京都市左京区の畳たたみの表替えと新調は、
業界高水準の品質と全国でも最安クラスの当店で!!

京都市左京区内スピード対応!!

新調も激安です!畳表替えは畳表(ゴザ)と縁(ヘリ)を新しいものと張替えます。
価格には、材料代・施工費・配送料などの費用も含まれています。
今月も頑張ります激安価格 

国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

■畳の表替えを只今、キャンペーン価格でお届けしています。
  家具や道具の移動もお任せ下さい。無料です。

 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ
お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること、
つまり顧客満足度を大きな目的としています。 
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり環境保全を目的とした重要な規格と言えます。

床の間用畳表(竜鬢リュウビン)について クリックして下さい

■畳たたみのサイズ

●五八間(ごはちま)(江戸間、関東間とも言う)が基準です。
5尺8寸×2尺9寸  (1760mm×880mm)1間を6尺で計算しています。

●本間間(ほんけんま)京間(きょうま)関西間(かんさいま)
3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)1間を6尺3寸で計算します。その結果五八間より大きく成っています。かって近畿地方以西で多く使われていました。

●三六間(さぶろくま)中京間(ちゅうきょうま)
3尺×6尺(900mm×1800mm)     など他にも幾種類かあります。

それぞれ最大の寸法です。

■畳たたみの張替え方法

畳替たたみかえには、下記の様な方法があります。
畳たたみの状態に応じて最適な方法をご提案させて頂きます。

■畳の裏返し

裏返しについてよくお客様に聞かれるのですが、畳自体を裏向きにひっくり返して引き直す。 これは間違いで。
畳表(表面に縫い付けているゴザ)を裏返して畳床(畳の土台)に再
縫い付けます。畳縁(たたみべり)は新品を使います。このときに強いテンション(引っ張る力)が掛かります。

畳替えから3〜5年を目途にして下さい。
但し、日当たりの良い場所や飲物など液体などを溢している場合は
裏まで焼けていたり、シミに成っている場合があります。
また、イ草を束ねている縦糸は年数が経っていると劣化して再び縫い付ける時に、切れる場合があります。

■畳表替え(たたみおもてがえ)

表替え裏返しから3〜5年程度で、畳表(たたみおもて)を新しいものに交換することをお勧めします。また張り替えて8年〜10年を越えている場合は、畳の表替えをお勧めします。畳縁(タタミヘリ)も新しいものに張替えます。

■新調(新畳しんたたみ)

土台の畳床が補修では間に合わない場合は、新畳つまり新しい畳を作りましょう。畳床(たたみとこ)、畳表(たたみおもて)、畳縁(たたみべり)を全て新しいものにします。


   

■畳表(たたみおもて)について

畳表とは、い草のくきを乾燥させ泥染めをして織りあげた茣蓙(ゴザ)です。
丸い草を使用したものに、経糸に麻糸や綿糸を使い織り上げます。一目の中に経糸2本ずつを織り込んだ諸目(もろめ)表と言われる織り方で綿2芯、麻2芯綿麻4芯麻4芯などがあります。
最近人気の縁無し畳には、一目に経糸を1本ずつ織り込み目積(めせき)表と言う織り方のものが利用されます。同じ縁無しでも琉球表は、七島い草と言い断面が三角形のものを使い、泥染めをせずに織られるものを言います。
畳表は年月が経つと擦り切れるため、業界では3年〜5年に1度を目安に、畳表の裏返しや、表替えをお勧めしています。
畳表は、い草の他に合成繊維や和紙を織った畳表や合成樹脂の表面に畳の目を型押ししたシート状の畳表等もあります。

