全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも企業努力で全国でも仰天の激安価格を実現しました。全国、兵庫、大阪、京都、奈良、大津に東北から九州までが施行エリアです。国産畳表(たたみおもて)も激安価格で!

9月も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

襖ふすま、障子、畳たたみの張り替え、交換、修理と新調を
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 朝お預かりして夕方配達 一日仕上げも可能です。

品質を落とす
ことなく徹底的に 材料代と施工費を見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます

畳たたみの表替え大特価!!

 ■当店通常価格5,000円のところ
   期間限定

 2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
襖の張替えご成約の方に 新しい引き手取替え無料サービス 只今キャンペーン中!!

国内産襖
ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え 

■当店通常価格2,500円のところ

 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。   

■当店通常価格2,300円のところ

1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸も激安! 網戸の張替え

■当店通常価格2,300円のところ

  1,450円
      サイズは三六尺

ゴム交換が必要な場合は、別途実費必要です。

 (画像はイメージです)

【サイズについて】

【襖と障子】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

CLICK

 ISOとは、International Organization for Standardization
(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

▲このページのトップへ

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

▲このページのトップへ

室町時代の書院造りと畳

平安時代に生まれた畳は部屋の一部に使用され、室町の書院つくりでは部屋全体に畳が使用され始めました

現代的な日本家屋の起源を探していくと室町時代の書院つくりに行き着くとされています。書院つくりの建物は床の間のある座敷を指すだけでなく、武家が好んで立てた建築様式そのものを指すとも言われています。いくつか共通する条件として、建物内を仕切るのは引き戸の建具を使用している、室内は畳を敷いている、天井に板を張っている、住民が生活する場所と客室がわかれている、客室には床の間があり、違い棚・座敷飾りなどを設置して迎える準備をしていることなどが挙げられます。
室町以降の日本家屋や建築に大きな影響を与えた書院つくりの建物で、必ずあるのが、襖と障子、そして畳です。襖は、家屋内を区切るために使われるもので襖障子とも言います。歴史ドラマなどで必ず見かけることができ、左右に滑らせて移動し開閉させます。武家屋敷やお城のような何10帖もあるような部屋であれば、襖障子の数も大幅に増え、大きく開放したり、完全に区切ったりすることができます。障子は家屋内と外を区切る窓の役割をしており、平安時代に明かりを取り入れるために生まれた明障子が起源と言われています。
襖と障子、それぞれ日本の風土や生活環境に合わせて生まれましたが、もう一つ書院つくりの建物で欠かせないのが畳です。元々の障子は唐から日本に入ってきたものですが、畳と襖は日本で生まれたものです。そんな畳は地域の風土と切っても切れない関係にあり、世界に類を見ない日本独特のもので、古来の畳は、単にわらを積んだだけと考えられており、平安時代からその規格化が進んだと言われています。初期の頃の畳は、部屋全体にではなく、公家や貴族が座る場所や寝床など必要な場所にのみに畳を使用していることが、当時の公家の生活を描いた絵画などで確認できます。
畳の素材は、現在と同じイネ科の多年草の葉と茎やい草を使用しています。当時の畳は筵のようなもので5~6枚を重ね、い草で作った畳表をかぶせて錦の縁をつけて固定し使用しています。今とは作り方や形こそ違いますが、畳の原型であり、書院つくりの建物ではこの畳を殆どの部屋で使用していたのです。また、現代では地域によって畳の寸法が違うことがあります。例えば、京都・大阪以西のほとんどで使用される京間・本間・関西間寸法、愛知・岐阜等で使用される中京間、関東・東北地方・北海道などで使用される江戸間・関東間・田舎間・五八間がそれです。
各地域の生活や風土によってかわる畳の材料であるい草は、日本最古の医書に薬草として記録もされており、自然の魅力を生活に取り入れる事のできる点が大きな魅力で、真新しい畳の自然の香りが好きな方もいるほどです。最近では、畳表に使用するい草の持つ天然の抗菌作用が注目されており、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などへの効果が確認されています。さらに、気になる足の匂いを軽減する作用もあるという研究もあり、毎日の生活で気なる安全と安心に強い味方になると考えられています。畳は、日本独自の敷物で平安時代に生まれ、室町時代には部屋全体に、そして現代ではそれぞれの地域や風土、住民の生活に合った形で利用されているのです。

