障子の張替え

羽曳野市内スピード対応!!

羽曳野市の全域で国内産上質障子紙使用の障子もキャンペーン価格で熟練の技能士が丁寧に施工致します。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

  ●お見積りもスピーディーに対応で、もちろん無料です
   ●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

クリックして下さい

  

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

 ■障子紙の効果

障子は定期的なメンテナンスが必ず必要になってくるものです。きちんとメンテナンスをすることで素晴らしい障子を活用することが出来ます。自分で障子のメンテナンスをする人もいますし、プロである業者に依頼する人もいます。こうした障子の価値はとても大きなものです。一軒家であれば必要不可欠なアイテムになっています。子供のいる家庭などでは、こうした障子が破れてしまうことは多々あります。動物がいる家庭などでも定期的なメンテナンスが必要です。
きちんと障子を活かすことで、和風なインテリアにしていくことが出来ます。外からの光を部屋の中に取り込んでいくことにおいて、こうした障子はとても多くの人に必要とされているものになっています。障子は様々な用途に活用することが出来ます。現在の住宅事情などにも最適なものもたくさんあります。破れにくいようにされているものや、デザイン性を重視したものなど様々なものがあります。こうした色々な製品があることも大きな魅力になっています。
障子をきちんと利用することで紫外線を軽減させていくことが出来ると言われています。インテリアとしてガラスと組み合わせたものがとても多くの人に支持されています。障子を利用することは様々なインテリアの可能性を広げていくことが出来ます。こうした障子には色々な工夫をしていくことが可能になります。和室には必要不可欠なアイテムとしてとても人気があります。最近では和室も人気があるのでこうした障子を利用していくことはとても大事です。
日本文化としてとても古い歴史があるものです。現在では、こうした和テイストを好む人が増えているので再び障子の需要はとても大きなものになっています。障子という文化はとても素晴らしいものになっています。障子をきちんと活用することは、とても大きなメリットがあります。障子を活用することで、魅力的な部屋を作っていくことが可能になります。障子には潜在的な需要があります。需要があるのは、やはり素晴らしいからです。
そもそも長い間多くの人に活用されてきたことから国内の住宅事情にもっとも適しているものです。定期的にメンテナンスをしていくことで清潔感のある部屋にすることが出来ます。またメンテナンスが簡単ということもこうした障子の大きな魅力になっています。障子はとても多くの人に必要とされているものです。とても素晴らしい機能性とインテリア性を持っている住宅には必要不可欠なものになっています。住宅は様々な工夫で変化させていくことが出来ます。


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティック
を貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙

 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。

■プラスティックをラミネート
    

 (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。


  ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
    

 (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  

柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

お問い合わせフォームは24時間受付です。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

               

羽曳野市の町の歴史や特徴や特産品と羽曳野市の名跡史跡

羽曳野市は大阪府南河内地域に位置する市です。ここではブドウの生産が有名で、他に古墳などの古代史跡のたくさんある市として知られています。遙か昔に建てられた古墳が市の各地にたくさん残っています。その古墳に足を運ぶと、この大きな古墳を作ったことのすごさと、壮大な雰囲気に現在の羽曳野市の様子と合わさって、時代の移り変わりを感じとるとができます。羽曳野市にはこのような大小さまざまな古墳がたくさんあり、それは古市古墳群として今も残っています。
羽曳野市の中央部はおおむね平地になっています。そこには住宅街が広がっています。南部にある羽曳野丘陵にも住宅街が広がっています。羽曳野市の中央部から少し東に行くと、大和川の支流である石川が流れています。東部には奈良県境へと続く丘陵地帯があります。人口は約12万人で市の木はタチバナです。1956年9月30日に町村合併法により南河内郡南大坂町となり、1959年1月15日に市制施行により大阪府で26番目の市、羽曳野市が誕生しました。
古墳時代には多くの古墳が造営されました。これは古市古墳群として残っています。また羽曳野市には古代の官道として使われた、竹内街道が市の東西にはしっていたことがわかっています。このように羽曳野市はとても歴史の深い町です。それは町を歩いていると肌で感じることができます。羽曳野市の周辺に人が住み始めたのは、今から約2万年前の旧石器時代であるといわれています。古代には歴史の皇族や有力氏族の活躍の舞台となりました。
この頃にはたくさんのお墓や寺院が造られました。これが現在の羽曳野市の礎になっているといっても過言ではありません。11世紀には源頼信が河内の国司に任命され、以後三代にわたって河内源氏としてこの地で活躍し、羽曳野を発展させました。その後はたくさんの戦の戦場となり、戦国時代に織田信長や豊臣秀吉の手によって羽曳野は安定した土地となりました。そしてそれらの歴史の爪痕は町のあらゆる所に残り、今の羽曳野市の姿となっているのです。
羽曳野市では、デラウェア種である河内ブドウの生産が盛んです。羽曳野市の駒ヶ谷地区でも主にデラウェア種のブドウが栽培されています。このブドウの生産が全国で1位になったこともあります。このブドウを使ったワイン作りも古くから行われ、河内ワインや飛鳥ワインとして生産されています。また古市地区を中心にイチジクの栽培も盛んです。このイチジクは関西でも随一の生産量を誇ります。このイチジクを使った珍しいイチジクジャムも上品な甘さで老若男女を問わず人気のジャムです。

