子の張替えは難しいです。そのためこの頃は業者に障子の張替えを頼むことが増えており、そういうやり方で対処をする人が多いです。では障子の張替えを業者に頼む時はどうすればいいかというと、家の近くに業者があるならばそこに頼むのも手です。家の近くの業者ならば短時間で作業をしてくれますし、いろいろな相談もしやすいので便利です。他の方法としてはネットを使って広範囲に業者を探すやり方もあり、そのような方法は安い業者を見つけやすいです。最近は障子の張替え業者同士が価格競争をしているので、かなり安い料金で頼める業者もあります。そのような業者はネットを使うとすぐに見つかりますから、うまく工夫をすればいい条件で利用ができます。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



大川市に木工の技が根付いた理由は筑後川

大川市は、福岡県南西部にある市の一つです。人口は、3万5千人前後といったところになります。農業・漁業・製造業が、大川市の経済の基盤を支えているのです。農業はイチゴやイチジクなども盛んですが、米と麦も行われております。漁業は、福岡海苔の産地としても知られており養殖業に力を入れているのです。製造業では、江戸時代にはすでに木工と関わりがあります。大川市内を、悠然と流れる筑後川ですが、この川があったからこそ木工の技がこの地に根付いたのです。木材の産地である日田から筑後川を流されてきた木材の集積地が、筑後川の下流である大川市になります。現在の様に庶民が家具を、気軽に手に入れることが難しかった時代です。それは手頃な価格で販売されていないことも理由の一つですが、販売されている品物もなかったということもあります。現在の大川市の家具の歴史を作ったといっても過言ではない、職人が江戸時代に現れたのです。明治時代になっても、その技術は休むことなく磨かれ続け、さらに躍進し続けた結果が今日になります。和室の欄間彫刻などの他に、和箪笥や梁といった部屋の随所に磨かれた技が残されているのです。それがよくわかるのは、旧吉原家住宅として一般公開されている江戸時代の傑作があります。入館料は、無料です。大川家具は、これからも技を磨きつつ人に必要な家具を、進化し続けていきます。


施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

アフターケアもご安心下さい
大川市全域にお伺いします
【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。  

D様邸
障子張替え

 T様邸
障子張替え

 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

Y様邸
障子の張り替え交換修理

日本の文化、和風は世界にも改めて認識されています。 日本の和風建築の様式の一つである障子は、その代表的なものです。 木の枠と和紙からなる障子は和風建築ではたくさん使われています。 和紙を通じてやさしい光が部屋を落ち着いた雰囲気にしてくれます。
障子は視線をさえぎり、やさしい光を室内に届けるのだけではありません。 断熱、という意味でも効果があります。 熱をさえぎるには実は空気というものは非常に大きな断熱材になります。 最近の新しい和風建築の窓にあるように、サッシの内側に障子を置くということが非常に断熱に効果があります。
障子が和風に欠かせないのは日本文化とも関係します。 障子を閉めることで、音は実は聞こえます。 しかし、聞こえているのか聞こえていないのか、それは日本人には察するということで、聞こえていても聞こえない、ということが行われてきました。
障子には和紙と木の枠といったもののほかにも、ガラスやすりガラスを入れたものなどバリエーションは様々です。 できれば、断熱などのことを考えると仕舞のよいものでなければなりませんが、木製で雰囲気を味わいたいものです。
和室を和室らしくさせる障子にはこのようにたくさんの機能があります。 また、年末などに障子紙を張り替えてみたり、その時に、少し色や模様の入った和紙に変えてみたりといろんな楽しみ方もできるのもメリットです。

障子の張替

障子を張り替えている途中で中腰の間まで移動していたことによって、腰痛を患ったという経験を持っている人は多数存在しています。腰痛を一度患うと、全く動けなくなるため、できる限りならないように気をつけることが大切です。
そのためには、ふすまや障子の張替えを行うときには、プロの張替え業者に委託することで、通常よりも障子の美しさや腰に負担がかからない張替えを実現できます。実際に張替えをしている人々に任せておくことで、それを実現できます。
だからこそ、腰痛を患っている家族や、多忙で体に負担をかけるのがいやだという場合には、障子張替えはプロに任せておいたほうが障子ならではの独特のカラーや色合い、光の入り具合などの魅力を形にできるので大変安心だといえます。
多数の人が安心して使えるような明るさになっているばかりか、日差しをさえぎってくれる効果をも期待されているので、大変効率よく便利なやり方として評価を受けているのです。実際に昨今の障子屋では、張替えも仕事のひとつとされています。
そのため、適切に対応してくれる業者に確認することで、自分たちで非常に大切としている障子に対して適切に張替えなどを行ってくれるので、腰痛のリスクを受けずに対応ができるのはとてもいいこととされているのです。