洋風化の中で重要な畳

日本式、入母屋の家屋が減ってきて現代は洋式へと移り変わっては来たが、やはりその洋風建築の中にも和室は非常に重要な役割を果たしており、本来日本人は畳の上で生活をしてきた民族なので、ツーバイフォー住宅が圧倒的に多くなった新築の中に於いても忘れてはならない安らぎの空間として無くてはならないものになっています。日本の狭い土地を有効活用でする洋式建築と和風とをうまく利用した建築設計が現代建築物の主流になってきているのです。
農民は広大な田畑を耕し稲作を中心として生活を営んできました。コメを作ると必ず大量のワラが発生します。このワラは現代のコンバインでは小さく粉砕されてトラクターによって田畑に混ぜ込まれ翌年以降の土地の肥やしとなります。一昔まえなら足踏みの脱穀機を活用して稲穂だけをちぎりモミだけは焼かれて取り残された大量のワラが発生しました。天日に干されているコメが田舎の風物詩であって、昭和の農村のありきたりの風景だったのです。
このワラを有効活用してきたのが日本の畳です。田舎では村々に畳職人がいてワラを買い取っていました。農作に全く無駄か無いのです。生産から加工そして消費、稲作としての流通網が出来上がっていたのが昭和の稲作だったのです。現代は畳自体の需要が減ってしまって村からは畳職人が暮らしていける環境がなくなりつつあります。畳をこよなく愛してきた日本人なのに残念なことです。畳は洋式のフローリングとは違い保温効果に優れています。
日本独特の家具として「こたつ」があります。こたつのあたたかみを十分に活かすのは畳なのです。ベッドを活用せずに畳に直接布団を敷いて寝ると保温効果によって暖かく練ることができます。日本人の受け継がれてきた知恵です。フローリングに布団では冬場は寒くて快眠はできないでしょう。正に温かいワラを敷いて寝る。牛や馬の寝床にワラを敷き家畜を労ってきたのもまた知恵なのでしょうか。ワラ、畳と生活を共にしてきた日本人なのです。
畳1枚はそのまま面積の単位としても使われてきました「坪」という単位です。広大な土地もメートル法の平方ではなくてこの畳2枚一坪が単位です。現代のサイズはメートル方に準じて2枚一坪よりも狭い畳が使われています。変わりゆく日本の面積単位。洋式に準ずること無く日本住宅はやはり日本式の尺を使って建築されるべきで、こだわりのある入母屋住宅では従来の2枚坪の畳が使われています。日本の良き伝統も畳によって受け継がれていくのです。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

襖ふすまの機能性

古代から伝わってきたと言われている「襖」。そのような昔から襖は、部屋を間仕切る建具として使用されてきた。その機能性も昔の人々は熟知していたと考えられるが、現代人はどうなのか、意外と知る人は少ないように思われる。
襖にはさまざまな機能が備わっていると言えるであろう。まずは間仕切り建具として使用される頻度がたかい襖だが、それも理にかなっていると言える。襖で部屋を仕切り個室にしたり、また必要に応じて取り外し大部屋にしたりと可能である。襖は幾重にも重ねて作られた和紙を使用しているので、空気の循環や、湿度調節まで行なってくれる。一番わかりやすいのは梅雨の季節であろう。あのじめじめしたときにも湿気を吸い込んで調節してくれるので、とても快適に過ごせるのだ。清浄機能や湿度調節まで行なってくれているので、長時間使用していると汚れもめだってくる事になる。その時にはもう機能も落ちてきていると考えられ、襖の張り替えどきであるといえるだろう。張り替えは専門の知識ある張り替え業者に依頼すると良い。襖には、柔らかい手触りの魅力と、清浄や湿度調節まで行なってくれるという機能性と魅力を持っていると言えるであろう。この事実が古代から伝わって来たように、私たちは未来へ伝えていかなくてはならないと考えられる。