道の駅で特産品を買える羽曳野市

羽曳野市は大阪府南東部に位置しており、堺市、松原市、藤井寺市、柏原市、富田林市、太子町、奈良県香芝市に隣接しています。1959年(昭和34年)1月15日に、市制施行により南大阪市が発足、即日改称して羽曳野市となりました。羽曳野市の特産品の一つはいちじくです。羽曳野市観光協会では、このいちじくを使用して「いちじくジャム」を作りました。トーストにも相性が良い、甘さ控えめのいちじくジャムは、羽曳野市役所や市内にある道の駅などで購入することができます。また、羽曳野市の特産品としてあげられるのがぶどうです。小粒で種なしのデラウエアや大粒の巨峰、種なしのピオーネなどの栽培が盛んです。市内の3つのワイナリーでは、羽曳野市で収穫されたぶどうを使ってワインも作られています。いちじくジャムやワインをはじめとして羽曳野市の農産物や加工品が販売されているのが南阪奈道路側道沿いにある「道の駅しらとりの郷」です。道の駅にはバーベキュー広場や芝生広場、子供遊具がある野外活動広場もあり、市内外から多くの人が集まり憩いの場として利用しています。道路利用者のための休憩情報案内施設棟では、交通情報や観光情報が提供されています。


                                    

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 堺市内全域に
お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません    

施工可能地域


   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。

   

W様邸 障子張替え M様邸
障子張替えT様邸 
障子張替え

Y様邸
障子の張替え

 A様邸
障子の張替え

障子は一説によると、平安時代に襖から派生した建具と言われており、現代まで和風の住宅には欠かせない存在となっています。広い空間を障子で仕切る方法で、昔から目隠しや明かり取りとして多用途に使われてきました。今でも、古い町並みが美しい場所では必ずと言っていいほど障子が使われており、木枠と白い和紙の美しいコントラストが懐かしさを呼び起こします。現代では洋風の住宅が普及し、障子に代わってカーテンが多くみられるようになりましたが、今回はこの障子の良さと上手なメンテナンスについて書きたいと思います。
 障子の良さとは何と言っても、光を柔らかく遠し部屋を明るく見せることです。外部からの視線を上手にさえぎって、なおかつ部屋に自然な明るさを取り入れることができる昔ながらの機能性は大変画期的なものです。また、障子紙は自然素材なので吸湿性や換気能力があり湿度を調節する役割も果たしています。ジメジメした日本の気候に適している存在なのです。しかし、和紙で出来ており大変繊細なつくりのため、ちょっとした衝撃ですぐに破れてしまうことも多いのです。実際、小さな子供がいる家庭にお邪魔すると、かなりの確率で破れた障子を目にすることがあります。
 障子が破れてしまったり、長期間使用することでの日焼けや汚れが目立ってきた場合はメンテナンスが必要です。一番ベーシックな方法は和紙を張りかえることです。古い障子紙に霧吹きなどでしっかり水分を含ませて2〜3分おくとはがれやすくなりますので、下からゆっくりはがします。きれいにはがせたらぬれタオルなどで桟を拭いて残った紙を丁寧に拭き取り、よく乾かします。次に汚れ防止のために床に新聞紙などを敷いて、セロテープで障子紙を仮止めします。仮止めした障子紙は巻き戻し桟の横に置いておきます。その後、桟に専用ののりを付けて一気に転がし貼り付けます。余分な紙をカッターで切り取り完成です。
 現在では、障子紙の種類も大変豊富になりました。一般的なものはパルプにレーヨンなどの素材を混ぜたものが多く流通していますが、化学合成繊維で出来た破れにくい障子紙やプラスチック製の障子もありますので、小さな子供がいる家庭ではこういったものを活用するとよいでしょう。また、ほんの少しだけ破れてしまった場合は、桜の花びらなどの可愛らしいデザインの専用の和紙が販売されていますので、破れた箇所に貼り付けると破れた部分も気にならずお部屋が華やかになります。
 障子は破れやすくメンテナンスにも手間がかかりますが、柔らかな光と情緒あるたたずまいは日本人だからこそ味わえる伝統と文化なのです。最近では近代的な住宅も増え、住宅街を歩いても障子を使用している家庭はなかなか見られなくなりました。しかし節電の影響もあり、昔ながらの日本の暮らしが見直されています。小さな子供やペットのいる家庭ではなかなか維持が難しいかと思いますが、破れにくい障子紙を使用したり、現代風のアレンジでおしゃれに障子の良さを味わってみてはいかがでしょうか。

 大阪市羽曳野市は、大阪市の東南部に位置しており、市域の総面積が26.45平方kmの市となります。羽曳野市内には梅酒の製造メーカーであるCHOYAの本社工場が所在しています。CHOYAの梅酒は、国内産梅100%で製造されており、添加物も一切含んでいません。そんなCHOYAの商品は、ほかの特産品と一緒に道の駅「しらとりの郷」や「羽曳野」で購入することができます。  羽曳野市の特産品は、いちじく、河内ぶどう、河内ワイン、飛鳥ワイン、碓井豌豆、河内もなかなどが挙げられ、特にいちじくは関西第1位の生産量を誇っています。羽曳野市のいちじくは、誉田・碓井地区など地下水が豊富で、なおかつ水はけの良い砂質土壌で栽培されており、羽曳野市のいちじくは特に甘みが強いといわれています。  羽曳野市のイベントについては、毎年1月7日〜9日にえびすまつり、5月5日に白鳥伝説はびきのまつり、7月初旬にはびきの七夕祭りなどが開催されています。また、羽曳野市のイベントを盛り上げる市のマスコットキャラクターとして、「つぶたん」が存在しています。つぶたんは、羽曳野市の特産品であるぶどうをモチーフにしたキャラクターです。特技は、ぶどうのお世話となっています。