■い草の泥染めについて

い草は、収穫されてから‘泥染め’と言う工程を経ます。
これにより、熱の吸収作用を良くして乾燥速度を速めます。
するとい草の酸化酵素の働きが鈍くなり、葉緑素の分解が抑制される為、
い草の色彩が良くなると共に光による色あせも鈍くします。
それと同時にい草の表面を泥で覆う事により、水分の蒸発もゆっくりと成りますので、い草の表面が乾燥により急激に萎縮する事を防ぎ、変色を防ぐ事にも成ります。畳表になった時のい草の色目は、い草固有の色に泥染めによる色が加わったものです。新しい畳表特有の良い香りは、泥染めをして貯蔵中に化学反応を起こして生まれます。この泥染めをしないと、い草も単に普通の干草と同じ様な匂いのままです。
泥染めに使われる土は、岡山、広島や淡路島で取れるものが使われることが多く、それぞれに特色があります。
いずれにしても、い草を畳表に仕上げる過程で、泥染めは欠かせない工程です。
※色目の悪い、イ草を化学染料等で着色した、悪質な表とはまったく異質なものですので念の為。

■縁(へり)

畳縁には、デザインが美しい洋柄・日本古来の季節を感じさせる趣のある和柄、繊細な織り柄など、多種多様な柄があります。畳縁で部屋の雰囲気が大きく変わりますので、現在では部屋の用途ごとに縁を変える住宅も増えています。四季のお花を織り込んだ縁は、洋風の部屋にも馴染み、優しく落ち着いた雰囲気にしてくれます。自然素材を大事にされて、あまり華美でなく落ち着いた和室をお好みの方には、無地の織りの物。また、子ども部屋や、教育施設などには、動物柄や明るい色彩の物が選ばれます。
畳縁は、畳床を畳表で包むときに、長手方向には畳表を巻きつけて裏側で畳床に縫いつけますが、横方向は、畳床の幅に合わせて畳表を切り揃えてしまうので、切り放しのままでは、畳表が固定されないので、畳縁で切り口を隠すと同時に畳床に縫いつけて止めます。こうして、畳縁があることによって、和室の雰囲気を変える役目と畳表の強度をより強くする役割と、畳表の角の摩耗を防止する役目があります。最近では縁なし畳を選ばれる方もいらっしゃいますが、やはり多くの方は畳縁のある畳を選ばれます。
畳縁の歴史は古くからあり、昔は身分等によって利用できるという制限がありました。平安時代には、今ある畳の形がベッドとして使用されていました。この頃の畳の縁は、大変高級品で、身分によって絹や麻など使用できる繊維やが決まっていました。また、宮廷・公家・武家・商家などの紋も決まっていました。よく、昔から「畳の縁を踏んではいけない」という教えがあり、家紋の入った畳縁を踏むことは、ご先祖様や親の顔を踏む事と同じなのだという、武家の教えや商家の心得でした。
先日、我が家の畳も10年で、ずいぶん痛みささくれ立ったイグサがちくちくするので、畳の表替えをしました。その時に畳業者の方が、畳縁のサンプルをいくつも出して下さいました。畳縁はまるで着物の帯の様に美しく、どれにしようかと迷いました。迷って私が選んだ物は、とても美しい和柄で、桜の様に淡いピンクと淡いグリーンと薄い黄色のもみじが散りばめられた畳縁でした。少し派手かなと思いましたら、畳業者の方は、「これは料亭などに実際使われた畳縁で品があって、素敵ですよ」と言って下さいました。出来上がった畳と畳縁は和室をくつろげる優美な空間にしてくれました。
現在では、この色とりどりでデザインも豊富な畳縁が、畳に使用するだけでは、もったいないので、さまざまな物に使われています。たとえば、縁だけを購入し、手作りバックのワンポイントに取り入れることで、デザイン性豊かな自分だけのバックが出来ます。また、コースターや、畳縁のストラップなどもあり、多種多様な商品に加工されています。日本人の繊細な心を織物にして一般家庭でも楽しめる物に加工した畳縁を大事にして、ぜひ畳の表替えをされる時は、好みにあった物を選ぶ事をおすすめします。



             (画像はイメージです)  