障子について

障子と畳たたみと襖ふすまは和室には欠かせない要素です。特に障子は日本の気候にマッチした機能的な建具です。襖ふうまの後から発達した物で平安時代時には既に存在していました。洋室が増えた現代社会でも価値が徐々に見直されつつあります。
障子は外の光を程よい加減で取り入れるという機能が特徴的です。インテリアとしての価値も高く、和室において障子は大きな役割があります。手すき和紙の高級品は独特の風合いがあり、人気があります。その他にも消臭機能を持った物や破れにくい等の特徴がある障子紙もあります。
障子は大変優れたインテリアですが、ある程度のメンテナスも必要です。桟に埃が溜まり、全体的に薄汚れていきます。毎日の掃除を欠かさず行い、数年に一度は張り替えることでより綺麗な状態で長く使えます。そして、一度に障子を全て張り替えれば部屋が見違えるように明るくなります。
今まで障子でなかった場所を障子にしてみるのも良いです。今までとは違った世界が出現します。更に引き戸として大変軽いので使いやすいです。吸湿性、通気性、保温性もあるので快適な生活空間の創造が可能です。
張り替えようと思ったら自分でやるよりも業者への依頼により済ませた方が無難です。微妙な張り加減を再現しないと、しわだらけの障子では和室の雰囲気が台無しです。業者なら一枚3000円前後で完璧な仕事をしてくれます。

日本だからこそ発達した、木と紙・布の芸術 襖ふすま・障子

建具として、家の部材に利用した、襖ふすま、障子。木と紙や絹・布で作られたものが、日本の四季を通じて非常に柔軟に対応している。この発想が日本人の優れたところで、四季の変化が大きく、また湿度の変化も高いこの国の気候風土に適したものか、今さらながらに関心するばかりである。
唐渡りの屏風から思いついたのであろうが、それを折りたたまずに柱簡に嵌めこむことを思いつき、さらに上下に鴨居・敷居をしつらえ、そこに彫り込んだ溝に滑らせて、開け閉めの出来る工夫をしたのも、高床式の家の構造だったからこそ実現可能だったのだろうが、部屋の仕切りとしては、巧妙な仕組みであろう。さらに、それに絵を描く、あるいは文様のある唐紙を貼ることで、室内空間を飾る効果を作り出したのは、これだけでも日本人の美意識を物語る大きなテーマとなる。鉄・コンクリート・ガラスと言ったハードな材質による近代建築が、ここまで発達してしまった今日、どちかと言うとソフトな材質による日本独自の建築と内装を顧みるにつけ、驚くことばかりである。さらに、この建具ひとつを作る要した職人の手作業の細やかさにも驚かされた。骨組みの材を選ぶのにも気を配り、柾目を表んにして歪みの出ないようにし、下貼りの紙を貼るにも、その日の湿度・温度を体感しながら糊の濃さを調え、張っては乾かし、乾かしては張ってを繰り返しして仕上げるので、災害にあうかよほど手荒に扱わない限り、その上に描かれた四百年も前の顔料を厚く塗った絵画をほぼそのままに見る事が出来る。京都智恩院の長谷川等伯らの「桜・楓図」の壁画が、温度調節装置などを備えたコンクリートの収蔵庫に入れてからのほうが、顔料の剥落が激しくなった様に見える事にも、かっての職人の身に付けた業の確かさを思わざるをえない。

茶道と畳たたみ

お茶をやっていると、時々、畳のほつれが気になることがある。茶道では、着物を擦りながら和室に入室したり、お辞儀をしたりすることが多いので、畳のほつれに目が行くことが多いのである。茶道の趣を楽しむためにも、綺麗な畳の目を維持しておきたいものである。
茶色く退色した畳も、それはそれで趣があって味わい深いが、やはり和室全体をみすぼらしく見せてしまう。お客をもてなす日本文化としての茶道を楽しむのなら、やはり緑色に輝く畳を維持すべきだろう。畳の色によって、掛け軸の見え方も随分変わるものである。
茶道を行う部屋に隣接する形で、湯を沸かしたり和菓子を用意したりするための居宅の台所のような場所がある。この部屋も、通常は畳敷きである。
ここでは、粉状の抹茶を扱ったり、水を扱うため、畳が傷みやすい。とりわけ、やっかいなのは、抹茶が畳の目の間に詰まってしまうことがある。
従って作法室の畳交換をする時は、業者にお願いすることが一番である。一緒に隣接する部屋も一気にやってしまうのが効率的だろう。独力でできる掃除には限界があるし、美しく清潔な作法室を維持するには、交換がもっとも手っ取り早い方法だからである。
業者に依頼する際に、障子の張り替え交換修理や襖の張り替えも一緒に頼むのもよいだろう。襖などにも抹茶の粉が飛んでいることがあり、抹茶粉は拭いてもとれにくいので、張り替えが一番だと思う。

畳は良いものです。

日本人なら誰もが懐かしく、心が落ち着く空間を作り出してくれるのが畳です。日本固有の文化であり、その起源は遥か昔の平安時代にまで遡り、室町時代に部屋全体に敷かれ、茶道や正座と共に普及するようになりました。
少し前までは多くの家に存在し、茶道や仏教のためだけでなく、日本人の日常生活を支える大切な空間となりました。現在では洋式化に伴い数を減らしましたが、和室が欲しいと望んで一部屋だけ用意する人も少なくありません。
主に「畳床」「畳表」「畳縁」の3つから構成され、基盤となる部分、普段私達が触れる表面部分、縁に縫い付けてあるものがそれらになります。藁やい草で作られるのですが、入手難易度や機能性から、最近では合成繊維等の新素材が使われる事も多いようです。
寿命が存在し、「裏返し」「表替え」「新畳」と呼ばれる手法で張り替えを行います。裏返しは畳表の裏面を表にして貼り直す手法、表替えは畳表を新しくする手法、新畳は新しいものを敷き直す手法がそれらになります。
経過年数が2〜3年なら裏返し、4〜5年なら表替え、10〜15年なら新畳を用いるのが一般的とされていますが、普段のお手入れによって大きく寿命を伸ばすことが可能です。
もし張り替えを検討されているなら、この機会に是非ご検討下さい。

現在でも人気の高い襖

襖は木の骨組みに和紙を貼りあわせたもので、平安時代からほとんど変わらない姿で現在も続いています。和紙と和紙の間の空気の層によって、防音や断熱効果があります。襖には洋式の扉と違い、湿度調整機能もあります。和紙は呼吸をしているので、湿度の高い時には湿気を蓄え、湿度が下がると湿気を放出します。日本の住宅は高温多湿の夏を基準に作られていて、畳と襖は日本の気候にぴったりの住宅設備ということができます。昭和に入る頃になると、西洋の生活が取り入れられるようになり、住宅内に洋室と和室の両方が作られるようになりました。洋室と和室を区切るのは、これまでも使用されていた襖でです。今でも全く違和感なく使用されています。欧米に比べて、住宅面積の小さい日本では、省スペースを図れる襖はますます人気です。デザインはどんどん多彩になってきていて、表と裏で違うデザインが使っている者もあります。また、ガラスでできた透明な襖や和紙でも耐久性の高い素材が使われている襖もあります。さらに耐久性を持たせるために和紙ではなく、布を使うこともあります。合成繊維は価格が非常に手頃で耐久性もあることから一般住宅で広く使われるようになり、麻や絹のような天然素材を使うこともあります。


猫や犬など
ペットを飼っておられる方へ

ペットを飼っている方にとって、畳やふすま、更に障子など和室で爪とぎをしたり粗相をしてしまうことは日常茶飯事といえます。定期的に張り替えてはいても繰り返される状態に、あきらめかけている方も少なくありません。しかし、頻繁に穴をあけてしまったり、爪とぎをしてしまって不快な状態になってしまうのを避けるための、丈夫なプラスティク障子や爪が滑りやすいように加工してある襖紙もあります。定期的に張り替えるとはいえども、破けにくいものを張り替えることによって、張替の頻度はずっと少なく出来ます。ペットのつめや小さいお子さんのいたずらで困っておられるならば、是非ご相談下さい。通常よりも快適にきれいな襖、障子に生まれ変わり、いたずらや爪あとに惑わされることなく快適です。