クリック>>畳たたみの構造

クリック>>非常に強く、変色し難い 和紙の畳表                     と樹脂製の畳表

クリック>>イ草についてのお話



■畳の毎日の手入れの仕方と畳を取替える時期

畳は毎日のお手入れによって、よりきれいに長持ちします。掃除のポイントは、拭くときには乾いた雑巾を使うことです。濡れた雑巾で拭くと表面の光沢がなくなってしまいますので、掃除機をかけた後に乾いた雑巾で拭いてください。掃除機は畳の目に沿ってゆっくりとかけましょう。丁寧に掃除機をかけることによって、ダニなどの増殖防止になります。また、畳の上には絨毯などを敷かないようにしましょう。畳の呼吸が妨げられて、カビやダニが発生しやすくなります。
次は、梅雨時期の畳の手入れについてです。湿度の高い時は、窓を開けるよりもエアコンで除湿しましょう。もし畳にカビが生えてしまったら、まず始めに、中性洗剤を薄めた液で雑巾を湿らせて拭きましょう。次に、消毒用アルコールを染みこませた布で畳を拭いて殺菌します。カビ取りの手入れで注意すべき点は、掃除機をかけてはいけないということです。カビの胞子は飛び散りやすいので、掃除機によって胞子が家中に広がってしまいます。また、必ず窓は開けておきましょう。
もし、畳に汚れがついてしまったら早めに処置をしましょう。時間が経つと汚れは落ちにくくなってしまいます。インクをこぼしてしまった時は、牛乳で湿らせてから拭き取ります。クレヨンがついた時は、クリームクレンザーをほんの少しだけ乾いた布につけ、そっとこすります。灯油や醤油をこぼした時には、こぼした上に粉末の洗剤・クレンザー・塩・小麦粉などをふりかけ、しっかりと液体を吸い取らせてから掃除機で粉を吸い取り、固く絞った布で何度も拭きます。
畳は、数年に一度は裏返しをしたり、もっと古くなった畳は新しいものと交換したりと、定期的なメンテナンスが必要です。まず、畳の構造からご説明します。編み込んだイグサでできている表面を覆っている部分を畳表(たたみおもて)、芯材にあたる板状のものを畳床(たたみどこ)、縁に付けられた帯状のものを畳縁(たたみべり)といいます。メンテナンスの種類は三つあり、それぞれ裏返し、表替え、新畳といいます。
裏返しの目安は3年から5年の間です。裏返しとは、両面使うことのできる畳表を裏返しにする作業のことです。裏側は日光を受ける量が少ないため、表側よりも色褪せが少ないのです。この時、同時に縁も新しく取り替えます。次は表替えです。目安は7年から8年ほどです。表替えは、畳表と縁を新しいものと交換することです。最後に新畳です。畳を丸ごと新しいものに買い換えることです。10年以上が目安になります。


京都府京都市左京区は、南は繁華街となっている三条通りから北は山が広がり南丹市や滋賀県高島市との境までかなり南北に広い地域です。ただ、京都府京都市左京区の中で住民が集中しているのは岩倉から南の地域です。京都府京都市左京区の住民の集中する、岩倉以南には歴史的に有名な銀閣寺、南禅寺、下鴨神社や平安神宮など寺社仏閣が多く、また京都大学や京都府立大学などの国公立大学や京都造形芸術大学や京都精華大学などの芸術大学も多く位置しています。京都府京都市左京区はまさに文化と学問の地域と言えます。
京都府京都市左京区の中で寺社仏閣などの歴史的文化価値のある建造物や地域は、特にゴールデンウィークや長期休暇などに観光客等でにぎわいます。修学旅行生や外国人も多く訪れています。そのため、京都府京都市左京区には、観光客向けのお土産店や飲食店が多くあり、かなり栄えた印象を与えています。また、観光客が移動のために用いる交通機関は、市バスや京阪電車、叡山電鉄などはりめぐされており、観光客だけでなく、京都府京都市左京区住民にとっても交通の便はかなりいいと言えるでしょう。
京都府京都市左京区の京都大学周辺や京都造形芸術大学周辺などの地域は、それらの大学に通う学生が多く住んでおり、学生街として発展しています。それらの地域には、学生向けの比較的低価格の飲食店が立ち並んでいます。それらの飲食店は学生が消費ニーズにこたえるだけでなく、学生のアルバイト先として雇用ニーズにこたえるものとしても機能しています。また、京大周辺の古書店、造形大周辺のギャラリーなど、大学の色がそのまま町の色を形成しているのが京都府京都市左京区でもあります。
また、京都府京都市左京区はアートやカルチャーの地域にもなっています。京都市美術館という主要美術館から現代アーティストを輩出しているギャラリーも数多く位置する岡崎、先述の造形芸術大学や個性的な店やギャラリーが点在する北白川など芸術色の強い地域が京都府京都市左京区内には多くあります。そこでは、「サキョーカー」と呼ばれるアーティストやそれを志す芸大生などの若者も多く暮らしており、京都府京都市左京区は強烈な個性を持った独特の文化圏を形成していると言えるでしょう。
そのように、京都府京都市左京区は歴史文化地域であり、学生街であり、現代カルチャー圏であると言えます。それはつまり、一般に京都にイメージされる歴史的文化と若者中心の現代カルチャーの混在する地域であるということです。京都府京都市左京区での生活における利便性は、むしろそれらの文化的活動の副産物的であって、より本質的な地域的特徴は、京都府京都市左京区住民は意識的にしろ、無意識的にしろ、他地域にはない独特の文化的影響を相互に与えながら生活していることにあると考えられます。