サイトマップ
 ●TOPページ
  ●お客様の疑問にお答えしますQ&A ●受注状況表   ●価格表
  ●畳たたみ ●畳たたみの構造   ●縁無し畳 ●畳たたみの施工事例
        ●和紙の畳表     ●イ草について
  ●襖ふすま ●襖ふすまについて  ●襖ふすまの施工事例 
  ●障子しょうじ                   ●障子の施工事例
         ●雪見障子について
  ●施工地域  
  ●ご注文の流れ    ●お問い合わせフォーム  
  ●会社概要      ●プライバシーポリシー  

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
職人さんの手間賃と配送工事費用をギリギリまで圧縮する事で、値段は下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安い価格にして、
初めて激安価格の意味があります。
とにかく、現物見本を見て下さい。

アフターケアもご安心下さい

【電話受付時間】
 8時〜20時まで 

施工可能地域

施工可能地域

   
クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 Y様邸
障子張替え

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 M様邸
畳張替え

 K様邸
縁無し畳施工

 Y様邸 琉球畳 樹脂表

U様邸
縁無半帖畳表替え

 H様邸
半帖縁無し畳

 A大学様
障子張替え

 I様邸
畳表替え 襖張替え

 S自治会様
障子張替え

 Y様邸
障子張りえ


お茶室の畳表替え工事

 O様邸
畳襖の張替え

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例
 N様邸
床の間用 龍鬢表

【畳たたみの替え時】

畳にも寿命があり、6年から10年くらいで交換したほうが良いと言われています。もちろん、部屋の使用頻度や、使用状況などで、張替えの目安は変わってきます。このタイミングをうまく取ることで、かかる価格も安く抑えることが可能です。現在では、インターネットでも張替えの見積もりを依頼できますので、良品を低価格で探しましょう。畳の張替えを考えた時に、まず注意するのはどのような価格帯の畳にするかということです。多くのランクがありますので、出来るだけ価格は安く、品質の良いものを選ぶことが肝心です。予算価格や部屋の使用頻度などを細かく業者に伝えることが必要となります。価格の安い畳だけではなく、予算に応じて数種類の畳を用意しているところが多くあります。価格重視のものは、主に賃貸アパートの大家さんなどに人気です。また、国産にこだわらない方には中国産でも質がよくコストパフォーマンスに優れたものがあります。最近は日本からの技術指導もあって、国産に負けないものもあります。熊本産の中でも、国産にこだわる方向けの大衆的なものから、手触りの良い見た目にも美しいものまで値段によって、種類が分かれます。また、高価なものほどやはり長持ちする傾向にあります。どのような畳の種類にするかは、部屋の使用用途によっても変わってきます。たとえば、来客用の部屋や床の間がある部屋には価格の高い高級な畳を使用することが多くみられます。いずれの場合も、実際に畳の見本に触れ決めることをお勧めします。

和室の襖ふすまについての考察

和室は昔の時代からの文化を肌で感じる事ができる、唯一のものだと言えるであろう。たとえば手で洗濯していたのが洗濯機に変わり、まきで火を燃やし食事を作っていたのがガスや電気で作れたりなどと変わってきたのに対して、和室の襖や畳、障子はあまり姿も変わらず現代に至っている。
昔からのなじみの襖の姿などを、これまでも維持してこれた奇跡はなんであるか、と考えた時、その質の良さと機能性が考えられるのではないだろうか。古代人から現代人まで、皆が揃って襖は良い物だと推奨してきたからこそ現代まで残り伝わってきたと考えられる。和室に必要な襖は、部屋の間仕切りの建具として主に使用されてきている。大きな部屋を分割したり、または襖を取り外して大広間を作ったりなどと、大変便利であるし重宝がられた。持ち運びも軽いのでとても容易いといえる。襖が軽く持ち運びしやすいのは、表面に和紙が張られているからだと言えるであろう。1枚では薄いので幾重にも張り合わせて作られ今の形状になったと考えられる。和紙を重ね合わせたことにより空気を多く含み、湿度調節なども可能になったと言える。空気の清浄や湿度調節などを長く行なっていると、だんだんと汚れも目立ってくるし、当然機能も低下し、環境にもよくないので、その場合には襖の張替えが必要になってくる。張替えの際には専門業者に行なってもらうことを推奨する。