京都府京都市左京区の観光スポットを知りたい方のために、京都市左京区について簡単に紹介していきます。一つ目に紹介するのは、京都府京都市左京区銀閣寺町にある「銀閣寺(慈照寺)」です。銀閣寺(慈照寺)は、JR「京都駅」から市バスで約30分のところにあるお寺で、世界遺産にも登録されています。お寺が好きな方は是非行かれてみてはいかがでしょうか。二つ目に、京都府京都市左京区岡崎西天王町にある「平安神宮」です。平安神宮は、JR「京都駅」から市バスで約30分・地下鉄東西線「東山駅」から徒歩で約10分のところにある広々とした庭園がある神社です。三つ目に、京都府京都市左京区下鴨泉川町にある「下鴨神社(賀茂御祖神社)」です。下鴨神社(賀茂御祖神社)は、JR「京都駅」から市バスで約30分のところにある縁結びや延命長寿などのご利益があるとされている神社です。四つ目に、京都府京都市左京区岡崎法勝寺町にある「京都市動物園」です。京都市動物園は、明治36年に開園された沢山の動物を見ることができる動物園です。最後に紹介したいのが、京都府京都市左京区大原来迎院町にある「三千院」です。三千院は天台五ヶ室門跡の一つで、美しい四季を見ることができるところです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃない」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

   アフターケアもご安心下さい。

京都市内全域にお伺いします

お見積もり無料 出張料も要りません 施工可能地域
 

京都市左京区 S様邸
畳表替え 襖張替え

京都市左京区 T様邸
畳表替え 襖張替え

京都市 N様邸
畳表替え

■和紙の畳表が好評です。

強度、防虫、防カビ効果
抜群の 和紙畳 の施工例

W保育園様に
和紙畳の施工をさせて
頂きました。

   

京都市 G様邸
畳襖張替え

京都市 I様邸
畳襖張替え

畳のメンテナスでは、湿気対策も重要です

畳のメンテナスと言えば、畳表の交換が思い浮かびますが、これには裏返しと表替えという2種類があります。裏返しは文字通り畳表面に張っていあるイ草のござを裏返して再利用する方法ですが、3〜4年以上使用している畳の場合日焼けや劣化が進んでいる事が多くあまり効果がありません、裏返しは2〜3年以内に行う必要があります。一度裏返しを済ませている場合は、新品のござに張り替えます、これを表替えと言い再度2〜3年後に裏返すということを繰り返し行います。普段のお手入れとしては、出来るだけ乾燥させることが大切で畳は水気に弱く湿気によりカビやダニが発生する事があります。掃除を行う場合も極力水拭き避け、乾拭きで済ます事が大切です。水拭きが必要な場合は、天気が良い日を選んで行い風通しを良くしたり、扇風機の風を当てるなどして湿気を取り除く必要があります。定期的な畳上げは、畳床のほこりを払い湿気を取り除くのに大変効果があります。畳の表は直射日光に当てず裏側を日に当て良く乾かしほこりを叩きだします、できれば年に数回空気の乾いた時期を選んで行いたいものです。畳上げを行う場合、上げる畳に番号を振って配置のメモを取り元の場所に敷き込まないと上手くはまらない場合があるので注意しておきましょう。

(畳を汚してしまったら)

■畳を汚したら、迅速に処置をしましょう。それぞれの汚れを下記の様に処置した後はしっかり部屋に風を入れ、乾かしましょう。
●ガム
シンナーかベンジンで拭き取ります。畳の目に詰まっているときは、布の上からアイロンを当てて、浮かして取り除きます。
●灯油や赤ちゃんのオシッコ
小麦粉かパウダーをすぐにふりかけ、水分を十分に吸い取らせてから掃除機をかけます。その後お湯で濡らした雑巾を固く絞り、よく拭いて、さらに乾拭きしてよく乾かします。
●醤油やソース
しみこまないように小麦粉やベビーパウダーなどをすぐにふりかけ、水分を吸い取らせます。その後粗塩をふりかけ、叩いて畳の目からパウダーを浮き出させ、掃除機をかけます。
●インク
牛乳を濡らせて拭き取るか、レモンで濡らせた後、塩素酸ソーダを10倍に薄めたもので拭きます。
●クレヨン
乾いた雑巾にクリームクレンザーを少しつけ拭き取ります。
●油性フェルトペン
マニキュアの除光液で拭き取ります。

現代の畳たたみ

最近の住宅では様々な形の畳があり、カラーも豊富にあります。洋の住宅でもその畳の部屋があるだけで重厚感を感じることができます。昔から普及している畳は、和室を引き立てるものとしてなくてはならない存在です。
また、その畳の部屋には襖や障子などの建具があり、和の空間を一層引き立ててくれます。最近では和室が見直されてきているので、和室に欄間や書院造のある家が重んじられています。日本人がくつろぎの場所として活用されています。
和室は使い勝手が良く、和の雰囲気を活かして、お花やお茶、踊りなどに利用されています。畳は、クッション性が高いために寝室や子供部屋など多機能に使用する事ができます。畳のある和室は日本人には最適な環境であると言われています。
畳のい草の香りは癒しとリラックス感を与えると言われ、その香りを維持するためには、時折、畳の張替を行うことが大切です。段々古くなると、カーペットと同じく汚れが目立ってきます。綺麗な状態を保つことで香りも維持できます。
張り替えは、専門の畳職人の手で行うことでその部屋にピッタリとマッチしたものが完成されます。サイズなども職人の方が丁寧に図り、その部屋に合ったものを制作されます。職人の施工は、歪みが無い美しい仕上がりになります。

京都市左京区といえば鞍馬の火祭や哲学の道、銀閣寺、下鴨神社など、誰もが知ってるスポットが集結する街。そんな京都市左京区を経験談をもとに紹介していこうと思います。
京都市左京区は京都市の北東部に位置。桂川や鴨川が区内を流れています。主な鉄道駅としては、京阪の出町柳駅や叡山電鉄の鞍馬駅、京都市営地下鉄の国際会館駅や松ヶ崎駅などがあります。
京都市左京区の名物の祭りといえば鞍馬の火祭。天慶の時代、平安京には大地震や争いが多く、これらを沈めるために、鞍馬の祭りが行われたとされています。私も鞍馬の火祭をYouTubeで見たことがありますが、周りの松明が人やお神輿に移らないかハラハラドキドキしながら見ていました。
また、私自身京都旅行に行った時に室町時代の東山文化を象徴する銀閣寺や哲学の道など、京都市左京区のスポットを中心に訪れました。特に哲学の道は印象が大きく、川沿いの緑豊かで長閑な雰囲気は個人的に好みでした。
さらに京都市左京区には平安神宮があり、蝦夷征討を敢行した桓武天皇と孝明天皇か祀られています。運良く、私が訪れた時に平安神宮にて時代祭が行われていて、その時代時代の衣装を見にまとった人たちの行列や馬などを見て、京都の歴史がいかに長く続いたかを実感しました。